FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューウェポン カットフィン



今シーズンはボードを新調したいのだが、なかなか踏み切れてない。そんな中ずいぶん前からフィンの変更だけでもライディングに大きく影響があると信じている。
特にテイクオフ後に簡単に方向を変えることができるなら、そんなうれしいことはない。

そこで、「カットフィン」をチョイス。
たぶん、回転が容易にできるはず。
次回の海からガンガン使てみようと思う。

さあ、今年はドナルドタカヤマのスコーピオン6.8FTぐらいを購入してみようかなあ~。
贅沢か???

スポンサーサイト

トレーニング 諏訪湖RUN



そろそろ波乗りのシーズンがやってくる。
冬場のトレーニングはこれが最後になるかもしれない。
気温的にもランニングするにはちょうどいい時期で諏訪湖に遠征して湖を1周することに。
周りきると約16㎞強の距離となる。
観光地もあるし、食事も楽しみながらランニングしたい。

写真の真ん中に富士山が見える。
思わず拝んでしまうのは、日本人だからだろうか。
快晴に感謝!

2016032903.jpg

2016032904.jpg

「すわっこランド」に駐車して、ここを起点に活動する。
ランニングは左回りにして、途中でランチしてみたい。
周回の園路は、ゴムチップで舗装がしてあり、足にやさしい。

2016032908.jpg

2016032909.jpg

2016032905.jpg


途中観光地を覗き見ながら、初物ばかりで興味津々。
D51デゴイチは、確か自分が小学生の頃に松本付近で走っているのを見たのが最後だったような。
ちょっぴり感動~

この網はシラスじゃなくて、ワカサギを一網打尽にするのだろうか・・・???

2016032906.jpg

途中、飛び込みで入ったラーメン屋さんが、すこし残念だった。
次回は、つけ麺が美味しい店にしたいと思う。

2016032902.jpg

見事走り切って、すわっこランドで温泉をいただき。
疲れがとれて、マル。
この日は、26日が風呂の日だそうで、半額入浴。ラッキー。

2016032910.jpg

帰りは最近ところてんがマイブームなこともあって、「トコロテラス」に寄ってお買いものした。トマトの寒天が腸にいいだよね〜

急遽、朝に思いつきで遊びに来て、いきあたりばったりのトリップだったが、とてもいい1日だった。
次回はどこ行こう~

シャイロックの子供たち



「シャイロック」とは - シェイクスピアの「ヴェニスの商人」に登場する人物。 悪辣、非道、強欲なユダヤ人の金貸しとして描かれている。 とあるネット情報から。
そんな意味も分からずに読み終わってしまった。

1冊前によんだ「紙の月」とダブってしまった~

いろいろな登場人物を描写していくのだが、どこが本筋が分からない。
でも最後はそこですか!って感じ。


ATF交換 その3



先日の交換から、ATF量を調整する機会があった。
高速道路を走って、ミッション内を最大の温度まで上げることできる。

近所のICからあるPAまで、速度80KM以上で巡航して、その状態でゲージを確認。
HOT区間の真ん中あたりに。

結局いらぬ心配だったが、もどした量は適量だったことが分かった。
あと2回ぐらいは交換作業を繰り返してみたい。

ATF交換 その2

2016032202 (3)

前回、ATFのフィルターを交換して下抜きを行った。
少し冒険的な交換だったが、あれからというものミッションの調子がいい。
オイル交換派の自分としては、うれしい実績。
さて、今回はさらなる延命措置として、交換し切れなかったオイルを交換していきたい。

2016032202 (1)

抜いたオイルは、このとおり向こうが見えないほどに濁っている。
前回2/3ほど交換したはずなのに、ここまで汚れているとは・・・

2016032201 (2)

排出したオイルをビーカーでなるべく正確に計っていく。
本当ならメスシリンダーがいいのだろうが、ここはアバウトで。
  2230cc

2016032201 (3)

2016032201 (5)

排出したオイルと同量を補充していく。

2016032201 (1)

その後、15分以上のアイドリングでミッションを温めながら、ゲージチェックを行うも、あれ???
すでにHOT区間に入ってきている。予定より多い。
しっかり、計っていれたのに、どういうこと~
たぶん、排出と給油した時のビーカーが違ったからだろうか。前者のビーカーは100ショップだったことが、原因かも…
とりあえず、少しの間、走り込んで量を調整していきたい。

リアヒーター調整 LH178V 100系

2016032001 (6)

セカンドシート横にあるリアヒーターの温度を調整するノブが動かない。
この冬が終わろうとしているのに最近気づいた。
遅すぎ~

2016032001 (4)

2016032001 (10)

ダクト部の3箇所をそれぞれ外していく。
でも、いきなり留め具のピンがブレイク。
ん~仕方がない。Hさんからもらったストックがあるから安心。

2016032001 (1)

作業がしやすいようにセカンドシートを畳んでおく。

2016032001 (2)

すでに用意していたリムーバーが役立つ時が来た。
安物だけど、これがなかんかの優れもの。
留め具などを壊さずに外すことができる。

2016032001 (3)

2016032001 (5)

それぞれのピンは運よくブレイクなし。

2016032001 (8)

2016032001 (9)

2016032001 (7)

結局、サビでワイヤー部と可変部が固着していたようで、オイルとシリコンでリフレッシュ。
後日、温度調整ができるようになったことを確認する。
これで、冬が来ても大丈夫。
まだ先か~

3週連続

2016031901 (6)

この日、特に目立ったハッチは、マエグロヒメフタオカゲロウ。
3月の中旬にはあまりお目見えしないような~
もしかして、季節が少し早いのかもしれない。
少し、シロハラコカゲロウも混ざっていたが・・・
結局、水面に絡んでいたわけではなく、ミッジクラスの小さなアダルトにライズしていた様子。

2016031901 (5)

朝から雨模様で昼から上がる予報で、午前中は諦めてゆっくり出発。
朝一番から天気予報とライブカメラをにらめっこ。
前日からの雨でどれぐらい増水しているか、流せるポイントがあるのか。
でも、最近は銀座どおり状態の川では、人が少ないことが好条件となる。
そんなことで、雨で人出が少なくなると予想すれば、行くしかない!

2016031901 (4)

水位は平水の10cm高で流せるところはそれなリにあるのだが、人の多さは相変わらず。
なるべく少ないポイントに入るのだが、そんな場所は魚も少ないのだろうか・・・
いや、腕がないと信じたい(魚の活性が低いと信じたい)

2016031902.jpg

この子はしっかりとした体高がある高原川らしいヤマメ。

2016031901 (2)

この子は、久々のライズゲームを制して、ゲットしたヤマメくん。
特にCDCダンで仕留めたのが、みょーにうれしい~しみじみ・・・・

2016031901 (3)

そして、この子は、久々にネットからはみ出すサイズ。
しかも、ゆっくりと浮いてきて、ゆっくりと捕食した姿を見ながらのフッキング。
ドライフィッシイングの一番の醍醐味じゃないだろうか。

最後はゆっくりと温泉に浸かって、反省会。
こんなに自由な時間があってバチが当たらないだろうか。
今日も釣りができたことに感謝、感謝。誰に?いやいや自分に・・・、マル。

ABS警告 その2

2016031701 (3)

ABSの警告について、もう少し調べてみることに。
リアのABSセンサーが反応しているか抵抗値を確認してみる。

2016031701 (1)


2016031701 (2)

センサーのソケットを抜いて、端子から抵抗値を見ていく。

リア右  1.6Ω
リア左  0.5Ω
ん?左右で違いが、1Ω以上と予想していたが、少し少ないような・・・
とりあえず、センサー部を取り外してクリーニングしようとしたが、前輪と同じく硬くて外れない。
センサー自体を壊してしまいそうなので、ギブアップ。
可能性としてリア左の不具合もありかもしれないと・・・・

2016031701 (12)

2016031701 (11)

さて、モーターリレーの接点を確認していく。
イグニッションを回すと、この接点部がカチカチと反応していることがわかった。
壊れる前はカチカチと鳴ることはなかった。
また、ABSユニットは始動時に大きな作動音があったことを考慮すれば、やはりABSユニットがご臨終なのかもしれない。
さてさて、素人が調べるにはここまでが限界だろうか~

ユニットの交換となると2桁以上の出費になるだろう〜さあどうしましょう。

2016031701 (4)
2016031701 (5)

ついでにドラムブレーキ内のメンテナンスを。
8mmのボルトをねじ込んでいくとカバー部が抜けてくる。
しっかり、クリーニングしながら、点検していく。

2016031701 (6)

さらにカバーがサビサビなので研磨してから塗装しておく。

2016031701 (8)
2016031701 (9)

と、なんと左側のボディに続いて右側のボディもサビサビで、穴が空くほど進行してるじゃないの!

2016031701 (7)

ドライバーでほじくっていくとボロボロと鉄粉が取れていく。
とんでもない量に〜

2016031701 (10)

こんな時はサビチェンジャーでサビを酸化しないように保護しておく。

2016031702.jpg

そして、シリコンを注入して患部が空気や湿気に触れないように充満させておく。
最後は塗装をして終了。
これで当分は処置しなくてもいいでしょう。マル。

リーダー

2016031501 (2)

ここ数年は、マキシマリーダーをメインに使用してきたが、久々にバリバスをテストしてみる。
基本的に少し固めが好きな自分には、ちょうどいい。

ところが、昔からティペット部の強度がこんなに弱かったか?
少し、保管状態が悪かったのだろうか~
さらに2度目(2日目)の使用に当たっては、やたらとヨレが激しい。

また、色が着色されて水中での存在を消しているのだろうか。
その点ではマキシマと同じ志向になっているかも。

セコイ話だが、毎度毎度リーダーを交換していくのも面倒で、できることなら数回使いまわししたいところ。
マキシマに戻そうか、それとも他のメーカーも使用してみるか。

ちなみにティペットは最近アクロンに戻してみたが、後日改めてブログアップしたい。

名古屋 マラソン

2016031401 (1)

冬場のトレーニングとして、ランニングを取りれている。
その目標としてマラソン大会に出場。
でも、今年はすこし怠慢していたので走り込みが足りないが、それでもXデーはやってくる。

2016031401 (4)

2016031401 (2)

当日のスタート前は、名古屋ウイミンズが出発するまで、ずいぶんと待たされる。
荷物を預け、時計を確認したときから1時間40分後にやっとで出発。
比較的穏やかで暖かったので、体が冷えなかったが、これでさむかったら体調管理がむずかしい。

2016031401 (3)

途中8Kmまでは、ペースメーカーのたい焼きくんと並走してしていた。
たい焼きくんは、沿道の子供たちとハイタッチしながら走っているので、遅いはずなのだが自分とほぼ同じように走っている。
ところが、8kmを過ぎて上り坂が始まると、明らかに加速して姿が見えなくなってしまった。
あの重い被りもので、あんなに早く走れるのか・・・・
でも、引っ張ってくれたことで、去年より早く走ることができた。
1kmで6分を切るペースで走りきれたことが、うれしい。

2016031401 (8)

2016031401 (6)

ゴールはパロマ瑞穂グラウンド。
フルマラソンよりは感動は少ないかもしれないが、今年も完走できたことがうれしい。

2016031401 (5)

その後、相方のフルマラソンのゴールを名古屋ドームでお出迎え。
しかも、相方は4年連続で42.159KMを完走した。
まったく、頭が下がる~
さて、次回はどうしようか、京都マラソンも出場してみたいが・・・、

やばいよ~やばいよ 蒲田!

