FC2ブログ

レイトバスサファリ化 その2



後ろハッチとエンジンルームのハッチを両方開放して走るテストを行ってきた。
ところが、すこし悩ましいことが。

せっかく後ろハッチを開放したのだが、走りながらルームミラー越しに確認していると、ハッチの隙間から風が侵入している???
敷いてあるカーペットがフアフアと浮き上がるのが見える。
つまり、前から後ろに風が流れる予定だったが、後ろから前に流れている様子。

つまり、排気ガスも含めて後部で巻き上げて空気を車内に入れているのでは????
いろいろな先輩方が試してきたサファリ化だけど、リスクもあるかもしれない。

スポンサーサイト

番外編 AUDI TT テールライト

2018073001 (2)

TTの持病のようで、テールライトのソケット類が溶けてくるらしい。
バルブの焦げてしまい。
いずれは点灯しなくなる。
原因はアースの線が細いのか、抵抗値が上がってくるようだ。

2018073001 (3)

ソケットの右上の端子が焦げてる~


2018073001 (1)

そこで対策としては、ソケットをバイパスしてアース線を増設する。

2018073001 (4)

オーナーは純正から社外品のテールライトに交換予定だったが、なんと接続後点灯しなくなったり、部品がチンチンに熱くなったりとトラブル続き。
やっぱ、純正にした方がいいじゃないの???

リトルカブ 再生



師匠がやってくれた。
不動のリトルカブを再生させた。

ハンドル周り、駆動系、タイヤ、そしてボディの塗装とありとあらゆる修理をここ2ケ月ぐらいで仕上げしまった。

20180729021934dd1.jpeg


今回、苦労したのはヘッドのスタッドボルトが抜けなかった!
最終的には50ccを75ccにボアアップ!

2018072902193516e.jpeg

20180729021938589.jpeg

ピストン、ポンプ、強化クラッチ、ハイカムと隙のないレストアを見せてくれた。

20180729022030529.jpeg

最終的にはキャブ調整で苦労しているようなので、キャブを新調するらしい。
それにしても、ここまでやってしまうと、ほぼ完璧な仕上がり。

300TDT フロントサス



うちの子、旧車にありがちな足回りのヘタりに悩まされる。
リアのレベライザーが機能しなくて、少しだけ下がり気味。

乗り心地に不具合がないので放置状況だったが、朗報があった。
インスタで検索しているとフロントサスをローダウンしているネタをゲット。
そのオーナーさんが親切にメーカーまで教えてくれた。


201807290208492a5.jpeg

それはzoom ダウンサスで30〜40mm程度のローダウンできるらしい。
この商品セダン用でワゴンで使った場合、ダウン量が同じなのか確認ができない。
少し調べてみよう。
ただ、サスを短くするとアライメントがずれてしまうので、交換後の素人調整で収まるかどうか悩ましい。

300TDT エアコンベルト



先般、エアコンガスを補充してから少し気になっていたコンプレッサーの音を解消してみた。

2018072901083974b.jpeg

ベルトを確認するが緩みはないと勝手に判断していたが念のためトライしてみることに。
固定ボルトを2箇所緩めて、画像のボルトを締めこんで、ベルトを張って行く。


2018072901083846e.jpeg

すると、ゴリゴリの異音が解消された!
2軸で回っているプーリーはベルトを張りすぎると調子を落とすと言われているので、締め付けをためらっていた。
アイドリングで止まっていると恥ずかしいくらいに異音がなっていたので、けっこう嬉しい。まる

番外編
ただ今、訳あって徹夜。
少し振り返る時間があって反省中。
思いどおりにならないことで、悔やんでも仕方がない。
今の思いは、大切することを貫きたい〜

SKI 断捨離

2018072501 (1)

2018072501 (2)

倉庫に眠っていたながーい板を処分。
実は若いころに一所懸命に雪山へ通った時期がある。
その時の思い出のスキー道具。

ヤマハGRXの板はアルペンの大回転用。
オガサカU3の板は基礎スキーのデモ用。
いずれも、貧乏な時に無理して買った板で、青春してた頃の残骸。
確か、10万円以上はした記憶。今じゃ絶対買えない!

