FC2ブログ

番外編 AUDI 8EALT エアバック不具合 その1

2015123101 (1)

また、エアバックのエラー表示が点灯。
前回は、助手席のサイドエアバックに不具合があり、コネクタターを交換して修理を行った。

再度、症状が出てしまったので、今回は他の方法で。
それは、シートを交換する場合によく使う方法で、電気的にキャンセルさせることで、電流が流れていることを認識させるもの。

既製品を買うのもなんなので、自作でチャレンジ。
まずは、抵抗を購入するためにナゴヤの大須へ。
この店、なかなか親切に初心者にも教えてくれた。ありがたい。

2015123101 (2)

キャンセルに使う規定値は、

1W2.5Ω

ここで、2.5Ωの製品はないので、直列で2.2Ωと0.1Ωを3つを繋いでいく。
W数は直列につないでも変わらない。

次回は慣れない半田ごてで電気の工作をしますか!
スポンサーサイト

レザークラフト カーキー編



BUSのキーが壊れてしまったので、スペアーキーをレザーでデコる。
車台番号を焼き付けて他車と間違えないように~

今まで使っていたスナップオンのキーがヒガむかも~

レザークラフト 筆箱編

2015122901 (1)

すでに実績のある筆箱に作成依頼が入る。
今回はB級品のレザーのためか、少しだけ肌触りが違う。

2015122901 (2)

そのためしっかりとクリームをレザーに塗布していく。
さらにコバ磨きも・・・

2015122901 (3)

留め紐は鹿皮を使う。
色が変わるまで、長いお友に~どうぞ。

オーディオ交換 その2

2015122801 (3)

年末の最終日、仕事の予定が入らなかったので、有給休暇を。
ところが、朝5時半に波情報を見ると、いつものポイントがなんと10点!
前回から波のない日が続いている。
果たして年内に波乗りを納めることができるのだろうか~

そんなことで、急に時間ができたので、自宅の年末大掃除と日頃の溜まった作業を処理しておく。

2015122801 (1)

過去に高音が割れていたので、純正のスピーカーを交換した経緯がある。
ところが、スピーカーを交換しても症状が改善されなかったが、今回オーディオを交換したことで、高音域まできれいな音が出るようになった。
意外な副産物~

2015122801 (2)

先日の料金所で起きた事件を2度とおこさないようETCの不具合を修理しておく。

2015122801 (4)

くっちゃくっちゃの配線の中から、ETCの電源を探し出し、再接続しておく。
やはり、オーディオの交換時にETCの電源を確認せずに放置していたようす。
これで、任務完了!

ついでに、SLK230のアンテナが手に入ったので、交換作業に入るが、部品が足りないことが分かったので、後日改めてブログアップしたい。

竹島



今、人気の竹島水族館。
魚好きにはたまらない場所。しかも、魚の名前を覚えるつもりなら、ありかも知れない。

201512262246515ab.jpeg

201512262246135ce.jpeg

さらに竹島に渡って、八百富神社へお参りに。
結構、マニアックなパワースポット。

たまには、のんびり観光もいいかも・・・

ポタリング

2015122501 (1)


クリスマスを前に街に買い物へ。
パーク&ライドならぬ、現地まで車で行って街中はケッタで。

2015122501 (2)

とにかく、いろんな場所へ移動するにもフットワークがいい。
短時間で効率的に用事も買い物も済ませることができる。
さらに気持ちいい~

花粉症の時期以外は使っていこう~

オーディオ交換

2015122401 (1)

すでに16年目を迎えるオーディオを交換することに。
今は亡きMDや10枚のCDが入ったチャンジャーを有したオーディオは、最近ラジオのみを使っていた。
故障はしていないのだが、IPONEとUSBで繋ぐことができないので、不便で仕方がない。

そこで、BUSとおなじ使い勝手ができるCARROZZERIAのCDとラジオの機能を持ったオーディオをチョイス。
実は、ラジオだけでも良かったのだが、たまたま安売りを見つけたので、ここは思い切って購入。

2015122401 (2)

既設のオーディオの配線をチェックしていく。
特にアンテナ系の配線には注意をはらいたい。
パワーアンテナやブースターへの電源を確保しなくてはならない。

2015122401 (4)
2015122401 (3)

