偏光サングラス



ここ数年、サイトマスター、アクションオプティクスのタレックスレンズを使ってきた。
今のところ、偏光の能力ではぴか一ではないだろうか。
自らも状況に合わせてセレンとイーズグリーンを愛用している。
レンズの曲がりは6カーブが使い易いかと・・・

ところが、最近自分の目の能力が落ちてきた。
もともと、裸眼で0.03と近視が強くコンタクトレンズを使っている。
その上からサングラスをかけていたのだが、対象物までの距離に対して調整ができなくなってきた。

そこで、仕事上PCが一番見やすい距離にピントが合うようにコンタクトレンズで矯正しているのだが、これが中途半端。
まずは、フックのアイにティペットが通らない。
さらに、天気が悪い時はドライフライが見えない。

遠征の2日目にオーバーハングした木の陰で1日中ストレスを感じながら、釣り登った。
コンタクトレンズの視力ではフライが見えないので、サングラスをとり、日頃運転で使うメガネを上から掛けることに。

が、これが辛いことに~
視力を上げて見えるようにしたのだが、水中はまったく見えなくなってしまった。
また、水面のテカリがひどく、浮いている魚が確認できない。

2日目の釣行で、釣果が悪かったことのいいわけにはしたくないが、明らかにへたくそになった気分。
いかに偏光グラスが大切であるか、思い知らされたしだい。

今後、クリップオンタイプを使ってみようと思う。
ただし、クリップオンタイプはいい評判を聞かない。
でも、視力が半年ペースで変化しているだけに、度入りの偏光グラスはあり得ない。
さあ、少しだけ研究してみようかと・・・・

スポンサーサイト
[ 2016/06/15 22:20 ] FLY FISHING | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

baetis

Author:baetis
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター