FC2ブログ

W123 ショックアブソーバー交換

2017113001 (11)


前回の交換から15年ぐらいたったかも、そろそろと思いながら伸び伸びになっていたが、バイクやBUSの足回りをメンテしてからメルセデスにも火がついてしまった。

リアの足回りも気になるところだが、その件はプロに相談してからとしたい。

2017113002.jpg

さて、今回に限ってSPさんで注文せず、初めての店で注文させてもらった。
同じザックスなので、問題ないでしょう。

2017113001 (1)
2017113001 (2)

前回はヘッドの17mmボルトを手作業で脱着していたが、手で緩まないのでコンプレサーを使用する。やっぱ、持つべきものは道具ですかね~

2017113001 (4)

問題は下部を留めている2本の13mmのボルト。
前回締め付けるのに苦労したが、外すのも大変!
自前に工具を駆使してボルトの頭を舐めずに済んだ。ラッキー

2017113001 (5)

そこで、2世代前に使っていた10mmのボルト(左)を引っ張り出してきて再利用することに。
ヘッドが小さい分、工具が入り込める。

2017113001 (7)

絶えず、力が加わる個所なので、ロックタイトを塗布してから締め付ける。

2017113001 (10)

と、問題発生!
右側のフロントショックを外すスペースを確保するためにエアクリーナーを外したら土台がブレイクしている。
なんと、T字のフレームが外れてる。
この商品、社外品を安く買ったばかりにセットするときから不具合があったパーツ。
あまりにもやぐい(名古屋弁)製品に絶句!
ん~改めて修理することにして、今回は緊急固定してしのぐことに。

2017113001 (6)

2017113001 (9)


さて、本題のショックについて自分のレベルがあがてきたのか、それほど難易度はなかった。
試乗のインプレは宇宙船に乗っているような感覚。でも明らかに高級感が上がった乗り心地に満足。マル
徐々に慣らし運転をしていこう~
スポンサーサイト



モンベル カッパ

2017112901 (1)

雨に強いメーカーとして信頼がおけるモンベル。
とにかくお気に入り~
他のメーカーに浮気もしてるが、結局このカッパが一番能力が高い。
やはりゴアテックスでは右に出るものはない!

このカッパはフライフィシング用としてモンベルが作リ始めたころからあるはず。
2000年の釣行時にはすでに使っていた記憶がある。
つまり、すごーく使ってるってこと。
我ながら感動~

で、最近ドロドロになるまで使い倒したことがあって、仕方なく洗濯機へ。
いつもならやさしく手洗いなのだが・・・

2017112901 (3)

と、縫い目のシールが半分ぐらい取れてしまった。
これって、テントの作りと一緒だったか~
今どきのカッパはこんなシールはないかも・・・・

2017112901 (2)

そこで、テントの修復と同じようにアイロンで再生していく。
時間が掛かったが、なんとか元通りに。マル
お気に入りのカッパだけに大切に使いたい。

レイトバス キックボード



いつも足元が気になっている。
内装のむき出し感を払拭したい。

2017112702 (2)

プラ板を重ねて現場合わせ的に型を作成していく。
そのプラ板がいい曲線を作ってくれる。

2017112702 (1)

さらにGボンドでレザーもどきを張り付けていく。
もちろん、ダクト部や留めネジ部に穴を空けていく。

2017112702 (3)

淵はレザーを丸め込むように化粧していく。

2017112702 (4)

ヒュースBOXなどの電気系をメンテンアンスしやすいように留めネジは最低の2箇所とした。
これはいいアイデア。

今回は助手席側だけの作成だったが、当分間お試ししてから、運転席側も作成したい。
意外に上手にできたので満足。マル

セミドライ その2

2017112701 (1)

ウェットスーツの弱点が・・・

このスーツはとても柔らかくできていて、快適なパドリングと脱ぎやすさが気に入った。
しかも、チョー暖かい~
ところが、あきらかに従来のゴムより柔らかいのだが、その分引っ掻けにめっぽう弱いことが分かった。

海の中でリーシュコードに絡まれてただけで、裂けてしまった。

2017112701 (2)

久々に補修接着剤で修理する。
明らかにビラボンより機能は高いが、耐久性は劣るかもしれない。

春には3mmのウェットスーツを新調しようと思っていたが、もうすこし様子を見ようかと・・・

レイトバス スピードケーブル



運転し始めると、フロント周りからガサガサ音が。
その犯人は、スピードワイヤーの取り回しが悪かった。
メーターを外した時に、ついでにグリスアップしておきたい。

本来ならワイヤーを引き抜いて、モリブデングリスをベタベタに塗りたくりたいところだが、ワイヤがが抜けない。
そこで、スプレータイプのチェーングリスを使うつもりだった。
しかし、運悪くグリス切れ・・・
その代りにシリコンを注入する。

どちらにしても、ずいぶんと長いこと音が気になっていたが、やっとで解消した。マル
もう少ししたら、切れるかもしれないけど・・・・

レイトバス ETC



エアコンは装備していないが、その他の装備は充実させたい。
また、AUDIから外したETCが余っていたので、遊ばせておくにはもったいない。
もちろん、最近はETCのゲートがなくても、いつの間にかETCが反応していることがあるので、都会を走るときは必須かもしれない。
あまり走ることがないのだが・・・

2017112101 (1)

2017112101 (2)


カード挿入BOXとセンサーが一体式なので、本体の角度に注意してダッシュボードのセンターにセット。
さらに、前もって用意しておいたACC電源(赤)、常時電源(黄)、およびアース(黒)を接続して無事にセット完了。

さあ、初めて料金所を通過するときが緊張するな~

ガラガラ

2017112501 (1)

見渡すかぎり小波しか見えない。
人はパラパラ~

仕事のストレスを発散したくて、予報の時点から小波と割り切って遊びに行ってきた。

2017112501 (3)

新しいウエットスーツの腕まわりが少しだけ大きいので、ベルトで海水が入らないように。
久々に使てみたが効果はGOOD!

2017112502.jpeg

ブーツも使ってみたが、まだ早かったようだ。

2017112503.jpeg

さらにこのパンツが優れもの。
ショップでほとんどバナナのたたき売りのように安かった。
どうも、形が悪いので、売れ残りのようだ。

ところが、お腹までホールドしてくれるモモヒキのような形。
これが体を冷やさないようだ。
結局、入水時に暑いぐらい効果的だった。
今年の冬は活躍してくれそうだ。マル

マイブーム ピンバッチ



最近はスーツやジャケットにピンバッチを。
そこで、とっておきのヤツを。

ロングボードマガジンのピンバッチ。
誰も気づいてくれないだろうが、自己満足でも充分満足。

限界ツーリング



ツーリングといっても自分にとっては大冒険。
6台バイクで河川沿いを繋いで隣の県まで、遊びに行ってきた。

2017112304.jpg

バイク乗りにに誘われて、今シーズン最後のラン。
昼飯はおちょぼ稲荷のゴールドなお店。
テレビでも良く見るが、初めて行ってきた~

走行距離は約150KM。
APEでは限界の距離だろう。
実はビックバイクばかりなので、APEの知り合いに同行してもらう。

この日は朝から気温が下がって、厳しいスタートとなり、途中、日が差すこともあったが、後半に雨が本降りとなってしまった。

雨は覚悟していたが、カッパを着ることになるとは・・・
自分のAPEは泥除けがなく、キャブの吸気がむき出し。

泥除けがないので、跳ねた水しぶきが顔面を直撃する。

2017112303.jpeg

キャブには前の日に急遽作成したカップを取り付けることに。
大き目のペットボトルを半分にカットし、雨水が入らないように加工しておいた。
見事、雨の中でもエンジンストップすることなく、しかも空気不足によるボコ付きもなく、無事に帰還することがができた。マル

来シーズンにもし再参加するなら、もっと短い距離がいいなあ~

街で見かけた旧車 ランクル



まだ、旧車に属さないかもしれないが、不思議な車両を見つけたので・・・

ランクルにこんなピックアップがあっただろうか~
シングルキャブで車両は70系。
開口部はおしゃれに観音開き!
やるな~

レイトバス オートチョーク その1



少し寒くなってきたので、始動時のアイドリングが安定しない。

オートチョークはゼンマイ式の金属が反応して空気量を調整してくれる。
セルを回す前にアクセルを踏みきると、階段式のコマが移動して空気量を少なくしガソリンを濃くしてくれる。
暖まるとそのコマが戻っていく。