とはいっても、いらないものは捨てなくちゃ。

2018072501 (3)


粉々に刻んで・・・
お疲れさまでした~

LH178V ドアバイザー

2018072301 (1)

隣町では40℃越えが2日もあった。
記録的な暑さに作業ができない。
そんなことで、日ごろから不具合が出ていたドアバイザーの修理に短時間の作業を。

高速道路などで100K以上の速度で巡行すると、ドアバイザーがバタバタと音を立てる。
気にはなっていたが大勢に影響ないのでほかりっぱなしだった。

あたらしいバイザーの購入も考えられるが、さすがに古くなってきた車両の部品は調達が難しい。
そこで、ちょっとだけ繋ぎで細工を。

2018072301 (2)

ステーを適当な形に加工して

2018072301 (3)

ひっかけるように固定する。
ねじ止めする予定だったが、あまりにもぴったりしてビクともしないので、はめ込んだだけ。
当分、これで行けるでしょう。

プチメンテ完了。
これで長距離の時もバタバタしない!マル

若者と波乗り



息子と同じ年の青年から海に行こうとお誘いが。
こんなうれしいことはない~
1週間前から手首の調子が悪く、仕事ができない車の運転はできない状態だったが、ここは無理してでも遊びに。

2018072101 (2)

実はこの青年は2回目の波乗りとあって、どうなることやら~
こちらは教えることができないので、適当なことをご教授。
ある意味、申し訳ない。

2018072101 (4)

海の画像はないが4時間近く入水して十二分に遊ばせてもらった。
この日は台風10号の影響で頭近くの波がセットで入ってくる。
上手く大波をよけながら、ほどほどにランディングできた。

2018072101 (1)

途中から息子が駆けつけて、一緒のポイントに入水。
久々に団体?で海に入るとたのしい。
特に初心者の青年はボードに座ることも出来ないので、見ているだけで楽しい。
ほかりっぱなしで、申し訳ない!

2018072101 (5)

この日の〆は期間限定のマクドナルドのカルピスシェーク(正式名は忘れた)
期待したけど、次はないかな~

この日は若者に誘ってもらって、こんなに幸せなことはなかった。
日頃から若者ぶってるところが受け入れられたか???マル

P.S.そうそう、3枚目の画像「Timeless Shred」、かっくい~

ランディングネット ホルダー

2018072203 (1)

先日の遠征でランディングネットを紛失した。
結構、ショッキングな話題だが、嘆いても仕方がない。

そんなトラブルを避けるためにホルダーは大切なTOOL。
今までは手作りのマグネットやC&Fのマグネットをとっかえひっかえしていた。
ずいぶんと紛失に気を配りながら使用していたので、起こるべきして起きたって感じ。

で、知り合ったフライマンにネットのホルダーについて聞き取りを行うと、ホルダーを指でつまんで、外すパターンが多かった。
そこで、自分も教え通りにシステムを変えようと思ったのだが、いろいろ検索していくと、チョー強力なネオジュウム磁石があることがわかった。
それが、「PROX」。
評判ではあまりにも強すぎるので周辺のシステムまで壊れてしまう可能性があるようだが、個人的には魅力的。

2018072203 (2)


マグネットに砂鉄が付着したり、経年変化で磁力が低下したりして、使い勝手に変化があると思う。
当分の間は、テスト使用してみたい。
また、今回のもう一つの紛失原因となったコードも新調しなくては~

XR250R ME06 チェーンスライダー



樹脂のパーツは劣化していくのはお決まり。
さて今回はスイグアームとチェーンの間で金属が擦れ合うのを防止するチェーンスライダーを交換する。

すでに、スライダーが取れてしまい裸状態。

2018071902 (2)

この部品、店によっては海外からの取り寄せとなるなるため、数か月かかるとのこと。
でも、ひょんなんことから新品を譲ってもらえることになった。

2018071902 (1)

後輪を外してチェーンを緩めて、スライダーをセットしていく。
明らかな効果はでスムーズな駆動系の動きが戻った。これで安心。

[広告] VPS


いい感じ~マル

ぽんず



ちょっとマイブームなぽんずの備忘録。
これは久々のヒット!

特に豆腐系の冷奴などに最高に合う合う!
他にも合うだろうから、試していきたい。

ぽんずが口に合うなんて、大人な気分。
買いだめしようかな~マル

番外編 AUDI TT ATF交換



身内がAUDIのATF交換のため、前日から持ち込み整備。

実は、最近になってディーラーでティプトロニックのフルードを交換してくれないことが分かってきた。
しかも、7速は無交換でいいのだが、6速は交換が必要なはず。
それでも、トラブルが多いのかディーラーでは交換しないのか、ちゃんと説明してほしいところ。

ちなみにTTは6速で交換が必要なミッション。
過去に所有していたAUDI A4はパソコンで温度管理しながらフルードを交換することはわかっていた。
自分にはそんな技術はないので、自ら交換することをあきらめていた。

2018071802 (2)

2018071802 (1)

と、そんな難しい作業もものとせず、パソコンを使って交換している息子に脱帽~
まいりました・・・・
完全に親を越えた感がありあり。

300TDT エアコンガス補充

2018071702 (4)

レジアスエースに続いてメルセデスのエアコンガス補充の作業を行う。
メルセデスはエアコンのコンプレサーを交換してから2回目?3回目?のガスの補充になる。
減り具合はミスターベンツに教えてもらった程度と判断して、ちょうど2シーズンに1度250CCを補充することに。

2018071702 (1)

R134aと器具を使い分ける。
R134aの接続はワンタッチだが、R12はネジタイプで、個人的にはネジタイプの方が作業がやりやすい。

2018071702 (2)

缶に穴を開け管の中の空気を追い出して接続する。
さらにエアコンを作動させ、ヒーターがかかるようにして、補充開始。
あっという間に缶が空になってしまった。いい感じ〜

2018071702 (3)

その間レシーバーの窓から泡の流れを確認していく。
ちょうどいい感じで泡が切れ、適量が補充出来た様子。
2年に一度の頻度で20年近くもこの作業をすれば、だれでもできるようになるなぁ。

最近プーリーのゴリゴリ音が負荷がかかった時だけ鳴るので、悩ましいところ。

で、エアコンの効きは完全復活!
本日、隣町で日本暑い40.7℃を記録したらしい。
これで、この夏を越えられる気がする。マル

LH178V エアコンガス補充

2018071701 (4)

去年の夏、ガス漏れでエアコンが効かなくなった。
200㏄のガス補充で様子を見てきたが、1年経過すると、さすがに効きが弱くなってきた様子。

先日エアコンの配管をチェックしているとガス漏れ箇所を発見。
R134aは緑色で確認しやすい。
そこで、パッキンの交換と真空を掛けてガスの充てんするのが本来の作業となるのだが、試しに漏れ箇所の増し締めを行った。
数週間後にチェックを行うと、漏れがほとんどなくなったような感じ。確かではないが・・・・

2018071701 (1)

そこで、もう一度200ccを再補充してみることに。
左は旧車に使うR12。
後日、メルセデスにもガス補充したい。

2018071701 (2)

圧力のLOWからエアコンを稼働させながら、ガス缶が空になるまで待つ。

2018071701 (3)

レシーバーの窓からガスの流れを確認しながらだが、R134Aはわかりにくい。

その後のテストドライブでは、明らかに冷たくなった!
最近、38度以上の気温が続くので、効果的なメンテナンスだった。マル

東北遠征 4日目



宿のお客さん(数年前にお会いした人)とあーでもないこーでもないと、夜中の1時半まで。
睡眠不足なのに~

さあ、最終日。
結局、オーナーからの指示で2日目に入った川へ再チャレンジ。
自分も取り切れてないポイントに再度入ってみたかった。

2018071003.jpeg

今日はランディングネットがないので、引きずりの刑。

[広告] VPS


2018071001 (1)

そこそこ良型が釣れる。

[広告] VPS


2018071001 (3)

フライトに合わせて早めの脱渓。
少し寄り道して日帰り温泉に浸かっていく。

2018071001 (4)

〆は盛岡の冷麺。
食べず嫌いだったが、意外にいける~

2018071001 (5)

2018071001 (6)

帰りの飛行機からは日本海と夜景がきれいに見えた。
俗世間からトリップしていたが、明日から仕事に復帰できるだろうか~

真夏の波乗り

2018071401 (3)

気温が37℃ぐらいまで上がっている。
こんな日は海に入るしかない。

2018071402.jpg

この日はMJと一緒に遊びに来た。
ゆっくり目の入水で、スキスキの海で楽しむことができた。

しかも、初めて使ってみたファンボードで意外にもすぐに乗ることができた。
もしかして、ファンボードでマニュバーもありかもしれない。

2018071401 (2)

波質はそれほど良くなかたっが、潮が満ちこみで選べばそこそこ遊べた。

2018071401 (5)

他のポイントもチェックするが、いまいち。

2018071401 (1)

この日は相方がリーシュコードを忘れた!
1本お買い上げ~
7FTが欲しかったので、いいことにしますか!

東北遠征 3日目

2018070902 (4)

相方の緊急帰還によって、今日から一人ぼっち。
予定していた期待の川へ出撃。
でも、宿のオーナーいわく、最近は型が小さいよ~
さて、どうなることやら・・・・

2018070901 (1)

北海道のような道を岩手山の麓で見つけた。
今まで使っていなかったが、果てしなくまっすぐな道に眠たくなりそう。



2018070902 (1)

2018070902 (6)

さて、いつものお決まりの入渓場所から入ることができた。
この日は平日とあって、登山客がいないので奥まで車で入ることができる。
ラッキーな日だ。

そして、こんなサイズがいいペースで上がってくる。

[広告] VPS


もちろん、丁寧にリリース。
元気がよく、コンディションのいいイワナだった。

2018070902 (7)

特徴は腹がやたら黄色い。

2018070902 (5)

そして、定番のプールではとても大きいモンカゲロウが遊んでくれた。

2018070904.jpeg

いい型が上がってくるのだが、目的のサイズまでは届かない。
やっぱり、オーナーの言う通りサイズダウンしている。
まあ、数が釣れたので、良しとしなければ・・・

2018070905.jpeg

ここはゆっくり宿の奥さんのおにぎりで一服。
これがたまらなくおいしい。
中に入っている具がお手製で、遠征の楽しみの一つ。

一服したので、ひと山越えて川を変更することに。

2018070902 (2)

2018070901 (8)

ここも実績のある川だが、少し水が落ち着きすぎてしまっただろうか、デカいヤマメを期待していたが不発。

と、ここで今回3つ目の事件が起きた。
なんと、ランディングネットを落としてしまった。
いつもなら、ネットにコードを付けているので、紛失すことがないのだが、たまたま釣り上げて、写真撮影の時、コードを外していた様子。
その後、枝にひっかけて背中の磁石から外れてしまったようだ。
まあ、こんなこともあるさ~誰か拾ってくれたら連絡を!
(でも、川の名前を出せないから分からないよね)

2018070901 (5)

2018070901 (6)

2018070901 (7)

その夜もおいしい夕食に舌鼓。
相変わらず美味い!


さあ、明日は最終日、どの川にしようか~

東北釣行 2日目 



この宿のオーナーはフライフィッシャーであり、ここのお客の大半は、フライマンで占められる。
その客が釣ってくる大物は黒板に記載され、シーズンを通して記録が公表されている。
もっとも、自分はほとんど乗ったことがなく、実力がないことがわかるが。

1番上のヤマメ42cm、ん?通常では信じられないサイズが載っている。
そして、オーナーから、この川に行ってきなさいと、指示がでた。
そんなことで、黒板サイズを求めてとある川へ。

2018070803.jpeg

それほど大きい川ではないが原生林が残っており、美しい川。

2018070802 (1)

アクセスも良いが、クマは絶対に居ると思う。

2018070802 (2)

水温はまずまずの13℃。
増水からすこし水位が下がっていく頃合いで、いかにも大物が出そう。

しかーし、事件は起きた。
なんとボーズ!
ゲーム的には楽しく、十二分に遊ばせてもらったのだが、なんせしっかりフッキングしてくれない。
ようよう、1本きれいにかけたのだが、枝が邪魔となりブレイク。
逃した魚は大きく見えるが、お世辞抜きで大きかった。
悔しい~

そして、さらに2つ目の事件は起きた!
なんと、山から下りてくると、相方は仕事場から携帯電話へのアタックが続く。(魚からのアタックは全くないが・・・・)
ついにあきらめて自宅へ帰ることに(まじか~)

それから慌てて、空港まで送迎。
自分は一人ぼっちになってしまった・・・・

2018070802 (2)

送り届けてから少し思案して、せっかくの盛岡市周辺に来たので、チョー有名なわんこそばの店を訪ねた。

2018070802 (3)

2018070802 (5)


生れて始めてのわんこそば。
1人で入店するのはさみしい~

2018070802 (4)

1人で金太郎のようなエプロンを付けるのがとてもかっこ悪かった。

2018070802 (6)

