FC2ブログ

レザークラフト 筆箱編



予てより小型の筆箱を作成することを企んでいたが、やっとでイメージが湧いてきたので、テスト用の1作目を作成。

IMGP25964.jpg

一番悩ましい側面の形。
適当な型をを用意してから作業を始める。
本体がカーブしていることや折りたたんだ部分があることから、微調整して合わせていく。

IMGP25965.jpg
IMGP25966.jpg

折りたたむ箇所はリベットを打ち込む。

IMGP26010.jpg

ヘリは毎度のことながら磨きは掛けない。

IMGP26011.jpg

束ねる皮ひもは、鹿の柔らかいレザーを使用して2周巻で用意する。
なるべく、金属を使わない仕様とした。
少しの間、使い込んでみて、2作目に繋げていきたい。
スポンサーサイト



シフトリンケージブッシュ交換



ずいぶん前からシフトリンケージブッシュを交換することが必要であったが、難易度が高そうだったので後回しにしてきた。このブッシュはシフト時のショックを和らげる役割もあって、早めの交換が必要。
放置し続けることもできないため、作業を開始する。

ブッシュはシフト側とミッション側の2種類。
今回は、前側のミッション左側を交換するのだが、こちらの方が狭い作業スペースで苦労することに・・・。

IMGP25988.jpg

ミッション付近をメンテナンスするときは、前後輪ともウマをかませる。

IMGP25990.jpg

ミッション側のステーを外すと、ちぎれて半分となったブッシュが見えてくる。
そして、ステーをロッドから外すためにピンを外すのだが、スペースがないのでドライバーなどの細長い工具で遠隔で作業していく。はっきり言って、手は絶対に入らない。
たぶん、プロはこんなところでも作業しやすい工具を用意するのだろうか。

IMGP25994.jpg

これだけが脱着する部品。
まあ、外すのはそんなに難しくないんですけどね~

IMGP25993.jpg

ブッシュの新旧比較。
たかが300円程度の部品なんですけど、作業時間は長い。

さて、ブッシュをステーにはめ込もうとするが、素手ではまったく無理。

IMGP25996.jpg

万力はないので、作業台で圧縮してブッシュをはめ込んでいく。
その時、シリコンスプレーを塗布することで、スムーズに入っていく。

IMGP25998.jpg

こんな感じ~

IMGP26000.jpg

実はこれからが大変だった。
まったく、元どおりに復旧することにてこずった。
できれば、やりたくない作業だ。
たぶん、もっと簡単な方法があるのではないかと、思ってしまう。

また、バールなども使っていたので、付近のプラスティックを壊してしまうアクシデント。
さらに、ステーの中ほどにある穴に合わせるスイッチをはめ込まなかったために、作業完成後にエンジンが掛からないトラブルが発生。
結局、再度外して再設置するなどやり直しを繰り返すことに・・・

今回、半日仕事がプラス2時間も掛かってしまった。
まだまだ、修業が足りないようだ。

番外編 AUDI エアフロセンサー・ラムダセンサー交換

IMGP25967.jpg

先日、エアバックのエラーチェックをしてもらいにいつもお世話になっているVWSHOPへ。
すると吸気と排気のセンサーに不具合が・・・
距離的には、当然メンテナンスすべきセンサーがダメに。

まずは、エアフロセンサーの交換から。
先日ダクトが外れて、触った箇所だけに物理的に故障を呼んでしまったか?

IMGP25970.jpg

作業は実に簡単。約30分で完了。

IMGP25971.jpg

新旧を比べるも、何が調子を悪くしているのか、さっぱりわからない。
外したセンサーは部品購入したSpさんへ返却。
リビルト用に返却するのだが、口座番号まで聞かれたので、返金があるのだろうか~




続いてオイルフィルターとエンジンオイルを交換する。
いつものレールにタイヤを載せるのだが、最近、使いやすく改良した。
安定していて使いやすくなった!

IMGP25977.jpg

IMGP25976.jpg

毎度のことだが、フィルター交換のときはオイルを浴びながら手元を汚して、さらに床までオイルが飛び散ってしまう。
このメンテの悪さ、なんとかならないものかと・・・
そして、アンダーカバーの脱着がめんどくさい。
どうにかならないですかね~AUDIさん!

IMGP25973.jpg

ここで、不具合を発見!
左のエンジンマウントからオイルが噴出している。
今の車は、マウント内にオイルが入っているはず。
ん~交換するには、エンジン周りの部品をはずしての作業となる可能性があるので、少し様子を見ることとしたい。
特にエンジンの振動には、当分気をつけてみたい。

さて、触媒の後ろ側のラダムセンサーについては、後日に作業を繰り越すつもりが、その後、自分自身が故障してしまい、作業をVWSHOPに頼むことに。
なんと、手首と指が腱鞘炎になってしまい、まったく手作業ができなくなってしまった。
この作業には、22mmのフレアレンチが必要なこともあって、自分で作業ができないのは面白くないのだが、緊急性もあり、シブシブ依頼させてもらった。
SHOPのMさんに無理を言いまして失礼しました。
すぐに対応していただき、感謝感謝です。

修理後は、アイドリングの安定、走行中の回転数の安定や燃費の改善が見られ、修理の効果は大きかったと思う。
AUDIの延命措置を加えてしまったが、いつまで乗り続けることができるのか~

番外編 ゴルフバリアント ポーレンフィルター



エバポレーターとポーレンフィルターの掃除を行う。

雨の日の後には、フロントのウインドが曇ったり、冬場にエアコンを使用しないとすぐ曇ることが多い。特に湿気が車内に残るよう感じがある。
どう考えても、ゴルフの設計ミスと思われる空調関係。


今までエアコンなどの空調で、かび臭くなってしまうことがなかったので、このようなメンテナンスを試みたことはない。

IMGP25957.jpg

まずは、ふにゃふにゃのアンダーカバーを外して

IMGP25958.jpg

ポーレンフィルターのカバーをずらすと

IMGP25959.jpg

フィルターが見えるので、下へ引き抜く。

IMGP25961.jpg

フィルターに詰まったゴミや埃を掃除機でしっかり吸引していく。

IMGP25962.jpg

エアコン洗浄スプレーでフィルターを除菌・消臭していく。さらに6mmのホースをつけて

IMGP25963.jpg

エバポレータに直接噴射していく。
ここで、気づいたことは、ダクトが小さいため、エバポが直接確認できず、洗浄スプレーの液が、エバポに届いていることがわからないこと。
中途半端な作業になってしまい、実に残念。
でも、ダクトも含めてしっかり吹き込んでおく。

その後、1週間ほどエアコンを使用したのだが、ものすごく臭いことに・・・
スプレーを香り付きにしたこともあるが・・・・・今回の作業は失敗。
もう少し、エアコンを使いこんで様子を見ることとしたい。

林道トレーニング

林道

子供が生まれた時から念願だった、息子との林道ツーリング。
しっかり免許も取ったこともあって、一緒に遊びに行けるように2台ものオフ車を用意した。

波乗りやSKI、そしてバイク乗りまで、言葉にならない特別な思いがあったことは否定できない。

本人にとっては、初めての林道。
とても走り込めるような腕ではないのだが、しっかり自分に付いてくる。
自分と同じようにバランス系のスポーツはこなしていくようだ。

まったくの初心者コースではあったが、爺になった自分には十分すぎるぐらいのレベル。
20代にタイムスリッップした錯覚に陥った・・・

また、時間があったら一緒に攻めに行こう。

IMGP25986.jpg

走りに行く前からフロントフォークからオイルが滲んでいたが、とうとうダラダラ状態。
倒立サスの弱点であるオイル漏れ。
また一仕事増えた~

集中ドアロック バルブ調整



もともと、ベストな状態のときは、1週間、車を放置した場合でも、すべてのロックが作動してくれたが、ある時期から徐々に一晩でエアーが抜けてしまうことに悩んでいた。
そこで、ボンネット内のチェックバルブや運的席側のメインバルブを交換してみたが、症状が改善されなかった。

IMGP25936.jpg


あるブログを確認していたら、バルブを調整することによりバキュームの圧力を保持する時間を延ばすことができると記載してあった。
そこで、現在の位置をマッジクで記録したあと、左右に動かしてトライアンドエラーで時間をかけて試してみることにする。

ただ、ここ2週間ほどいろいろな位置を試してみているが、どうも改善される見込みがないような・・・
どこかにワンウエイバルブがあるのだろうか???
どなたかウイークポイント(チェックするポイント)を知らないですかね~


IMGP25939.jpg

せっかく内装をはがしたので、ずいぶん前から宿題にしていた壊れたドアロックを交換することに。
ここ数年、やっつけでワイヤーとボルトで暫定修理を行っていたが、これが全く問題なく使用できていた。

IMGP25940.jpg

新しいボアノブに交換してすっきり!

さてさて次回は、ファンカップリング届いたので、交換しますか!