リアトランクのチェンジャーまでの配線は内装をめくって、撤去していく。

2015122401 (5)

概ねセットして、音が出ることを確認して、外しておいたバッテリーを繋ぎ、本体を枠内に設置するとヒューズが飛んでしまった。
前にもやらかしたことがあったが、配線を触っただけでヒューズが飛んでしまう理屈が分からない。
とりあえず、手持ちのヒューズに交換して、本体を設置してから、バッテリーを再接続。

2015122401 (6)

バタバタしたが、比較的簡単に交換完了。
予想どおり、スマホの音楽や動画を見ることもできるし、カーナビの機能も使うことができて、快適なドライブができるようになった。

手元にSLK230のアンテナが手に入ったので、次回はアンテナ交換に挑戦しようと思う。

後日談だが、久しぶりに高速道路にメルセデスを持ち出して、クルージング。
しかーし、料金所でETCトラブル!なんと、バーが開かない~やらかした〜
たぶん、オーディオを交換した時にETCの電源を触ってしまったようなので、改めて修理したい。
仕事増やすなあ~

APE2号 キャブセッティング

2015122301 (1)

真冬に向けて、キャブのセッティングを変更しておく。
特に氷点下で乗ることはないだろうが、3月上旬までは低い気温に合わせて、メインジェットを♯135で行こうと思う。

2015122301 (2)
2015122301 (3)

久しぶりに隣町まで、試乗してきた。
とても、セッティングが良かったようで、いい感じで吹き上がっていく。
次回はプチツーリングに行きたい~

電気な季節

2015122104 (1)

最近、電気関係の不具合があったり、充実させたりと何かとビリビリした話題が多い。
先日の海からの帰りに道具屋さんで工具を購入。
少し前に近所のアストロプロダクツは閉店してしまったので、久しぶり~

2015122105.jpg
2015122104 (2)

バイクやクルマのメンテナンスに大切な道具としてライトは欠かせない。
特に夜間の作業にはハンディライトが役に立つ。
コード付きの蛍光灯タイプはすでに販売していないとのことで、電池や充電式によるライトしか販売していない。
そこで、比較的安い電池タイプを試しに使ってみることに。
それにしても意外に明るくて使い易いかも~


2015122104 (6)
2015122102 (6)

次にハンディライトと併用して使っている灯光器のバルブが飛んでしまったので、500Wのバルブを交換。
コンセントの接続部を繋ぎ直して、断線を修理。
実はこの灯光器は約30年弱も使ってきたライト。
これからも働いてくれる。
ありがたい~

2015122104 (4)
2015122104 (5)

さらに150Wハロゲンライトも飛んでしまったので、バルブを交換。
このライトも横方向から作業場を照らしてくれる大事なライト。
灯光器より色の発色がいい。

2015122104 (3)

そして、天井の蛍光灯も逝っちゃっていた。

寒くなってきて、あちこちバルブが切れてしまうのだろうか~

2015122102 (2)
2015122102 (3)
2015122102 (5)

ラストは照明灯のスイッチのバネが飛んでしまっていた。

とにかく、電気の不具合が多すぎる。
挙句の果てに、灯光器を修理中に感電してビリビリと・・・
だから、電気は好きじゃない。

次回はメルセデスのオーディオ交換。
電気な季節はまだまだ続く。

番外編 AUDI 8EALT エンジン不調 最終日

2015121404 (1)

とうとう休日までつぶして最終作業。

クーラントを抜き取っていたので、下から落ちた分2L強を補充。
せっかくなので、G13の原液の約2倍に薄めて補充しておく。
これで、当分交換しなくてもいいかも。

2015121404 (2)

さて、ここからが大きな波乱が・・・
とりあえず、第1段階として最低限の部品を交換したのだが、まずはエンジンがかからない!
結局、FディーラーのAさんに確認すると、プラグのかぶりではないかと・・・。
まさか、今までの作業でかぶることがあるのか、さっぱりわからない。
無事の点火!さすが、プロはよくわかっている。

