FC2ブログ

LH178V フロントウインド雨漏り

2018093001 (3)

先般、フロントウインドからの雨漏りが修理できたと思っていたが…
なんとまたダッシュボード下で濡れを確認。

実はメルセデスでもあったことだが、Aピラーからの雨漏りと思っていたら、フロントウインドと屋根の間から回り込んでフロアーが濡れていたことがあり、修理に苦労した経験がある。

2018093001 (1)

そこで、上部のパッキンを確認していくと隙間がたくさん!

2018093001 (4)

前から用意していたホルツのシール材を使ってみる。
実は使い始めて気づいたのだが、これまでよく使っているシリコンの補修材とまったく変わらないようだ。
わざわざ購入しなくても良さげ。

2018093001 (5)

さて、隙間にシール材をぶちゅぶちゅと打ち込んでいく。

2018093002.jpg

気になる四隅もシーリング。

台風24号が近づいている。
不謹慎だが、テストには持って来いの負荷。
これで、雨漏りが直るといいのだが…
スポンサーサイト

番外編 エギング



IMGP2667.jpg

201809292106221c0.jpeg


渓流が終盤を迎えて川に行きたいと思ったが、台風を前に時間を作ることができない。
そこで、越前へのエギング 釣りならなんとかなるかも。
しかも、今ならアオリイカが美味い!


そこで、金曜日の仕事が終わってバタバタで越前の海に直行 。
現地に着いたのは夜中だったが、台風の前に釣りをするためか、ものすごい数の釣り人が…

残念ながら、その夜は条件が悪く、地合いはやってこなかった。
朝早起きして再チャレンジすることに。

と、夜半から雨がシトシトと。
朝には本降りに。
結局、朝方の釣りに期待していたが、中止!
同時にボーズ決定!

201809292106222cc.jpeg

これでは納得がいかない。
そこで、敦賀市にある市場で、刺身のどんぶりを食す。

2018092921061836d.jpeg

初めて行ってみたが、なかなか大きな市場。
安くて美味しくいただけた。ぜひ、また行きたい。

今回はしっかり時間が取れなかったこともあり、釣果に恵まえなかったが、来年こそはじっくり腰を据えてシャクリたい。

釣果報告




隊長から釣果報告が入る。
われわれのホームグラウンドは人気があるようで、入渓場所に苦労させられほど釣り人があるそうな。

きびしい時期でも、ちゃんと結果を出してくれる。
最近は隊長と時間が合わず、ご無沙汰ばかり。
お互いに自由な時間できるようになったら、遠征しよう〜

レイトバス 試乗



最近は乗る時間がないが、ドライバーMJがいつも足に使ってくれてる。

久々のテストドライブで調子を確認。
いい感じに仕上がって来た!マル
秋は海までドライブに使おう〜

APE2号 不具合 その2



先般、タンクのリフトアップを試みてからエンジン始動時にストールしてしまうトラブルに見舞われていた。ミスターカブの指示どおりにキャブのチェックをはじめたところ、いきなり不具合発見!

2018092604.jpeg

なんと、キャブとエンジンを繋ぐマニホールドに亀裂が~
つまりエアを吸って、ガソリンの濃度が薄くなっていたことになる。
やっぱ、昼間の明るいう作業すべき!(鉄則)

で、過去に同じ症状があり、お決まりの不具合。
いずれはマニホールドを強化することを考えねば・・・アルミで補強しますか!

そんなことで、部品を購入しにKTMと一緒にお買いものツーリング。
山に中のワインディングではKTMについていけない。

少し燃調が合っていない課題も確認できたが、秋のツーリングに出動できそう。マル

青森遠征サーフトリップ 6日目



最終日は軽井沢で買い物。

2018092601 (2)

遠くに見える浅間山がきれい。
久々に清々しい日になった。

2018092601 (1)

買い物は釣り人やBUS好きな身内にお土産を。

2018092601 (5)

2018092601 (4)

帰りは有名な浅野屋でバケットを購入して、帰路に就いた。

今回の遠征は時間がなく、強行スケジュールだった。
波乗りはあまりできず、バタバタさせられた。
もっとゆっくりした遠征に行きたい~

退職したら、フラッともう一度行ってみたい。

LH178V ATF エンジンオイル交換

2018092501 (3)

先日、青森までの遠征で2000KMほど走りきったので、オイル交換を。
昔、死んだ親父が長距離の後のオイル交換がいいと話していたことを思い出す。
たぶん、フラッシング効果によりその後のオイル交換がメリットがあるってことかも。

