サビ またサビ

2015102103 (1)

なぜか助手席のマットをめくると、濡れることがある。
心配して、内装をはがすと、またまたサビ。
しっかり、サビ取りして、サビチェンジャーを塗り、乾燥後にタッチアップ。

なぜ、マット下が濡れるか、まったく原因が分からない。
水源はどこだ!


2015102103 (4)

大事になっていないので、早めの処理がボディーを長持ちさせるはずだ。

2015102103 (2)

ついでに、数か月前にタッチアップしたところを再チェックすると、なんと鉄が抜けるほど進行していた。
もともとのチェックが悪かった様子。
この場所は、リアフェンダーの内側。
応急処置をしておくことに。

2015102103 (3)

こちらもサビチェンジャーを塗布する。
時間が経つと真っ黒に。

2015102103 (5)

穴の中にもサビチェンジャーを届く範囲で塗布する。
なるべく見えないところは、シリコンで酸化が進まないように。
見た目が悪いかもしれないが、筆でタッチアップしておく。

いつかは、純正の塗料を準備して、パテで埋めることで、しっかり塗装することとしよう。
まあ、外観を気にしないので、いつになるかわからないが・・・
スポンサーサイト
[ 2015/10/23 20:48 ] バス | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

baetis

Author:baetis
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター