FC2ブログ

ルミノックス ラバーベルト



ルミノックスのラバーベルトが切れてしまって、修理の依頼が。
確か購入したのは、1年半まえだったような~

毎日のように使っていると、短期間に切れてしまうのだろうか。
どれほど耐久性があるかわからないが、とりあえず暫定的にレザーで修復してみる。
意外にもラバーより丈夫だったりして・・・
スポンサーサイト



街で見かけた旧車 W124 ワゴン



すでに18年前になるだろうか。
旧車を購入するときに候補に挙がっていたW124だが、現在所有のW123が現れなかったら、明らかにシルバーのW124にしていたと思う。
当時でも価格がこなれて来て、使い勝手のいいW124は憧れな存在だった。

2016022802.jpg

この個体は隙がないぐらい綺麗なバディ。
ちょっと羨まし~い。
そろそろ街でみることもなくなってきた、大切に乗ってもらいたい。

W123 ドアロックバキュームアクチュエーター0008006975



このアクチュエーターはW123の ドアロックバキューム。
メンテナンスの定番的なウイークポイントとして有名。
メルセデスを乗り始めて、エンジンが止まらない事件が起きたのも、アクチュエーターのゴムに亀裂が入って大慌てしたことを思い出す。
あるとき、何気なくいつもお世話になってるSPさんに問い合わせると、すでに廃版になっているとのこと。
それからアクチュエーターが壊れたらどうしようと思っていたが、偶然にも手に入ることが分かった。
ありがたい~
さっそく、予備として購入した。
さらに最後に購入した時は1万円弱だったが、今回はその半分程度、ありがたい。
これからも乗り続けるためには、いろいろな部品を予備として用意していく時期に来ているのだろうか。
とりあえず、懸案だった部品供給ができたことに、マル!

グラストラッカー 燃調 2

2015121301 (3)


燃調の後日談として記述しておきたい。
プラグの焼けについて疑問が残ったが、一晩寝てから考察するに気温が下がった夜半に走行したことで、空気が圧縮されてガソリンとの比が変わり、ジェット交換前のプラグの焼けに違いがあったと思われる。

これから、春になるにつれて暖かくなるのなら、このままで調子を見てもいいのでは・・・


2016011301 (1)

さて、4月からのバイクのルールが改正になるそうで
「道路運送車両法施行規則の一部を改正する省令等の制定」とかなんとか~
内容はナンバープレートをむやみに改造しないこと。
しかし、身内のバイクはほとんどナンバーが縦付や湾曲してあるので、捕まるんでしょうか~
どちらにしてもちゃんと対策しておかなければならないでしょう。
さあ、かっこよくナンバープレートを設置するにはどうしたものか。

グラストラッカー 燃調

2016022501 (4)

スパートラップに交換してから時間が経ってしまったが、燃調が合っていない。
アフターファイアーを少しだけ起こして、明らかにガソリンが薄いと思われる。

2016022501 (1)

まずは、しっかり乗り込んだ後のプラグを確認してみるも、意外にもいい色している。
でも、スロージェットとメインジェットをそれぞれ交換してみたい。

2016022501 (2)

2016022501 (3)

キャブは前後のインシュレータを外して若干横に向ける。
ドレンの受けを外すとフロートが見えてくる。

2016022501 (5)

スロージェットは 25→27.5
メインジェットは購入したセットの中で一番小さいが 57.5→120に交換してみる。
ただ、通常メインジェットをいきなり倍の大きさに交換したことがない。こんなセッティングはあるのだろか。

2016022501 (6)

2016022501 (7)

乗る時間がなくて、2月の寒い夜に試乗会。
しっかりエンジンを回してからプラグを確認するも、想像していなかったプラグの色。
何と交換する前より白い????
ジェット類を上げて、ガソリンを濃くしたつもりが、プラグの焼け具合が反対の色とは・・・
だから、燃調は難しい~

とりあえず、アフターファイヤーはなくなり、下から上までしっかりと吹き上がってくれる。
すこし、オーナーさんに調子を見てもらおう~

ボトル



身内からの誕生プレゼントにスタンレーのボトルをもらった。
毎日何杯もコーヒーを飲むだけにありがたい~

実用的で丈夫そう、たぶん自ら買おうとすると高くて手が出ない。
日常的に使うものだからこそ、いいものがほしい。
ちなみになかなか冷めないので、長距離運転のお供にいいかもしれない。
ボロボロになるまで使い倒してやる!