XR250R ME06 オイルフィルター交換



先日、オイル交換を行ったのだが、実はそのときフィルターが手に入らなかったので、後からの交換となった。
オイルが抜けていない状態で交換できるのかどうか、試したことがなかったので初めての作業となる。

昔は純正のフィルターしかなかったような気がするが、今はデイトナから能力が20%アップして販売されていた。

IMGP25949.jpg

取り外したフィルターは、とても汚れていたので、交換による効果は大きいと思われる。

IMGP25948.jpg

溜まっているオイル面より上にフィルターにあるので、エンジン内のオイルは漏れることがなく、オイルクーラーから一部のオイルが流れ出しただけだった。

IMGP25950.jpg

ドナーのエンジンは外観に傷が多いので、キャップについても取り外したエンジンから移植することとする。

次回はダートフリークへ買い物へ行こう!
林道へもトレーニングに行きますか!

KDX125R ギアオイル交換



さらにメンテナンスを追加していく。
特にギアの動作を快適にするためにもっとも早くやるべき作業だ。
カワサキの純正より手に入りやすくて、信頼のおけるヤマハのギアオイルを使用。

IMGP25945.jpg

毎週通っているプールへ行くことにより、しっかりエンジンを回してからの交換。
廃油は若干ピーナッツのような色で、クーラントを混じっていないか心配なところだが、たぶん大丈夫でしょう。

IMGP25947.jpg

規定量は0.8Lだが、実質は0.7Lが必要量であった。全体的に調子のよいバイクだけにオイル系はしっかり交換していこう。
次は、カッティングシートで外観に手を加える予定。



KDX125SR ブレーキフルード交換



続いてフルードが余っているので、KDXも交換作業を行う。
ホース内のオイルを見ればわかるようにとても汚れている様子。

IMGP25930.jpg

リアのサブタンクはガード類を外してからの作業。

IMGP25932.jpg

普通は、車のようにフルードを補充してブレーキを握ったり、踏んだりして圧力を掛けて排出していくのだが、KDXの場合は、キャリパーのドレンボルトを緩めたとたん、自然流下して流れ出してしまう。つまり、エア抜きがうまくできないので、バキュームポンプを利用して吸い上げることで交換をしていく。

IMGP25934.jpg

リアでこれぐらいが全量交換。
実に少ない~
ちなみに今回もDOT4を使用。

次回は、ギアオイルの交換をしますか!

フライロッド不具合



ロッドのジョイント部に初めて差し込んでみると、メス側にバリがあるのか、オス側に傷が・・・・

丸ヤスリを使ってバリを取ることで解消したが、メーカーは集荷するときにジョイントを一度もテストしないのだろうか?
超有名なSAGEさん!たのまっせい!

KDX  クーラント交換1



いつ交換したのかわからないクーラントを排出。

IMGP25925.jpg

IMGP25927.jpg


マニュアルどおりのドレンボルトからクーラントを抜くことを試みたが、なかなかうまくいかないので、すぐ横のホースバンドを外していっきに抜いてしまう。
規定量は1.1Lだから、抜けた量の1.0Lで概ね排出したことになる。

まずは、冷却経路の掃除を兼ねてすべて水道水を注入する。
しっかり走りこんで、水を循環させてから新しいクーラントを入れることしよう。
次回に持ち越し~

ファンクラッチ 部品番号確認



友人よりロングメガネレンチを借用した。
とても高価な道具だけに自分ではとても手が出ません。
憧れのMACTOOL~

IMGP25884.jpg

このヘッドの形がみそ。
肉厚が薄いので、タイトな場所でもヘッドを回転させることができる。

IMGP25913.jpg

スパナでは、ボルトの山をつぶしてしまいそうなので、メガネレンチが欠かせないし、ラジエーターとエンジンの間にロングな工具が役に立つ。

IMGP25916.jpg

無事に外しが成功。
ファンカップリングは、泥が詰まったようなに汚れていたので、歯ブラシでしっかりクリーニングしていく。

IMGP25917.jpg

ここで、部品番号を確認したかったのだが、既設の部品はBHER(ドイツ製)で、純正から交換されたものだろうか?
実は、夏場の東海北陸自動車道の標高が高い区間だけ、ラジエーターの温度が一時的に上昇したことやエアコンを効きを少しでも向上できないかとファンカップリングのリフレッシュをしようかと悩んでいたところ。
できることなら、部品番号がわかれば、安いOEM製品を購入できるので、一度取り外してみようと・・・
(あまりにも純正部品が高額なんだよな・・・)


IMGP25923.jpg

で、結局、部品番号の確認はできず・・・。
ん~どうするかまた一考することとしますか!

