FC2ブログ

SURFTRIP 九州遠征 2日目



IMG_1886_convert_20150929215220.jpg


昨晩からの網代漁港で朝を迎える。
とても、気持ちい場所で、シーカヤックのキャンパーも定宿にしてるようだ。

IMG_1885_convert_20150929212717.jpg
IMG_1884_convert_20150929212641.jpg

さて、昨日ゲットしたアオリイカと砂タマゴ。
特に新鮮なイカたまらなくうまい!
この時期の新子サイズは、やわらかくて、甘くて、イカの刺身の中では右に出るものはいない。

IMG_1887_convert_20150929215308.jpg

次の目的地の出雲大社へ。
想像していたより、立派な神社。お参りの方法が違うよう。

IMGP9043.jpg


見たかったしめ縄は、やはりデカかった。
どうやって、運んで吊り上げるのだろうか。
人の力だけでは無理でしょう。

IMGP9046.jpg

ここでは外せない「3色そば」。
信州のそばに比べると少し香りが少ない。
新そばではないのだろうか。
つゆに付けるのではなく、かけて食べるタイプ。
どこで食べても、そばは美味しい~。

IMG_1891_convert_20150929212802.jpg

昼から大移動して、広島の原爆ドームへ。
兼ねてから、どうしても見ておきたかった場所。
最近では、終戦の記念を象徴する箇所として、気にしていたし、この日に合わせて、「永遠のO」を読んだばかりで、自分の中では、とても感慨深いものがある。

IMGP9057.jpg

特に資料館の展示物に感銘してしまった!

IMGP9068.jpg

そして、広島に来たら広島焼きのお好み焼きを食べないわけにはいかない。
そこで、駐車場のある少し有名な店 〇昌に行ったが、これが失敗だった。
通常ではありえないぐらい待たされてしまった。
たかがお好み焼きだが、ツウに言わせれば、されどお好み焼きだろうか~
確かにうまいのだが、あれだけ待たされてしまうと、げんなりしてしまう。
そこまで待たせるなら、もう少し工夫がほしい。
次回は、おいしく気軽に食べれる店を選択しよう。

さて、2日目も温泉に入って、予定していた漁港に移動。
この日もエギングをするつもりだったが、観光疲れで眠ってしまった。
まあ、おいしいイカを食べたことだし、良しとしますか~



スポンサーサイト



SURFTRIP 九州遠征 1日目

2015091901 (5)

1日目は、鳥取砂丘を目指す。
子供頃、行ったことはあるのだが、なんせ記憶があまりない。
改めて、砂丘に行ってみたい。

2015091901(7).jpg

と、その前に旅行ついでに身内を京都に送りつつ、バイクを運ぶ。
さらに自転車のパンク修理。
まあ、おやじの役割ってところで・・・

2015091901 (4)

2015091901 (6)

砂丘は風の影響を受けて切り立った丘になっていた。
たぶん、昔見た風景と変わっていないのかもしれない。
自然が作りなす形に感動~~

関西より以西はジオパークが多いことに気付く。
それにしても、夕方にもかかわらず、すごい人。

2015091901(8).jpg

夕食に予定していた定食屋は、営業時間外ということで断念したが、砂丘近くの食堂で、かに系どんぶり。
実は、海辺の食堂なのに感動する味じゃなかった。残念〜△

ついでに明日の朝食用に砂丘ゆで卵を購入した。

2015091901(10).jpg

その後は、検索しておいた網代漁港でエギング。
何とかアオリイカをゲット。
なぜか、北陸のアオリより足が短いのは、気のせいだろうか~
次の日は、朝からイカの刺身を食べることとしよう。

SURFTRIP 九州遠征 0日目

長いことブログアップを休んでいたが、PCに座ることもなく、仕事もせずに幸せな時間を~。

ずいぶん前から宮崎のサーフポイントへ行ってみたいと思っていた。
熊本のサーフ友達(本当は釣り友達)を頼って、宮崎のサーフポイントへ。

サーフボードを現地に運ぶにはいろいろと方法はあるが、運ぶ車を手に入れたこともあり、ここは奮起して自走していきたい。
自走していくことに不安があるが、帰りは宮崎フェリーで帰ってくることで、最小限の力で最大限に楽しむ。

これから9日間の遠征の備忘録を記していく。
初めに、旅の途中で知り合った延岡のサーファーのライディングをちょっとだけ・・・

[広告] VPS

レザークラフト キーホルダー



海で波乗りするときは、車のキーを首から下げて入水する。
数年使い続けていたキーホルダーが壊れてしまった。

そこで、レザーで作成してみることに。
自分の分も作成したが、友人の分も作成して、インプレッションしてもらおう。

絶えず、水に浸かってしまうので、カビカビになってしまうかもしれないが、耐久性だけは折り紙つきだろう。
次回から試してみよう~

プチツーリング



少しだけ時間が取れてたので、APE2号、3号で、身内と近所の湖へ。
APE3号のライダーは初心者だが、来月には中型免許を取得するそうで、楽しみが増えた。
その時は、林道でライディング教室をしますか~

途中、段差でファンネルが飛んでしまう。
改造車はいろんな部品を落ちるので、注意したい。

秋のツーリングに向けてキャブ調整をしなくては・・・・

台風とにらめっこしながら

2015091201 (2)

台風が去ったあとで、急激に波が落ちていく。
しかし、どうもまとまりのない波に四苦八苦しながらランディング。
ちょうど、満潮で迎えた早朝はまあまあのセットが入っていたが、後半はまったくダメ。

この日も前日から現地入りして、早朝の波を。
起きた6時半には、すでに満タンのクルマと、殺気立ったサーファーが入水している。
このポイントのいいところは、駐車場のキャパが決まっているので、これ以上人が増えないこと。
そして、初心者にもやさしいこと。

2015091201 (3)

前々回に一緒に来ていた相棒はファンボードでトライ。
とても、遊び易かったそうで、まずまずだった様子。
ずっと、家に眠っているボードだっただけに使ってもらえるとありがたい。

2015091201 (1)

3時間ほど遊んでからは、ハマグリタイム。
11時ごろが干潮とあって、久々にしっかり潮が引いてくれたので、潮干狩り。
家族分のハマグリをゲットした。

2015091201 (4)

こんな感じで、ボードの先端まで歩いてみたい~

XR250 ME06 キャブ その2

2015091101 (2)

2015091101 (1)

とてもお粗末な結論に。
ずいぶんとアフターファイヤーに悩まされてきたが、とうとう結論が出る時がきた。

先週のキャブOHで、解消されなかったことで、次なる疑いは点火が遅いのではないかと・・・
ところが、基本に立ち返って、なんとなく排気系をチェック。
もともと、吸気も排気も煙を使って吸い込みや漏れがないかを確認していたが、全く問題がなかった。
この過信が無駄な作業を増やしていた。直にエキゾーストマニホールドのボルトはチェックすると、なんと、緩んでるじゃないの!!!!
まったく、不覚だった。
まさか締めこみが甘いなんて、油断し切っていた。

さっそく、増し締めして試乗すると、まったくパンパンと音がなくなった。
なぜか、うれしいのと悲しいのと思いが複雑な絡み合っている。
ここ、数か月俺は何をやっていたのか・・・


とりあえず、標準のパイロッドジェット40、メインジェット128に変更しなおし、燃料コックの不具合を解消したら、試乗大会に行こう。
昔から、エンデューロや林道へ一緒していたMさんともう一度走れそうだ!

イブニング用ライト



気づかないうちにライトを失くしてしまった。
そのライトは、とても良く働いてくれ、十分に減価償却できたので、惜しくない。
そして、現場での信頼性をかって、同じものを購入。

イブニング時や暗くなった帰り道に使用してきた。
いろいろ試してみると、従来のライトは暗かったり、使い勝手が悪ったりと不満を感じていたが、このパナソニックが一番いい。
特に小さいながらも、最小限の光量で充分な機能を有している。

初代は黒を使用していたが、紛失のリスクやポケットの中で見つけやすさなどから黄色をチョイス。
少しだけ、耐久性がないこと、ポケットの中で何かの拍子に点灯していることを除けば、不満はない。