2018092501 (1)

でまずはATF交換。
前回の交換からさほど走ってはいないが、予定のオイルがまだまだあるので、早めの交換を試みる。
相変わらず、色は濃い目で

2018092501 (2)

フレッシュなATFとは透明度が違う。
何度交換しても全量交換にはならないようだ。

備忘録 ATF交換量 2200CC(通常は2500CCほど)
さらにエンジンオイルも交換。

そんなことで、後日の試乗では別の車に乗ったかのように、エンジンの吹け上がり、そしてミッションの繋ぎのスムーズさが向上。
毎回交換するたびに調子が上がってくる。マル

青森遠征サーフトリップ 5日目



この日は早起きして仙台新港Pに入水したかったが、とても起きる元気がなく、諦めてしまった。
実は前回の遠征でも近くまで来ておきながら、カムバックコールで行けなかった。
まあ、また来る口実もできることだし次回に期待したい。

さて、昨日八幡平のトレキングがダメだったので、リベンジで蔵王の御釜を目指すことに。

2018092401 (3)

2018092402 (1)

御釜付近は1700mオーバーで風が強く、チョー寒い状態。
慌てて長ズボンとフリースにアウターを着こんでトレッキング。

2018092402 (2)

頂上付近は仙台?の街並みが見下ろせる。

2018092401 (2)

簡単に登頂できた刈田岳頂上。
御釜を望みーの雲の切れ目を待ちながらぱしゃり。


2018092401 (4)

蔵王ハイラインの終点にあるレストハウスではすでにストーブが。
さむ~

2018092401 (5)


この日からちょっとでも南下して帰る方向へ
途中宇都宮の餃子を食す。
普通の餃子らしく、まあまあじゃないっすか~

で、この日は次の日に軽井沢への乗りこむために佐久の宿泊。

青森遠征サーフトリップ 4日目

2018092303.jpeg

クボタロッヂの情報を。
宿泊客は良く見る顔ぶれ(フライマン)が滞在していた。
さんざん、釣りはしていかないのかとからかわれて、道具ならどれだけでもあるよ~と
ありがたいが、今回は時間がないので丁重にお断り。
まあ、来年また来ますよ~

2018092301 (1)


そして、今年はヤマメが絶好調のようで、42cmを筆頭に黒板にいっぱいの記録が並ぶ。
場所は春に入渓した川のようだ。

2018092301 (3)

2018092302 (1)

2018092302 (2)

今回の第二目的でもある八幡平のトレッキング。
ビジターセンターの周辺は晴れていたのに、なんと1600mほどの駐車場は雨と霧そして風と最悪の状態。
しかも、気温は10℃程度で体感温度はもっと寒そう。

そんなことで、中止!残念~

2018092304.jpeg

ドラゴンアイが見える池まで行きたかった・・・・

2018092301 (5)

計画を前倒して仙台の松島まで足を伸ばすことに。

2018092302 (4)

2018092302 (3)

お決まりの遊覧船は45分間だったが、予定どおり爆睡。
気持ちよく昼寝を決行。

2018092302 (5)

2018092301 (6)

ここが缶バッチの絵の場所。(画像がないが・・・)

海辺と街中を散策して、有名な牛タン屋へ。
と、ところがこの街は店じまいが早いのか、店前で断られてしまった。
とても残念・・・2度と来ないかも。

気を取り直して仙台市内へ移動。
まずは牛タン屋を2,3件覗いてみてから決めた。

2018092301 (10)

2018092301 (9)

マニアックな店だったが有名店より美味しいかもしれない。マル
やっぱ、牛タン最高!

2018092301 (8)

最後はいろは横丁で〆。
ここでは、生まれて初めてハイボールを飲んだ。
酒が飲めないのに・・・・。

仙台は休みの夜ってこともあったのか、震災後より活気はなかった。
でも、また寄らせてもらいたい。

青森遠征サーフトリップ 3日目

2018092201 (1)

結局、浅虫温泉は立ち寄っただけで。
もっとゆっくりするといいところかもしれない。

2018092202 (4)

朝から青森の駅周辺を朝飯を探してウロウロと。

2018092201 (2)


のっけ丼の市場で好きなものをのせて、朝から刺身。
新鮮で美味しかった~

2018092202 (3)

2018092201 (4)

2018092201 (3)

街をぶらぶら。
本州の最北県まで来たから土産を購入。

そこから波乗りポイントの八戸へ

2018092201 (5)

その前に八食センターで寄り道。
この店はものすごいお客の数で、あまりにも青森の街には人がいなかったので、ずいぶんと違和感を感じた。
八戸の方が元気があるかも~

中落ちマグロは安定して美味い!
そばは信州のに比べて、ずいぶんと味や食感が違う。
何が違うのかよくわからない。

2018092202 (1)

さあ、ここからが本命の波乗りタイム

ポイントは「金浜」。
比較的ロングボードにいいと下調べしていったが、この日は中途半端な波だった。

2018092201 (7)
すでに3人が入水していたが、あまりにも人がいないのにびっくり!
しかも、その3人はSUPだった。
その意味は入水してからわかった。
ハンドパドルで加速しないと波に乗れないのだ。


2018092201 (6)

この日は砂の駆け上がりと、潮のタイミングが悪かった。
実は太平洋の外洋とあって、波のパワーは伊良湖よりあると思う。
ひとたび乗るとガンガン押してくれる。
たぶん、波質がいい時に入れたら相当遊べると思う。
次回もぜひ入水してみたいポイントだ。

2018092201 (8)

2018092202 (2)

その後、種差海岸の芝生やウミネコの聖地 蕪嶋神社でマッタリして休憩。
その夜は岩手県の八幡平へちょっと移動。

あ~疲れた。

青森遠征サーフトリップ 2日目

2018092101 (1)

2日目は山形県の鶴岡の海から~

2018092101 (2)

早朝から朝定食を食べさせてもらえる道の駅に

2018092101 (3)

2018092101 (4)

さらにつまみ食いしたいので、ご当地リンゴとシャインマスカット
でも、あれほど騒がれているシャインマスカットの甘さは少し違和感を・・・
次はないな~

2018092101 (5)

所々に風力発電が。
やっぱ、冬の寒い時期は風が吹くのか、厳しい日本海が想像できる。

2018092101 (6)

[広告] VPS


さて、最初の目的地 玉川温泉へ
恥ずかしい話、後から知ったのだが湯治場としてすごく有名どころ。
年寄りばかりで、場違いな感じ

2018092102 (2)

必ず持参したいのが、ゴザ。
下からの蒸気と熱を受けて岩盤浴ができるのだが、レジャーシートでは溶けてしまう。
また、汗をかく
出来れば、天気がいいので日傘もほしいところ。

[広告] VPS


2018092101 (8)

そして、汗をかいた後は、新玉川温泉でひと風呂。
これがなかなかいい湯で、肌がツルツルになる。

2018092102 (3)

2018092102 (1)

その後は十和田湖と奥入瀬渓谷を経由して、最終目的地の青森へ。

2018092101 (11)

2018092101 (9)

2018092101 (10)

夜は評判のいい居酒屋に何とか滑り込み。
(もう1店舗は予約さえできなかった)
刺身と七輪焼きがおすすめ~

2018092101 (12)

夜も更けてきたので、早々に寝床へ。
その浅虫温泉には寝泊まりしただけが、有名なマグロ定食が食べる店があることから、次回はゆっくり滞在したい。

2日目終了~

青森遠征サーフトリップ 1日目



=蔵王からの風景=

今回の遠征には大きく2つ目的が・・・
1つ目は青森の八戸の波に乗ること

2018-07-11_21-12-04_000.jpeg

2つ目はいつもお世話になっているクボタロッヂにフラフィシングの雑誌を届けること。
自宅に長年買い続けていたフライの雑誌を処分する話を6月の釣行時クボタさんにしたら、請け負ってくれるとのこと。
ありがたい~
(これでも一部なんだけど・・・・)
もっていけるだけにしておく。


さて、今回は九州への恒例のサーフトリップには日程が厳しいことがあって、北を目指すことに。
また、予てから「東北の太平洋側で波に乗ってみたい」 との望みが・・・

そこで、出発の日は15時までしっかりと勤めて、その夜行けるところまで。
もちろん秋田周りで日本海側を走る予定。

2018-09-14_17-58-06_000.jpeg

途中信州のソースかつ丼に舌鼓。
ソースかつ丼は安定して美味しい~

2018-09-14_22-23-02_000.jpeg

そしてこの日は新潟の少し向こうまで一気に北上。
やっぱ、夜の走行は楽。
明日は早起きして朝方に距離を稼ぐことに。
予定では右回りで、往路は日本海側を一気に北上、復路はゆっくり太平洋側を南下。

アークテリクス トート



最近、近所にアークテリクスが出店してきた。
もちろん、引き寄せられるように何度か来店してしまう。

その度ごとに衝動買いをしてしまうのだが…困ったものだ。


今回もトートバックのフェチ病が発病!

サイズや機能は充分なのだが、手提げ状態で歩くと、底が地面に擦れてしまうのが残念。
こちら174cmだが、手が長い訳でもないので、日本人に合うようにしてもらいもの。

でもでも当分の間、肩に掛けて使い倒したい!マル

LH178V ヘッドライト点灯せず その2

3日前にヘッドランプが点灯しなくなってから、あれやこれやとチェックしたら、偶然にも原因が分かってしまった。
実は数日前からクルマ屋さんに見てもらう予定だったが、忙しそなので、結局自分で確認することに。



備忘録
 DENSO ランプリレー 90987-02006

このランプリレーは簡単に手に入った。
部品についてもクルマ屋さんに頼むより自分で頼んだ方が早かったかもしれない。
結果的に・・・・なんか医者いらずですかね~

2018091202.jpg

2018091201 (2)

そして、ヒューズボックスにセットすると見事点灯!
やった!
お見事!誰も褒めてくれないので、自画自賛~

2018091201 (3)

2018091201 (5)

2018091201 (4)

そして、雨漏りの処理をするために窓枠のフレームを外したのだが、上手く再セットできない。
本来なら部品を調達したいところだが、自分のクルマだからやりたいように。
雨漏りの止水を兼ねて、フレームを固定するように、シリコン処理していく。

さらにウオッシャーの排出口も怪しいので、シリコンを塗布しておく。
たぶん、これで当分雨漏りしないでしょう。
乗りながらチャックしていきたい。

最近、Y号に手間がかかりすぎだけど、大切な相棒なので、しっかりとメンテナンス。
この秋は新しいタイヤにしようかと・・・やっぱ、ブリザックですかね~

空冷VW イベント



イベントに一度も行ったことがないので、
行ってみたいけど、行けない〜

知らない人ばかりでも、楽しめるのか?
でも、メンテ情報がもらえるかも〜

LH178V ヘッドライト点灯せず その1

2018091102 (1)

休みの日に夜が明けない時間帯に海に行こうと出発しようとしたら、なんとヘッドライトが死んでる~
まじか・・・
このまま遊びにいくのも気が重たくなるので、海は中止。
実は波が良くないので、中止したとも言える。

さて、左右同時だからバルブではないと思われるが・・・
で、バルブは正常。

さて、次はヒューズ。

2018091103.jpg

赤〇の15A。
こちらも正常。

本命は黄色〇リレーでした

2018091102 (3)

よくよく観察すると、リレー本体が濡れている?????
ん?
そうかー
先日の台風21号で1晩中外に放置していたから、雨漏りしたと思われる。
これは、大仕事の予感・・・

2018091102 (4)

2018091102 (5)

リレーを分解していくと、中まで泥が入り、さらにサビが・・・
これはそうとう前からの雨漏りがあったようす。

とりあえず分解掃除。

2018091102 (7)

そして、電源になるバッテリーに繋いでスイッチのチェック。
不通。
たぶん、これが原因と思われるので、まずは部品注文。

もう少し、こだわってみたい。

2018091102 (8)

2018091102 (9)

コイルの奥にある抵抗がダメになっている可能性があるので、交換できる手持ちの抵抗部品を確認した。
しかーし、残念なことに合う抵抗がなく、修理不可能~

さて、雨漏りについても対応が必要。
怪しいところを止水して、テストしていくしかない。

フロントガラスの下側が怪しいと仮定して

2018091102 (6)

2018091104.jpg

カバーを外してシリコンで止水していく。
簡単そうに見えるが、これがけっこう時間がかかる。
めんどくせ~

部品が届いたら再開しよう~

APE2号 不具合



先日、タンクのリフトアップしてから、エンジンがしっかりかかってくれない。
チョークで一時的にエンジンが始動するのだが、すぐにストールしてしまう。

そこで、ミスターカブに相談すると、タンクのホースなどを触って、スロー系のジェットにゴミが詰まったのではないかと。
確かに、アイドリングできないならスロージェットか、アクセルワイヤーが原因のようだ。

後日、キャブのOHを決行することni
セッティングが難しいミクニキャブだけに、気が重たいな~
秋のツーリングまでには何とかしなくちゃ。

道具が助けてくれる



先日の海からの帰りに工具屋に寄り道。
常時使わないけど、あったらいいなと思う時があるので、思わずそろえてしまった。

1.細かいところに使えるハンドル付きヤスリ
2、部品を傷つけずに打ち抜くポンチ
3.バスのエンジンを下した時に使える液体ガスケット

早く使ってみたい~

[広告] VPS


番外編  AUDI TT
どんどんライトが変わっていく。
車検通るの~?

LH178V バッテリー交換

2018090801 (4)

最近はバスY号を集中的にメンテナンス。
乗りっぱなしで、手を加えていないのですねていたかも~

これから涼しくなるとバッテリーあがりが心配になるところ。
近頃は始動時にセルのレスポンスが悪い~
よく今日まで動いてくれてたと思う。

2018090801 (1)


そこで、いつものATLASBX [ アトラス ]をチョイス。
到着後すぐに追加充電。
もしかしたら、必要ないかもしれないが、儀式のようなもの。

2018090801 (2)

現行は一流のユアサバッテリーだった。

2018090801 (3)

セット完了。
留め金具が錆びていたので、塗装して組み入れ。

交換後はスターターが気持ちいいぐらい一発始動。
たぶん、ヘッドライトも明るくなったと思う。マル



LH178V 緊急オペ その2

2018090601 (2)

先日、慌ててフロント左右のブレーキホースを交換したが、最後までリアのホースが外せなかった。
そこで、高価な工具を入手しようと企んでいたが、寝かせるといいアイデアが浮かんでくることが良くある。
それは、大物のナットを外すためにフレアーナット用の工具をセットで購入していた。
滅多に使わないので、忘れていたがセットの中に10mmがあった!

2018090601 (3)

しかも、ロングロッドが使えるだけのスペースもある。

難なく、簡単に緩んでしまった。
やっぱ、もつべきものは工具ですな~

2018090601 (5)


2018090601 (4)

2018090601 (6)



チョースピーディに交換。
もう慣れたもんですわ~

2018090601 (1)

最後はリアだけブレーキフルードのエア抜きして完了!
これで、当分ブレーキ関連のメンテナンスはないでしょう~
Y号復活!マル

300TDT ロッキングアイ

2018090504 (5)

これまで、左側だけ交換して右側は放置してきたが、助手席のシールを交換してからドアの閉まりが悪い。
そこで、助手席のドア周りをメンテナンスしていく。

2018090504 (1)

まずは、少し下がってしまっているドア全体をジャッキでUPしていく。

2018090504 (2)

2018090504 (3)

隙間の間隔やドア面のフラットさを確認しながら調整。

2018090504 (4)

そして、経たっていると思われるドアキャッチャー(ロッキングアイ)を交換する

ところが、左側でも同じことが起きたのだが、どうも新品の部品では調整しきれなく、ベンツらしい締まり具合にならない。

2018090504 (6)

2018090504 (7)

そこで、うしろのキャッチャーを前にもってきて、うしろに新品をセット。
これで、けっこうマシになったけど、納得がいくまで調整ができなかった。
敗因はロッキングアイが社外品だからだろうか。
当分調子を見ていこう~

APE2号 燃料タンク少しUP

2018090502.jpg

APE2号のシルエットを変更したくて燃料タンクを数cm上げることに。

2018090501 (1)

2018090501 (2)

前で支えている軸の位置を前に移すため、フレームに穴をあけタップネジを入れる。
ステーでリフトアップ。

2018090501 (3)

シート側はU字型にリフトアップ。

2018090501 (4)

ハンドルからシートへの斜のシルエットをイメージして。
次回は自作のシートに変更しようかと~
シートは、ドナーを手に入れたので、ぼちぼち組み立てたい。

ところが、タンクを外していたら、エンジンがかからなくなってしまった。
どこもいじったつもりはないのだが、すぐにストールしてしまう。
もしかして、アクセルワイヤーの不具合か?
走れないので、早めに原因究明しなくては・・・・

レイトバス 油温計 その2

2018090402 (2)

2018090402 (1)

前にも記載したが、センサー類は信頼のデイトナ製を使用した。
温度のレスポンスがいいこと、センサーに電源がいらないこと、さらにモニターが、軽くてコンパクトなこと。
アナログのメーターが好まれているようだが、合理的なパーツが好き~

2018090402 (3)

前回、オイル交換時にドレンボルトにセンサーの配線を行ったばかりで、モニターまでの配管作業が残っていた。
バックカメラと同様に後部から運転席まで配線していく。
もちろん、ACCより電源を確保。

配線にはストックしてあった普通の線を使用してみた。
この線で温度の信号が伝わるのか心配なところ。
(配線した画像はなし、残念~)

その後のテストランで、なかなか温度が上がらないことや、80度以上にならない。
手探りでセットしたので、どこか不具合があるかも・・・

2018082803 (6)

と、先日ワーゲンのクルマ屋で話しているときに、油温のセンサーについてミスターバスからご教授を受けた。
それは、ドレンボルトにセンサーは冷やされたオイルの温度を測っているのではないかと・・・

2018090403.jpg


そこで、オイルプレッシャースイッチから分岐させるアダプターを教えてもらった。
これは使えるかも。早速注文ですなぁ

レイトバス 油温計 その1



最近、夏場のエンジンにかける負荷の状態を確認するために油温計をセットした。
作業は別の機会にアップしよう。

ところが、通常80℃以上を示すべきなのに、なぜか低い温度表示。

偶然にもワーゲンの店でミスターバス似合うことができた。
よくよく確認すると、オイルパンにセットしたセンサーでは、冷やされてしまって低い温度になってしまうのでは・・・と
そこで、油圧のセンサー部に2又に配線できる優れものがあるらしい。
少し勉強して、セットし直しですな。

LH178V 緊急オペ

2018090201 (2)

この日、海まで遊びに行っていたら、ときどきブレーキ警告灯が点灯。
だんだん点灯頻度が高くなり、ブレーキシステムのチェック。
と、ブレーキフルードがMINのラインを下回っていた。
とりあえず、不足分を補充して、自宅まで亀のようにゆっくり帰ってきた。

2018090201 (3)

4輪ともジャッキアップして、配管沿いをチェックしていく。
と、左フロントのホースが裂けている。
おお~
ずいぶん前からホースが硬くなっていたので、すでに3本のブレーキホースを調達してストックしておいた。
さっそく、緊急手術で交換していくことに。

2018090201 (6)

2018090201 (5)

強烈に裂けている。
ただ、オイルの減り具合は少しだったようで、ずいぶん前からこの状態だったかもしれない。
これが、一気に裂けたらブレーキが効かないことも・・・・危険な状態だった。

新品は安心の純正品を。

2018090201 (7)

2018090201 (8)

前輪の左右は簡単に交換完了。

2018090201 (10)

ところがリアの1本が外せない。
ラスペネやラストブリザードを駆使しても外れず。
最近分かったのだが、安物のフレアレンチは先が広がって力が入らないらしい。
本来ならスナップオンなどの高級工具に頼りたいところ。

結局、交換できずで、次回に持ち越し。

2018090201 (1)

2018090201 (9)

ハイエースのフルードのサブタンクにはフルード補給器が使えないので、満タンにしてからフルードを排出していく。
ワンウエイバルブの付いたブリーダーを使用する。

2018090201 (4)

今回は緊急でオペを行ったので、気乗りしていなかったし、波乗りで疲れていたのか、指を挟んでしまった。
やはり、夜の作業は危ない。
作業用ライトを増やしたい。

とりあえず、今回は前輪2本のブレーキホースを交換したのだが、リアの1本がどうしても交換できなかった。

2018090202.png

いずれ、フレアスパナ借りるか購入するかして、近いうちに交換していこう~
このスナップオンは3万円以上もする。
ちょっと手が出ないな~

台風21号の波



この日は台風21号が接近しつつあって、波がUPしてくる。
次の日からは太刀打ちできないほど波がUPしてくるので、今日しかない。

満潮前はどちらから波が来るのかわからない状態。
でもでも、最後に今シーズン1の波がやってきた。

面ツルで肩程度の波がいい感じで入ってくる。
朝から天気が良くないので、人も少ない。
最終の3本はしっかり加速してしっかり横に走らせてもらった!最高!!!!
気持ちよかばい!


2018090101.jpg

2018090102 (2)

こちらは前日が飲み会だったので、若者たちとは現地集合。
彼らも波質に苦労していた様子。
次回は台風の影響がない時に行こう~
(自分だけいい思いしたけど・・・・・)

2018090102 (4)

そんなにマッタリはできなかったけど、いい波にのれたので、マル。

2018090102 (5)

帰りにトラブル発生。
なんと、いつも酷使している相棒が悲鳴をあげた。
なんと、ブレーキに不具合が~

チェックしていくとブレーキフルードが減っているようなので

2018090102 (1)

帰りはフルードを追加して、亀のようにゆっくり帰ってきた。
無事に帰れて何より~

帰還後、緊急手術。
修理内容はいずれ・・・
Y号を大切にしなくちゃ~
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示