FC2ブログ

レザークラフト スマホケース3

<

とうとう、3種類目のスマホケースを作成する。
依頼者よりプラケースを手渡され、使用してないからこれでブックカバータイプで作ってほしいとの事。

特に難しいこともなさげなので、快く承諾。
ところが、以外にもサイズ調整がむずい。
しかし、1回作ってしまえば、カタドリできてしまうので、次回からは簡単にできそう。

IMGP23291.jpg

内部は既製品のケース。

a href="http://blog-imgs-55.fc2.com/b/a/e/baetis/IMGP23288.jpg" target="_blank">IMGP23288.jpg

なるべくシンプルに。
カメラのレンズ穴だけは確保。

使い勝手が悪そうだけど、ほんとに使うの?
スポンサーサイト



偵察釣行2

前半で十分堪能したが、偵察のために前回増水であきらめていたポイントもチャックしておきたい。

工事のため短距離の区間となっているが・・・。
たぶん、先行者が叩いてしまった後かもしれない。

でも、時間帯がいいのか、程よくつれてくれる。



最後にドラマは待っていた。
プールの少し前の瀬でしっかり尺上をゲット。
今シーズン、4回目の入渓となるのだが、尺上が10割の打率でつれてくれる。ん~感無量。

IMGP23387.jpg

〆は、堰堤下でメタボな泣き尺を追加。

IMGP23392.jpg

この日は恒例のオロロに刺されまくりました。
チョッとチクッとする程度だが、実にウザイ!
何か対策はないのだろうか~

IMGP23343.jpg

と、同時にトンボがたくさんいると思うと、そこまで秋がやってきている。
禁猟まであと少し、もう少し遊ばせてもらいたいもの。

さて、1週間後には熊本の友人をお迎えするに十分すぎるぐらいのポテンシャルがありそう。
若干、渇水が気になるところだが、途中のプールでヨンマルオーバーを何本も確認したから、自信もって案内したいところ。

Oさん、Nさん、もしかしたら、とみちゃん、一緒に釣りができることを楽しみにしています。

偵察釣行



ダム湖に霧がかかっている。
なかなか、幻想的・・・・

今回は、1日から熊本から遊びに来てくれる友人のために良さげな川をチャックしておきたかった。
そこで、日本海側に流れ込む数箇所を順番に回ってみる。

1っ箇所目は、真夏にいい思いができるアクセスのいい川なんだけど、どのポイントを選んでもヒトヒト。
結局、竿を出さずに移動。
まあ、あれだけ釣り人がいるならそこそこ釣れるでしょう。保険ということで・・・
釣れなかったらごめんなさい。

IMGP23319.jpg

2箇所目は、大場所の本流スジ。
もちろん、ダブルハンドで川底を狙っていく。
到着したのが、すでにダム放水が始まっていて、増水中。
タイプ4で、枝針をつけてウエットフライをガンガン沈めていく。

水温が20度あり、真夏のこの時間はつらいか。
夜明けから釣りべきとIさんより忠告を受けていたのだが、時間が悪いのか完敗。
仕方なく1時間で見切りをつける。
またの釣行時にリベンジしよう。

さて、3っ箇所目は、今年お世話になっているが、なんと渇水でチョーシビア。

IMGP23340.jpg

お気に入りのプールも干上がってしまい、土が露わに。

最初は、堰堤下でチョッと寄り道のつもりで遊ぶつもりが、少し長居してしまう。
サイズは大したことないのだが、次から次へと掛かってくれる。

IMGP23361.jpg

挙句の果てに

IMGP23334.jpg

このポイントではじめてヤマメを釣り上げる。エッ????
こんなところまで遡上するわけないので、放流?たぶん、放流・・・


IMGP23335.jpg

ゲートにこんなL型擁壁が・・・
最近、原付バイクや自転車が持ち込まれていたので、トラブルになったのだろうか。
完全に閉鎖状態。

そして徒歩で入り込むと

IMGP23339.jpg

災害復旧のための仮設道路と工事現場。
林道を守るためとはいえ、あの仮設道路で大々的に道を作るなんてちょっとやりすぎでは・・・

いつものポイントでは、渇水でチョーむずかしい。

IMGP23347.jpg

IMGP23365.jpg

でもでも、もっとも実績のあるポイント。
いい型を揃えていく。

IMGP23368.jpg



つづく。

交換レンズ iphone用



スマートホンのカメラは、コデジより機能的に劣っているところが多いが、絶えず携帯していることもあり、使用頻度が高い。また、facebookに使う写真は、ほぼiphoneで取ったもの。
そこで、前から気になっていたレンズを購入。

