FC2ブログ

メルセデス エアコンバキューム

2017073101 (5)


いきなり、エンジンがストップしない症状が発生!
まずはドア系のアクチェータを疑うのが常套だが、順番にバキュームが利いていない箇所をチェックしていくと、なんとエアコンの内気、外気をコントロールするバルブ(ダイヤフラム)がお亡くなりに・・

2017073102.jpeg

2017073101 (2)


早速、懇意にしているSHOPに確認するとビンゴ!
ただし、既に部品が生産中止のこと。
部品注文を依頼しているSPさんも入手が難しいそうで、修理せずに配管を塞いで対応することも考えておかねば。

2017073101 (1)

2017073101 (3)


そこで、中身をチェックしていくがゴムに異常ないが、バキューム機能は無いようだ。
とりあえず、本体を分解したので修理してみよう~
(たぶん、無理と思うが・・・・・)

ところが、GOODなニュースが・・・
ここ数年は2,3日エンジンをかけずにドアロックを解除しようとすると、動きが悪るかったり、夏場にエアコンを使っているときにミッションの繋ぎがギクシャクしていたりしていた。
そこで、エアコン系の配管を強制的に塞いだことで、これらの症状が改善された!
長年悩んでいてプロにも相談していたが、このダイヤフラムが悪さをしていたとは・・・
同じクルマに長いこと乗るもんですかね~
悩みが解消されてスッキリ~マル。

スポンサーサイト

フロアーマット

2017073003.jpeg

レイトバスのキーシリンダーの件でワーゲンショップへ相談しに行ってきた。
残念なことに修理を依頼するためには、クルマを預けなければならないとのことで、タイミングが悪く仕切り直し。

少し情報をもらったので、入院させる前にもう一度だけ修理にチャレンジしてみたい。(キーシリンダー取り外し)

2017073002 (1)

一方、気になっていた純正のマットがボロボロ状態。
そこで自宅にあった余った素材を使って、罫書きしていく。

2017073002 (2)

カッターナイフで切り取っていくだけで完成!
個人的には、ゴムマットの方が好きなだけに、ゴムマットの純正品が手に入らないだろうか~

デイーゼルの振動

2017073001 (1)

エンジンのタペッテカバーとエアエレメントのケースとがぶつかり合って、ケースに穴が空いてしまい、エンジンが温まってくるとさらにすごい音が発生する。

少し前にケースの土台を交換したのが原因で、症状が悪化しているようす。


2017073001 (2)

そこで土台をハンマーで叩いたり、プライヤーで曲げていく。

2017073001 (3)

少しだけ隙間が広がった。
やっぱ、純正部品じゃないとトラブルが多い~
でも、改善されたので、マル。

エンジンリッドシール

2017072802.jpeg



2017072801 (1)

毎度、メンテナンスするたびに気になるシールゴムの劣化。

2017072801 (3)

途中で切れて、ボロボロ状態。

2017072801 (2)

購入したシールは1周つながっているので、配線やアームを外さねばならない。

2017072801 (4)

ナンバーライトも外して配線を一時的に撤去。
ついでにレンズをきれいにしておく。

2017072801 (5)

すっきり完成~
ドアのまわりのシール(ゴム)もだいぶんやれているようだ。
予算に余裕があるときに交換したい。

日焼けなサーフ



夏が真っ盛りで、気持ちい季節。
肌が白すぎる自分は、ちょっとだけ日焼けしなくては…
でも、日焼け止めは欠かさない。

少し遅めの入水だった。
潮の流れが止まって、人が捌けてきたころに意外にもいいうねりが一時的にやってきた。
少しだけいい思いをさせてもらった。

相変わらず、伸び悩むテクニックに歳を感じてしまう。
いつかは自由にボードをコントロールしてみたい。

2017072702.jpeg

先週は茨城の日立市で波乗りをしたかったが、無念にも入水できず。
さて、リベンジにどこへ行こうか悩ましいところ。

2017072703.jpeg

この日から新しいクーラーボックスを使ってみた。
先代は30年前から使っていたボロボロのクーラーボックスだったが、とうとうヒンジがブレイク。
そこで、前からほしかったスチール製のボックスを新調した。
このチャムスのボックスにあまり期待していなかったが、侮るなかれ意外にも保冷力が抜群!
1日熱い車内に置いておいても氷が解けなかった。
ん~いい買い物をしたようだ・・・マル

コールマン ランタン



新しいランタンがやってきた。
286Aは最近のモデルらしい。
今も仕様はまったく変わらないみたい。

しかし、点灯後圧力が逃げて消えてしまう。
あいかわらず、製品に当たりはずれがあるのか・・・・
早めに交換ですね。

街で見かけた旧車  ミニ



見るからに古そうなミニ。
どれくらい古いのか、まったく知識がないのでくわからない。
でも、オースチンのエンブレムからすると、「オースチンセブン」みたい。
たぶん、1960年代だと思う。
色がいいなあ。

マンションで野ざらしなのが残念。
どこかで屋根つきに入れてあげたい。

後妻業



久々に面白かった~
悪人が追い込まれていくストーリーにリアリティがある。最後は成敗される的な、ある意味アメリカちっくなのかもしれない。

特に後妻のばあさんがバイタリティーがあって面白い。
果てしなく悪行に一直線で、最後まで人でなし。
ここまでくると、すっきりさせてくれる。
太く短くとはこんなですかね~
すこし、うらやましい~かな・・・?

