FC2ブログ

シーバス再挑戦



前回の反省を含めてフライに浮かせる工夫を施す。
風呂の中で実験を行ってからの実践デビュー。
しかーし・・・・


今回のシーバス釣行は、大勢の友人や新しい釣友とともに大いに盛り上がる。
特に新しい釣友のIさんには、惜しげなくつりの技術やポイントの紹介と目からうろこ状態のネタでいっぱい!これからもいいお付き合いのを願いたい。

また、K君においては何年でぶりか、ルーキー以来ということで、5,6年ぶりですかね~。久しぶりの再会にけっこううれしい。

さらに、当日何百キロの離れた犀川でダブルを振り回してきた隊長が、夜のシーバスのためにいや初心者の我輩のために駆けつけてくれる。ん~泣けます・・・・

さて、潮のぐあいからベストな日とあって期待は膨らんだのだが、何せ要領が悪い。
釣果はまたしてもボーズ。

IMGP1120_convert_20111030101512.jpg
Iさんの息子さんは、先頭を切って60cm前後を連発。


IMGP1122_convert_20111030101743.jpg
さらにルアーの方も続いて良方をゲット。
ボイルのないときは、ルアーでシーバスの居場所を確認することができ、戦略が立てやすい。
フライにこだわると射程距離で不利のようだ。

IMGP1124_convert_20111030102036.jpg
最後はポイントを譲ってくれたIさんもしっかりゲット。

そんなことで、フライの姿勢から食いやすいアプローチの仕方まで、さらには地合のタイミングまでテンコ盛りの情報に感激。

近々にダブルの講習会もあるそうだが、予定が合わない。
もう少し、ダブルハンドの勉強が必要のようだ。

スポンサーサイト



SEA FLYは工作



隊長!
こんな感じでですかね。
次回のバブルハンドに向けて格闘中!

フライでメバル



29日に友人とフライでメバリングの予定があるため、現場の偵察を兼ねて遊びに行く。
現場入りすると、人、人、ひと・・・休みとあってチョー満員。
目当ての桟橋は2m間隔ぐらいで、へら釣りでもやっているかのように並んでいる。

IMGP1105_convert_20111024191729.jpg

とりあえず、広い釣り場をうろうろしたが、イカの墨あと見つけてエギを試してみる。
しかし、まったくのノーバイト。
隣のおじさんいわく、先週までは何とかなったが、今は釣れないよと。
確かに周りでエギングでは、1杯もあげていない。

同時にテトラの隙間を縫うように泳いでいる小魚にワームを投げるもまったくの無反応。
ルアーのメバリングは、はじめてなのでまったく要領もわからず、完敗。
ワームをかじってくれたけど・・・

さて、本命のイブニングからはルアー竿で続行するもまったくの反応なし。
メバルを狙えるピンポインでは、ずっと人が張り付いてしまっており、釣りになりません。

IMGP1110_convert_20111024191953.jpg
そろそろ潮時と思っていたころに隣にいたタコ名人と仲良くなる。
そのおじさんのタックルの説明を受け、感心していたら目の前で吊り上げてくれるじゃないですか。

IMGP1109_convert_20111024191849.jpg

しかも大物!大きさは手の平と比較。
こんなに簡単につれるならやってみたい。
そして、この釣り場のことをうかがうと、メバルなら12月からでしょうとのこと。
場所取りが付きまとうので、真冬のほうがいいのかもしれない。

結局、今回の釣行が時期早々だったかもしれないと痛感。また、中途半端に地理感がないのでは、いい釣りはできません。別の漁港のほうがいいかも・・・
いい勉強になりました。



足回り整備 in Autumn



この季節は、足回りのメンテが旬になる。
部品のチョイスは、純正品とOEMさらには、社外品まで使ってみなければわからないが、重要部品は純正に限る。

IMGP1075.jpg
アッパーアームについては、純正品をチョイスするべきと考えていたが、あまりにも安い物件を見つけてしまい、安物買いのなんとかをしてしまいそう。
交換は簡単そうなので勉強のつもりでチャレンジとする。
作業には、タイロッドエンドリフターを使用するので、ボールジョイントのサイズオ確認を行う。

