ATF交換 その2

2016032202 (3)

前回、ATFのフィルターを交換して下抜きを行った。
少し冒険的な交換だったが、あれからというものミッションの調子がいい。
オイル交換派の自分としては、うれしい実績。
さて、今回はさらなる延命措置として、交換し切れなかったオイルを交換していきたい。

2016032202 (1)

抜いたオイルは、このとおり向こうが見えないほどに濁っている。
前回2/3ほど交換したはずなのに、ここまで汚れているとは・・・

2016032201 (2)

排出したオイルをビーカーでなるべく正確に計っていく。
本当ならメスシリンダーがいいのだろうが、ここはアバウトで。
  2230cc

2016032201 (3)

2016032201 (5)

排出したオイルと同量を補充していく。

2016032201 (1)

その後、15分以上のアイドリングでミッションを温めながら、ゲージチェックを行うも、あれ???
すでにHOT区間に入ってきている。予定より多い。
しっかり、計っていれたのに、どういうこと~
たぶん、排出と給油した時のビーカーが違ったからだろうか。前者のビーカーは100ショップだったことが、原因かも…
とりあえず、少しの間、走り込んで量を調整していきたい。
スポンサーサイト
[ 2016/03/22 22:06 ] バス | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

baetis

Author:baetis
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター