TW200 フロントタイヤ交換 ブレーキOH その2

2015072705 (19)

部品が届いたので、さっそく組み立て。
その前にまずは、キャリパーのOHから。

2015072705 (13)

2015072705 (14)


キャリパー内のピストンを外すのだが、通常はコンプレッサーのエアを使ってはじき出すのだが、ピストンがツインのため、少々難しい。そこで、リングプライヤを使って1つずつピストンを外してみる。
意外にこれがいける。
穴が開いたピストンにしか使えない技だが・・・

2015072705 (15)

さらにフルードをシールしているリング2種類2箇所を外しておく。
少し、ドキドキしていたが、そのまま再使用できるので、ひとまず安心する。

2015072705 (16)

ここからが大切なのだが、1200番耐水ペーパーで表面を磨いていく。
ここで適当に磨いておくと、後でやり直しが待っている。
なので、シビアに磨きをかけておく。
右がビフォー、左がアフター。

初めての経験だが、左右でピストンの大きさが違う。
たぶん、接地面積が違うことで、圧力が違うんでしょう。
つまり、ディスクにかかる力を計算していて、ピストンの大きさを決めているんでしょうか。

2015072705 (17)

キャリパー内はクリーナーとエアコンプレッサーでしっかりお掃除。

2015072705 (18)

その後、ブレーキラバーグリスで可動部にしっかり塗布して組み立ていく。

2015072705 (20)

あたらしい、ディスクを装着。
なんと、今回の部品はすべてアマゾンで購入。
まったく、アマゾンはなんでも売っていて、到着が早い!
ありがたい~

2015072705 (21)
2015072705 (22)

それぞれをフロントフォークに装着して完了。
後日、改めてフルード補充とエア抜きを実施したい。

さらにキャブOHが控えているので、まだまだつづく~
スポンサーサイト
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示