FC2ブログ

番外編 キャリアベース修理

IMGP27699 (1)

10年以上車の屋根キャリアをセットしたままなので、とうとう留め具が錆びてしまって、ネジ山がバカになってしまった。
外すこともできないので、グラインダーでカットしてしまう。

IMGP27699 (2)

ホームセンターで購入した6mmのマルカンボルトを必要なサイズにカットしていく。

IMGP27699 (3)

受け側はタップをきり直して・・・

IMGP27699 (4)

なんか美しくないが、修理完了。
これで、キャリアの延命措置が終了した。
物を大切にしたことで、マル。

2015022801.jpg

今日は日本で見れることはないかと思っていた
メルセデス・ベンツのの6輪駆動Gクラス「G 63 AMG 6×6」に出会ってしまった。
たぶん、8000万円ぐらいとか・・・
なんか、自分のイメージしているGクラスじゃないみたい~
スポンサーサイト



街で見かけた旧車



久々に発見!
たぶん、1990年モデルぐらいだろうか。
自分もゴルフⅡにお世話になっただけに感慨深い~
この個体は見た目、ほとんど純正に近い状態。
ワタナベ風仕様のアルミホイールが少し太いような気もするので、足回りはバタつくことはないのだろうか。
たぶん、強化してあるのだろう~

特にこの頃のトルコンは3速とあって、やかましいエンジン音にVWスピリットを感じてしまうのは自分だけだろうか。
少し、外観の手入れがされていないが、現役で走らせているということは、中身をしっかりメンテナンスしていると思われる。
これからも、頑張って乗りつづけてほしい。
ゴルフが一番輝いていた時代に万歳!

018e86c91c1253350a270b175426e4b28b1cf0a4cc.jpg

2週間前にガソリン単価が底をついたような。
安!
近年、ここまで下がったことがなかったような気がするが、できることなら内燃機関にずっと乗り続けたい自分は、いつまでガソリンが尽きることがなく、供給されることを願うばかり・・・・

クーラント交換

IMGP27726 (2)

メルセデスのラジエーターには、純正クーラントを!
と、ミスターベンツからの助言を守って、毎回純正品を取り寄せる。

IMGP27726 (1)

しっかりとエンジンの温度をMAXまで上げて、ラジエーターのアンダーパイプから古いクーラントを一気に抜き取り。
とても熱いので、ゴム手で火傷しないように。
それでも全量を交換をすることはできないが、近年はマメにインターバルを守って交換しているので、排出した量だけを新しくしている。

IMGP27726 (3)

ちなみに交換量は、4.8Lの排出に対して、クーラント原液2,4Lを倍に薄める計算で補充していく。
補充時は、暖房状態で回路内を循環させていく。

大した手間じゃないけど、ディーラーに持っていくと大げさな作業になってしまう。
自分で交換すると、循環系の健康診断ができて、とても有効な作業~
これからも、ラジエーターが脳梗塞にならないように定期的に交換していこう。
すっきりしたので、マル!

ウエーディングベルト ver.2

IMGP27691 (1)

初代のベルトを見本に改良版を作成。
実はいつもお世話になているフライマンにテストウオーカーになってもらうために・・・

IMGP27691 (2)

角は丁寧にアール状に包丁を入れていく。
ここが意外に難しい。

IMGP27691 (3)

ショルダー部の面トリを行い、コバ磨きのベースをつくる。

IMGP27691 (5)

最近は、見た目の仕上げに気を付けて、菱目打ちの精度を上げていく。

IMGP27691 (4)

それぞれのパーツを接着し、周囲の縫いと合わせていく。

IMGP27691 (6)

コバ磨きに充分な時間を費やし、完成!
今シーズンは、これを腰に巻いて、ガツガツ釣ってもらいたい。
たぶん、釣れるぞ~

実践フライ



アンブレラフックのパラタイプ。
なるべく、細身に仕上げて、ポストの視認性を上げる。
さらに釣り上がりに使用できるようハックルの量を確保する。
通常のフックサイズでいえば、♯18ぐらいにあたる。

すこし、シルエットが大き目になってしまったが、視力が低い自分にはこれくらいがちょうどいい。
特に天気の悪い日は、厚めのポストが有効になる。
もっとも、山岳渓流に使えるタイプになるだろう。

ライズのない場合は、偵察フェバリットフライとして活躍してくれるはず。
よし!

ウエーディングベルト 改良

IMGP27712 (1)

昨シーズンからウエーディング用に使っているベルトの長さが自分の腰回りに合わないので、少しだけ詰めることに。
そして、先端を収納する輪っかをオリジナルにする。

まずは、バックルを分解して適当な長さを見極め、必要な穴を開けていく。

IMGP27712 (2)

輪っかは、余ったレザーを用意して、簡単にホッチキを繋ぎとしていく。
まあ、自分が使用するだけなので、手を抜いていく。


IMGP27714 (1)

いままで、合わないサイズで不快なまま釣りをしていただけに、これですっきり~
先シーズンは、水につけたり、放り投げたり、ひっぱたりと、あえてハードに使ってみた。
特に使用期間が短い割には、いい色にエイジングが進んでいる。
そして、1シーズンのテスト釣行でベルト本体の改善箇所が分かってきた。

次回は2世代目を作製して、友人に使ってもらおう。
このベルトは腰痛の方には、ホールド感がよく、腰に馴染んで来るので、いい仕事してくれる。
おまけに給水用のボトルを腰からぶら下げても腹部に負担が掛からないのがいい。
完成度が上がってきたら、注文を受ける日も近い。

棚作成

IMGP27684 (1)

倉庫の整理のため、棚を作成することに。
日頃から日曜大工はやらない方だが、現場に合ったサイズの既製品はなかなかないので、しぶしぶ重い腰を上げた。

型枠用の合板を利用して、思いのサイズにカットしていく。

IMGP27684 (2)

電動のノコと穴あけドリルさらにドリルドライバーを駆使して、組み立てていく。
昔と比べて便利な工具が増えて、人力作業が少ないから、チョー短時間で出来上がっていく。簡単~

IMGP27684 (3)

さらに、材料をケチらずになるべく太い材料を利用して作成しただけに、重たい工具を載せても十分耐えられそう。
これで、少しは作業スペースが確保できるかも~マル。

今度は壁を利用した据え付けの棚を作成してみよう!

スクーターJOG再生 9 (最終章)

IMGP27687 (1)

やっとのことで復活!
あまりにも長い時間が掛かりすぎ~

この春から活躍してくれるだろう。
さて、ナンバープレートを登録しますか!

IMGP27687 (2)

でも、組み立て完了したが、鉄板ビス3個も余ってしまった~
まあ、よくあることですかね・・・

シロハラ対策

IMGP27679 (1)

シロハラコカゲロウやフタバコカゲロを意識してFLYを巻き巻き~
シロハラの方が少しだけ、体格が大きい。

できることなら、シロハラのハッチの方がいい。
というのも、自分の経験から1日の中で短い時間にスーパーハッチが起こり、魚が狂ったように捕食するタイミングに出会ったことが幾度かあるからだ。
だらだらとハッチが続くときは、比較的ダメなような気がする。
統計を取ってみたわけではないのだが、自分の経験からいい思い出だけが残っている。

2015020501.jpg

KTYのスプレーノズルを自作してフロータントの準備をする。
さあ、ガマタへ行きますか!

長財布 2つ折りタイプ(2個目) 2

2015020501 (1)

今回の財布は、誕生プレゼントに。

特にコバ磨きにこだわってみたい。
革が重なっている側面の凸凹を丁寧にヤスリで整えていく。

2015020501 (2)

さらに作業の中でも一番時間を掛けていく。
CMCを使っていながら、念入りにコバを磨いていく。
しっかり、革をグリスアップして完成!
たぶん、喜んでくれるでしょう~
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示