他社でこれを上回る商品が出るまでは当分お世話になりそう。〇

New Weapon 廃油受け



ずいぶんとお世話になった廃油受けから卒業する。
受け皿の一部だけを掃除するだけで良かったし、廃油の処理も容易いので、便利だったが、蓋の止油ができない。
もう少し、直しながら使いたかったが、車庫がオイルまみれになるので、諦めようと思う。

そこで、新しい廃油受けを物色してみて、受る面が大きい物をチョイス。
特にATFを交換するときは、皿が大きい方がいい。

当分、この2世代目をしっかり使い込んでみたい。

聖地

2015090501 (3)

この日は、秋雨前線の晴れ間を縫ってのSURF.
ロングボードの聖地(勝手に命名)でランディング。

写真のポイントは、TAHARAPROのボディーボードの大会は行われていた。
プロの大会とあって、レベルが高い。

2015090501 (2)

写真では分かりにくいが、とにかくクルクル回っていた。
サーフと違って、見たことないテクニックがあるようだ。

2015090501 (1)

残念ながら、ギャラリーが少ない。

さて、自分が入水したポイントは、朝から波質が20点とあまりよくない。
ところが、入ってから気づいたが、見た目は悪いが選べばそこそこ遊ぶことができた。
たぶん、30点はあるだろうか。

でも、11時ごろの満潮時に潮の流れがなくなってからは、波にパワーがなくなり、ジエンド。
すこし、不完全燃焼だったが、肩が上がらないくらいパドリングしたので、良しとしよう。

来週は地元の行事があるので、行けないかな~

レザークラフト BICO

2015090501 (2)

BICOのネックレスを身内に譲ってしまったため、新たに自分用を購入したが、チェーンタイプが気に食わない。
やはり、チョーカーは革に限る。

2015090501 (1)

そこで、好きな長さに加工して・・・
本物のレザーチョーカーを購入するまでの繋ぎで。
しかし、BICOってこんなに高かったけ?

ME06 キャブOH

2015090101 (1)

ずいぶん前から、減速時に起こるアフターバーンに悩まされていた。
排気や吸気に余分な空気を吸っていないか確認するも、その不具合なし。

スロージェットを変更するも、改善されず。

そこで、本格的にキャブのOHに取りかかる。
先月から、キャブのOH月間はつづく~

まずは、シートとタンクを取り外す。
単気筒のバイクなら簡単に取り外したいところだが、XRは手間がかかる。

2015090101 (3)

キャブのアクセルワイヤーの張り具合を記録していく。

2015090101 (6)

細かい部品の取り外しにはマニュアルを確認しながらの作業。
特にゴム関係が残らないように。

2015090101 (5)

まずは、フローター関係を。

2015090101 (4)

次にジェット関係を。

2015090101 (7)

めったに外さないダイヤフラムも確認。

2015090101 (9)

パイロットスクリューもクリーニング対象。

2015090101 (8)

概ね、撤去して各部品をチェックしていく。
敢えて部品は交換しないことで・・・・

2015090101 (10)

ヤマハのブレーキクリーナーとエアコンプレッサーで汚れを取っていく。
特に気づいたのは、スロージェットの穴からの汚れが多かった。
つまり、スロー系の詰まりか~

ジェット類をクリーナーに漬けて、少しだけ放置しておく。
その間、Kさんのところへ。

2015090102.jpg

偶然に依頼を受けたスクーターのキャブをメンテンナンス中。
キャブの中は、コテコテに固まったガソリンが。
さすが、Kさんは難なく不動のバイクを復活させていた。
すこしだけ、近況報告と整備中のTW200eを試乗してもらった。

2015090101 (11)

さあ、自宅に戻って組み立て。

2015090101 (12)

取り外しとまったく逆の手順で取り付けていくが、相変わらずスペースがない。
レース用のバイクならもう少しメンテンアス性を良くしてもらいたいもの・・・

それから試乗すると、明らかにアフターバーンが少なくなった。
完全復活とは言い難いが、ずいぶんとよくなった。

自分の素人考察だが、改造してあるのはサイレンサーだけなので、スーパートラップが悪さをしているような気がする。
今度は林道ツーリングに出かけて確認RUNをしよう。

最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示