FC2ブログ

レイトバス キャッププーラー

2017122901 (1)

このキャッププーラーがない時は無理やりホイールキャップを外していた。
しかも自前で作成した針金のなんちゃってプーラーだったので、なかなか外れない。
ここは安心して外すことができるTOOLを手に入れる。

2017122901 (2)

キャップのサイドにある2つの穴に差し込んでワイヤをテコにして捻るだけ。
当時、もう少しシンプルに作れなかったのかな~
スポンサーサイト



KTM DUKE サイレンサー交換

2017122701 (1)

純正は余りにもやさしい音。
(元の写真は無し)

でも、単気筒ならそれらしい音を奏でてみたい。
出来れば、トルクフルな感じで。

2017122701 (4)


KTMは独特な形のマフラーで、マフラーらしくない・・・

2017122701 (5)

既設のマフラーを外すには、ラジエターを一部外して、エキパイを緩めて少しだけ前に移動させる。
そして、シートにのって、シートとスイングアームの距離を縮めると下からストンと抜けてくれる。
少しややこしいが、外してみれば何てことない。

2017122701 (6)

組み立てはフレームやスイグアームと接触するのではないかとドキドキしながら。

2017122701 (3)

サイレンサーは意外にも軽くできていて、バネだけで固定。

2017122701 (2)

いかにもスーパートラップのような音。
オーナーの試乗によれば、3,4速のトルク感が上がったそうな。
そして、最高速が落ちたと・・・
サイレンサーの形からすれば、高速の伸びが悪そうな感じ~

でも、オーナーは充分に満足なようす。
でも少しうるさいかな~

レイトバス サイドステップ

2017122603.jpg


2017122601 (3)

長年踏み潰されて、ボロボロになったサイドステップを新品に。

2017122601 (2)

運のいいことに2つの内1つは当時の純正品が手に入った。

2017122601 (4)

剥がしてみるとお決まりのサビが成長しているので、削り込んでタッチアップ。

2017122601 (1)

前席がきれいになっていくが、少しはヤレを残した方がいいかも~
葛藤するな・・・

ガレージジャッキ

2017122501 (1)

ガレージジャッキを新調。

右側のジャッキは整備を始めたころにプロの方に勧められたジャッキ。
アストロ製は当時から信頼がおけるメーカーで、今まで問題なく使えていた。

しかし、車両が重たかったり、リフト量が必要になるときがある。
また、一度に2台を使う状況がたびたびある。

これまでは2.5tだったが、ニューウエポンは3.0tにパワーアップ。
そして、リフト量は535mmと十分な能力。

2017122501 (2)

そして、低床対応で奥のジャッキポイントまで届く。
すばらしい~

2017122501 (3)

重量は42kgと重めのスチール製だが、意外にも1代目より軽やかに移動できる。
耐久性にかけて、敢えてアルミ製じゃなくスチール製にした。
もちろん、少ないストロークで最高位まで上がってくれる。
いい買い物をした!マル

乗り納め



今年1年を締めくくる波乗りに行ってきた。
ここ3日間で一番いい天気の日を選ぶと、なかなかいい波に恵まれた。

2017122303 (3)

海の中は季節外れの人、人、ひと・・・。

2017122303 (1)

駐車場もパンパンでとめるのに苦労させられた。
この時期に満車は珍しい~

2017122303 (4)

人が多くても、まんべんなくいい波が立っていたので、何度も何度もランディングさせてもらった。
たのしく波乗りできたので、満足。

2017122302.jpg

しかーし、腰が冷えてしまってジエンド・・・
長いこと海に入っていることができない。
やっぱ、南国に行きたい。

ガスピア パワー 1100

2017122101 (1)

寒い時期のキャンプ、ソーコの作業、そして電源のないところでストーブを使う機会がある。
そこで、CB缶で気軽に暖がとれるストーブがほしかった。

一流メーカーのストーブも検討したのだが、もっともコンパクトなものにしたかった。
選んだガスピアは角度を変えればお湯も沸かせるとあって、防災用としても活躍してくれそう。
聞いたことがないメーカーだが、実績のあるストーブのOEMらしい。

2017122101 (2)

このタイプは2代目で、点火を電池に頼っている。
1代目はどうも点火が安定していなかったようで、改善されたようす。

2017122101 (3)

ガス缶のはみ出し感がいい。コンパクトな証拠。

2017122101 (4)

2017122101 (5)

早速、点火の儀式。それなりに暖かい。
問題なし!マル

まずは、朝の寒いトイレで使ってみようと思う。
そして、自己責任でワーゲンバスの中で使ってみたい。
一酸化炭素中毒にならないように・・・・

レイトバス バブルカバーオイル漏れ

2017122001 (1)

左に続いて右側のバルブカバーからオイル漏れが始まった。
車内への異臭はそのオイルがエクスチャンジャーにかかっていたからかもしれない。
ただ、エクスチェンジャー内の排気漏れも怪しいので、ここは順番に原因を1つ1つ潰していくしかない。

エクスチャンジャーにかかるオイルはひどくなると白煙が出るほど危険な状態になることもあるので、ここは早めメンテを。

2017122001 (2)

2017122001 (3)

まずはスプリングを下に外して(絶対下方向へ)カバーを外そうとするのだが、なかなか取れない。カバーを変形さてはいえないので、慎重にバールで取り外す。
と、なんと液体シールが塗布してある!まじか~
やってはいけない処理がなされていた。
その時の事情はあると思うが、将来2度とメンテしないならありだけど、液体シールはやるべきじゃない。

2017122001 (4)


それから傷つけないないようにスクレーパーでこびりついたシール材と格闘する。
特にシール面に気を遣う。

2017122001 (5)

2017122001 (6)


ついでに表面も磨き上げて、耐熱塗装しておく。

2017122001 (7)

2017122001 (8)


ガスケットとカバーの間には、モリブデングリスを薄く塗布して、慎重に噛み合わせを確認しながらはめ込んでいく。
漏れることが判明すれば、カバーが変形している可能性が高いので、買い替えですな。

2017122001 (9)

セット完了。
この後100KMぐらいドライブで漏れなしを確認。
任務完了。マル

さあ、予備のガスケットを用意しておこう~

トレーニング

2017121903 (1)

この日は岐阜の街をまちぶらランニング~

2017121903 (2)

長良川の鵜飼よりすこし離れた川原町の古い町並みからスタート。

2017121903 (8)

長良橋を経由して、柳ケ瀬のまちへ。

2017121903 (3)

途中おしゃれな家具屋に寄って、魅力的なサイドテーブルを見つけてしまった。
ほしい~

2017121903 (5)

2017121903 (4)

柳ケ瀬の街中では出店がたくさんあって、一昔前とは違った雰囲気。
次回は買い物目的でサンデービルディングマーケットに来てもいい。

2017121903 (9)

2017121903 (6)

2017121903 (7)

一応、みんなの森メディアコスモスが目的地。
少し気になっていた村上春樹の本を物色して、次に読む本を探してきた。

2017121903 (10)

トレーニングとは程遠いランイングだが、まじめに距離は走ってきた。
まちぶらランニングは街並みを眺めながら気になるお店に入って、クルマでは気づかない魅力が発見できる。
釣りやサーフィンに行かない時期は、まちぶらトレーニングに励もう~

保護メガネ

作業に欠かせない保護用メガネ。
鉄粉や木屑が飛ぶような作業や、草刈り作業で、眼を保護するために時々使用することがある。
切ったり削ったりと何かと加工がする機会が増えてきた。
目を守る大切なTOOLだ。

2017121601 (1)

本格的な作業をはじめるようになってから使い込んでいた保護メガネノアームが壊れてしまった。
当初はなんでもいいと購入したが、使っていると良し悪しが見えてくる。
安くて機能があればOKだったが、耳の周りが痛くて長時間かけていられない。

2017121601 (2)

次に興味本位でフレームのサイドにLEDライトが装備したメガネを購入したが、重たくてNG。

2017121601 (3)

そして、今回は軽くて顔にフィットするタイプでわざわざ試着して購入。
面倒で敬遠しがちだったが快適なメガネにしたので、なるべく使って行こう~

番外編 GOLF バリアント スタッドレス ブレーキフルード交換

2017121501 (2)

冬支度のためスタッドレスタイヤに交換。
そして定期のブレーキフルード交換。

2017121501 (1)
2017121501 (3)

何シーズン目だったか忘れてしまったが、まだまだゴムが柔らかいので、行けるでしょう。
VRXって新しいモデルが出たらしいが、もう2シーズンぐらいは使いたい。

2017121501 (4)


画像はないがタイヤ交換したので、ついでにブレーキフルードを交換する。
2年に1度の儀式みたいなもんですかね~
さあ、今月は車検だ!

