ブレーキパッド 3



ブレーキパッド 3

数キロ走ると左前のブレーキから「キー」と引きずり音が鳴る。自分が知る限り10年はパッドの交換を行っていないので、新品のパッドを入れれば、今まで可動していないピストン部が錆びていても仕方がない。

IMGP2645.jpg
IMGP2647.jpg
IMGP2649.jpg

早々、ホイルシリンダーの取り出しピストンなどの清掃を行い、ラバーグリスを少量付け再度設置する。ここで、ピストンを登頂にあるシール状のゴム(ブーツ)に若干亀裂が入っているが、いつものごとく「まあいいか」とそのまま流用する。これがあとから問題となる。

当日、フルードのエア抜き状態を確認するためにテストドライブに向かうに最初はよかったが、ブレーキ内の温度上昇が原因かはわからないが、数十KM走ると、同じ音が発生した。トホホ・・・・

辛い!また同じ作業をしなくては・・・部品を注文している時間がないので、再度OHを行う。今度は、ピストンの接触する箇所をスムーズに可動するよう耐水ペーパーで念入りに面だしをする。
ところが、キャリパーを設置するときにどんなことをしても入らない!ディスクの厚みに対してパッド間の隙間が確保できないので、ピストンを出したり入れたりと四苦八苦したが、どうにもならない。

よくよく確認するとブーツの亀裂によりゴム自身の納まりが悪いため、ピストンが最後まで入りきらないようだ。やりたくはなかったが、応急処置として古いパッドを臨時で入れることとした。
近々にオーバーホールキットを購入しよう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示