FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレッキング 時々 釣り



この日は数年に1度のハードな釣りに。
重たい体にムチ打って標高1000m以上で避暑を楽しむ。
朝方は、気温10℃台。
実はこの日多治見が39℃まで上がったと聞き、猛暑日に山に遊びに来ることができて、ちょっとうれしい。

IMGP26888.jpg

前日から乗り込んで車中泊で、1番乗りを目指す。

0112fb71b7e6d54543046f73f7b9316c18f72a77d3.jpg

登山者と一緒にスタートするが、おじさんおばさんばかりで、平均年齢が高すぎ~

IMGP26901.jpg

途中、山からの自然のクーラーが体を冷してくれる。
山から谷へガスが流れていく。
汗をかいて登ってきた甲斐がある。

IMGP26902.jpg

さて、朝8時半に現地に到着は少し早いような気がする。

IMGP26903.jpg

そして、まだ雪代が収まっていないのか、11℃と低い水温。
さらに水位が高い~
なんか、やな予感。
IMGP26908.jpg

約2時間半みっちり、まんべんなく攻めてみるが、1度としてアタックなし。
やばいぞ~やばいぞー。

IMGP26915.jpg

早々、釣りを諦め、恒例のそうめんタイム。
ここへ来ると何となく、登山者の気分。

IMGP26912.jpg

今年もわさびがたくさん自生していた。
今シーズンは、厳しい釣行が続いているが、こんな年もあるさ。

IMGP26920.jpg

少しだけ、プールで遊んだが、この時期ではイブニングがいいんでしょうが、前回闇討ちだったんで、今回は温泉に入ってゆっくり帰宅。

今回は35Lのバックパックにウエーダー、シューズ、ベストを背負って、軽装でトレッキング。
このスタイルが一番いい。
できることなら、ベストとバックパックが一緒になった装備がほしいところ。
スポンサーサイト

アイドル調整



エアコンコンプレッサーを交換してから、エンジンへの負荷が大きくなったのか、エアコン作動時にバックギアに入れるとエンジンが止まってしまう。もともと低めの回転数にセッティングしているためか、それとも噴射ポンプの能力がおちてきたからだろうか。

正規の750回転で再調整を行う。
メーター読みでのセッティングしているので、本来ではないかもしれないが・・・
ただし、エンジンの振動が少し多めになるのが、気になる。

本来、夏と冬の初めにアイドリングの調整をするべきかも~

最近のウェーディング事情?



人が履いているシューズが気になる。
長年履いていたチョータから卒業しようかと。
正直、雑誌も全く読まないためか、最近の新製品が分からないし、良し悪しも分からない。

昔は耐久性を気にしていたが、これからはソールの硬さと本体の軽さにこだわりたい。
さらに日本人にあった甲高の幅広ならなおいい~

番外編 VW バリアント エアコン フィルター交換



やっとで、交換に踏み切った。
ずいぶん前にエアコンの内のフレッシュ作業をしてから時間が経過してしまった。
パーツを手に入れていたが、あまり気にしていなかったので、忘れていたに近い。

梅雨時期もあって、やっぱり交換しなくては。

IMGP26846.jpg

純正とは、すこしフィルターの質が違う様子。

IMGP26845.jpg

前回しっかり掃除しておいたのに、すでにゴミが入り込んでいる。
やはり、早めのメンテナンスがいるってことです。

これで、梅雨も後半ではあるが、すっきりできる。
特に変な匂いがなくなって、効果のあるメンテナンス!

久々のサーフ



梅雨の合間に海に遊びに行く。
波は20点と低めだが、しっかり2時間半の入水に腕が上がらない。


途中雨のぱらつく天気だったが、実に気持ちい日。


016e1ed5ca848bfd75812fbb9cbe431d721bb9a023.jpg

写真は多くの車が見えるが、ハイシーズンにしては空いてる~。
連休に思い切ってきたかいがあった。
釣りにも行きたいし、忙しい~

台風後の釣り

IMGP26867.jpg


台風8号が過ぎたばかりで、軒並み県内の川は増水で釣りにならない。
最初に目指した地域の雨量は2日前に100mm以上降ったもよう~
やはり現地に到着するとフライを流すスジがない状態。
また、目的のポイントではテンカラ師がすでに入渓済みで、釣れてる雰囲気がない。

相方と話し合いの結果、もう1時間半北へ移動を決定!
昼からの方が水位が下がると予想していて午後1時から自宅を出たため、決断した時間は夕方の3時。
これから移動して2時間川に立てれば、御の字。