さらに、最初から心配していたイグニッションコイルの不具合が明らかになった。
4番目がきれいに爆発していないようで、安定しない。
そこで、Aさんからありがたいプレゼントが。
なんと、4本のイグニッションコイルを頂けるとのこと。
VW用なのですこし長さが違って、カバーより飛び出してしまうが、特に問題なし。
改めてFディーラーのA、Iさんにお礼を言いたい。

その後、ブローバイホースからのエアの吸い込みで不具合があったが、すったもんだして、なんとか修理完了。
久々に急いで作業したので、何かと、じたばたしてしまったが、基本的には簡単な作業。
でも、旧車と違って扱いにくいことだけは、たしか。
年式的に故障が多くなっていくだろうから、覚悟しないといけないかも~

いい経験をさせてもらった。
good jobにマル!


今シーズン終盤

2015121801 (5)

例年ならば12月末には、自らのシーズンを終えるのだが、こんなに温かいとまだまだ行けるのでは・・・
この日は朝から小雨が降り、曇りがち。

2015121801 (3)

この時期なると毎年、渥美半島には菜の花がいっぱい~

2015121801 (4)

いくら暖かくても、体を冷やしたくないので、フル装備で入水。

2015121801 (2)

12月は極めて波質が悪い。
この日もショボイ波だけど、しっかりと遊ばせてもらった。
でも、少し不完全燃焼、次回に期待したい。

1、2月に冬眠に入るとパドル筋が無くなってしまうかと心配になってしまう。
今月は時間さえできれば、海に行きたい。

2015121801 (7)

さて、最近は1DAYコンタクトレンズではなく、間違って買ってしまった2WEEKコンタクトを使用している。
テスト的に4週目に突入したレンズを使ってみたが、なんとまだまだ使用できる。
海に入るときだけの使用時間は短いからつかえたのだろうか、人にはお勧めできない。
5週目も使ってみようか~

番外編 AUDI 8EALT エンジン不調 3日目

2015121403 (1)

部品到着!
さっそく、作業開始するも夜の作業のため、たぶん1日ではできないでしょう。
毎度のことながら、夜の作業は時間がかかる。

2015121403 (2)

先日外したインテークの下にできるスペースをもう少し確保するためにラジエータのホースを外したい。
そこで、アンダーカバーを外してクーラントを下抜きしておく。
だいたい、2.2Lぐらい抜けただろうか。

2015121402 (4)
2015121403 (3)

ホースを外すことで、作業スペースができた。

2015121403 (5)

ブローバイチューブのクップを外し、チューブを抜くとカラーが見える。

2015121403 (6)

さあ、ここで問題が~
カラーに差し込む長さが違っている。
どうも、注文の部品番号の末尾が”E”と”H”が違ていたようだ。
たぶん、対策品だったのだろか。

2015121403 (7)

それからしばし悩んで、既設の長さまで、カットすることを決意。
新品をカットすることで、部品の返却ができないので、少々勇気がいるが、ここはイケイケで。

2015121403 (8)

幸い、カラーがぴったりとハマってくれたので、エア漏れはないでしょう。

2015121403 (9)

次にホースも交換していく。

2015121403 (10)

一緒にバルブも交換。

2015121403 (11)
2015121403 (12)

ガスケットの新旧を確認し、タペットカバーを念入りにクリーニングしていく。

2015121403 (13)

ここで、新調したトルクレンチを使用する。
10Nmでトルクスを中心部から外側に締めこんでいく。
ガスケットが変形しないように注意しながら・・・

2015121403 (14)

今晩の作業の締めは、プラグを4本とも設置して終了。
さあ、明日の朝は火入れしますか!

予備キー



車から離れて外で遊ぶ機会が多い。
特にサーフィン、釣りさらにトレキングと何時間も山、川や海をウロウロと。

これまでは、自作で車に隠しキーを縛り付けていたが、専用のマグネットタイプを購入。
基本は今までどおり、キーを持ち出すのだが、失くした時やインロック時に安心~  まる。

番外編 AUDI 8EALT エンジン不調 2日目

2015121402 (2)

さあ、昨晩からの続きを。

まだ部品が届いていないので、不具合の本丸を外すために周辺から攻めていく。
インテークマニホールドに刺さるセンサーを外す。

2015121402 (3)

センサーの先端が汚れているので、クリーニングしておく。

2015121402 (4)