2017112202.jpg

一応コマの間で動きがあるようだが、完全に動ききっていない様子。
どうも、オートチョークのキャップを回転させると微調整ができるようだ。
もうすこし、寒くなったら動きを確認しながら、調整していこう~

レイトバス カーテン

2017112102 (3)

室内空間が充実してくると、荷室でゴロゴロする機会が増える。
寒くなってきたので、機会は減るけど開けっ放しで昼寝するのがたまらない。

2017112102 (1)

そこで、100円シャップで集めた材料でカーテンをセット。
簡単な手作りとしたので、グレードアップしていきたい。

2017112102 (2)

バスらしくなってきた。マル

ロングな季節

2017111701 (1)

今年も秋から冬に向けて、ショボショボの波に2回連続で洗礼を受けた。
朝から10~20点ととんでもない低い点数に力が入らない・・・・

日頃から滅多に行かない平日で、朝から所々で渋滞にはまった。
疲れる~
でも、ポイントはガラガラで、2人ジメ!

2017111702.jpeg

この日は身内の相方に遊んでもらった。
こんな幸せなことはない!!

寒いと予想していたが、意外にも海の中では暑いぐらいだった。
これから寒くなると海から遠ざかってしまうが、入水続けることで来シーズンにスタードダッシュできる。
一度落としてしまったパドル筋はなかなか戻らない歳となってしまった。

今年も心が折れない限り、海に行こう~

APE 2号 2次エア

2017111801 (4)

フケが悪いため、前回マフラーのグラスウールを外したところだが、改善がみられなかった。

2017111801 (2)


試乗するとキャブ本体が太ももに当たって違和感がある。
よくよく確認すると、ニーグリップでキャブの固定部のインシュレーターがぐらぐらに。
つまり、2次エアを吸っていたようすで、ガソリンが薄くなっていたことが判明。

2017111801 (3)

そこで、キャブ本体と繋げるステーを作成。


2017111801 (1)

フレームと一体になるように固定すると。

ちょっくら、買い物ついでに試乗すると、見事に不具合が直った。
ん~改造してあるとこんなトラブルがありますな~
しっかり吹き上がるようになって、次回のツーリングに間に合った!マル

レイトバス リアダクト

2017111701 (2)

最近、寒くなってきて車内の空気の流れが気になる。
建付けが悪いのは仕方がないが、ドアなどのシール類から冷気が漏れてきている。
シール材は余裕ができてから徐々に改善してくつもり。

夜に走り出すとどこからか冷たい風が流れてくる。
仕方がないとおもっていたが、なんとリアの側面にダクトがあるじゃない。
マジでびっくり!
良く見れば、室内の換気のためのダクトで、バンならではの装備と思われる。
フロントの窓を開けると外へ換気してくれるってことだろう。

2017111701 (1)

寒い時期は閉ざした方が良さげなので、緊急でウエスを詰め込む。
本来なら開閉式の蓋にした方がいいだろうが、いずれまた~

レイトバス コックピット

2017111401  (2)

メーター回りが醜い。しかも夜は暗くて数字などが確認できない。
また、走っているときにモニターの照明が消えるときがある。オイオイ~

この前にETCを設置したので、次の電気的なチェックとしてコックピット周りを確認していきたい。
まずは、パネルごとメーターを外していく。

2017111401 (1)

四隅には押し込まれたフックが付いている。ビスを外してしまうと受け側が脱落してしまうので、注意したい。

2017111401 (3)

スピードメーターのワイヤーを前もって外しておくと、裏側を拝むことができる。
すると、とんでもない配線の数。
今のクルマならソケットが数個ある程度で、1つ1つ繋げることはない。

2017111401 (4)

2017111401 (5)

そこで1本1本に番号を付けて、再セットのときに間違いないようにする。
これで、次回のときも間違いなし。マル

2017111401 (9)


さて、バルブについては12V1.2Wの麦球が数個お亡くなりに。
これでは、モニターが見えないはず。

2017111401 (10)


手持ちであったバルブだけ交換して、足りない分は後日改めて交換したい。

2017111401 (7)

2017111401 (8)

バルブやそれぞれのガラスをエタノールでクリーニングしておく。

2017111401 (11)

この作業でずいぶんリフレッシュできた。
これで気持ちよくドライブに行ける。マル

レイトバス ガソリンタンク~キャニスター~エアクリーナー配管

2017111301 (1)

2017111301 (3)