ぜひ、人にお勧めしたい本。マル

タッチアップ塗料作成

20170782301 (3)

レイトバスのボディ色は純正であるわけではない。
たびたび、タッチアップ用の塗料が必要で、自作するしかない。
いつも世話になっているハマさんところへ。

20170782301 (2)

塗料は白、黒、黄そして赤。
どうしてこれらの色をまぜてできあがるのかわからない。

20170782302.jpeg

少しずつまぜて

20170782301 (5)

ボディと比較して色合わせしていく。
ん~むずかしい。

これで、サビ処理のあとに遠慮なく塗装できる。マル

ウエーダー修理

2017072101 (1)

SIMMSのG3モデルがとうとう穴が空いてしまった。
すでに10年以上使っているので、ここまでノントラブルだったことが不思議なくらい。
実はこの5レイヤと並行して使っている3レイヤモデルは、2000年より前から使っているので、もっと丈夫にできている。

まずは、ひっくり返して水を満タンに満たしていく。
案の定、ひっかけ傷が1箇所。

2017072101 (2)

もともと付属していたリペア用のパッチとアクアシールで修理した。
これで、あと数年は活躍してもらいたい。

遠足

2017071601 (7)

夏休みを利用して福島県へ。
しかも、登山とフライフィシングそして波乗りと東北から北関東をウロウロする予定。
ちょっと欲張りすぎか・・・

1日目は自宅を用事を済ませてから大移動。
走りっぱなしで会津若松へ。

猪苗代湖は「君の名は」の風景に似ている~

2017071601 (9)


2017071601 (1)

次の日、早朝6時から磐梯山へアタック。
途中、廃墟となった温泉地。

2017071601 (2)

2017071601 (4)

裏磐梯山の湖を望みながら、7合目の山小屋へ

2017071601 (8)

山小屋のトイレは携帯トイレ専用だった。
今どきか・・・

2017071601 (6)
2017072001.jpg

2時間半で登頂。
標高は1816mと震災後、数m低くなったらしい。

総評としては、スタートの頃のブナ林が美しい。そして、途中の雄大な火口に感嘆し、頂上では180度の眺望で猪苗代湖が眺められる。
しかも、前日の登山口の八方台駐車場での星が最高だった!
いい山だ~

この日は那須高原に向かって移動する予定。

2017071601 (10)
2017071601 (11)

途中、大内宿で寄り道。

2017071601 (12)

ちょっと変わったソバだったが、久々にうならせてくれた美味さだった。
ぜひもう一度、訪れてみたい店(三澤屋)となった。

2017071601 (13)

汗を流すために公共の温泉、あゆり温泉に立ち寄ったが、なかなかいいお湯。
ツルツルになるところがいい。

さあ、明日からも・・・・
しかし、旅行は始まったばかりだったが、自宅から帰ってこいCALLが。
身内に不幸があって、すべて中止!
ソースかつ丼に、そばに、餃子に、海の幸と、楽しみにしていたが、志半ばなってしまった。
ん~また訪れることを約束して那須高原を後にした。

キーシリンダー ブレイク その4



とりあえず、不動ではまずいのでイグニッションスイッチでエンジンが始動できるようにしていたが、ヘッドライトが付かなくなっていた。配線が外れていたので、勝手に判断してアース側に接続。
これがいけなかった!

2017071801 (9)


なんとイグニッションスイッチ系が発熱して、煙がもくもく~
やばい~燃えてしまう。

2017071801 (1)

燃えて切れてしまった配線を半田ごてで補修するが・・・

2017071801 (8)

途中の配線も燃えてしまってるようで、ハーネスごと交換が必要となってしまった。
トホホ・・・

2017071801 (7)

そこで、新しくスイッチを購入。
しかし、このスイッチは金属でできていないので、壊れやすいらしい~

2017071801 (4)

とりあえず、完成。
この作業中に、ホーンは鳴りっぱなしになるは、ウインカーは点灯しなくなるは、そしてヘッドライトは不調だし。
ますます、混迷・・・

キーシリンダー ブレイク その3

レイトバス君、不動がつづく・・・


さあ、1晩寝かせて再びトライ。

画像の下側のネジ穴にイモネジがあるのを発見。
これを取ればケースが取れるかと期待したが、けっきょくダメ。

2017071401 (1)