IMGP23252.jpg

これが、以外にも1個で3個おいしい。マクロレンズ、魚眼レンズ、広角レンズと3つの機能を兼ね備えている。
特に接写の使用頻度が高いことや広角の画像が好きなだけにこれからの使用が楽しみ~。

シーバス 夏編



前日、小型ながらシーバスが上がっているとのこと。

attachment00052.jpg

隊長からの情報に躍らされて、仕事を早引きして河口へ出撃してくる。

attachment01053.jpg


この日は大潮の下げとあって、ものすごい速さで潮が引いていく。
素人には、このはやい潮の流れが曲者で、どうもフライの流し方が安定しない。
なるべく、縦になるようにリーチとメンディングを入れるそうだが・・・
また、どうもキャスティングがへたくそで距離が出ない。

途中、ここをホームグランドにしているIさんに連絡してレクチャーを受けるもポイントまで届かない。
実に情けない・・・

ポイントに入るとすぐにボイルが始まるもヒットまでには至らない。
フライの大きさだろうか?

結局、3時間ほど粘ってみいたものの、アタックもなしで納竿となる。

実は、潮止まりまで粘った友人の友人は、辛くも釣果を残したらしい。
ん~やっぱり、腕か?

IMGP23312.jpg

相棒の隊長は、腰の治療中にも関わらず、お供してくれたが、釣果が出ずじまいで申し訳ない。
またのお付き合いを願いたい。
今度は、アオリイカが終わったら行きます。

レザークラフト 手帳編



日程表に使いたいとのことで、もっとも使用頻度の高い手帳カバーの依頼。
作る側としても力が入る。


特にこの手はシンプルなつくりの方がいい。
できれば、ペン刺しもオミットしたいところだが、どうしてもほしいとのこと。

たぶん、これから何年も毎日大事に使ってくれることを願って嫁入りさせた。

IMGP23105.jpg

クリップルアント



たぶん、こんな程度のフライなら先人がすでに開発ずみでしょうが、クリップルダンが好きなだけにアントに応用できたことが、うれしくてしかたがない。

もともと、シナモンアントでいい思いをしたことがあって、忘れられないアントフライだが、いかんせ視認性が悪くていつもフライボックスの片隅追いやられていた。
今シーズンに源流釣行が多いだけにどうしてもはずせない陸生昆虫に一石を投じたフライになりそう。

少々、クリプルダンに失礼だが、水に絡んだ状態が、水面で溺れるアントの慌てぶりを表現するのに一役かってくれそう。次回の試投がたのしみだ。

お盆休みの道はヤバイ



大連休の初日に波乗りへ
もともと雨模様との予報に尻込みしていたが、行ってみれば曇り時々晴れで、十分日焼けしてしまう。
前日、○美原がよかったらしいので、期待は膨らむ。

今回は前々回にご一緒した方と再びロングパラダイスへ。
波のM判定では20点といったところで腰程度のしょぼい波であったが、満潮時が重なって以外にも十分に遊ばせてもらう。
ただし、波のパワーがないので、横走りはあまりできないけど、上手い人はボードの先ちょまで歩いちゃうだよな〜


行き帰りの道路が大変なことに・・・
帰省ラッシュが恐くて早めの朝6時半に出発したが、けっきょく渋滞に巻き込まれ、ウンザリ。
特に国道1号がひどい。
やっぱ、もう少し考えて行動しなくては。
海はまあまあ空いていたんですけどね~

次回は、連休の最終日を狙っていこうかと。
以外に最終日は穴場の日でっせい~、ん、19日はロックオンされていたので18日ですか!

少し写真が疎かになってますが、次回は○沢でも行ってたくさん撮ろうかなあ。
(以外にロングが増殖してるらしい・・・・)

ネットリリーサー インプレ編



残念なことにネットリリーサーの磁石がポロッと取れてしまう。
ん~手づくりの弱点か・・・

Gボンドで修理したが、もう少し丈夫に作ってほしい。
また、できることならもう少し磁力の強いのを。

ヘッドライト 掃除編2



日を改めてボディの修理を施す。
本来ならパテで埋めるところだが、ホイルハウス内は樹脂系の被服する必要があるので、すべてシリコンで補修することにする。
シリオンの定着させるためにネットを骨組みに塗布していく。

IMGP23136.jpg

エンジンルーム内も十分にシリコンを塗布して、万が一水が漏れても、溜まりにくいようにテーパーをつけるように注意を払う。

IMGP23139.jpg

少しかっこ悪いが、これ以上錆が進行しないならOK!