エンジンルームの配管。
ガソリンタンク~キャニスター~エアクリーナーのラインのようだ。
ゴムが劣化しているので交換しなければ・・・。

とりあえず、注文するまでの応急処置として

2017111301 (2)

三つ又はビニールテープで補強する。

2017111301 (4)

直管部はエアコンプレッサーのホース(内径8mm)を流用する。

2017111301 (5)

若干内径が合わないが、テープで調整してから配管をつなげる。

たぶん、ガソリンなどの匂いが室内に流れ込んでいたのは、これが原因と思われる。
ヒーターの怪しい匂いも気になるが、ひとまず1つ解決したので、マル。

この部品は手に入るのだろうか・・・・
探してみよう~

レイトバス ホイールキャップ

2017111205 (1)

耄碌したホイールキャップを少しは見えるように手を加えたい。
メッキには酸が効くと言われている。
そこで、なんちゃってサンポールでメッキを溶かしてみる。

が、まったく剥がれてくれない。

2017111205 (3)

そこで、裏側はサビ取りを試みるが頑固にこびりついて固着している。
4枚中の1枚については諦めて、程度のいい中古を手に入れた。(写真の右)

2017111205 (5)

裏側はサビチャンジャーの上からシルバー塗装でさび止めしておく。

2017111205 (2)

2017111205 (4)


表面は、メッキクリーナーで磨きをかける。
これが効果的でクスミがとれてピカピカに復活。

写真はないが、ドレスアップしたように足回りが締まった!
ちょっとした手間で見た目が良くなったので、マル。

街で見かけた旧車  レイトバス in 信州



おお~
この標高の高いところまで、遠出してきたみたい。

すこし変わったデザインのWESTFALIA。
いい感じのやれ具合にグッとくる。

家のバスもそろそろ遠出のチェレンジに臨みたい。

KTM DUKE フロントフォークOH

2017111101 (14)

倒立フォークの弱点であるオイル漏れ。
ご多忙にもれず、こいつもOHすることに。

2017111101 (10)

2017111101 (2)

準備しておいたチェーンブロを初めて使う。
やはり、安定感があり、安心して使える。マル

2017111101 (15)

お決まりだが、フォークを外す前にヘッドのキャップを緩めておく。

2017111101 (13)
2017111101 (12)
2017111101 (11)

はじめの車両はホイールを外すだけでも苦労させられる。
やっぱ、国産の車両の方が分かりやすい。

2017111101 (9)

オイルを抜くために、何度もピストン運動。
疲れる~

2017111101 (8)

今回はKTM東海オンラインショップで部品を直接入手した。
純正がいいかどうか分からないが、SKF製なので信頼があるでしょう。

2017111101 (6)

オイルの抜きや補充は、この穴がポイント。



シールの外しは専用工具で簡単に外すことができる。
久々に登場とあって、この工具があることを忘れてた~

2017111101 (3)

少しずつ入れてはピストン運動させる。徐々に補充して、きっちり450ccを入れきる。

2017111101 (1)

無事にセット完了したのだが、実は漏れが止まらなかった。
組み立て時に悩んだが、シリンダーを耐水ペーパーでフラットにしておけばよかったかもしれない。
ただ、経験的にはダートを走るようなバイクではないので、よっぽど傷は入っていないと思うが・・・

どうも、シュールの馴染みが悪いのか。
少しの間、慣らし運転でオイル漏れは止まると思うが・・
この結末は、後日改めてブログアップしたい。

久々にフォークのシール交換をさせてもらった。
毎度のことだが、やっぱ正立フォークの方が好き。

レイトバス サンバイザー

2017110803 (3)

あまりにもみすぼらしいサンバイザーにカバーをかける。
本来なら既存の布を剥がしたいところだが、あくまでも純正に戻せることを前提に加工していく。

まずは型紙を作成。

2017110803 (2)

フェイクのレザーは前もって内装用に用意してあるものを使用する。
今後もドアの内張りなどに使っていくので、大量購入した。

2017110803 (1)

周囲を接着して、スレッドの色を決めていく。
ここはコントラストを付けるため、エンジに決定。

2017110804 (1)

縫いが完了したら、余分なレザーをカットして。

2017110804 (2)

完成~
一応、助手席だけ加工してみたけど、一時使い込んで問題がなければ、運転席側も加工しよう。

晩秋の波



この時期特有のチープな波の日にあたってしまった。
前日は40点前後と良かったのに・・・・
この日は自らの採点では15点だろうか。

さらに風が強くて定位もできない。

でも、この日は親しい若者たちと一緒に波乗りすることができたので、いい日だった。
おじさんに付き合ってくれるだけでも、ありがたい。

すこしはいいところを見せたいのだが、数日前から腰が痛くて、調子が上がってこない。
海に入れば治るかとも思っただ、そんことあるはずがない。

不完全燃焼だったので次回に期待したいが、今シーズンはあと何回入水できるだろうか~
メローウエーブに出会いたい!