雪山 今シーズン2回目

2016022301 (8)

波乗りのトレーニングのためSKIへ行ってきた。
ところが、積雪が少ないのに前日の雨で、地肌が出てしまっている。

それでもなんとか人工雪で2面だけは滑ることができる。
ありがた~い。

2016022303.jpg

この日はヒビノスポーツが主催するHEADのSKI板の試乗会が開催されていた。
いい機会なので、何本か試乗することに。
結局、レサー用の矢印の板がしっくりきた。
つまり従来型のキャンバータイプで自分の体験してきた板に近いからだ。

2016022304.jpg

さらに今の進化系としてロッカータイプの板に挑戦。
これがなかなかいい。
どうも、SL用をチョイスしたのもあるが、回転の入りがいいようだ。
その板は12万円もするそうで、そこまで真剣になれないだけに、買うことはないかもしれない。
でも、次の板はHEADにしようと思う。

2016022301 (2)

さらに自転車タイプのスノースクート。
初の体験だったが、いきなり滑ることができた。
どちらかというと、期待通りの扱いやすさ。
しかし、持ち運びに大きな車がいるのが難点かも・・・

ここで相棒の滑りを

[広告] VPS


2016022301 (3)

帰りは釣りシーズンでもお世話になっているしみずの湯へ。
さらっとした匂いのない泉質で特徴がないお湯だが、さっぱりさせてもらった。
この日は男性風呂が大きい露天風呂側でラッキーだった。

2016022301 (5)

さらにお決まりのケイちゃん、トンちゃんの店でたらふく食べて、帰宅。
しっかりと滑りこんで充分足腰のトレーニングができて、充実した日だった。マル。

番外編 ダイハツローダウン

2016022201 (2)

先日、テスターを借りに行った時のこと。
友人Kさんの新車ハイゼットのローダウン作業に出くわした。
作業内容は純正のショックアブソーバーを社外品に交換していくこと。
こちらにしてみれば、あまりやらない作業だけに興味津々。

2016022201 (1)

2016022201 (3)

フロントはサスペンションと一体になっているためコンプレッサーで手際よく作業していく。

2016022201 (5)

2016022201 (4)

リアの作業に至ってはもっと加速して済ませてしまった。
エッ?こんなに気軽にできてしまうのか。
Kさんの実力に感心してしまった。

こちらのメルセデスのショックアブソーバーもそろそろ交換の時期に来ている。
快適な乗り心地のためにすこしリフレッシュを検討したいところだ。

草刈り機

2016022001 (1)

いつもお世話になっている草刈り機のエンジンがかからない!
購入してから一度もメンテナンスしていない。

バイクの経験を生かして、キャブを分解していくが、内部はとてもきれいな状態。
混合ガソリンだけに詰まっているかと思ったがはずれ。

2016022001 (3)

プラグの火花も確認したり、エアクリを掃除してみたり、やることはやった。
あとは、タンクからガソリンが供給されていないのかも・・・
よくよく調べてみると、半円の樹脂製のポンプがあることが分かった。
この球体を指で押してやるとガソリンを送り込むことができるそうな。
すると一発で始動~
勉強になった!