さらにケースに締めこんである蓋をタガネで叩いて無理りこじ開けた。
しかーし、シリンダー取れず・・・
先は長いか・・・

キーシリンダー ブレイク その2

20107071201 (2)

さて、シリンダーとスイッチを分解するために重要なポイント。
赤のマーキングにイモネジがあって・・・・

20107071201 (8)

こいつを外すと

20107071201 (6)

キースイッチが外れてくる。
少しだけ樹脂が裂けている。
たぶん、このパーツは大事な箇所が樹脂でできている壊れやすいタイプのようだ。

20107071201 (4)

確認のため、ゆっくりゆっくり中身を確認。
バネなどが外れないようにもとに戻しておく。
どうもスイッチは正常に動いているようだ。

20107071201 (3)
20107071201 (7)

結局、ブレイクしてたのはキーシリンダーの軸だった。

しかーし、
ケースからシリンダーだけを抜くことができない。
キーを差し込んだまま、ハンドルロックを解除した状態でもダメ。
そのケースはコラムカバーから外すことができない。
んー困った・・・・

20107071201 (1)

とりあえず、エンジンがかかるようにスイッチを細工しておく。
もう少し勉強してみよう~
前途多難だ・・・

キーシリンダー ブレイク その1

2017071101 (2)

最近、レイトバスのキーシリンダーがおかしい。
始動時に少し押し込みぎみにキーを回さないとセルが回らなかった。
どうも、スイッチの接点の接触不良かもしれない。

2017071101 (3)


2017071103.jpeg

が、1ケ月ほど経つととうとうセルが回らなくなってしまった。
まずはキーシリンダーがどんなタイプか確認するため、ハンドル周りを分解していく。
セキュリティからシリンダー本体の赤表示の穴からドリルで揉まないと外れないタイプのようだ。(後からイモネジだったことが判明する)

2017071104.jpg


現在の機能を生かしつつ、セルボタンのスターターを取り付けて、キーをそのまま使う方法がある。まずは、ボタンのみを購入した。
と、配線の役割をチェックするために、イグニッションを何度も触っていると、とうとうキーのオンオフができなくなり、完全にご臨終となった。
結局、スターターボタンの出番はなし。

さて、難解なことはセルが回るときは、電力の要らない装備には電力を送らない機能がついているらしい。そんなリレーを作成することも考えたが、配線関係は火災を起こすこともありえる。
純正に近い仕様とするため、アーリーガレージさんに相談して最善のキーシステムにすることにしたい。

手持ちのキーが増えてしますのは、悩ましいが、既にキーの山が減って、いつ折れるかわからない状態。
ここは思い切って全替えしたい。
さて、どうなることやら・・・当分不動で自宅療養が続く。

クーラーガス

2017070901 (9)

少し前からハイエースのエアコンの利きが悪くなってきた。
いつからガスが漏れ始めているのか不明だが、来週の遠征前に効きを少しでも戻しておきたい。

2017070901 (11)

2017070901 (7)

旧車ばかりを手掛けているので、134aは使ったことがない。
専用の配管を使って200CCを補充する。

2017070901 (2)

補充の前の低圧側は2KG以下となっている。
窓からガスの状態を確認するも、泡の具合が確認できないので、圧力を信じて補充してみよう。

2017070901 (8)

もちろん、低圧側から補充用のパイプ内の空気を抜いてから、缶に穴を開けて、エアコンを作動しながら、缶を握りしめて温度を確認しながら補充していく。
今までの経験からすると補充する時間はいつもより早かった。
たぶん、システムの中のガスの量が少なかったからだろうか。
悩みは尽きないが、結果は冷えるようになったので、OK。

しかし、一度漏れが始まっている以上、補充して圧力が上がったことで弱いところから今まで以上に漏れてしまうかもしれない。
いずれは、漏れをチャックしてシステムを直してみたい。

車検 フォグランプ オイル交換

2017070901 (1)

車検を通すときにファグランプが点灯しない不具合があったが、通すだけならフォグランプ本体を外せばOKだった。
でもここはしっかりと直しておきたい。

ヒューズやバルブを疑ったが特に問題なし。
そこで、一番怪しいリレーを疑ってみる。

2017070901 (4)

手軽さもあってまずは、汎用の4極リレーを購入する。
しかーし、なんとリレーは正常のようで、点灯せず。
やらかした~

2017070901 (5)

そこで、バンパーやモールを外して配線をチェックしていく。

2017070901 (6)

不具合みっけ~
ソケットが外れていたーーー

2017070901 (10)