IMGP1085.jpg
スプリングシムは待望の一番薄いもの。
若干、厚みを替えることにより、アライメントが狂うはずだが、その辺は将来の調整を視野に入れて考えていこう。さらに前から購入を悩んでいたメルセデス用のスプリングコンプレッサーは確実に手に入れることが必要となった。また、楽しみがふえたということで・・・

リアのスタビリンクは、以外にも安く購入できたので、もっと早く対応すればよかったかも。
最近、後ろから聞こえる歪音が直ればいいのだが。

エギング10/15




渓流のシーズンオフにいそいそと海へ通う。
しかーし、10月の半ばも過ぎると、日本海のアオリくんは沖に行っちゃうのでしょうか。
とにかく、渋い。

今度は太平洋に出撃したい。
たぶん、日本海ほど数釣りは望めないが、メバリング視野に入れて攻めてみよう。
そこで、

IMGP1087_convert_20111020211736.jpg

メバル用の1.5~2.5gのジグヘッドと1.5~2.0インチのワームを用意。
本来ならフライで挑戦するのだが、まずはルアーでつき場所や食いの調子を確認したい。
フライならインタミで釣りが成立すると聞くが、実際は活性が高いときだけのよう。
深みを攻めて見ることにより、レンジや水深を確認したい。
12月が特によいとも聞く。
これから、勉強させてもらおう。



旧車3



高速道路で途中から現れた旧車。
ん~何あれ?
BMじゃないよね。

一所懸命追いつこうとアクセルを踏んだけどだめ。
いったい車種は?

ボード研磨



海にいけないので、古いボードをメンテ。
最終仕上げの艶出しは、耐水ペーパーの800番から1200番までを順に使用。
最後は、コンパンウンドでラスト仕上げ。

早く復活したい。

ウエーダーメンテ



シーズンオフにゴアテックスのメンテナンスを行う。

このウエーダーは、記憶をたどると1999年の遠征時にはいていたもので、かれこれ10年以上使用していることになる。ショルダーの緩みは仕方がないのだが、ゴアの機能が落ちているとはいえ、浸水することなく、ここまで使えるなんて驚きである。
しっかりメンテしていたわけでもなく、けっこう過酷な条件で使用してきた。
あるメーカーは2年で浸水してきたことを思えば、比べ物にならない。

実は、数年前5層のシムスを買い足してはいるものの、膝などに補強していないこのタイプでも十分長持ちすることが実証された。
特に最近は異常なほどに高値のウエーダーに少し疑問を感じてはいるが、当時安くていい品質を提供しててくれたシムスに感謝。
まあ、そのときは日本でもそんなにシムス人口は少なくて、自慢のウエーダーだったけど今では一般的。

IMGP0989_convert_20111011231221.jpg

まだまだいけそうなので、大事に使っていこう。

エバポ清掃



3連休でぽっかりと3時間ほど余った時間ができた。
ずいぶん前にNさんより教えてもらったエバポの掃除に着手する。


IMGP1016_convert_20111016215444.jpg
内装をはがし、4つのタッピンネジを外し、ブロアーファンをおろす。

IMGP1005_convert_20111016215032.jpg

ほんとに掃除ができるのだろうかと不安になりながら、パイプの中に手を突っ込み、エバポの表面を手探りで探していく。

IMGP1000_convert_20111016214923.jpg

以外にも入り口すぐ左側にざらざした感触を確認し、汚れ具合に驚く。
写真のピンボケ部が埃のたまったところ。
どうやって汚れを取り去るか、水で洗うことはできない。どうしたものかと悩んでしまったが、霧吹きで水分を吹き込み、歯ブラシで見えない表面を擦っていく。