2つ目の目的の川は、なんと平水かもしくは若干渇水気味~
時期的に昼間はあまり活性が上がらない時期だけに、夕方5時前の入渓とあって、イブニングタイムに期待したい。

でも、実績あるプールでは反応が渋い。
1時間以上は2人でよってたかって叩いたが、完全無視された。

IMGP26852.jpg

ところが、プールの流れ込みや白泡では、正反対。
いいサイズが飛び出してくれる。

IMGP26858.jpg

この子にいたっては、プリップリのバディに超デカいヒレ。
ん~時間帯が遅いだけに複雑な気持ち。
まあ、楽しませてもらっているので、良しとしなければ・・・・・

IMGP26872.jpg

この背中を見るといつもお世話になりますって感じ。
そして、少ない釣り時間のために400KM近く走ってくれた相方に感謝。

最近、新しいTOOLをゲット。
IMGP26876.jpg

BUFFのHEADWEARは前から購入するつもりだった。
夏場のUVを遮断してネックの日焼けを防止してくれる。

IMGP26877.jpg
IMGP26878.jpg

さらにいろんな使い方ができて、虫も寄せ付けない。ほんとに寄せ付けないのだろうか?
どちらにしてもこの夏使い倒してみたい。
しかし、3800円+税はすこし高くない~

ミュシュランが好き



最近までスタッドレスタイヤのブリザックを履き続けてきた。
スタッドレスタイヤを夏用に装着しているのは、いけないと思っていたが、雨の日の下り坂でタイヤがロックする事件がおきた。
事故にはならなかったが、実に危ないことには間違いない。

IMGP26817.jpg

スタッドレスの残ったミゾは、いかにもあるように見えるが、氷上ではまったく効かないレベル。
思い切って処分すべし。見た目で判断してはいけない。

そこで、ストックしておいたミシュランのノーマルタイヤに交換。
やはり、タイヤの静寂性やグリップ力と高い能力を実感できる。
もっと早く交換しておくべきだった。

ただ、ブリザックの乗り心地も捨てがたいものはあるが・・・・

TOOL チェック!



今シーズンに入ってからフライラインを新調した。
実は、ストックしていた古いラインを使いまわしていたため、最近ラインを購入したことがなく、ニュー製品がまったくわからない。
さあ〜困った。

そこで、いつも閲覧しているフライマンのブログを参考にさせていただき、安い値段のラインを購入することに。
と、安物買いの銭失いになるかと思ったが、これがこれが十分使用に耐えられるレベル。
たぶん、こだわってしまうと満足できないかもしれないが、もともと無頓着な性格からかあまり気にならない。
釣果に影響するような違いが分からないので、インプレッションは〇。

これなら、浮力が落ちてきたときにすぐに交換することで、フレッシュなラインを早めに使うことできる。
高価なラインをボロボロになるまで、無理に使うことがなくなる。
当分はまりそう~

IMGP26812.jpg

ここでもう1点。
かねてから用意していたレザータイプのウエーディングベルト。
これがなかなかしっくりくる。
いままでは、シムスの純正を使用していたのだが、ベルトが細くてタラタラだったので、重たいボトルをぶら下げると、腰に食い込む感じが、たまらなくやな感じだったが、このベルトは太めでしっかりホールドしてくれるから、いい仕事してくれる。
たぶん、腰の弱い人にはもっともいい感じ~
テストを繰り返して、さらに改良してみたい。

エアコン メンテナンス 8



真空テストが成功したと仮定したい。
何度も接続部の増し締めや真空テストを繰り返し、数日間作業を行ってきたが、ゲージの針の動きに注意しておきたい。2,3時間程度では針はまったく動かないのだが、それ以上となると微妙に針が下がっているようにも見える。外気温のせいか?
果たして、これはどこかで漏れているのだろうか。もしかしたら、アナログ針の宿命なのか、心配は尽きない。
やることをやり尽くしたので、充填を進めることに。
ガスの補充は、規定通り1000gより少し少な目の825g程度の3缶と半分を補充するを予定。
オイル補充は必要なし。

今回は初めて昭和電工のガスを使用してみる。
ダイキンの缶よりも少し大き目だが、それ以外に違いはないようだ。
規定通り。


まずは、エンジンを掛けずに高圧側(赤ホース)から注入する。この場合、液体ですね。低圧側ではありえなかったが、高圧側は管の表面が凍りつく。高圧側に自然に入ったら、バルブを閉め、エンジンを掛け、エアコンを全開にして低圧側から注入する。この時、ある一定以上のガスが入るとコンプレッサーに電源が入るので、順次ガスを入れていく。つまり、交換した圧力センサーがしっかり稼働したことになる。マル!
ここで新しい缶を接続した時は、エア抜きをしっかり行う必要があるのだが、意外に管内のガスがどのように圧が掛って、どのバルブを開け閉めすればいいかイメージしながら作業を進めれば、難しさはない。




IMGP26810.jpg
IMGP26811.jpg

アイドリング状態で低圧側、高圧側のゲージのメモリを記録しておく。
ちなみに気温は25℃程度。
ただ、プーリーのゴロゴロ音がきになるので、次の作業のメニューに入れておきたい

圧力に対して弱いところから漏れていくのだから、次もトラブルが発生してもおかしくない。
今後も様子を見ることで、修理の良し悪しを判断したい。
長期で日常管理をしていこう~
ちなみに寒いぐらい効いているので、マル。

初めての川




初めてづくしのこの日。
ずいぶん前から交流のあったK●CKYと行ったことのない川へ案内をお願いした。
自分は全く立ち入らない水系なのだが、どちらかと言うと自分の家から近い近い。

IMGP26818.jpg

もともと、他の川が増水していなければ、この川に来ることもなかったのだが、癒しの温泉や食いしん坊がそろえば、ここしか選択肢がなかったというわけ。
さらにキジ、イタチに、ヤマヒキガエルまでそうそうたるメンバーが出迎えてくれた。ちなみに自分にはトラウトに恵まれなかったが・・・

積もる話も多くて、1日中いろんな話題で盛り上がる盛り上がる。
知り合いの癖から仕事の話まで、言いたい放題。
(悪口じゃない~)

IMGP26820.jpg

IMGP26821.jpg

この日は朝から曇り模様で少し間だけカッパを着る程度の雨が降っただけ。川は10㎝高の水位で、水温は15℃と見た目の状況はベストに近い。

しかーし、朝のうちだけが活性が低いと言い訳を続けて、脱渓まで状況変わらず。
なんとか、イワナ、アマゴを釣り上げるも、惨憺たる結果。

IMGP26832.jpg

ここのイワナはちりばめられたオレンジ点は、とてもきれいに整列しており、なかなか見たことがないかも・・・
一見の価値あり。

IMGP26827.jpg

でも、相方はコンスタントに釣り上げていく。特に相方は眼力をもっており、川底にいる魚を瞬時に見つける超能力を持っている。その能力を分けて欲しい〜

相方は気のいい青年で、現場では終始こちらのペースに合わせてくれた。
なかなかできることではない。
また、腕も一流で明らかにフッキング率が高い!たぶん、ドラッグフリーの時間が長いのでしょうか。
結局、1日中1区間をゆっくりと遊ばせてもらい、とてもいい渓相に満足。魚影はすこぶる濃い~ので、再チャレンジしたいところ。

2014070601.jpg

帰りは、温泉とケイちゃんの連続技で〆たい。ところが、温泉のゆっくりできたのだが、その後のケイちゃんの店が貸切で入店できず。
ん~ハードルが上がってしまった!てか、宿題が増えたって感じ。
どちらにしてもリベンジすべきことがたくさんできたので、次回に繰り越ししたい!


エアコン メンテナンス 7

IMGP26782.jpg

あれから、せっかくR12ガスを充てんするなら、プレッシャーセンサーを予防メンテナンスとして交換をする。
やっとで、商品がSJさんから届く。

IMGP26778.jpg

まずは一番怪しいパッキンを一度外してから、増し締めを行う。

IMGP26777.jpg

作業の前にパッキン種類の選択が間違っているかもしれないので、部品説明書を確認する。
面が、フラットフェイスの場合は、緑のパッキンを使用するとののことなので、やはりOKだったか!

IMGP26780.jpg

エキパのバルブの4か所も増し締め。

IMGP26787.jpg

さらにリキッドタンクの出入りの2か所を増し締め。

IMGP26789.jpg

購入した圧力センサーのパッキンは、念のため新しいものを使うため、エアコンオイルに浸しておく。

IMGP26790.jpg

新旧を比較すると、OEM製品は、BEHR製でHELLAが作っているのか。
電装系はHELLAがいいのでしょうか。

IMGP26807.jpg

しっかりと真空を30分以上かける。
そして、24時間以上の放置でゲージの動きがないか確認していく。

つづく

蒲公英草紙



いつもの常野物語シリーズ。

はじめは理解できなかった常野だが、最近は自然に読み込んでいける。
分かったとは言い難いが、不思議な能力を何となく想像しながら・・・・

とてもほのぼのとした物語に穏やかな気持ちになった~。
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。