2016031301 (2)

先週に引き続き蒲田川へ出撃。
あまりにもふがいない結果にリベンジせずにはいられない。

2016031301 (3)

久々に冷え込んでマイナス7℃台。
高原らしい気温だ。

2016031301 (4)

さて、しっかりとドラッグフリーに流していくことに気を付けて~
先週入っていないポイントを選んで入渓。
ところが、どのポイントも人、人、ひと・・・
1つのポイントでは見渡しただけでも10人はいる。
どうなっているのか、人気ありすぎ~

2016031301 (5)

あの手この手で、ようよう釣り上げるも、ちび助ばかり。
イワナは脱走されて写真はなし。

2016031301 (6)

昼からはヒトケを避けて下流へ移動する。
心配なので水温を計ると12℃とまずまず。
ずいぶん下流まで温泉水が混ざっているのだろうか~

でもでも、まったく無反応で気持ちが続かない。
いつものポイントに戻っても人ばかりなので、少し早目だが本日は終了。
蒲田らしい下流からの風が強くなってきたので、心が折れてしまった。

2016031301 (7)

前から気になっていた日帰り温泉に寄り、いっぷく。
久々に平湯のお湯にご満悦。
結構、使える温泉の一つになりそう~

2016031301 (8)

さらに夕飯も食してみたが、久々の豆味噌が入った味噌汁に感動。
やっぱ、飛騨の味噌は美味しい~

さてさて、これだけ調子が上がってこないと、イブニングに勝負するしかないか~
やっぱ、闇討ちはできることなら避けたいところだが・・・
ハッチが出ればな~

街で見かけた旧車 本物BUS



自らのバスの内装を外す方法を聞きにHさんのところに遊びに行ってきた。
リアヒーターの温度調整ができないからだ。
作業が終了したらブログアップしたい。

と、いきなり美味しそうな個体があるじゃないの~
左側の板金塗装の為、入庫しているBUSだそうな。
本来ならVWBUSを所有したいのだが、長距離遠征や旧車の維持管理を考えると機動力の面で選択肢からはずれてしまう。
VW系のBUSに乗る夢は捨てきれないけど、もし条件が整うとすれば、もっと歳をとってからになると思う。
空冷のRRに乗るのはまだ先になるかな~

ナンバープレート 位置変更 グラストラッカー編

2016030801 (1)

さっそく、1台目のバイクのナンバープレートの位置を変更していく。
つまらないことで、取締りにあいたくない。

テールランプと一体になったプレート台を比較的安価に購入。
少しだけ加工が必要で、T字とI字のプレートを別途購入する。

2016030801 (2)

設置個所はすでにリアフェンダーがなく、センターの1点でボルト止めすることに。

2016030801 (3)

プレートを万力で曲げていき、ナンバーの角度を決めていく。
このとき、ショックが深く沈んだ時にタイヤに干渉しない角度を確認しながらセッティング。

2016030801 (5)

さらに、既設の配線を利用してコネクターで接続していく。

2016030801 (4)

テールランプは敢えてLEDを使わない。昔からの温かみのあるバルブタイプがいい。
そして、小さめの円形のタイプがなかなかいい。
すっきりまとまっていい感じにセット完了。
自己満足~
おまけで、フェンダーがなくても背中に泥がまくりあがらなくなって、マル。

トレーニング 木曽川中流域

2016030701 (1)

波乗りできるからだつくりのためにランニング。
そんなランニングのモチベーションを保つためにマラソン大会に出場する。

1週間後に控えたナゴヤマラソンのために足腰の確認を兼ねてトレーニングへ。
雨が降り出しそうだが、犬山市から扶桑町に向けて木曽川の左岸側をランニング。

2016030701 (2)

グラウンド、公園、テニスコートといろいろな公共施設が並んでおり、ウォーキングしている人がいっぱい。
地元にもこんな場所ができるといいなあ~

当日は天気が良さげだが、この日のように暖かい日ならいいのだが。
この1週間は、爆弾を抱えた膝の調整にいそしもう~

favorite FLY

2016030601 (2)