写真に見えるラジエータホースとインテークの間からブローバイホースを抜き取るためのスペースを確保する。
実はこれだけの作業だが、ボルトの数は多くて、腰が痛くなる。
でも、後半ではさらに周辺部品を外さねばならないのだが・・・・

今晩はここまで。
この日までに部品の注文や工具の調達をしてきた。

準備する過程で、10Nmの締め付けを管理するトルクレンチを購入。
すでに持っているトルクレンチは、20Nm以上にしか使用できなかった。
恥ずかしい話、トルクレンチに種類があることさえ知らなかった。つまり、これまでにこんなに低いトルクを管理したことがないってこと。
タペットカバーの締め付けにはオイル漏れの防止のためトルクをしっかり管理していきたい。

番外編 AUDI 8EALT エンジン不調 1日目

2015121401 (1)

2015121401 (2)

15万キロ手前で、エンジンが不調。
たぶん、排気のセンサーかイグニッションあたりが悪いのでは~

いつものクルマ屋のAさんへ診断を依頼。
今のクルマは、診断機に掛けることで、すぐに故障個所が分かってしまうので、自らチェックせずに、ついついお願いしてしまう。
すこし、横着かも・・・

診断では、やはり点火系とブローバイの配管がダメみたい。
流れで見積もりもお願いするが、ここでAさんより悪魔のささやきが・・・
それは、自ら部品を購入して、自分で修理したらとの提案。
こちらが日ごろからメンテンナンスを自ら行っていること知っていて、簡単にできるじゃないの的な話。
そう誘われて、ワクワクしてしまった自分は、二つ返事で提案を受け取ってしまった。

ありがたく部品番号を教えてもらって、SPさんに即注文。

もともと、自分は旧車を修理するが、今どきのクルマは手が入らないので、触りたくない。
なるべく、プロに任せるのが得策と思っている。
でも、せっかくのおいしい宿題を頂いたので、勉強しながらスタート。

部品が届くまで、まずは下準備。

2015121401 (3)

プラグコードのソケットを4発とも外していくが、いきなり樹脂をブレイク!
やってしまった。すでにこのクルマも旧車扱いとしなくては!

2015121401 (4)

次にイグニッションコイルを外していく。
今回の不具合は、タペットのガスケットからエンジンオイルは漏れて、プラグホールがオイルでヒタヒタに浸かってしまい、コイルがオイルに犯されてしまった様子。
この段階では、コイルが逝っちゃてるか分からないので、他の部品を交換後に確認してから再注文とする。

2015121401 (5)

16mmのロングボックスでプラグを外す。

2015121401 (6)

このプラグが酷い~
いつ交換したものだろうか、どうも4番シリンダー(運転席側)が不発だった様子。

2015121401 (7)

次にブローバイホースが裂けているのが、確認できる。
でも、この部品を交換するのが、最大のハードルとは。
とりあえず、この日は確認だけ。
明日からの作業が大変になることも知らずに~。

2015121401 (8)

さらにエアフロの2次側のホースを外しておく。

2015121401 (10)

エアークリーナの1次側のダクトも外しておく。
作業の邪魔となる部品を外すことから・・・と、だから今のクルマは触りたくないんだよな~

2015121401 (9)

よくよく確認していくとエンジンのブロック側もオイルのにじみが酷い。
やっぱ、ガスケットの増し締めだけでは対処できない。

2015121401 (11)

さて、ここで慣れないトルクスを使って、タペットカバーを外してヘッド内とご対面。
カムなど金属類はとてもきれい。
定期的なオイル交換の賜物だろうか、〇!

2015121401 (12)

ガスケットを確認するも比較的いいようにも見えるが、劣化は目に見えないので、さっぱりと交換でしょう。
さて、サラリーマンは平日の夜だけの作業となるので、それほど進まない。
明日に作業を残して、この辺で・・・。

グラストラッカー マフラー交換2

2015121301 (1)

少し前にマフラーを交換して嫁入りしたばかりだったが、オーナーから自宅にあるスーパートラップに交換したいとの依頼があった。

このスーパートラップはAPE2号の前オーナーから譲ってもらSR400用。
少しだけ径が大きいので加工が必要だが、やってみよう~

2015121301 (7)

2015121301 (6)

まずは、必要な幅で厚さ1mmのアルミ版を切り取り、カラーを作成。
さらに微妙な調整はアルミテープで巻きつけていく。

2015121301 (4)

次にマフラーを固定するステーの長さをサンダーで切り取り、さらに万力でひねりを入れていく。

2015121301 (5)

ロンスイにしてあるので、ステーの角度が悪い。
リアブレーキのアームに当たってしまいそうなので、しっかり固定していく。

2015121301 (2)

エンジンをかけ、径を調整した接合部の排気の漏れがないかを確認していく。
チェックOK!