IMGP23141.jpg

次にトラブったモーター回りもシリコンで止水していく。

IMGP23153.jpg

クーラント液を入れなおし、止水検査を行う。
一様OKかも・・・

IMGP23152.jpg

やっとで、本来の目的のヘッドライトの内部を掃除していく。
まずは、反射板を触らないように内部の埃をパフパフで吹き飛ばしていく。

IMGP23149.jpg

さらにレンズを中性洗剤でしっかり洗い、ゴムパッキンをアーマーオールで復活させておく。
10年前に掃除したときは、内部のフレームをシルバー塗装したが、今回は十分綺麗な状態だったので、そのまま組み立てることとする。ちなみにこのフレームが曲者で、一度外すとバラバラに壊れてしまうので、無理に外したくない。

IMGP23159.jpg

今回は、自宅療養の時間が長く不動に日が続いた。
真夏の作業は遠慮したいところ。
どちらにしても、写真ではわかりにくいが、びっくりするほど綺麗になったレンズがまぶしい!
効果がある作業だけにけっこうマルかも・・・

ヘッドライト 掃除編1



右側のヘッドライトバルブを交換したついでにレンズの掃除をおこなったところ、見違えるようにきれいになり、左側の汚さが目立ていたため、満を持して分解掃除を行う。

作業のとりかかるも、なかなかフレームから外れてくれない。
まるで、知恵の輪のよう。

IMGP23091.jpg

ヘッドライトを外すため、ウオッシャータンクを一時的に動かす。
アレレ・・・すこし、液が漏れてる?

IMGP23093.jpg

結局、作業性が悪いので、液を下から抜き、タンクを外すことに。
と、ここで事件が!
ななんと、バディが錆びてるじゃないのか!
ドライバーがスコスコと刺さってしまい、挙句の果てに地面が見えるしまつ。

IMGP23103.jpg

腐った鉄の部分をしっかり撤去するとパックリと穴が開いている。
トホホ・・・

IMGP23094.jpg

一方、タンクを外したつでに表面をきれいにしていく。さらにモーターを取り外し、メンテナンス。
と、と、ところが、またまた事件発生。

IMGP23099.jpg

モーターの樹脂がポッキリと折れてしまった。
そして、止水用のゴムが裂けてしまった。
直しているのか、壊しているのか。
ほとほとテンションが下がっていく・・・

IMGP23102.jpg

とりあえず、接着剤とテーピングで応急処置。
応急といっても、当分このままになるだろうけど。

さて、もう一つの課題となった錆びたボディの処理をする。
IMGP23111.jpg

しっかりと錆を撤去して、ホイルハウス側も泥をふき取っていく。
ポイントは、サビチャンジャーでこれ以上酸化しないように処置する。
乾くのに時間がかかるので、作業は後日。

つづく。

GOOD SURF!



今日は、最高のサーフ日和!
昨夜の酒を抜くためにいい波乗りに。

IMGP23285.jpg

今回もKくんとの波行にたくさんの初物情報をもらう。
また、運転お疲れさん。今度は、こちらがお連れします。

IMGP23261.jpg

台風11号の影響でいつものポイントは、ダブルヘッドの波。
もち、僕にとっては、自殺行為。
波の高いときにお世話になっているポイントに行くも、ジャンキーな波に波質がいまいち。
さらに、スマホ情報では150人入水で混雑状態。

IMGP23279.jpg

そこで、少し足を伸ばして外洋を避けるポイントへ移動。
いきなりそこは、パラダイスが待っていた!
ツル面の胸ぐらいの波で、レベルアップにちょうどい。
また、グフィーの練習にもってこい。

IMGP23277.jpg

入水後すぐは、いい波だったが、すぐにパワーダウンし、ぼよんぼよんの波。
カレントが強く、流される一方でポジション取りに苦労させられる。
最初の内だけ楽しませてもらったが、グーフィーの練習ができたのでマルとしよう。

IMGP23283.jpg

さてさて、昼食はKくんのおすすめの店で、大アサリ定食。
刺身も美味しくて、GOOD JOBです。

ん?Kくん東京に行ってから、横に大きくなったか?

IMGP23255.jpg

まだ、夏は始まったばかり、今月はガッツリ波乗りに行こう!
ね・・・Fちゃん、Iくん!

ベスト メンテ




半シーズンお世話になったベストを洗濯。
浴槽でやさしくモミモミ・・・

夏はやっぱ、メッシュですよ。

最近は、パタゴニアに落ち着いてますが、いずれはもっと使いやすいベストに交換するかも。
やっぱ、20年前ぐらいのシムスがけっこうお洒落で使いやすいかも。

最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示