オフロードっていいなあ



久々の林道へ。
新年の初走りに行ってくる。

昔走っていた林道は閉鎖されていたところもあったが、一部は健在だった。

山に行くとストレスが解消される。
近いうちにまた遊びに行こう。

少し、燃調が合っていないので、メインジェット交換をしなくては・・・

鉄なべ ローストビーフ



正月のお客さんをもてなすために、ダッチオーブンで少し手間を掛けた。


2014010302.jpg

ビーフは安く仕入れたが、手間をかければ美味しくいただけると自負していたが・・・。

しかし、お客さんと長話をしていたのがいけなかったのか、時間をかけすぎてしまい、中まで火が通ってしまった~
すでに経験があったこともあって、気を抜いてしまったのがいけない。
火の番は必ずいることを反省~

次回はもう少し慎重にチャレンジしたい。

番外編 VWゴルフバリアント フルード交換



他車の交換でブレーキフルードが余っていたので、フルードが酸化する前に交換しておきたかった。
さらに、前回の車検時に交換したのが2年前で、ちょうどいいタイミング。


本来ならマスターシリンダーから遠いホイールシリンダーから作業をはじめるべきであったが、何を思ったのか一番近いところから始めてしまう。
まあ、ご愛嬌で。
でもしっかり、全量が交換できるように絞り出していく。

IMGP25893.jpg

サブタンクにはいつもの自然流下する補充ボトルを使用するのだが、これがタイトな場所だけに斜めに設置。
何とか使用できたが、心もとない。

古いフルードの色を確認しながら、約500ccを使用。
最近はうまくなってきたかも~

IMGP25897.jpg

せっかく、ホイールを外したので、足回りをチェックしていく。
特に問題なし。

IMGP25896.jpg

写真では確認しにくいが、パッドの面取りが半端ない。
はっきり言って、パットの当たる面積をここまで削っていいのだろうか?
減ってくると、当たる面積が増えていくようになている。
ここまで、面取りすることで、パッド音が出ないようにしているのかな~

シーバス釣行



〇ッキーから新しいポイントを教えてもらって、いざ出陣。
この日は、満潮が17時のため約2時間ぐらいが勝負の時間帯。

明るいうちから、現地を下見してテストキャスティングまで済ませた。

IMGP25905.jpg

先日購入したRODのポテンシャルを確認するため~
15FTの長さがあり、番手も10番と、なるべく現場で使えるRODとした。
初めのうちは、慣れないRODに四苦八苦したが、少し基本に忠実になれば、それなりに飛んでくれる。
やはり、スイッチよりは、使えそうな感じ。

しかし、実釣では、水面にまったくの変化が見られず、完敗状態。
まあ、こんなこともあるとあきらめて早めの納竿。
このポイントは、アクセスが良く、ウエーダーもなしで寄り付ける場所だけに今後もチェックしておきたい。

IMGP25891.jpg

この日は久々にFLYを量産してきた。

IMGP25901.jpg

特にアイの位置に気を付けてタイニングを行う。
次回の釣りに活躍してほしい。

IMGP25910.jpg

帰りに時間があったので、釣り道具屋へ。
最盛期を過ぎてしまったが、エギとエギングポイントの本にマッチングして購入してしまう。
来シーズンまでしっかり、エギングの妄想に明け暮れよう~

XRレーサー復活に向けて 最終編



先般、キャブの不調と判断してキャブのクリーニングを実施中。
この日は、キャブ組み立てを行う。

組み立てる前にエアガンで水分とゴミを吹き飛ばしていく。
そこで、事件は起きた!

IMGP25871.jpg

エアスクリューのゴムリングを押さえるワッシャーが、砕石の上に飛んでしまった。
さあ、大変。
それから、匍匐前進であたり一面を探索。
なんと、15分のもの間、地面とにらめっこ。なんか、捜査官の現場検証のよう~
最近、老眼が進んで辛かったが、なんとか発見。
こんな小っちゃいワッシャーだけをを買いに行くなんて、絶対したくなかった。

組みあがってから、再度エンジンを始動するも、症状が変わらず、すぐにエンジンが止まってしまう。


IMGP25885.jpg

それから、いつものように一晩寝かせてから、またまた気づいた。
そうそう、デコンプの調整を。
サービスマニュアルには、1、2mmの遊びが必要とある。
ずいぶん、ワイヤーを張り付けていたよう。
このまま、無理に走行していたら、タペットやバルブにダメージを与えていたかもしれない。

その結果、快調にフルスロットルまで吹け上がる。
減速時に「パン、パン」と吸気が多いようなマフラー音があるが、前回のエンジンよりすこぶる調子がいい。

これから、微調整を進めるつもり。
おおむねの復活に長い時間が掛かったが最終回としたい。
久々に林道を全開で走りに行こう!
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示