2016022001 (4)

ついでに刃の回転軸にモリブデングリスをたっぷり押し込んでいく。
今回からタンクとキャブの中のガソリンを抜いて保管していこう~

江戸 2日目

2016022002 (7)

2016022002 (3)

さて2日目は朝食を取らずに築地へ。
朝のラッシュアワーでもみくちゃにされて、テンションが下がり気味。
でも、市場は活気にあふれていた。
一般の客も場内に入ることができて、とても刺激的な風景だった。

2016022002 (5)

特にスターウオーズに出てくるような電気カートが狭い通路を縦横無尽に走っており、人と物の流れが激しかった。
新鮮な魚などを買うこともできないので、ここは食すことで。

2016022002 (4)

どの店に入っても新鮮だろうが、前もって調べておいた「又こい家」でマグロの刺身を食してみた。
価格はリーズナブルでとてもおいしゅういただけた。
これなら宣伝してもいいかも・・・
ちなみに有名どころは平日にもかかわらず、ならんでいたので、少し時間帯を考えたほうがいいかもしれない。

また、今回の移動は地下鉄がメインだったが、この1日フリーキップがいい。
特に600円と1000円を選んで乗り放題。
運賃を気にせず、いろんな場所に行ってみたくなるので、ありがたい。

2016022002 (6)

2016022002 (1)

この日は有名どころの店にいくつか来店し、その1つに写真の青いボトルのお店にいってみた。
雰囲気があって若い女性もたくさんいたが、残念なことがあったので次はないかも・・・

その後、新宿などで目的の店が休みだったので、宿題を残してきたが、最後は東京駅で仙台の牛タンを食すことができて、大満足。

2016022002 (2)

新幹線のぞみの中では、コンセントがあってスマホが充電できるのがありがたい。
ていうか、どんなけ今の新幹線に乗ってないのか・・・はずかしい。
たぶん、見ていなかっただけだと思うが・・・・

と、遊んでばかりいたように思えるが、実はしっかり仕事を済ませてきた。
とても充実した時間を過ごせたので、マル!

ABS警告

2016021901 (3)

少し前からABSの警告が点灯してディーラの簡易な診断を受けたが、不具合を確定できなかった。
そのままクルマを預けるのではなく自ら作業してみたい。
チャレンジしてダメだったら、プロ(電装屋)に任せることにしよう。

さて、まずはABSセンサーをチャックしていく。

2016021901 (4)

2016021901 (9)

ホイールを外すのだが、なんとナットがユルユル~
このナットは緩みやすいのだろうか、しっかりとしたトルク管理が必要な気がする。

2016021901 (5)

2016021901 (6)


初めに、簡単にチェックできるセンサーの先端を見てみたい。
パットの粉などのごみが付いて、反応してないかもしれないからだ。
でも、留めているボルトを外してもセンサーが抜けない。
ここで無理をすると、壊してしまいそうなので、別の方法(電気的)でチェックを。

2016021901 (8)

2016021901 (7)

ところが、テスターでチェックしたいソケットを外したいのだが、そのソケットを固定してるボルトが外れない。
工具が足りない〜

2016021901 (1)

2016021901 (2)

もう1か所、不具合の可能性のあるモーターリレーの場所を確認。
引っこ抜くのに力が入りそうなので、無理をしたくない。
今後のチェックで必要になたら交換もあり得るかも・・・

なかなか作業が進まないが、前からほしいと思っていた工具を買い、準備が整ってから再開したい。

いざ江戸へ

2016021501 (5)

この時期は、釣りや波乗りに行かないので、仕事ついでに少しだけ都会を満喫。
まずは、日頃乗らないのぞみから富士山を眺める。
この時までは天気が良かったのだが・・・

まずは上野のアメ横、さらに渋谷や表参道で買い物を。
電車での移動の為、荷物になる買い物はNG。
ほしいものを見つけて買い物ができないなんて、ストレスが溜まる~

ランチは渋谷ヒカリエの「まい泉」でとんかつを食くす。
さくさくしてなかなか美味。
次回もありな食事処になりそうだ。

2016021501 (4)

ベタベタの観光地だが、浅草は移動の途中にあったので、ついでに寄ってみた。
でもでも雨模様で残念な天気。
朝の青天はなんだったのか。


2016021501 (1)

その後、本日の最終目的地の東京スカイツリーへ。
いまだに登ったこともなかったのは、ごみごみした都会を避けてきたからだろうか。
ただ、いつかは訪れてみたいと思っていただけに、うれしい~

2016021501 (2)