IMGP1011_convert_20111016215216.jpg

歯ブラシは何度も出し入れしてすこしづつ、埃を取り除く。
おかげで、腕が傷だらけ・・・・

最終的には、目視できれいになったことは確認できなかったが、明らかに効果があったとこととしたい。
最近、めっきり涼しくなってきてしまい、エアコンの効率が良くなったことが確認できないが、来年の夏が待ちどうしい。

シーバス3



海水でつかったリールはメンテナンス。

実は、実釣中にオーバルのランニングラインが、絡み合ってラインが出なくなってしまった。
何回もラインを出し入れしているうちにラインのが緩んだ状態で巻き戻すため、上からきつく締めこんだラインが食い込んでしまった。
特にランニングラインは、細いため、トラブルの原因になっているのだろう。

結局、現場は真っ暗だったのでリールを変えて事なきを得たが、やはり、現場での経験不足が問題だ。
自宅に帰ってからほどくためにひと苦労。
次回は、フルラインタイプがいいのかもしれない。




シーバス2



今回のシーバス釣りでC&F OUTRANGE(CFTX-300)ラインバスケットを新調!
個人的に前からあるオービスの四角いバケツタイプかC&Fのかえる色バケツが好みであったが、師匠にこれ!と薦められての購入。

使用インプレとしては、軽くて負担がない、水がたまらない、コンパクトにしまえて遠征に使える、何よりラインのからみが少ないことなど、けっこうGOOD JOBです。

いつか行くかもしれない沖縄のリーフの釣りに出動させてもらおう!

シーバス




久しぶりのFLY釣行、足を怪我してから控えていた釣りに行く。
友人に前から気になっていたシーバスに無理やりお邪魔したことになるが、快く案内しもらい、楽しいひと時となった。

干満は大潮では、潮の流れが強すぎるので、中潮の下げがいいようだ。
やはり、経験の豊富な情報は、初めてのポイントではありがたい。
また、今回はダブルハンドのRODも貸してもらい、何から何まで師匠におんぶにだっこ状態で頭が上がらない。

IMGP0972_convert_20111011230117.jpg

ポイントまでは、車で行けない場所のため、自転車に乗り換える。
この日に合わせて折りたたみ自転車を用意させてもらったが、こんなに便利なものなら、もっと早く手に入れればよかった・・・本来ならBD-1がほしかったが、先立つものがないのでいずれまたの機会としたい。

IMGP0977_convert_20111011230246.jpg

満潮時間から数時間後、最良のメインディッシュタイムがやってくる。

繧キ繝シ繝舌せ_convert_20111011221014

シーバスの師匠は、手堅く50cmUPのシーバスをゲット。
こちらのタックルの条件と違うとはいえ、さすがに手堅くいいかたを釣り上げる。
近くのポイントにいたルアーマンは、みなつれなったようすで、師匠だけが不利なFLYで釣り上げる。
さすが!

今回の釣行であたりはあったものの、テクニック的にも道具的にも課題が多く山積。
これから、12月まではチャンスがあるようなので、準備をして次回に再チャレンジを試みたい。
またのお付き合いよろしくお願いします。

さあ、ダブルハンドやラインを購入しなくちゃ!(金欠になっちゃう)

フロントサスペンション用シートラバー



今日は、今後交換したいフロントサスペンション用シートラバーをチェックする。
ゴムのヒダに3つの山がある。
たぶん、シートラバーは4種類あるので、2番目に厚いものと推測できる。

交換には、1番薄いタイプを用意したい。
できれば、後ろ下がりのバディーを改善したい。

番外編 エコカーメンテ



ほかりっぱなしの、乗りっぱなしの自転車を修理する。
スポークが折れてリムがぐにゃぐにゃになっているし、タイヤの山がなくツルツルてんで、いつパンクしてもおかしくない。

IMGP0911.jpg
スポークは購入した店で分けてもらう。
1本30円と破格値で購入。ありがたい。

IMGP0910.jpg
以外にも均等に締め込みをしていくとリムの変形を修正できる。
これでまだまだ乗れそう。
リムの交換は、リアのブレーキ(ドラム)まで外す必要があるので、けっこう大変。
外す部品が多すぎるから、外す前にすべて写真に収めてる。組み立て時にモニターを見ながらの作業となる。