2015121301 (3)

長いスウイグアームとマフラーの長さのマッチングがいいかも~(オーナー談)

さて、燃調の調整は後日になりそうだが、とりあえず、当分の間乗ってみてほしい。
今度はナンバープレートの位置を変更しよう!

スタッドレスへ交換

2015120701 (3)

レジアスで雪道を走る予定はあるだろうか。
すでにブロックが硬くなって、グリップ力が劣っていると思われるが、今シーズンは履きつぶすつもりで行こうと思う。

ついでに他車のスタッドレスの空気圧もチェックしておく。
暖冬だけど3月の高原川は厳しいだろうなあ~

こちらもルームライトLED化

2015120701 (4)

メルセデス用に購入したバルブがなんとレジアスエースに適合。
2個バルブを購入したので、こちらも交換しておく。


2015120701 (1)

2015120701 (2)

でもでも、やってしまった。
基本中の基本だが、バッテリーを外さずに作業してしまい、ヒューズを飛ばしてしまった!
予備のヒューズを入れ替えて、反省~
やっぱり、にわか整備士はいつまでたっても成長しませんね。

ルームランプLED化

2015120702 (1)

個人的にはLEDライトの色が好きじゃない。
でも、停車時にルームライトをつけっぱなしにしても、バッテリーへの負担を最小限に抑えるために、LEDライトに変更してみる。

まったく、サイズを確認せずに購入したため、開けてびっくり。
さて、どうしたものか~

2015120702 (2)

接点となる銅板を無理やり曲げて、何とか設置。
当分の間、使ってみようと思う。

自然薯パーティ

2015120703 (7)

大学時代からの友人を誘って、自然薯料理でアウトドア。
しかも、友人の家族もそろってくれて、大勢で大騒ぎ~

2015120703 (5)

2015120703 (4)


まずは裏の畑で自然薯堀り、DIGDAG~
自然に生えているわけではないので、簡単にGET。

2015120703 (8)

皮をむき、最後はすり鉢とすりこ木で、限界までネバネバにしていく。

次に麦ごはんを準備していく。

2015120703 (9)

自宅の竹林からなるべく新しく太いやつをCUT。
なるべく、みずみずしい竹がいい~

2015120703 (6)

米と麦をブレンドし、水にしっかり漬けておく。
節を切り取った側にアルミホイールをかぶせて、ワイヤで締め付けておく。
そのまま、火の中へ投入~

2015120703 (2)

でもでも、昔話に花咲いて、火の管理を怠ったのがいけなかった。
なんと、焦げ焦げ~
やってしまった。

でも、新鮮な自然薯を麦ごはんにかけることで、これ以上ない組み合わせ。
トン汁も用意して、寒い日にぴったり。
美味しくいただきました。

2015120703 (1)

2015120704.jpg


さらに、友人からの差し入れのリンゴやパテもおいしゅうございました。
そして、死ぬほど辛いデスソースもいただきました。
中身がなくなった時に報告します。意外に速かったりして…

久々に古い友人と昔話をして、大好きな車談義をして。
友人の子供の話も聞かせてもらった。いろいろ、苦労するようね~

次回の予定もないけど、次に会う約束して・・・たのしかった!
今度は温泉でも行きますか~

ルーズヴェルトゲーム



少しミーハーだろうか、ずいぶん前にテレビでやってたヤツ。
テレビとは登場人物の設定が違うようだが、ほぼ一緒だろうか。
「下町ロケット」と同類の中小企業の奮闘記。

そのパターンは、池井戸潤の得意とするところだろうか~
すっきりできて、気持ち良く読ませてもらった。
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示