まずはアサヒのDRYショップでビールでいっぷく。
なかなかここから眺めがおすすめ。

[広告] VPS


ツリーの展望台からは、隅田川が一望できた。
花火の時に上から眺めたらいいかもしれない。

2016021501 (3)

偶然にも宿泊したイースト21からはツリーが美しく浮かび上がっている。
この日は初物ばかりで、とても充実した日だった。マル。

街で見かけた旧車  500E



このオーバーフェンダーはW124 500E。
あのポルシェが監修した唯一のメルセデス。
最近久しく見なくなったが、すでに旧車の部類に入るのだろうか~

DOHC32バルブ5LのV8エンジンで、馬力330PSと最大トルク50kgmをたたき出すモンスター。
ここまで魅力のあるセダンはなく、できることなら一度は乗ってみたい一台。
ジジイになって、ワゴンがいらなくなったら探してみたい。

テスター

2016021401 (3)

久々にテスターが必要となったので、チェックしてみると作動しない。
チェックするTOOLをチェックするなんて、困ったものだ。

2016021401 (2)

2016021401 (4)

結局、分解してみるとヒューズがお亡くなりになっていた。
過電流が流れたことになるが、操作を誤ったか、テスター本体が調子悪いか?
電気に弱いだけに、操作ミスかも知れない。

そんなことで、
2016021401 (5)

トラブルが起きてもいいように近所のKさんに予備としてテスターをお借りしてきた。
なぜだか、自分のテスターがみすぼらしく見えてくる。

さあ、後日改めてABSセンサーの導通テストを行いたい。

伏見稲荷大社

2016021301 (2)

急遽、京都を訪問。
レトロな京都市役所を横目に見ながらチョコレート屋さんへ。
この市役所は昭和2年に半分が完成したようで、歴史的な建造物だそうな。
その年は自宅にある倉(ソーコ)と同じ年にできたもの。
そのソーコは朽ち果てて壊れそうだが、そろそろメンテンアスするか、それとも取り壊しするか…
市役所の建物とは価値が違う~

2016021301 (5)

ついでに本能寺の変~本能寺の変~と歌いながら、建物は大したことないので入り口だけを拝んで素通りしていく。

2016021301 (3)

この日の最大の目的は朱塗りされた鳥居が特徴の伏見稲荷へ。
全国の総本山だそうで、とても立派な稲荷。
そして、この後とても奥が深いことを知ることになる。

2016021301 (7)

しっかりとお参りして、鳥居をくぐりはじめる。
とても多い人にびっくり!
どこから湧いてきたのか、駅からは電車から降りくる人の波。
駐車場も確保されていて、敢えて車でアクセスした方がよかったと思う。

2016021301 (1)

見たかったのはこの光景~
しかし、5分ほどで厭きてしまった。
でもでも、これでもかと続く鳥居の数に圧倒された。
そして、稲荷山はとても深くて、時間切れ。

2016021301 (6)

途中、京都駅方面の眺望を楽しんで、リフレッシュした山登りができた。
最奥まで行けなかったので、残念だったが、またの機会に。
今度はライトアップした夜に来てみたいものだ。

ソファー 誕生祝い

2016021001 (1)

予定していた日より早く到着したため、意表を突かれ、あまりにも大きいに宅配にびっくり!
冷静に振り返ると、それは3.5人掛けのソファー。
ビックバイク1台分ぐらいあるだろうか~
ネットで購入すると自宅まで届けてくれるので、ありがたい。

2016021001 (2)

応接に運び込んだその時、グッと握った瞬間、パコっと穴が空いてしまった~
なんと、使用する前にブレイク!
自らの失態に涙が出てくる。
幸いなのか、裏面で見えない場所なので、よしとしなければ・・・・・

2016021001 (3)

座り心地は、予想どおり固めで深く沈むことはない。
渋いオリーブ色を含めて、望んでいたシートの仕様に満足!
日頃頑張っている自分に誕生祝いとして購入して良かった。
当分お世話になります~

トレーニング 木曽川

2016020901 (2)

花粉症の季節が始まりだして外に出ることが億劫になりそうだが、そろそろ走れる体を作っていかなければ、マラソン大会で完走できない。
少し時間ができたので、木曽川沿いのランニングコースへ。

2016020901 (3)

久々に訪れたら、トイレが新しく改築されていた。
いいコースと休憩所として充実した施設に感謝したい。

2016020901 (4)

ランニングは調整のため、少なめの10Km弱程度。
そして、風景は御嶽山とその噴火している煙がくっきりと見え、手前には国定公園の木曽川と眺望がいい。
とても、リフレッシュできて、マル!