外してからは、NEWのタイヤに交換。
見違えるように乗りやすくなりました。

この自転車、息子が4年半使用したものだけど、あと1年半もってほしい。

氷壁




久々にのめり込んで読んでしまった小説。
もともと、春のつり合宿の宿で読み始めた本をいつかは読破してみたいと思っていた。

山登りをする人にとっては、細かな描写がされて、たまらなくマニアックな部分があるかと思えば、逆にべたな恋愛物語を綴っている。

次回も井上靖にはまってみたい。

苦戦(エギング)



またまた、調子に乗っていつもの河野海岸にシャクリに行ってくる。
この日は満潮が17時ぐらいとちょうどいい潮かげん。

IMGP0886.jpg

しかーし、どんなにエギを交換しても、シャクリに変化を与えても、いっこうにイカパンチはない!
こんばんは、三日月だからいけないのだろか。
とにかく何かの責任にしないと気がすまない。

IMGP0893.jpg
通常なら夕まづめに一波くるはずだが、反応無し。
場所を変えたいが、足の怪我でウロウロする余裕もない。

IMGP0899.jpg

結局、4時間以上に粘って2杯の釣果・・・
IMGP0901.jpg
反応が悪いせいか、釣れても一本背負いでギリギリのランディング。
救いは、周りの人がぜんぜん上げていないこと。
何をしてもダメな1日だ。

NEW TOOL(ボトル)




ボトルカバーに続いてボトル本体を買い替えをする。
以前までは、ナルゲンを2世代にわたって使用してきたが、なんか内側の匂いが気になるため、新調に踏み切る。

JAZZ DREAMが改装オープンして2日目に遊びに行き、その中にモンベルのアウトレットがあったので、そうそうチェックするとモデル落ちで安くなっている。
ラッキー!

蓋の大きさといい、使い勝手を重視した大きさに満足。
たぶん、ナルゲンを真似したかな~
これから、スポーツやアウトドアに使い倒してみたい。

京都



前から宿題となっていた三十三間堂に参るために京都へ行ってくる。その目的は、長男の受験合格のお礼と次男の受験合格の祈願である。

2年前の秋に本堂の中を見学していると、もっとも大きい仏像(千手観音坐像)の両側に護摩木に願い事ができたからである。もちろん長男の時は見事合格したので、今回も次男のために再度お願いに行くためだった。

見事な1001体の仏像には、思わず手を合わせてしまうのは、やはり日本人だからだろうか。無事にお参り終了。

IMGP0770_convert_20110926193901.jpg

その後、通し矢を見学。できれば、1月15日の本物を見てみたい。
以外にも三十三間堂は国宝クラスなんですね。てっきり、世界遺産かなっと思っていた。

IMGP0812_convert_20110926194607.jpg

次に前から一度は訪れたかった銀閣寺へ。
参拝する前に腹ごしらえ。
IMGP0797_convert_20110926194312.jpg
IMGP0796_convert_20110926194041.jpg
駐車場のおじさんに美味しい食事処を紹介してもらったところ、なんと岐阜の高山で食べたつけ麺うどんの元祖であった。とある高山の店で京都料理のウンチクを聞きながら美味しくいただいたつけ麺を京都でめぐり合うとは、なんとも世の中が狭いなあと感じるばかり。
特に薬味がたっぷりあって、モチモチとしたうどんには、大変満足。
行き当たりばったりの旅だが、いいこともあるものだ。

IMGP0816_convert_20110926195558.jpg
さて、本命の銀閣では、庭園の美しさには目を見張るものがある。特にもみじが紅葉したら最高でしょう。間違っても紅葉の時期は訪れることは、ないと思うが・・・
次回は小学校の修学旅行以来の金閣寺にしようかなあ。

今回もメルセデスで長距離トリップに成功する。
まだまだ、高速道路でも十分に走ることを確認できたので、マル。


最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示