FC2ブログ

本で見かけた旧車 GOLFⅠ



久しぶりにゴルフⅠの画像を見たら懐かしさが・・・
このモデルは1974年製か
確か自分が所有していたのは1978年製だが、テールランプ、バンパー、そして鉄ッチンホイールが全く同じデザイン。
できれば、もう一度乗ってみたいモデル。
やっぱ、VWはおしゃれかも~

スポンサーサイト



KYM DUKE 点検

2016112901 (1)

Kさんにバイクスタンドをお借りして、KTMの足回りを点検していく。

2016112901 (2)
2016112901 (4)

若干ブレーキにジャダーが出ているようで、ディスクのひずみやパットの当たり具合を点検していく。
ジャッキアップしたことでメンテナンスがスムーズにできる。
アンダーカウルのあるバイクはこのタイプのスタンドがいい。
ほしいかも~

2016112901 (3)

倒立サスのオイルの滲みも点検する。

今は手を加える必要はなさげだけど、いずれはメンテナンスしていこう。
しかし、よくできたバイクで非の打ちどころがないとはこのことを言うのか。
ホイールベースが短くて、軽くてよく曲がる。そして、下からトルクがあって上まで良く回るエンジン。
バランスが良すぎて、面白くないかも~

紅葉+SURF

2016112702 (4)

この日は紅葉シーズンとあって若いころから気になっていた鳳来寺山へ。
階段が1425段?と足腰のトレーニングにはぴったり。
早朝5時に起床して、早めに現地入り。誰もいない参道を登っていく。
もみじ祭と重なっていたのだが、意外にも人は少なかった~

2016112702 (2)

途中の杉並木は素晴らしかったが、もみじの紅葉は残念な感じ~

2016112703.jpg

なんと本堂は朝早すぎて空いてない!
最近有名な本堂付近からの眺めは一度見ておきたい。
矢印のところがハート形!!
ある意味、新しいパワースポットかも~

2016112702 (1)

2016112702 (5)

さて、この日の後半戦は海に移動して波乗り
昼間から東の風が強く、あまり波質は期待できないので、なるべく夕凪を狙っての入水。
後半はなんでもない波にパーリング、そしてボードを顔面にぶつけてジエンド。
恥ずかしいことに鼻と唇が腫れてしまった。
フィンでさっくり切れなかっただけでも良かったとしよう~

2016112705.jpg

季節外れだが、熊本の兄貴に教えてもらったウエットスーツのハーフパンツを購入。
前からほしかっただけに、来春から海で使い倒したい。
最近はプールで数か月で消費してしまう水泳パンツの代わりに使っている。
Mサイズではすこし大きいようで、Sサイスを作ってほしいところ。
HeleiWaho (ヘレイワホ )さん、サイズ展開をお願いします~

点検 その4 ヘッドライトレンズ

<
2016112501 (1)

ずいぶん前から放置していたメンテナンスを。
レンズ内の上部のフレームが折れて、ぶら下がった状態になっている。
なんら影響がないのだが、気になって仕方がない。


2016112501 (3)

2016112501 (4)

レンズ本体を取り外し、内部のフレームを分離させる。
レンズを分解するたびに、樹脂のフレームがいくつか折れている箇所が確認できる。
今回は外から見ただけで確認できた。
熱で樹脂が劣化するのか、ウイークポイントの1つ。
対策品がほしいところだが、旧車にあるわけなないか!

2016112501 (8)

フレームは補強しながら2液ボンドで形を整え、さらに耐熱塗装で美しく仕上げる。

2016112501 (6)

2016112501 (5)

レンズは中性洗剤でクリーニングし、止水ゴムはシリコンで復活させておく。

2016112501 (7)

さらにレンズの反射板を柔らかい筆で掃除しておく。

2016112501 (9)
2016112501 (10)

今回手を加えたレンズは右(上)。
明らかに反対側とクリアさが違う。
反対側は時間のある時にクリーニングしたいと思う。
前から気になっていた作業だけにすっきりした!マル。

勤労感謝の日はロングな季節



朝5時からウダウダとスマホとにらめっこ。
波の状況が思わしくない~
この点数だと、小波で充分に遊べるかどうか・・・・

でも、勤労感謝の日とあって日頃ストレスを発散しなくては後悔しそう。
結局布団の中で30分ウダウダしたけど、断腸の思うで出動。

2016112303.jpeg


2016112302.jpeg

用足しで寄ったポイントは凪状態。
5人は入水していたが、ムリムリ~

2016112304.jpeg

ホームで何とか遊ばせてもらったが、この時期なら仕方がない波。
ロングボードならでの波乗りでしっかり2時間。
少し不完全燃焼だったが、次回の低気圧に期待したい。

【小ネタ】
FUワックスの夏用は水温が冷たくなると滑ることが分かってきた。
ちゃんと季節にあったWAXを使うべし

点検 その3

2016112310 (1)

