FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レイトバス COOLINGシステム



レイトバスを夏仕様に仕上げるためのパーツを入手。

エンジンのドレーンプレートを外してポン付けできる。
このパーツは、エンジンオイルを濾してくれるフィルターが付きで、オイル量を増量してくれ、空冷機能があるとあって、期待ができる。
ただし、5cmほどでっぱりができるので、擦ってしまう可能性がある。
車体をローダウンしているが、計算上は13cm以上離隔があるはずなので大丈夫でしょう。

早く次の交換時期が来ないだろうか。
エンジンの長寿命化に役立ってくれるに違いない。マル

スポンサーサイト

街で見かけた旧車 FIAT500



もっとも自分に近いところで仕事をしている同僚が乗っているFIAT500。
すでに10年ぐらい所有しているだろうか。
ずいぶんと車屋さんに投資して、メンテナンスしているそうな。

[広告] VPS


この日は助手席に乗れるチャンスがやってきた。
意外にもよく整備されており、内装がきれいだった。
やはり、夏はオーバーヒートが心配なようで、COOL対策もされているようす。
オイル量を増やしているそうだが、山の峠でオーバーヒ―トしたと聞く。

さあ、ウチのレイトバス君もオイルの増量計画を進めますか!
効果はわからないが…

LH178V エアエレメント交換

2018062701 (1)

数日前にオイル交換を行ったが、次はエアエレメントを交換する。
吹きあがりの悪さや燃費の悪さは、フレッシュなエアが入ってないことだと思う。

2018062701 (2)


この2年間無交換だったので、明らかに汚い!
来週の車検前に一通り確認していこう~

FIN



波を目の前に早く入水したいのは自分だけだろうか。
WAXを掛けている時間も節約したくて、グリップシートを貼っていたが、結局WAXに逆戻り。

そして、フィンをセットするのにネジを締めこむのも面倒~
しかも、手締めのタイプは良く紛失するので、嫌気がさしていたところ。

2018062604.jpg

そんな中、ドナルドのフィンだけは90度ひねるだけのリリースセイバーを使っていた。

2018062603.jpg

そこで、他のフィンも簡単なクイックタイプに変更する。
ただし、今まではステンレス製だったが、今回からは樹脂製を試してみることに。

2018062605.jpg

2018062606.jpg

裏側からスタッドのようなネジを六角レンチで締め込み。
果たして樹脂製で長期間の使用に耐えられるか。
当分の間、テストライドしてよう。

これで、少しは海に早く入れるか?
そんなに時間短縮できないと思うが・・・・

スコーピオン 修理

2018062501 (4)

最近はファンボードにお世話になることもなく、放置気味。
少し時間があったので、去年ついてしまったキズを直すことに。

このスコーピオンはEPC素材でできているので、通常のレジンを使わない。
個人的にはシェイパーと同じ様にレジンで修理したいが・・・

2018062501 (2)

そこで、簡単に水が入らないように2液のエポクリアーを用意する。

2018062501 (1)

このキズ程度だとわざわざ削り込んで修理すると元の色を調合することがむずかしい。
そこで、表面を完全に止水してしまう透明なエポキシ系ボンドを使うことに。

2018062501 (3)

遠目に見れば、わからないような修理ができたと思う。マル

ギブアップ

[広告] VPS


グッドランディング!



この日はのっびりとゆっくりスタート。
今回も午後入水を狙って、まったり海に浮かんでいたい・・・
ところが。。。

予報では低気圧と風の影響で、波質が良くないとのこと。
でも行けばなんとかなるでしょうと、高をくくっていた。

現地でも、沖に出れば少しは乗れると思っていた。
しかし、海に入って瞬間から今日はやばい~

まずは潮が速すぎて、いいポジションが取れない。
しかも、セットで頭以上の波が入ってくる。
1回波に揉まれると、流されてしまう。
さらに息が上がってくる。

気が付くとカレントに流されて沖合に。実にやばい・・・
大げさだが、久々に命の危険を感じた。
こんな弱気な時はやめた方がいい。
情けないが、1時間も入水できなかった。

2018062401 (2)

今日は早めに撤収で、ロコに寄って見た。
田原市長杯が開かれていて、たぶんファイナルだっただろうか、エキスパートがでかい波でランディングしていた。

[広告] VPS


いい波でもなくても果敢に攻めているのだろう。最後までランディングできずに飲み込まれていく。
いい勉強させてもらいました~

2018062401 (3)

帰りは夏の恒例のアイスクリームタイム。
この時間がたまらない~

スマホホルダー



車内でスマホを固定するためにホルダーを使うのだが、使い勝手のいいものに出会えない。
特にナビゲーションで使用するときは必ず固定したい。
これまではダッシュボードの上にホルダーを固定していたが、スマホの場所を変更したい場合がある。

そこで、蛇のようにスネイクするフレキシブアームが付いたスマホホルダーを用意してみた。
根元のクリップが弱いため、すこし頼りない。
しっかり、グリップしてくれる相手側が必要だ。

少しの間、使い倒してみたい。
これなら助手席で動画も見れるだろう。

釣果報告

2018062203 (2)

釣とものTちゃんから報告が入る。
毎回、ありがとうございます。

友人からの情報はとても大切で、自分の釣行のタイミングを左右する。

で、平日にもかかわらず先行者が居たので、思ったポイントに入れなかったようす。
相変わらず、魚が多いし、人も多い。

そこそこいいサイズが出たようだが、Tちゃんには満足がいかないサイズだろう。
しかし、新しい区間を開拓してくれた様子で、次回は案内してくれるとのこと。
少し先になりそうだが、ホームで知らない渓相に楽しみが増えた。

2018062203 (1)

さあ、いつ出動しようか・・・梅雨の合間を見て遊びに行きたい。

LH178V エンジンオイル交換

2018062201 (1)

レジアスエースを乗り回して、ふと気が付くと交換のインターバル5000KMを優に超えている。
半年ぐらいなら定期的に気が付くのだが、もっと速いペースで走り切ってしまう。

今回も知らないうちにオーバーラン。
あちこちと遊びに使っているので、もっと労わってもいいのだが。

慌てて夜な夜な作業を行う。
あまり、夜間作業はしたくないのだが、休みは忙しいので夜しかない。

2018062201 (2)

今回はフィルターを同時に交換。

2018062201 (3)

オイル量は前回より少し多い6.5L。

最近、燃費が悪いようなので、どこか悪いのか、運転が悪いのか、心配なところ。
オイル交換でいい数字が出てくれるといいのだが・・・
走行距離が25万キロを超えて、噴射ポンプも心配。
100系のハイエースが好きなだけに、まだまだ頑張ってほしい。

来年の春には身内の生活環境が変わるので、クルマ体制を変更することになりそう。
さてさて、管理する台数を減らしていくべきか、悩ましい~どうしよう・・・・







ちっちゃな写真館

2018062101 (1)


小物を写真におさめるためにちっちゃなブースを作成した。
ブログアップするTOOLや商品をより実物に近い状態で記録したい。

そこで、光を多方向から受けられるようにレフ版の代わりとなる白い反射板を作る。


2018062101 (2)

小物の輪郭にメリハリがついたような気がする。
実はカメラの性能が低いことと、画素数を極力落としているので、さほどきれいではないが、自分としては充分な出来栄え。
今回は、室内の電気で撮影したが、天気のいい昼間に緩やかな太陽光を使えば、もっと良くなるだろう~

2018062101 (3)

そして、使わないときは畳んで収納できるように。
グッドアディア!

これ以上の画質を望むなら、高価な一眼レフカメラがほしいところ。
最近はスマホの性能が高いので、スマホで済ますことができないだろうか~
ボチボチ改良しながら、グレードを上げていきますか!

街で見かけた旧車? トゥクトゥク



近所でトゥクトゥクの実走をみるのは初めて。
確か、バンコクのタクシーだったか?
旧車ではないけど、珍しい車両に出会ったのでブログアップを。

全然加速しないみたいで、後続車に迷惑をかけている。
よっぽどの変わり者しか乗らないよな~
自分も含めて珍しい車に乗っている人は変人が多いと思う。

これからの季節、開放感があっていい。

街で見かけた旧車 レイトバス



波乗りに行っていて、土曜日の午前には会えないレイトバス。
おそがけに入水したらやっと会えた。
ホームポイントに2台レイトがいることはしていたが、なかなか会えなかった。

今年の秋は自分もレイトで乗りつけたい!

KTM DUKE ステムベアリング メンテナンス

2018061901 (1)

オーナーよりブレーキの不具合をチェックしてほしいと依頼が。
試乗してみるとブレーキよりハンドル周りのガタを発見!マジ、危ない状態。
急遽、緊急手術を決定。
ブレーキの確認の前にステムを確認する必要が・・・

さあ、部品点数が多いので時間がかかりそう~
まずはチェーンブロで車両を吊りあげる。

2018061901 (2)

2018061901 (9)

2018061901 (4)

メーター関係やハーネスのソケットを外していく。

マッドガード、タイヤ、ブレーキキャリパー、さらにフロントフォークも一緒に外していく。
いや~部品が多すぎる・・・。

2018061901 (5)

と、いきなり8mmのボルトの頭がない!
負荷がかかって飛んでる~
これは、長期戦になると思ったが、タップを使わずに比較的簡単にネジ部の救出に成功。

ブレーキのひずみが気になるところだが、次回にメンテすることに。

2018061901 (12)

2018061901 (8)


ステアリングステムの締め込み部はフックレンチがないので、タガネで叩き緩めていく。
すんなりと、ステムが外れた。
そして上下のベアリングをチャックしていく。

2018061901 (11)

2018061901 (10)

転がり具合や受皿の減りを確認していくが、正常のようす(ほっと~)
古いグリスを除去して、クリーニングしてからグリスアップして組み付け。

今回の心配されたベアリングは至って元気なようす。
結局、緩みが原因だった。
ここまで大げさに分解する必要はなかったが、はじめてベアリングの状態が見れたので良しとしよう~
まだまだ、お世話になる車両だから、いい機会だったと思う。マル

レイトバス リアハッチサファリ化



これからの暑い時期に向けて、バスを夏仕様に。
・1点目は人間のために
 車室の1列目の窓から入った風をリアハッチから出す。つまり、前から後ろへとスムーズに風の流れを作り出す。
・2点目にエンジンのために
 エンジンルーム内の温度を下げるため、側面から吸気した風をリアハッチから排出する。エンジンルーム内は負圧になるとも聞いたことがあるが、本当に効果があるかどうか不明。

実はBUSの冷却の為にハッチを開けるパーツを見たことがない(知らないだけかも)
そこで、下記の条件で作成することに
1.走っていても固定されていること
2.雨の日は閉めることができること
3.外側から脱着できること
4.ハッチを同時に2枚を開けることができること

2018061801 (3)
2018061801 (4)
2018061801 (2)

で、ハッチの裏側にステーをセットして、ハンドルをバンパーから引っ張ることに。
この方法で効果があるのかわからないが、今年の夏の通してテストしていきたい。

街で見かけた旧車 W124



W123を購入するときに立ちはだかった車種があった。
それは、最後のメルセデスと言われた弟分のW124。

メルセデスのオーバークオリティの最後の時代と言われ、まだ市場に個体がたくさんあったころだ。
そして、スタリッシュだったフォルムになんども心が揺れ動いた。

この時代のEクラスのバディは現代のクルマではあり得ない曲線の美しさがある。
いつ見ても惚れ惚れ。

そんなW124も最近ではめっきり見なくなってきた。
ワゴンブームを一世風靡した車種だけに、これからも大切に乗ってもらいたい。
ほとんど、オリジナル状態~マル

サーフボード WAX




ずいぶんと水温が上がってきたので、WAXの衣替え。
WAXの指定をCOOLからWARMに変更するのに、古いWAXをリムーバーで削いでく。

2018061401 (2)

握りこぶしほどの削りカスは真っ黒で汚い~
リフレッシュしてハイシーズンに備えたい。

街で見かけた旧車 ビートル編

2018061303.jpg


波乗りのポイントに偵察に行くと海をバックに溶け込んでいるビートルを発見。

2018061304.jpg


いい感じでサビが育っているようで、ヤレ感がたまらない~
これからの時期、エアコンがないだろうに・・・

さあ、夏に向けてウチのバスもバックハッチのサファリ化を進めますか!

街で見かけた旧車 T-3



自分はT-2を所有しているが、実はT-3を購入を検討した経緯がある。
水冷エンジンで、エアコンも装備していることから遠出もできると、候補の1つだった。

でも、T-3はトラブルが多いし、自分では維持が出来ないだろうと判断した。
そんな車種が2台も並んでいると壮観~。
こんなマニアックな所有者を尊敬してしまう。

これからも大切に乗り続けてほしい。
GOODコンディションに、マル。

OGAWA テント

2018061202 (1)

老舗のテントメーカーOGAWAがやってくれる。
昔からBIGタープが好きでスポルディングを愛用していた。
このタープのように風に強く、しっかりとしたスペースを確保したい。
そして、その一部には寝室となる部屋が吊り下げ式になっている。

2018061202 (2)


こんなタイプが30年前に発売されていたら、必ず購入していたと思う。
今では、せかせかしたキャンプなら、シンプルで手間のかからないタープとテントがいい。
仕事を引退して1週間以上滞在するようなキャンプならこれだな~

午後入水

2018061002 (4)

久々にゆっくり出発して、午後から海に入った。
前日に飲み会があって、朝早く起きるのが辛かったからだ。

2018061002 (1)

2018061002 (2)


のんびりと波を見ながら昼食をとって、各ポイントの波をチェックしていく。

2018061002 (3)

残念なことに満潮と重なって、あまり波質は良くないようだ。

2018061002 (5)

この日からフルスーツに変えてロンスプで。
すでにちょうどいい季節となっていた。

さらに、現場では意外にも乗りやすい波に十分に楽しませてもらった。
久々に空いている海が堪能出来て、午後入水もやってみるのもいい。マル

カッティングボード トリマー編



先般、カッティングボードをジグソーで成形した。
さらにカット面を化粧していきたい。

2018061101 (1)

そこで、数日前に大工に詳しいS君からトリマーの情報をもらって、早速ビットから購入してしまった。

2018061101 (3)

さらに本体も合わせてご購入。

2018061101 (2)

まずは側面を曲線状に削り込むタイプを試してみる。

2018061101 (4)

初体験にしては上出来。
素人でもきれいな曲面が作れる。
これは使える~すこし経験がいるようだが、これからの工作に幅ができた。マル

W650 復活編 その2

2018061001 (3)

プラグの点火状態の確認では、火花が飛ぶのだが、はっきりとしない。
もともと2番目のシリンダーがしっかり燃焼しないようなので、点火系なのか燃料系なのか吸排気系なのか、原因がはっきりしない。
W650はキャブを取り出すのにちょっと面倒。
簡単な電気系から確認していく。

2018061001 (1)


イグニッションコイル(IGコイル)本体があやしいのだが、プラグコードの不具合の可能性がある。
そこで、1番2番のコードを交換してみる。

コードの入れ替えてみると両シリンダーとも燃焼していて、アイドリングが安定しない。
ってことは、IGコイルがダメな可能性が高いと判断。

修理の依頼を受けてから、オーナーの意思がはっきりしないので、強行に修理していくことを決定。
部品を調達しなと不具合が確定できないから、こちらで修理部品を購入することに。
日頃からお世話になっているので、これくらい容易なこと。

2018061001 (2)

しかし、IGコイルは3万円ぐらいするから、もしこれで不具合が確定できなかったら、無駄になってしまう。そこで、カワサキ系のIGコイルは同程度の排気量に同じ「KP02」を使用しているので、ゼファー1100ccのIGコイルを調達。
このコイルは定評があって、BMWにも流用しているらしい。
日本製は信頼が高いってことか・・・・
なんと、ゼファーは4気筒あるので、4つのコイルがいっぺんに手に入ってしまった。
OHCのW650に1個でいいのだが、あと3つは保険で取っておく。

[広告] VPS


で、結果は無事にアイドリングが安定した様子。
壊れる前の状態が分からないので、エンジンが温まって試乗できるといいのだが、なんせ車検がないので試乗できない。
とりあえず、オーナーに確認してもらおう~
やっとで、修復できたので、マル。

グローブ



いくつめのグローブだろうか。
バカの1つ覚えだが、オフロード用のグローブが好き。
メッシュタイプで丈夫なほうがいい。

昔は高価だったが、FOXのグローブは1000円程度。
ありがたい。
今年は革パンがほしいところ。

APE 2号 ヘッドライト

2018060601 (6)

数日前にちょっと街乗りに出かけると、出先でライトがお亡くなりに。
既に周りは暗くなりかけ、慌てて帰宅することに。

2018060602.jpeg

さっそく、バルブを確認すると、逝っちゃってた。
さらによくよく確認すると3極のソケットが焼けて溶けてる。

2018060601 (1)

2018060601 (2)

後日部品を用意して、組み立てることに。
このH4のハロゲンは車用で60/55Wだが、大丈夫でしょう。
また、ソケットも信頼のキタコを選ぶ。

2018060601 (3)

組み立ての配線にはギボシで加工していく。

2018060601 (4)

無事に接続OK。
実はこの後問題が・・・
ソケットの長さが合っておらず、ライト内におさまりが悪い。
今回は無理やりセットしたが、次回は配線が横から出せるソケットを用意しよう。

で、今回の原因だが単純に振動によってソケットがショートして燃えかけたと思いたいところ。
実際にカスタムしたバイクのヘッドライトはブルブルと震えっぱなし。
なので、ヘッドライトを固定してするようにもう少し改善する事を考えますか~

少し心配なのは、レギュレーターが行っちゃてるかもしれないので、別の原因かもしれない。
少し様子を見ますか~
実はMJのバイクも電気系でトラブル発生中。
後日改めてブログアップすることに。

最盛期 その2



友人は釣行が多いのか、SIMMSのベストを新調していた。
最近のシムスには珍しく渋いデザイン。
これなら、僕も~
でも、こちらのパタゴニアのメッシュベストは当分壊れそうにない。
もっとも、ポケットの位置が変わると釣りに支障が出るかもしれないので、あまり変更したくない。

2018060201 (6)

この日はカエル顔のイワナ君が多い。
サイズが小さいからだろうか・・・
マニアックな感想だが、かわいい~

2018060201 (4)

新緑が綺麗。
気温はそこそこ上がってきたが、水は冷たい。
水の中に手を入れているのが辛いぐらい。

[広告] VPS


シーズン終盤には大きくなってくれることを願ってリリース。

2018060203.jpeg

あまり大きいサイズが出なかったがハッチが伴えば、爆釣できるでしょう。

[広告] VPS


自分と同じで久々の釣行にランディングネットが掴めないドタバタな取り込みを見せてくれる。

2018060202 (4)

さらに自分はバラしが多いへたくそな釣りだった。
いつもの足湯で反省会。
でも、楽しかったので、マル

最盛期 その1

2018060201 (1)

美しいイワナが程よく釣れてくれた。
幸せ~

[広告] VPS


水中撮影でイワナの泳ぎを楽しむ。

2018060202 (1)

2018060201 (3)

この日は釣りともTちゃんと久々の釣行。
お互いになかなか時間が作れないだけに気合が入る。

木陰のタイトなポイントを攻めるセメル~

2018060204.jpeg

すでに雪代は終わっているのだが、雪が残っていた。
この日はさわやかな風が吹いて最高の釣り日和。

2018060202 (2)

ポイントまでは林道をテクテク。
日頃、足腰のトレーニングを怠っているので、1日歩き回ることができるのか心配なところ。
来月は東北の遠征が決まっただけに、トレーニングを始めますか!

2018060201 (7)

2018060201 (5)

実はこのサイズが何本も釣りあげることができた。
それにしても、同じサイズばかり・・・
少し、魚体の模様が数年前と違うような気がする。
背中の虫食い模様がない!
つまり、あれですかね~

2018060201 (8)

溺れるぐらい深いとこも攻める。
ベストのフラいBOXが濡れるよ~

[広告] VPS


引っ張りまわされて、呼吸が乱れてる・・・
お疲れさま。
楽しく遊ばせてもらった。マル
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。