FC2ブログ

ブログ 終了

20190329

本日をもって、ブログを終了する。
実はアルバムの容量がいっぱいになってしまったため、これ以上続けられない。
長いこと懲りもせずに、よくここまで継続できたものだ。

明日は波乗りに行くので、早く寝よう~。

FC2さんありがとうございました。
ではでは
スポンサーサイト



LH178V トランスファーシール交換

2019032301 (3)

プロペラシャフトの根元からオイル漏れ。
周辺に飛び散ってオイルまみれ・・・・
26万キロ走れば、あちこち漏れてくる。

2019032301 (10)

久々に4輪ともジャッキアップでウマをかませる。

2019032301 (1)

2019032301 (2)

カストロールのギアオイルとアウトプットシールを用意。
オイルは75W-90 GL-3~5と仕様にあったものを用意する。
ここで注意したいのは、トランスファーはGL-3を入れるべきで、GL-4、5は入れててはいけない。
そこで、少し高価だが必ず適合するオイルで。

2019032301 (4)

プロペラシャフトを外して・・・・重た!

2019032301 (6)

で、この円盤も引き抜く。

2019032301 (7)

そして、本命のシールをプーラーを使ってこじり出す。

2019032301 (8)

中身のベアリングの状態を確認する・・・まあいいでしょう

ちなみにオイルは抜かなくても作業ができることが分かった。
前回交換してから走行距離が伸びていないことから、今回は交換なしで。

2019032301 (11)

2019032301 (9)

シールの打ち込みは専用のカラーで均等に叩き込む。
後は外した順位組んでいく。
重整備になると思っていたが、時間にして1時間ぐらいで済んだ。
意外に簡単・・・まる

その後試乗して、トラブルがないので修理完了!

街で見かけた旧車  ジムニー



この個体は知り合いの友人のもの。
この作業場では水回りが調子悪いようで、エンジンを降ろして、OH作業。
スゲー、頭が下がります。
この時代のジムニーが、すごく魅力的だが残念ながら自分のスタイルに合わない。
歳をとって、行動範囲が狭くなったらありかな~

2019032206.jpeg

対照的に最近納車待ちが1年半と言われている新型は、クリーム色がいいかも。
このイメージで4ドアを出してくれないかな。

レイトバス クラッチワイヤー調整



前回、クラッチワイヤーを調整してから2年が経つだろうか。
エンジンが暖まってくると、発進時にジャダーが起きる。
これは???
もしかして、クラッチが滑っているのか・・・・心配~

2019032203.jpg

そこで、下の潜ってクラッチワイヤーの蝶ネジを4回転右回し。
とりあえず、ジャダーが起きないように。
余談だが、いつかはワイヤーやボーデンチューブを交換しなくては。
用意はしてあるが・・・・

クラッチ交換が必要ならエンジンを降ろすことになるのだが、どこかで重整備のタイミングを狙っているような~
その整備が楽しみ~いつかは。

レイトバス ミラー



デリバリバンはセカンド以降にサイドに窓がない。
後方を確認するには、ドアミラーとリアウインドウそして、バックカメラで。
しかーし、どうしても死角が存在する。
特に、右から左に車線変更するときに左後方の一部が見えない。
これほど怖いものはない~

2019032202 (1)

そこで、車内に張り付ける曲面ミラーで対策。

2019032202 (2)

こんな感じで助手席前にセット。
これで少しは安全運転できる。マル

コンバース



念願のコンバースが手元に。
10代に所有した時は、ハイカットだが今回はローカット。
当時と同じ白で~

当時はアメリカ仕様しかなかったが、途中から生産国が変わってしまったはず。
若干デザインが変わった様子だが、変わらない雰囲気に歳をとっても魅力を感じる。

当時は洗いざらしのコンバースがかっこよかったが、今は汚れないように防水スプレーをかけるらしい。
さあ、この春はさわやかなスニーカーで海に行きたいものだ。

レイトバス キャブ ジェット交換 その2



先日、ベストな燃調を求めてメインジェットを130→125に変更した。
最近はAPE2号のキャブ調整も並行してやってるので、同じ作業に少しうんざり~

2019031903.jpeg

画像では分かりにくいが明らかに碍子や端子が白い。
VWの空冷エンジンはすこし濃いめにセッティングした方がいいと。
やはり、先人がセットしたジェットの番手はいい調整がされていたのかもしれない。
マフラーにカーボンが溜まる問題点が解決していない。