最近、メルセデスのメンテナンスを重点的に行っているのにはワケがある。
2週間前に体調不調で、点検のための診察が受けられなかったからだ。

できれば、定期的にプロに確認してもらうことや日頃から悩んでいる不具合を教えてほしかった。
予約していた関西のヴェルケさんのところに行くには、距離があるので、簡単にはうかがうことができない。
迷惑をかけてしまったが、診察を延期させてもらったので、頼むつもりだったメンテナンスを自分で行っていきたい。

さて、4本のベルトを交換してから1度張りなおしを行ったが、またまた緩んでしまった。
まずは、ダイナモのベルト。
こいつが曲者で、2本のベルトが若干長さが違う。
その2本がちょうどいい加減な張りなるなるように、テンションを調整していく。

2016112310 (2)

次は、パワステのベルト。
意外にも一番ユルユルだった。

2016112310 (3)

最後は1番悩ましいエアコンのベルト。
エアコンを真夏に使用すると、つまり外気温がチョー高い時にベルトの鳴きかそれともプーリーの鳴きが酷くなる。
結局、秋以降は症状が出ないので、診断ができない。
とりあえず、テンションだけは適切に調整しておく。

なるべく早くWerkeさんのところに遊びに行こう~

新しい武器(ROD)

2016112101 (2)

この時期に新しいRODを購入した。
シーズンじゃないけど、前から決めていただけに違和感はない。
もともと、NAGOYAのIさんの勧めもあって、やっとで手元にやってきた。

2016112101 (1)

残念なことに川への出動は来年の6月以降になるだろう~
どうしても今年不調だった秋田の川で使ってみたい。
その川の川幅は狭く木々が被っているからショートロッドがほしかった。
さらにデイパック中にすっぽりと入れたいので、6Pにこだわってみた。

とても4番とは思えないブランクの細さ。
どれくらいトルクがあるのか、いまからワクワクしてしまう。



点検 その2

2016112001 (5)

ターボのリターンホースがヤレてきたため、注文前にターボの本体のメーカーを確認する。
エアークリナーBOXを撤去。

2016112001 (3)


2016112001 (4)

なんと、前回交換してから時間が経っていないのに、同じ個所のゴムのブッシが裂けてしまった。
ウイークポイントと分かっているが、あまりにも早い!

ストックを用意しているので、とりあえずはOKだが、URO製が悪いのかその箇所に負担が掛かってダメになったのか疑問が残るところ。

2016112001 (1)

2016112001 (2)

ターボはKKKの場合もあるが、結局アメリカ製のGARRETTだった。
意外にもこのころのパーツは所々でアメリカ製が使われている。
ドイツ製よりアメリカ製が勝っている部品があり、チョコチョコ採用していたのだろうか~

2世代目 R2ジャケット



最近、寒くなってきたので、もっとも使っているフリースを改めて購入した。
1世代目はまだまだ使えるのだが、どうしても追加でもっておきたい。

いろんな場面で頼れるR2。
分厚くなく薄すぎず、ちょうどいい。

ガンガン使い倒してやる~

TOOLの充実 倉庫編

2016111601 (1)

万力の台がしっかりと柱に固定されていないので、グラグラしていた。
作業をしていても使いものにならない。
そこで、スチールバンドで鉄骨に固定する。

2016111601 (2)

予定通りがっちり固定完了。
いい感じ~マル。

2016111601 (3)

こちらは懸案だったコンプレッサーホースの太鼓リール。
同じ場所に同じようにバンドで締め付けて固定できた。
これで、作業範囲内でエアー系の工具が使える!
GOOD JOB!

点検とハンドル角度修正



最近、重大なトラブルは抱えておらず、至って調子がいい。
ある意味、トラブルがなくさみしいのかもしれない~
久々にポイントを絞って点検しておく。
つまり、どこかワクワクする事が転がっていないかとあら探し。

2016111505.jpg


2016111502 (4)

オイルの滲みなど心配な箇所を重点的に点検していく。

2016111503.jpeg

外回りもグルッと日常点検。

2016111502 (1)

ずいぶん前にタイロッドの長さを調整してから、ハンドルの角度が狂ったままの状態で放置していた。
少し反省しながら、まじめに修正しよう。

2016111502 (2)
2016111502 (3)

ハンドル内はクラクションの電源がブラシで確保されていることを初めて知った。
いままで知らなかったのは恥ずかしい~
で、汚れた内部を歯ブラシでお掃除。
ハンドルが真っ直ぐになって気持ちよく運転ができる。マル。