結果は60杯と男性の平均くらいだそうな。
はっきり言ってお世辞にもうまいとは言えない。
次回はないかも・・・

2018070802 (3)

この日は久々のボーズに自らの腕のなさを痛感させられた。
はっきりいって、もっと上手くフライを流すことができれば、釣果に繋がる場面があった。
何年もこの釣りをしているが、一向に上手にならないようだ。
また1からやり直しですな。

2018070802 (4)

さて、ネタがないのでウエーディングシューズについて
このシューズは、とあるショップの推薦で履き始めたのだが、ひもがすぐに解けてしまう。
ずぼらな自分は一度締めたひもが1日になんども解けるのは許せない。
やっぱり、トータルバランスでチョータのウエーディングシューズがいい。

東北釣行 1日目 その2

2018070701 (7)

結局、飛行機は2時間遅れで出発。
これで、釣り場の1ポイントが消滅した。
まあ、飛行機も釣りも自然が相手ですから仕方がない。

2018070701 (2)

今回は軽自動車をレンタカーで予約しておいたが、都合で小型自動車のスイフトになった。
グレードが上がったので文句を言ってはいけないのだが、車高が低すぎてダートの林道では使い物にならない。
もう少しクリアランスがあるとクマがいるような山奥まで気軽に行けるのに。

2018070701 (4)

この日は現着してからシトシト雨で、先日までに降り続いた雨で、川が増水している。
水温も下がっているかと思えば、15℃と意外に平常水温。

そして、こんな増水しているときに入りたい沢に入渓。
過去に入ったことがあるようだが、まったく記憶がない。

2018070701 (3)

2018070701 (6)

2018070701 (5)


結局、1人1本ずつ何とかボーズを回避。
ん~きびし~い。

2018070701 (9)

2018070701 (8)

堰堤上のプールでは、こんなちび助が。
こんなかわぃいサイズは久しぶりかも。

その後、峠を越えて実績のある有名な河川の支流へ。

2018070701 (2)

2018070701 (1)

いつもと渓相が違うほど水が出ており、笹濁り状態。
でもこんな時は、ヤマメの大型が出る可能性がある。

ここでは何とか良型のヤマメをゲット。
ほっと、胸をなでおろす~

2018070701 (3)

2018070701 (4)

さて、お宿のネタを。
むかし料理人のロッジのマスターはいつもうまい夕食を出してくれる。
毎回、これが目的の半分かもしれない。
この宿がなければ、東北には来ないと思う。

さあ、明日は少しだけ水位が下がって期待できると信じて・・・・


東北遠征1日目 その1

2018070702.jpeg

久々の岩手釣行。
去年は北海道で散々だったので、東北で手堅く釣果を上げたい。
最近梅雨が北の方まで影響しているのが気になるところ。
つい先日も北海道で大雨があった。

2018070703.jpg


さてさて、いつもの相方とスタート。
実は行く前から仕事で寝ていなかったり、最悪行けないかもしれない状況の中、なんとか当日を迎えた。

2018-07-07_10-58-41_000.jpeg

2人とも100Lのソフトタイプのスーツケース。
いろいろなタイプのバックを試してきたが、この形が一番使いやすい。
パッキングしやすくて、現地での荷物の出し入れがしやすい。
さらにケース自体が軽いことがメリット。
毎回、20KG内で収めることで追加料金が取られないように工夫するのだが、本体が軽いためまず超えることがなくなった。

2018-07-07_06-24-39_000.jpeg

仕事が忙しかったりと、どうも雲行きが怪しい。
飛び立ってから、いきなり飛行機の不具合で緊急Uターン。
前途多難だ~
つづく・・・

街で見かけたSC NSX



ホンダNSXが、ど〜んと鎮座していた。

確か去年の当初に発売されて、30年ぶりぐらいのフルモデルチェンジだった記憶。
公道で初めて発見!
あまりにも美しいフォルムに釘付けになってしまった。

まあ、全く無縁な車種だけに眺めるだけ。
生きてるうちに1度は乗ってみたい〜

そうそう、一度だけならナローの911がいいかも〜

タイイニング

2018070401 (2)

恥ずかしい話、久しぶりのタイイニング。
フライフィシャーの風上にも置けない。

さて、ハックルのチェックをしていく。
やっぱ、このグリズリーは美しい。

2018070401 (1)