2019031901 (2)

2019031901 (3)

キャブを外してメインジェットを125から130に戻すことにした。
今後の課題は排気系もチェックしていくことに。

[広告]

APE 2号 PC20キャブ その2

これまで、Kさんよりメインジェットをお借りしたが、結局番手が合わず。

2019031801 (1)

そこでポッシュの100~125番のセットを購入
この範囲でセッティングできればいいのだが・・・

セッティングの前にオイル交換も。
備忘録としては、交換量0.75L


2019031701 (9)

さて、朝から気温が低く雪まで降るような、悪天候。
気温が低いと濃いめのセッティングとなるが、まあエンジンのためにはいいでしょう。

キャブのフローターからガソリンを抜いて、メインジェットとスロージェットをいくつもテストドライブして決めていく。

2019031702 (2)

基本は高めからメインジェットを決めて、それからスロージェットを決めていく。
お互いに影響し合っているので、トライアンドエラーで決めていく。

プラグの端子は白いがこれは参考にならない。いきなり、グレーにやけた時がいいと思う。
昔の2STのように飴色にはならないようだ。

下りの全開走行のあと、エンジンを止めてプラグチェックすること7回のトライ。
まるで、エンデューロレースに出ているような感覚。

結局、
メインジェット 120
スロージェット 40
と意外にも濃いめがベストだった。
いつも悩ましいプラグに色確認だが、加速やエンジンブレーキで気持ちよく走れるところで決定。
PC20の特性かも知れないが、高回転で頭打ちするところがある。
残念だが、トータル的には使い易いバンドにトルクがあって乗りやすい。マル
当分の間、これで行こうと思う~

次回は、取り外したヨシムラTM24をOHしますか~

APE 2号 ちょっと寄り道

2019031702 (3)

キャブ調整の合間にいろんなメンテナンス。

2019031701 (2)

キャブまでの燃料ホースからガソリンがもれもれ~
急遽、新品のホースに変更。
そうそう、ワーゲンバスもガソリン漏れで火事になるらしい~
配線の接触不良も含めて注意したいところ。

2019031701 (3)

2019031701 (4)

燃調作業で全開走行していたら、いきなりヘッドライトのバルブが飛んでしまった。

2019031701 (6)

疑うのはこのレギレータでしょう

2019031701 (5)

そこで、いつもお世話になっているKさんより差し入れが・・・
かゆいところに手が届くと言うか、ドラえもんのポケットのように部品が湧いてくる。

2019031701 (8)

中華製だそうだが、大体のサイズとソケット形状が一緒ならOK.

2019031701 (3)

H4のバルブも交換

2019031701 (1)

イグニッションコイルを交換
プラグコートも長さを合わせてCUT。

周辺の整備を済ませたし、次回はキャブのメインジェットを注文したので燃調にチャレンジ~。

カブ ヨシムラマフラー

20190314002212ebb.jpeg


たまたま、部品の依頼や貸してもらうものがあって、Kさんとこへ遊びに
偶然にもスーパーカブのヨシムラマフラーが届いたばかりだった。

早速、交換作業が始まった。
今時はマフラーを交換してもセッティングがいらないから、手軽すぎる。

[広告]


なかなかいい音。
スピードが10KMもアップしたらしい。
トルクも上がるし、効果倍増~

優れものグローブ

2019031202.jpeg


先日友人の車庫で優れものを発見。
このグローブは耐油性のあるゴム手袋みたいだが…
ところが、厚さや柔らかさがライディングに合う。
これは使える〜

どうも職人系の店で低価格であるらしい。
これは買いだな〜

APE2号 PC20キャブ

2019031201 (1)

エンジンがかかるようになったので、続けて燃調合わせ作業に。
国道で下りの全開走行して、即エンジンを止めて、プラグ確認。

2019031201 (2)

2019031201 (3)

エンジンブレーキ時にマフラーから「パンパンパン~」と
プラグは真っ白~
メインジェットの89では、ガソリンが薄すぎる。
身内が月末にはAPE2号を借りたいとのこと。
それまでに燃調を合わせねば・・・・
ジェットを購入している時間がないので、Kさんに借りに行こう~

APE 2号 エンジン不動 その3

20190306224833000.jpg


周辺パーツが揃ったので、pc20 キャブをセット。


2019030602 (2)


改めてだが、コピー品?の台◯製
どうも実績はあるようで、トラブルはない模様。

20190309203717109.jpeg


これまでお世話になったフラットキャブ
爆発的な加速が魅力的
できれば、オーバーホールキットを探してメンテナンスしておきたいところ

20190309203714d18.jpeg


2019030902.jpeg


アクセルを外しながらチェックしていく。
ポッシュのアクセルは随分ともうろくしているようで、少しだけ削りながら再セット
毎度、アクセルをオンオフするから痛みやすいのでしょう。
新しいワイヤーには潤滑油を流し込む

20190309203718d2e.jpeg


キャブ側のワイヤーセットは標準の位置にセット

20190309203722ac9.jpeg


インシュレーター部の口径は明らかに違う

20190309203726f63.jpeg


アイドルやエアスクリューはこれまでの経験で適当に合わせておく

20190309203722c5f.jpeg


少々寂しいが、手持ちのパワーフィルターで仮装
セッティングで合わなければ、速攻で交換ですな

[広告]


さあ、キック開始
ガソリンが行き渡ってから、即エンジン始動。
やっぱ、キャブが悪さしていた!
急にかからなくなったことから、オーバーすれば復活するような気がする
キットを探して、メンテナンスしておこう。

さて、エンジンが始動したので
次回改めてセッティングを実施したい。

APE 2号 エンジン不動 その2

2019030701 (7)

先日、電気系の部品(イグニッションコイル)交換で改善されなかったが、やはりキャブが原因ではかいかと・・・
確かにミクニのフラットキャブはセッティングが難しい。
さらにファンネルの吸気でゴミも入りやすい。
メンテナンスなしでは維持できない。

2019030701 (1)

そこで、もっとも信頼のおけるPC20の新品を購入(右)
絶対に中〇製はダメと言われていたので、台〇製を。
左はAPE100についていたストックタイプ。
明らかに吸気の径サイズが違う。

2019030701 (2)

さらにジェット類を確認。
これまで見てきた(真鍮製?)と色が違う

2019030701 (3)

メインジェットは「89」

2019030701 (4)

スローージェットは「K39」

2019030701 (5)
2019030701 (6)

手元にある予備のジェット類があるので、燃調のあわせも何とかなりそう。
パワーフィルター、インシュレーター、マニホールド、アクセルワイヤー、ジェット類がそろった。
次回はキャブ交換ですな~

レイトバス キャブ ジェット交換

2019030603 (1)

マフラーからの黒煙がひどく、地面を真っ黒にしてしまうほど。
特に冬場にマフラーからの水が、中に溜まったカーボンを外に排出するみたい。

そこで、前回メインジェットが1番手大きかったので、ソレックス用のジェットを入手。

2019030603 (7)

バッテリーを外して

2019030603 (6)

ガソリンホースにスットパーをかけて、ホースをキャブから外す。

2019030603 (2)

2019030603 (8)

2019030603 (4)

ディスビ、配線、アクセルワイヤー、吸気のホースなどを外していく。

2019030603 (9)

ようよう、キャブを救出。

2019030603 (13)

フローターの下にあるボルトを外すと、中の奥にメインジェットを確認できる。

2019030603 (11)

130番から125番に変更する。

2019030603 (10)

これで、ストックのマフラーとエアフィルターに適合したことになる。
とりあえず、試乗では吹き上がりは特に問題なし。
後日、改めてプラグの焼け具合を確認したいところ。
これで燃調が決まれば、すっきりするのだが・・・・

レイトバス ドアミラー交換

2019030601 (4)

助手席のドアミラーが手に入ったので、交換を。

2019030601 (1)

実は鏡が曲面とのことで購入したのだが、なんと既設のミラーとさほど変わりない。
背後に写る景色が広くない。本当に曲面なのか・・・・

2019030601 (2)

ミラーの周りはボロボロになっているので、交換することですっきり~マル

2019030601 (3)

見た目が良くなったので良しとしよう。
さあ、今度は運転席側のミラーを交換したいが、どこかに掘り出し物はないだろうか~

レイトバス アイドリング調整

2019030403.jpeg


気温が下がってくると、エンジンが温まるまで、アイドリング状態でストールしてしまうことがある。
特に赤信号で止まると、そのまま息絶えて、慌ててセルを回すことに。

本来ではないが、回転数を上げてその場しのぎの対応。
半周左回転させて、少しだけ回転数を上げた。
春になったら戻そうと思う。

次回はメインジェットが手に入ったので、燃調にチャレンジ。

レイトバス ワイパー

2019030401 (1)

クルマを大事にしすぎて、雨の日に乗らないなんてありえない。
雨の日もドライブして・・・・

[広告]


雨が強い時のための高速ワイパーでも、このやる気のない動き・・
おそい~
すると、右端のボディまでワイパーがオーバーラン。
どこもでふきとるつもり?