街で見かけた旧車  GT-R



このくるま、滋賀ナンバーの1ケタ!
すげー

しかし、パッと見はブルーバードのようなテールライトだけど、エンブレムはGT-R?
車種はなんだ???

番外編 GOLF バリアント エアフィルター



この時期のメンテナンスは季節的にベストシーズン。
寒くなってしまう前にあれこれと済ませておきたい。

2017110701 (2)

先日フィルターの汚れを確認したので、さっそく注文を。

2017110701 (1)

フィルター交換はものすごく効果があると自負しているだけにすっきりした~

APE 2号 保険



自賠責保険が切れてから1年が過ぎてしまった。
いかんいかん。

バランス系のスポーツが好きなだけに、日頃のトレーニングが大切。
バイクに乗ることで、すこしでも体幹を鍛えたい。

そんな言い訳はどうでもいいのだが、保険に入っておかねば話にならない。

と、いまは便利になっていて、スマホで必要事項を打ち込んで、30分後にコンビに行く。さらに必要書類を印刷して保険料を支払うだけで交付してくれる。
マジで簡単。

しかも、MAX5年に加入したのだが、なんと16,990円と安い。
年間3,400円ってこと、こんなに安かったけ~

さて、エイプの調子はアクセルレスポンスが悪いようで、アクセルワイヤーの調整が必要のようだ。
まあ、次回のツーリングまでに時間があれば、メンテしますか。
さあ、少しの間APEに遊んでもらおう~

レジアスエース アライメントチェック

2017110601 (5)

少し気になっていたバスのアライメントを確認したい。
今の新しいタイヤに交換する前は前輪タイヤのショルダーが片減りする症状がでていた。

自分はタイヤの空気圧を少なめにしての乗り心地を大事にしていた。
でも、どうも空気圧が少ないと片減りしてしまうのではないか。
もともと、商用車なので荷物を積む場合は空気圧を多めにするのが正常だろう。

そこで、新品のタイヤはフロント2.7KGリア3.0KGと少し多めに設定して,半年が過ぎた。
しかし、前ほどでもないが少しだけ片減りが出ているようだ。

2017110601 (1)

2017110601 (4)

ここで、滅多に使わないトーチェックを行う。
本来ならキャンバーを確認してからだが、基準の数値が分からないので、前輪のトーだけを確認。

2017110601 (2)

2017110601 (3)

予想していたトーインではなく、前後ろとも170.5mmと同じ数値だった。
つまり、±0ってこと。
ん~やはり空気圧だったか・・・
冬はスタッドレスタイヤで検証しにくいが、来年の春から、もう少し空気量を増やして試してみたい。

どちらにしても、数値でチェックすることで、一安心。
アライメント調整は費用が掛かるので、ホッとした。マル

Gショック 電池交換

2017110401 (1)

マジか~
前回の交換が4月だから、電池が半年しかもたなかった。
毎週のように海に行くので、すぐに復旧しておきたい。

2017110401 (2)

2017110401 (3)

早速裏蓋を外す。
前回からわかったことだが、ベルトを外しておかないと組み立ての時に裏蓋をうまくセットできない。

電池はCR2025だが・・・
前回は半年で交換となってしまったので、100円ショップでなく、わざわざホームセンターで購入したのに、なんと今回も半年で交換となってしまった。
このモデルは7年電池が持続するとあるが、なぜ早く消費してしまうのか????

2017110401 (4)

毎度活躍しているTOOL。
お世話になっているが、できればもっと精度の高い工具がほしい~

秋のプチ遠征 3日目



今回の遠征も残念ながら早めの帰宅となってしまった。
季節外れの台風22号で緊急徴集があるかもしれないから・・・

でも足湯だけは外せない・・
さあ、次は四国の波に乗りたい!