点検中に見つけたヘッドライト内のフレームの外れを修理しなくては・・・
また、そろそろスピードメーターケーブルが切れそう・・・
ぼちぼち、部品を購入しますか。

番外編 GOLF V バッテリー交換



ヒャーマイナス極がサビだらけ~
酷いことに・・・・

純正バッテリーは
 1JO 915 105 AC 12V 60Ah
 メーカー バルタ

新車時から約8年を使用してきたが、少し寒くなってスターターが回らない程度までドロップしてしまった。
充電すれば再度使えそうだが、自分が乗っている車ではないので、トラブルがないように交換しておくべき。

IMGP1307.jpg

そこで、前もお世話になっているATRASの韓国製を購入。
最近は安物でも安心して使用できるバッテリーがあるので、ありがたい。

IMGP1310.jpg

設置個所に合わせて、下部にある樹脂を外しておく。
さらにドレンとなるホースも設置。

IMGP1311.jpg

カバーも戻して設置完了。

2016111301.jpeg

最後に注意しておきたいのは、バッテリー交換後に警告灯をリセットしなくちゃいけないのだが、低速で運転するだけでなくしっかりハンドルを切りきることでリセットできる。
若干、AUDIと違いがあるようだ。

これで、この冬も安心して越せそうだ~マル

大変だった1週間



またまたトレーニングの為、名城公園でランニング。
内側のコースは砂地で膝にやさしく、走りやすい。
外側のコースをまぜながら、距離を稼ぐ。
コースにハイレベルなランナーがガンガン走っているが、こちらはマイペースで。

20165111107.jpeg

コースの途中ではやたらと猫がいる。
もしかしたら、ネコカフェに行くよりいいかも~

どうもこの辺から調子が狂ってきているみたいだ・・・・
この数日後とんでもないことに。



2016111104 (2)

2016111103.jpeg

日を挟んで、横浜~鎌倉へ。
でも1番の楽しみは由比ガ浜に行くこと。
波が良ければ、ショップでレンタルボードを借りて入水したかったが、とてもじゃないがこの波では・・・
ちなみにウエットも含めて6千円で借りれるそうな。(ソフトボードらしい~)
でも、駐車場やポイントの場所を確認して、次回訪れた時の情報収集がしっかりできた。マル

この旅行中にも体の切れが悪い・・・

2016111105(1).jpg

帰ってきた日から声が出ない。
日に日に咳が止まらなくなってきた!
こんなに薬を飲んだのは初めてかも~

風邪か???と、思っていたがいろいろ調べていくうちに、どうも「マイコプラズマ」みたい。
医者の検査結果は確認していないが、乾いた咳と鼻水なし、微熱とあらゆる状況がマッチングする。
咳が長引くらしい。

意外な情報として、健康な人がかかるらしい。そして、4年に1度やってくる。どんなんや!

さらに咳が半端なく続く。たぶん、10年分ぐらい咳き込んだ気がする。
本日、はっきり症状が出始めて7日目で、やっとで体を動かすことができるようになった。

今シーズンは海に何度も通って体を酷使し続けたツケがまわってきただろうか~
久々に寝込んだだけにいろいろな人に迷惑をかけた。
さあ、休んだ分を取り返さねば・・・
いや、体力が落ちて遊べなくなったことが心配~

いつもより東方面へ

2016103101 (1)

用事に合わせて海に来た。
用事半日、波乗り半日と、一石二鳥と充実した日。

すでにフルスーツで入水したが、まだまだロンスプでもよかったような~
まだまだ、海水温は暖かいようだ。

最近、身内が波乗りにはまっていて、スーツが濡れていたり使われていたりと、使用頻度が高い。
今年は5*3のフルスーツのゴムが硬くなってきて、裂けている箇所が増えてきたこともあって、新調しようかと企んでいるが、さてどこのメーカーをチョイスしようか。
できれば、Wネックにしたいところ。
後日改めてブログアップしたい。

2016103101 (2)

この日は点数が悪く、目的のポイントに入れず。
入水したポイントではまっすぐしか走ることができなかったが、2時間みっちり遊ばせてもらった。
こんな時は、9.6FT程度のロングボードがほしいところ~

2016103101 (3)

前回現場で声をかけてきた渋いドナルド乗りのおじさんに教えてもらった「細谷」ポイントへ。
とりあえず、偵察。
波質まで確認できなかったが、ショートばかりが入水していた。
次回は実際に海に入って確認してみたい。
ただ、砂浜にスタックしそうで・・・・そのために4WDにしたんですけどね~

トレイルラン

<

11月の神戸マラソンのトレーニングとして土岐市の陶史の森へ行ってきた。

2016103001 (2)

ランニングにつもりで園内に入るとほとんど登山道と同じ。
結局、トレイルランもどきになってしまった。
山の中でランニングすると膝に負担があり、とても走れる状況ではない。

2016103001 (3)

2016103001 (1)