2019030401 (2)


2019030401 (3)

正規の位置にもどして、スッキリ~マル

レイトバス ドラムブレーキ左

2019030302 (2)

ずっと放置していたが、少し時間があったのでリアのドラムブレーキを確認したい。
まずは46mmのナットを外す。

2019030302 (1)

ドラムはスライドハンマーで引き出す。

2019030301 (4)

2019030301 (3)

シリンダーはとても健康的で、クリーニングとグリスアップを。

2019030303.jpeg

2019030304.jpeg

ドラムはなんちゃって塗装で、美しく~
これで4輪ともブレーキを確認した。
次はブレーキフルードのサブタンクからマスターシリンダーまでのホースを交換したい。

300TDT タッチアップ

2019030306 (1)

日頃から気が付いたらやってる作業
そう、サビを見つけるとどうしてもタッチアップしたくなる。

旧車の宿命だけど、放置している人も多いと思うが・・・・

2019030306 (2)

W123のバックパネルは弱点で、注意しておかなければ。
ここ20年ほど手つかずだったようで、早めにサビ取りしてタッチアップ。
たぶん、周りもサビが進行してくるだろう~
少しの間は注視しておきたい。

APE 2号 エンジン不動 その1

2019030201 (1)

突然、エンジンに火が入らなくなった。
ガソリンは来てる。
プラグは火が飛んでいる。
余分なエアを吸っているかもしれないが、エアもある。
最初に疑うのはキャブなのだが、これまでの状況から電気系を再確認しておきたい。

そこで、イグニッションコイルとプラグコードを新品に。
同じパーツとしたいので、タケガワをチョイス。

2019030201 (4)

仮セットだが、プラグの火の飛び方は若干よくなったような。
でもでも、エンジンかからず。残念

2019030201 (3)

そこで、キャブの簡単なOHを。
ついでに2次エアが心配なのでマニホールドを新品に交換。

2019030201 (2)

フローターの動きを確認。

2019030201 (7)

メインジェット、スロージェットをキャブクリナーでクリーニング。
こちらでも改善されず。残念

2019030201 (5)

ここで、CDIも疑ってみたが、Kさんの見解は「それはないでしょう」とのこと。
やっぱ、キャブですかね。
このフラットバルタイプはセッティングが難しい~
次の選択肢として、予備のキャブか新品のキャブか悩ましい~
春にツーリングの予定があるだけに、早めに実働できるようにメンテナンスしなければ!

ハイエース200系ユーアイビークル



先日、隊長が自宅に遊びにきた。
遊びの話かと思えば、これから数年一緒に遊べないとのこと。
まじか!

ん〜大切な友人の脱落宣言にテンションが落ちる。
奥様が単身赴任で子供たちの父親と母親役を務めるそうな!
仕方ない。頑張ってくれ!その間はビックトラウトたちはこちらに任せてほしい。

さて、隊長のハイエースの足し周りは、100万円をかけてリフレッシュ!
乗用車並みの乗り心地に改造した。
羨ましいかぎり…
進化した200系に乗れるのは、少し先になりそうだが、試乗後は次に所有するクルマの参考にしたい。

コンパウンド



201903011705575e3.jpeg


プロが使うコンパウンドについて備忘録

UNICON(石原薬品)が扱うFMC8000LSコンパウンドで肌調整やペーパー目消し用として使う。
優れもので、ザクザク削れるけど、傷は残りにくいらしい。


手持ちの安物があるだけに新たに購入は先になりそうだ。
手持ちは、細めがあるけど、極細はないので追加購入しよう。

さあ、レイトバスの塗装面で研磨のお勉強を始めたい。
いつもお世話になっているハマさんから
「まずは1000と1500の耐水ペーパーを手で磨く。さらにコンパウンドをダブアクションマシーンのバフかスポンジで磨き作業すること」

できれば、細めのコンパウンドをバフで、極細のコンパウンドをスポンジで磨こうと思う。

塗装の最終仕上げをやりますか!
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示