レイトバス オイル交換

2017110101 (1)

インターバルを2000Kmと予定していたが、半年が経過したことやオイルを補充するまで減ってきたので、少し早めにオイル交換することに。
さらに機関のチェックを兼ねてフィルターまでクリーニングしたい。

2017110101 (7)

さて、オイルについてはシングルタイプがいいそうだが、なかなか手に入らないとのことで、BHがお勧めのKENDALL 20W-50に決定。しかも、大人買いで12Lをまとめ買い。

2017110101 (6)

ガスケット類はジャーマニー製をチョイス。
いいのか悪いの使ってみないと分からい。

2017110101 (2)

ドレーンプレートは6つのボルトで締め付けてあるが、今のクルマのようにドレンボルト1個ではない。
つまり、フィルターを外すためですかね~

2017110101 (3)

外してみると、プレートにべったりと溜まったオイルがねっとり状態。
ん~オイルの硬さがそうさせているのか悩ましい。
次回の交換時に比べてみたい。

また、フィルターにはカーボンの大きな塊が・・・
数年不動だったこの個体、やはり早めのオイル交換が必要のようだ。

2017110101 (4)

しっかり、フィルターをクリーニング。
すっきり~

2017110101 (8)

2017110101 (9)

さて、プレートの組み立てはトルクレンチを使って、7N・mのトルクで締め付けするべし。
実はちょっと遠慮して5N・mで試しに締め付け。
少し様子を見てみるつもり。

2017110101 (10)

さて、恒例のオイル量のチェックを。
排出量は1.7L~
マジ少ない・・・
だから、交換を早めにすべきなんでしょう。

補充量は規定の2.5Lだった。
出来れば、増量できるオイルパンに変更したいところだ。

オイル管理については、温度センサーのセットしたり、オイルパンを換えて増量したり、オイルクーラーをセットしたりと改造のキットがたくさん出ている。
のちのちポテンシャルを上げていきたい。

秋のプチ遠征 2日目



この日は朝からホテルでゆっくり食事して遅めのスタート。

2017110102 (2)

昨日から目星をつけておいたポイントへ。
実は南足柄のNくんのプロデュースで決めていた場所。

ロング向きの波は銅像前と水族館との間がベストだった。
海の上で聞いた話だが、台風21号が過ぎ去ってから砂の付きが悪くなったそうで、波の立ちが悪いようだ。
確かに最後の押しのない波に苦労させられた。

2017110102 (1)

予想通り果てしなくサーファーが海に入っていて、どのポイントもうんざり~
でも、ロングボードが集まっているところは、ガツガツしていなくて快適に遊ばせてもらった。

自分のボードは湘南の波には向いていないようで、できれば9.6FTぐらいの分厚いボードが適しているような気がした。


2017110102 (4)

駐車場は1080円で空いていた。意外~

2017110102 (9)

地元のサーファーは自転車にボードをのせてやってくる。
こんな風景は他では見ない。

2017110102 (3)

さらに駐車場のトイレにはシャワー完備。水だけどありがたい。
施設のシャワーには温水もあるようだ。

2017110104.jpeg

さて、この日初めてのフルスーツは快適そのもので、パドリングしやすかった。マル
ただ、腕や足へ海水が侵入してくることが分かった。
まあ、真冬になったらバンドで締め付ければ解決するので、OKでしょう。

2017110102 (7)

ちなみに海から上がったあと、河口ではものすごいいい波が立っていた!
久々にいい波を見たような気がする。
台風22号が迫っていたが、まったく影響がなかったようで、安心したような残念のような・・・

2017110102 (12)
2017110102 (11)

海から上がってから、大磯港のめしやでサワラ定食を食した。
久々に美味い定食屋に出会えた~
残念ながら刺身定食が売り切れだったので、次回も絶対に行き店となった!

2017110103.jpeg

その後、一気に北上して甲府のワイナリーでワインを購入して、小淵沢の星のリゾートへ。
ちょうど、ハロウインのイベント中でなかなかないい感じだった。

1日目に続いてガッツリ遊ばせてもらった~疲れた~
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
TYPE Ⅱ 空冷バス (179)
FLY FISHING (270)
W123 メンテナンス  (416)
波乗り (244)
TOOL (183)
BIKE (174)
その他 (184)
本 (92)
バス (96)
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示