レイトバス バックモニター その2

2017121301 (2)

前回からのつづき

各パーツがセットされているので、電源を確保していく。
まずは、ヒューズボックスの右から2番目のACC電源からモニターのプラス極を接続。

2017121301 (5)

2017121301 (1)


すでにいくつかの電装品を繋いでいるので、ここは余り使わないウオッシャーポンプから分岐して電源を確保する。

2017121301 (4)

2017121301 (3)


さらにリアカメラは左のバックランプから電源を確保する。
と、ところが現状はバックランプとバックブザーに繋がているはずの配線ソケットが劣化して、ランプが点いたり点かなかったりしていたようだ。
まずは、バックランプが機能するように修理して、次にカメラに必要な電源を追加で確保する。

2017121301 (6)


配線の太さから想像するに少ない電力でカメラが稼働しているようだ。
シフトをバックに入れるとバックランプが点灯し、これが信号となってモニターにスイッチが入る。
単純だがうまくできている。

2017121301 (7)

テストでは思いのほかバックがクリアーに見えて、安物にはしては充分。マル

暗い時のレンズの明るさや雨の日の防水能力がどれくらいあるか分からないが、ファーストインプレッションは合格。
これから色々な条件下で試してみたい。

12月の波乗り

2017121201 (3)

シーズン終盤になって時間を作って海に行く。
この日は仕事に予定がなかったので、急きょ休みをもらって波乗りを計画。
天気予報や波情報を見ずに、いや見ないようにして出掛けてきた。

2017121201 (2)

入水しているサーファーは少ないので、波が悪くても条件のよいポイントで波待ちできる。
1時間目は乗り放題に遊ばせてもらった。
2時間目の潮が引く時間になると、まったく波質が悪くなってしまって、ジエンド。
でも、充分に乗れたので満足。マル

前回はブーツがいらないほど水温が暖かったが、今シーズン一番の冷え込みの日にあったてしまったのか、グローブなしでは冷たかった~
次回からはフル装備で入らねば・・・

2017121201 (1)


最近の成長ポイントはパドリングしながら、近づいてくる波のTOPを確認し、横へ移動していい波をつかむこと。
当たり前のことだが、体力がないとできないこと。
実際はそんなにうまくできないのだが、決まったときは横走りで波を乗り継ぎ、最後まで乗り切ることができる。
へたくそなだけに伸び代があるってことか・・・。

さあ、寒くなってきたので温かい四国でも行きたいなあ~

レイトバス キックボード

既製品のキックボードはほとんどが左ハンドル用。
もし、右ハンドル用があっても、ダッシュボード下の暖房口やヘッドライト、ウォーシャータンクの位置から既製品を使うことがでいない。
それなら自作するしかない。
まずは助手席側を試しにトライしていく。

2017121101 (1)


まずは曲線に対応できる適度な強度をもったパネルを用意する。
また、ボルト固定ができる場所を探しながら整形し、サンプルを作成する。
さらに1枚では足りないので、継ぎ足しで張り合わせていく。

2017121101 (2)


2017121101 (3)

2017121101 (4)

次にサンバイザーで使ったレザーを片面に張り、留めビス箇所に適当な穴を開ける。
意外に簡単にできた!


2017121101 (5)

最小限のボルトで留めることで、メンテナンスしやすいカバーリングとなった。
自己満足だけど、まあまあ見れるカラチになったので、マル。

運転席はアイデアがまとまったら加工しよう~。

トレーニング



まちブラを兼ねて隣町でランニング。
距離は6kmと少なめだが、故障したくないので充分な距離。


2017121002.jpeg

土岐川の堤防沿いをゆっくりと走る。
途中、公園のように整備された箇所を中継しながら、橋でUターンしてくる。
JRの駅に寄ってみたが、残念ながら魅力あるお店はなかった。

この後、前から頼んでおいたツーバーナーの修理ができあがたので、土岐アウトレットのコールマンへ。
ツーバーナーネタはいずれまたブログアップすることとしたい。
もっとも、用事がなければここでランニングすることもなかったのだが・・・

最近はプールばかりで上半身のトレーニングのみだったが、基礎体力として下半身も鍛えておく必要がある。
この冬は各地に遊びに行きながら、ランニングしようと思う。

レイトバス バックモニター その1

バスが家にやってきたときに、バスのエキスパートからデリバリバンにバックモニターを付けている人がいるよ~と聞かされていた。
その時は新しい文明の利器には頼りたくないと粋がっていたが、バック時に後ろをぶつけてしまう事件がおきた!