と、なんと初めてのことだが、別のハックルが虫に犯されていた~
管理が悪かったのだが、あまりにも放置が長かったのもいけない。
情けない・・・

2018070401 (1)

さて、今回は土曜日からの東北遠征の準備として、行きたい川をイメージしながらカディスを巻いていく。
まずは、スレッドでベースを。

2018070401 (3)

ボディを巻いた後にスタビライザーとしてハックルフレアに巻いていく。
もちろん、上下はフライを安定させるために毛足を整えていく。

2018070401 (4)

この時期は少し多めのマテリアルで大きく目立つように作成。
東北の川にはこれが一番!

10個も巻いていないけど、無くなったら相棒からもらいましょう。

2018070401 (5)

久々にタイイニングしたら指を切ってしまった。
相変わらず、どんくさいかも・・・・

週末の天気が気になるところだは、自然が相手なので仕方がない。
増水していないことを願って・・・

LH178V 車検 その2

2018070201 (2)

備忘録として

実際に整備された箇所は、その1で記録したブレーキパット交換。
待合室でまったりしながら作業をみていると
左ヘッドライトの光軸のずれを補正中。

2018070201 (3)

次に排気ガスの濃度をある値まで下げる作業を。
これが、毎回ひっかかるので、燃料を少なめにして入庫する。
なるべく少ない燃料にアンチスモークを入れて空ぶかしですね。
規定値に下がるまで、黒煙を出し切るんでしょう~

2018070202.jpg

たぶん、入れている薬は日産のピットワークのアンチスモーク、これでしょう。
毎回、この作業で1時間待たされるので、次回から少し前に薬を入れてから入庫しようかな~
これと同時に燃料フィルターのメンテナンスが大切ってことですか。

この車検屋さん整備内容をお客に見せてくれること、さらには必要な作業を丁寧に説明してくれること。
とても親切な対応と、前回の作業内容も確認したうえで、自分の事を覚えてくれていた。
安くて早くて、こちらにとっては便利な車屋さん、次回もお世話になろうかな~

LH178v 車検




商用だから1年に1回の車検。
前回は浜さんところでお世話になったが、今回は手軽に訪問車検できるお店で依頼。
前々回と同じように必要なところだけお世話になる最低限の車検で。

不具合は全く無いのだが、フロントのブレーキパットの残量が指定工場の規定に合わないとのことで交換。
できれば、ディスクも一緒に交換して自分でパットを選びたかった。
車検を通すためには仕方がない。
先月のチェックの時にしっかり見ておけばよかった〜
まあ、純正同士の方がブレーキの鳴きがなくトラブルがないので、良しとしなくては…

メカニックさん曰く、
ドレンパッキンなどオイルのにじみがあったが、とてもよく整備された車両だそうで、嬉しいお言葉を。
いつも使い倒しているバスだけに車両のポテンシャルに驚かされる。

200系じゃなくて、敢えて100系で頑張っているところが、味があるですけどねー、自己満足か〜
これからまだまだ走ってくれると思うと大切にしなくては!


300TDT キ―製作



日頃の生活で忘れ物が多かったり、物をなくすことがとても上手。
つまり、あまり器用じゃない。どんくさいのかもしれない~

残念なことに日頃から使っているメルセデスのキーを紛失してしまった。
記憶では、バイクに乗っているときに振り落としてしまった様子。たぶん~

スペアーキーだったので、マスターから作り直せばいいのだが、少々面倒だったり、合鍵屋に断られることもあって、ここは自ら作ることを決意。
上手くいかないとキーシリンダーから抜けなくなるなどトラブルがあるらしい。

まずは、ブランクキーの品番を調べて行く。
メルセデスでも年式によっては微妙に違いがあるらしい。
1981年式は「K-161」が適合する。
前回のスペアーキーとは少しだけ違うので、すこし心配。


さて、ブランクキーを手に入れたが、ネット上ではいろいろな作製方法があるようだ。
ここは、オーソドックスに万力で挟んでマスターの山と谷をヤスリで忠実に復元していく。

見事、成功!
ドアの開け閉め、そしてイグニッションでエンジン始動。
少しだけ細かい作業で、神経を使ったが、意外にも簡単にできた。

キーは裸なので、後日レザーで化粧しますか!
これで、また10年ぐらいは使えそう~マル



最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示