三月は深き紅の淵を



久々に熱中できる本に出会う。
終盤に近づくと恩田節が炸裂する。
それは、奇怪すぎる結末にどこが納めどころかわからなくなってしまった。
前半に感じたワクワクは久しぶり~

本来はもう一度読み返したほうがいいのだろうか。いつかリベンジしよう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示