修理完了。幾度となくフロント周りを外したことがあるので、慣れたもの。
しっかり推理していけば、このようなミスがないのに・・・・少し反省。

2017070903 (1)
2017070903 (2)

さて、車検前に予定していたオイル交換を同時にやっちゃう。
他車でも経験したことだが、エンジンをある程度温めてから、オイルを抜くのだが、数キロ走って来た場合とアイドリングだけした場合では、抜けてくるオイル量が違う。今回は5.5Lしか抜けなかった。
やはりしっかり温めてから作業するように心がけたい。

BIINGに浮気



はずかしながらシングルフィンを所有したことがなかったが、Kさんからの刺激を受けて、すこしだけカルフォニアスタイルに迫ってみようと思う。
しかも、ピンテールが好きな自分にとっては、BINGがピタリ。

2017070801 (2)

残念ながら、波の大きさはイマイチだったが、初めてのボードにはちょうど良かったかもしれない。

2017070801 (4)

ライトウエイトモデルだけあって、取り扱いはいい。
テイクオフはドナルドのDT4よりスピードが出るかもしれない。
でも、フロントのロッカー具合に慣れるまでは、少しだけ時間がいりそうだ。

特質するところは、横走りの安定感がいい。
ボードのエッジが細く感じるのは、そんなところにも理由があるのかもしれない。

笑い話は、しっかり波打ち際までランディングすると、フィンが砂に突き刺さってしまう。
今までのように最後まで乗り切れない~


2017070801 (1)

帰りは岡崎のFOLLOWSに寄って、デッキカバーを購入した。
FUWAXが登場してからは、WAX派になってしまったため、カバーは必需品。
もう、クルスタルグリップには戻れない~

ちょっと独り言を・・・
もう20年以上前からメニエル病に悩まされている。
実は波乗りするときも、バランスが取れないときがある。
どうも、医者の話では良くなることはない言われた。
自分は、昔からバランス系のスポーツが好きなのに、致命的なこと。好きなものは仕方がない。
誤魔化しながらやってくしかないなあ~

北の国へ遠征 最終日

2017070601 (1)

最後の晩は街のホテルに宿泊。
たぶん、外人さん相手の格安ホテルだった。
これがなかなか良くって、また使ってみたい。

2017070601 (3)

この日は何とか大物を探して、まったく違う川へ。
羊蹄山も歓迎してくれているような・・

2017070601 (2)

ものすごくトルクのある川でハッチもばっちりあるが、まったくライズなし・・・
トホホ・・・
この日天気に恵まれ風が吹いていて、なんと、なんと、とても酷い花粉症に。
とても立っていられないほど、鼻水がダラダラと。
最終日は季節外れの花粉症にやられてしまった。
帰りのフライト時間があって、ジエンド。

この川はもう一度訪れてみたい川のひとつになった。
必ずリベンジすることを思い後にした。

毎年遠征している東北から浮気してしまったが、フィールドが広すぎて絞り込みがむずかしい。
もっと、東の方も遊びに行ってみたい。
また、スカイマークで気軽に遊びに来れそうなので、またの機会を企画したいもの。

レザークラフト クラッチバック

2017070402 (1)

今回は大物の依頼が入る。
レザーの注文はいつもより倍の大きさでお願いした。
A4サイズが充分に収納できる大きさに。

2017070402 (2)

手縫いでは少し大きすぎ~
レザー用のミシンを購入したので、早く使えるように準備したい。
工業用ミシンについては、いずれまたブログアップしたい。

2017070401.jpeg

初めての作品だが、なかなかいい感じ。
最近はリバイバルで若者に人気があるようだ。
使い勝手いいものは、見直されているかも~。

北の国へ遠征 3日目

2017062601 (2)

なんと前夜に降った雨が追い打ちをかけて川の濁りがひどくなってしまった~
そこで、東へ大移動。
雨鱒が登る有名な川に挑戦することに。

天気は快晴で、ハッチもそこそこある。
期待できる。

2017062601 (1)

しっかりとマメマスの模様をまとったイワナをゲット。
厭きないほどにたくさん釣れてくる。

2017062601 (4)
2017062601 (5)

そして、ヤマメもウグイもほどなく釣れてくる。
特にヤマメのパーマークが美しい~

2017062601 (3)

2017062601 (6)

海からたった18kmほどのポイントにトラウト釣りができるとは、中部地方では珍しい。
また、いつヒグマが現れてもおかしくない。

2017062602.jpg

入渓前には爆竹でクマ除け。

2017062601 (7)
2017062601 (8)

結局、1日何箇所かを釣り歩いたが、大物には出会えず。
反省会は、街のスーパー銭湯と焼肉屋。
北海道のソールフードのジンギスカンがなかなかよかった~
今度、遠征でも必ず立ち寄りたい店。マル


最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示