エンジンオイル交換 ABS警告灯



トヨタのクルマは、どの整備工場でもオイル交換を依頼出来るのがいい。
依頼すれば、廃油の処理などのめんどな手間がない。
これからもお世話になります。

でも、自ら作業することで、見えてくるものもある。
次回は時間を作って、やってみよう。

最近の悩みは、ABS警告灯が点灯したこと。
悩んでディーラーに診断をお願いしたところ、①ABSセンサーが4輪ともダメ②ABSモーターリレーの不具合
ただし、簡易な診断だそうで、故障箇所が確定できないそうな。

つまり、古い車で手におえないので、専門の電装屋に出すとのこと。
ん~悩ましい。
とりあえず、ABSモーターリレーだけでも交換することも考えられるが、少し勉強してからにしてみよう。




紙の月



毎度のことながら、映画を見る前に本が読みたい。
読むことにより、映画が楽しみになる。

角田光代氏には申し訳ないが、結末がパッとしない。
不完全燃焼って感じ、まさか、続編があるのだろうか~
映画では、どんな風に物語を終えているのだろうか。
最後に現れた人物はだれなのか。
あ~すっきりしない。

大切なドライバー

2016020201 (1)



大したことじゃないと思うが、長年気に入って使っていたドライバーがブレイクしてしまった。
結構、ショッキング~

2016020201 (2)


ドライバーの役割より、少しだけひっかけるために多用してきた。
ドライバーとして小型で長いタイプなので、工具屋でもなかなか見つけることができない。
形あるものは、壊れる。
さて、どこで調達しようか、ネットで検索してみるか~

番外編 AUDI 8EALT エアバック不具合 その3

ずいぶん前にABSの警告灯が点灯していたことがあり、ソケットの接続部が悪いと判断して、純正のソケットから自作の接続に変更していた。
ところが、一時は点灯せずに不具合が解消されたと思っていたが、最近再度点灯するようになっていた。
不本意だが、助手席のサイドエアバックのみを殺してしまうことになるが、正常に電流がつながっているといる勘違いさせて、警告を点灯させないこととする。

2016020101 (4)

よくシートを交換する人が使う技だそうだが、エアバックを全交換するよりはコストの面でやむを得ない。
前回のブログで書き込みしたが、自ら抵抗をハンダ付けで繋げて、チャレンジしようとした。しかし、発熱して車内で火災を起こしてもいけなので、ここは対応品(ABSキャンセラー)を購入。

2016020101 (1)

まずはシートレールの4点を外していく。

ここで注意したいのが、バッテリーを外してから、10分以上放置が必要とのこと。
たぶん、電気が蓄電されていると、エアバックが爆ぜるのではないか。
静電気でさえ、注意した方がいいらしい。
特に冬の乾燥している時期はやばいらしい~
どきどき・・・・

2016020101 (3)


シートを傾けると生活感のあるゴミがいっぱい。
できれば、たまには掃除機を掛けてもらいたいものだ~

2016020101 (2)

過去に付けたソケットを確認していくも、接点の不具合はなさげ。
やはり、ABS本体の不具合だろうか。
たぶん、助手席はシートを前後にずらしたりと、余分な負荷がかかっているからだろうか。

2016020101 (5)

2016020101 (6)


簡単に接続部を加工して設置。

コンピュータによるリセットは素人には出来なので、いつもお世話になっているディーラーさんに依頼することとしたい。
これで、点灯ランプが消えて、ほかのABSは機能してくれることを思えば、いい選択だと思う。マル。
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示