最近は叩き釣りをするときは、このFLYに頼ることが多い。
視認性が良くて、沈まないことが条件。
さらに釣れることが最大のポイント。
でも、最盛期にしか活躍しないのだが・・・・3月の蒲田川では使わないけど・・・・

特にアンブレラフックはフッキング率が高いようにも思える。ほんとか~

2016030601 (3)

エルクヘアーやデアーヘアーは、脂分、太さ、柔らかさにこだわりたい。

2016030601 (1)

定番のエアロドライウイングはピンクとしたい。
そして、買ったばかりの巻き癖を取るため、スプールに保管し直す。
巻き癖があるとポストとして使えない部分があるからだ。

2016030603.jpg

解禁前はコンタクトレンズのメンテナンスのために必ず視力チェックをして、新品に交換することを恒例にしている。
しかし、近視が進むと同時に老眼が進行しているのか、水面に浮いたFLYが見えないばかりだけでなく、フックのアイにティペットが通らないと老化が進んでいる。
そのコンタクトレンズで矯正した視力が、0.2とまさかの低視力。
これでは釣りはできないし、運転もできない。
通常の生活や仕事に使い易い状態でコンタクトレンズを矯正し、メガネで視力を補助することでカバーしたい。
そこで、いろいろな条件を考慮して2つのメガネを大人買い。
これで、当分快適に釣りができそう。
次回はTALEXのクリップオンタイプを追加で用意しようと思う。出来れば、フレームに合わせてワンオフで作って、さらに軽いやつにしょう~ちょっと贅沢か・・・

解禁 2016 蒲田川

2016030502 (9)

久々にRODに伝わる感触を楽しんできた。
でもでも、きびしかった~

2016030502 (8)

あまりにも天気が良すぎで、午前中に至っては無風状態。
これまでの経験からすると、まずこんな日はダメ。
少々、荒れていた方がハッチが出るのだが・・・。

2016030501 (3)

2016030501 (2)

2016030502 (3)

今回は一度は体験してみたかった極寒?での車中泊。
この日は比較的暖かったが‐5℃までは下がっただろうか。
シュラフの3枚重ね、波乗りで使うポリタンク(湯たんぽ)、ウインドには保温用のシートと考えられる防寒を施した。
特によかったのが湯たんぽだろうか、快適に睡眠がとれたが、深夜に現着するため、凍結路面が怖いのが難点。
でも、前日に現地入りすることで、朝早起きすることによる体の疲れが少ないのがありがたい。

2016030502 (5)
2016030502 (6)

さて、朝はゆっくりスタート。
水温14℃と少々高め、例年に比べてドロドロの藻は少ない。

2016030502 (7)

しかーし、午前中はハッチもなければ、魚影も見ない。
もちろん、アタックさえない。
どうなっての~
遡行に関しては雪が少ないので、ありがたいのだが・・・・

2016030502 (10)
2016030502 (12)

[広告] VPS


昼からは何とか数本釣り上げるも、一部魚影の濃い場所に当たったからだろか。
なんとかボ・は避けられらたが。
ハッチがないので、ストマックはコカゲロのアダルトは入っていなかった。
どちらかというと、小型のものかシャック系だろうか。

2016030502 (13)


2016030502 (1)



小型だが、ヤマメも追加した。
釣果は恵まれていないが、2016の初めに魚の顔を拝めてだけでも良しとしなければ。
帰りはケイちゃんを食ってから帰還。
少し食べ過ぎてしまった。もう少し味が薄い方がいいのだが・・・辛い。

2016030401.jpg

今回は深夜に現地に向かったため、いつものおばちゃんのところで年券が購入できなかった。
道中のコンビニで購入。

そこで、すでに年券の購入者の名簿を見ると懐かしい名前が・・・
なんと今年78?79?才のYさんが来ているのだ。
昔、NZでお世話になったが今でも川に立っていることが素晴らしい。
いつまで釣りができるのだろうかと言っている自分が恥ずかしい。
出来れば、爺になってもアクティブに遊びたいものだ!
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。