若いころなら五感がしっかりしていたが、歳を重ねるとできないことが多くなってきた。
ここは素直に認めて便利なTOOLに頼るしかない。

もともとは身内がGOPROと同じ機能を持ったおもちゃを購入したことから火がついてしまった。
カメラやモニターを付ければ、見えない箇所をカバーしてくれる。
流行のドライブレコーダーも検討したが、まずは必要なバックモニターから挑戦してみたい。

2017120701 (1)

先日のネット購入で失敗したので、評価がいい商品をチョイス。
ローコストでチャレンジできるのが面白い。

2017120701 (2)

まずはルームミラーからの画像データを送る配線をどうするか思案どころ。
前から課題となっている天井の内装がハードルとなっていて、いずれは張り替えを予定している。
しかし、張り替え方が決まらないので、ここは仮設でサンバイザー沿いに露出させることに。

2017120701 (3)

電源の配線はフロントウインドウAピラーのゴム内に押し込むことに。

2017120701 (4)


一方、カメラへの配線は天井沿いを這わせるのだが、リアハッチの手前で配線ができない。
そこで、一旦床まで下げることに。
そして、床の穴から一度は外配管となるが、その穴が小さい。

2017120701 (5)

そこで最近購入したドリルが役に立つ。
通常のドリルでは歯が負けてしまうので、専用のドリルを購入。
これが優れもの。厚みがなければステンレスもいける。

2017120701 (6)

CRCを吹き付けて冷やしながら、難なく穴を大きくすることができた。
もちろん削った箇所はタッチアップする。

2017120701 (7)

リアハッチの一部も穴を開けて配管ルートを確保。

2017120701 (8)

最後はナンバー照明のレンズを削りこんで、ようようカメラをセットする。

作業的にはそれほど難しくないがもう少し親切なマニュアルがあるといい。
この日はここで終了~
次回はモニターとカメラの電源を確保してテストを行いたい。
つづく。

新しい武器 タイロッドプーラー



BUSのボールジョイントのブーツを交換するために、新たにプーラーを購入した。
しかし、安さにひかれて二流品に手を出してしまったのがいけなかった・
ナント、3種類の一番大きいプーラーのサイズが小さい!まじかー

結局、返品して同じスペックの比較的評価の良かった商品をネット買い。
今度は良さげ。

常々思うが、日本製は信頼がおけるが、外国製は検品せずに商品化されるているようで、ビックリするようなものがある。
最近話題の資格のない検査官が検品しているメーカーもあったようだが、製品の求めるレベルが違う。
今回は〇マ〇〇から購入したので、返品がスムーズだったので運がよかったが、気を付けて購入するしかない。
便利な分、リスクがともなう。勉強になった~

TW200 フレームカット編

2017120304 (1)

この日はレイトバスをメンテナンス中、ひょっこり身内が帰ってきた。
TW200の足回りがリジットだったが、リアショックに戻すとのこと。
オイオイ、手伝えてことかい?

その戻したショックの影響でフレームが当たるとのこと。
じゃあ、フレームを切るしかない。

2017120304 (2)

これで、純正に戻すのは難しくなった。
まあ、ここまで改造したら戻すことはないと思うが・・・・

2017120304 (3)

ちょっとずつ切って、カット分をなるべく最小限に。
ウインカーを固定する穴を残しておきたい。
(実は近々溶接機を購入予定なので、作業内容が膨らむ)

2017120305.jpeg

作業は夜まで突入~
そして、ナイトランで試乗大会。

しかーし、完全にタイヤとの干渉は改善されず。
やっぱ、ロングスイングアームにしますか~
カスタムは続く。

レイトバス アイドリング調整



1970年代以前のキャブ車などはシーズン毎にスロー調整するのが、当たり前だったのだろうか。
以前、1978年式ゴルフⅠに乗っていた頃は、夏場と冬場にちょこちょこ変更していた覚えがある。

あまり不具合はないのだが、若干低めなのでボリュームコントロールを1/4左回転させる。【備忘録】
どちらにしてもトライアンドエラーで様子を見たい。

レイトバス 助手席シート




本来ならシートの張り替えをしたいところだが、なかなか手が回らないし、意外にも純正のシートとしては程度がいいだけに張り替えを躊躇してしまう。

2017120103.jpg

しかし、冬に向かってシートの表面が冷たくて仕方がない。
まずは、外してどんな風に手を加えるか思案する。

2017120102 (2)

そこで、手持ちのマットを活用してシートカバーをあててみる。
ペンデルトン系のデザインは好みの分かれるところ。

一方、運転席はヘタリがあるので、いずれ全バラしてスポンジから入れ直して修理しよう。
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示