それでも、しっかり体は動かして足腰のトレーニング。
展望台からは有名な山々が望むことができる。
動物園やBBQ広場はなかなか魅力的で、家族連れにはいいかもしれない。

2016103002 (2)
2016103002 (1)

途中、岐阜市の乃が美の食パンを運よく購入することができた。
朝、岐阜市で出荷したパンを東濃エリアで買えるとは・・・
少々高価なパンだが、おいしゅういただきました~

ようこそ、わが家へ



ドラマでやったやつですね。
ずっと後回ししにしていたが、読む本がなかったので、お世話になることに。
いつものことのようにドラマの俳優の顔がちらちらと見えてしまう。

実は本とドラマでは脚色がちがっていて、読んでみてわかったこともある。
とても読み込みやすくて、頭の中に入ってくる。
池井戸さんの本は今回で一時休憩としたい。

アライテント エアライズ2 メンテナンス その2

2016110101 (2)

前回フレームの修理ができたので、本体のテント生地をメンテ。
経年変化でベタベタになった表面は、どうも加水分解して防水機能が落ちているらしい。
また、ベタつくと気持ち悪い。

そこで、お湯に溶かした重曹で漬け置き。
1晩放置して、よく水洗いするときれいに取れてしまった。
ん~いい感じ

2016110101 (3)

そして、洗浄後は縫い目に張り付けてあったテープが見事にすべて取れてしまった。

2016110101 (4)

一応予定通りで、シーリングテープを用意済み。

2016110101 (5)

アイロンの中温度で、張り付けていく。
我ながらうまくいった。

2016110101 (11)
2016110101 (12)

次にPOLON-Tを筆で全体に塗布していく。
この液体は揮発性が高いため、すぐに乾燥していく。
だから布に素早く塗っていくのが大切。
今回失敗したのは、筆にボリュームがあって、液を良く吸ってその後そこから揮発していく。
塗る前から揮発していくから効率が悪い。
次回はもっと筆の毛の量が少ないものを用意しなくては。

2016110101 (14)
2016110101 (15)

最後は角の縫い目にシームコートを塗布していく。
これで完成。
次期シーズンから、また活躍できそうだ!マル。

アライテント エアライズ2 メンテナンス その1

2016110101 (13)

この2~3人用のアライテントは購入した年を忘れてしまったが、どうも2002年以前らしい。
ずいぶんと長持ちしているが、布地の表面が加水分解でベタベタになっていた。

2016110101 (7)

さらに秋に使用してから保管前に干していたら、ジュラルミンフレーム(ポール)が折れてしまった。

それから新しいテントを検討してみたが、どうしても同じモデルに落ち着いてしまう。
そこで、新品を購入前にメンテンアスを勉強して、復活できることが分かってきた。


2016110101 (1)

まずは、フレームの一本分を購入することから。
しかし、フレームを店で注文すると、既設径は8mmに対して、注文した径は8.5mmと合わない。
この0.5mmの差が全く使い物にならない。
結局、諦めてまるまる1本分のフレーム一式を手に入れことに。

2016110101 (6)

いろいろ調べているとアメリカのEASTON製のフレームが使われていることが分かった。
他社のテントにいろいろなサイズのフレームが市場にあるようで、古いものは現状合わせで修理されているようだ。

2016110101 (8)

運よく、少し長めではあるがE社の8.5mmサイズが購入できた。
仕舞寸法が少し違うが実質的には問題なし。

2016110101 (9)
2016110101 (10)

壊れていないフレームの長さに合わせて、糸ノコで切断する。
さらに端部のキャップと内部のゴムの長さを調整していく。

フレームが確保できたので、次回はテントの布地のメンテンアスを。

レザークラフト ボタン取り付け

2016103101 (1)

熊本の兄貴からボタンが取れてしまったと・・・
少しだけ事務連絡を~

まずは最低これだけ必要かと。
パーツは4つに分かれており、2個づつがペアになっている。
つまり、オスとメスが対になっている。
打ち込みは専用工具で。

2016103101 (2)

メス側のボタンは台座に皿状の受け側でハンマーで打ち込んでいく。
実際はレザーが噛ませてある。
打ち込む棒は垂直であることが大切。

2016103101 (3)

さらにオス側のボタンは台座の平らな面を使う。

これらの工具とパーツは東急ハンズにあるはず。熊本に東急ハンズはあったよな~
ボタンの首の長さはレザーの厚さにより決まってくるので、店員さんに確認した方がいいでしょう。
でも、道具を含めてそろえると、少し費用が嵩みますが、ボタンは服や鞄などいろんな場面で使えるかもしれません。
費用対効果はよく検討してください。
レザークラフト店で打ち込んでもらった方が、安くすむでしょう。

このページが分かりやすいかもしれません。

https://www.leathercraft.jp/contents/school.jsp?id=19
ご検討を!

続きを読む

最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示