仇敵



銀行のネタで少しずつ、この職業について分かってきたような気がする。
本職の人には他の見解はあるだろうが・・・
しかし、フィクションとは言え行員にはなりたくないと思ってしまう。
ここまでドロドロしていると、イメージが悪い。

さて、内容については
庶務行員という立場で、過去の職場の悪人に復讐を果たすすっきり爽快な物語。
一気に読み終えてしまえば、なぜか記憶に残るいい小説だった。

もう一冊、池井戸潤にお世話になろう~
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示