FC2ブログ

Just in case



オルタネーターがご臨終になったので、約8年使用したバッテリーも一緒に交換させてもらう。
ケチな自分としては贅沢だけど、保険の意味で交換に踏切る。

IMGP0071.jpg

購入したバッテリーは、韓国製の密封式。耐久性は実績がないため、何とも言えないが最近の技術に期待したい。

さて、交換はすぐに終了すると高をくくっていたが、これがこれが・・・
IMGP0072.jpg
バッテリーを取り外すとプレートにサビが。
さすがにバッテリーまわりはさびやすいのか?

IMGP0077.jpg

そこでプレートを外してボディ側を掃除していく。
車屋に頼んだらここまではやってくれないだろ。自分でやるから丁寧にできる。

IMGP0074.jpg
プレートをしっかり洗って乾燥させる。
IMGP0100.jpg
後日改めてサビチェンジャーを塗布してから黒で塗装していく。
当分は、サビも抑えることができるだろ。

交換後、もっとヘッドライトが明るくなるかな~と思っていただが、そんなに変わっていない。
やっぱり、バッテリーの能力は落ちていなかったかもしれない。

IMGP0218.jpg

チェッカーで確認するもまだまだ行けそうなので、少しの間は保管しておくことにしよう。
ついでに数時間充電して対処しておく。

スポンサーサイト

Complete inspection

IMGP0519 -1

車検の期限が迫っていたが、オルタネーターの修理を慌てて行い、滑り込みでディーラーに入庫。

ユーザー車検時には、サイドスリップ試験を通すためにタイロッドを調整しなくてはならない。
そのときにアライメントがずれてしまうため、ユーザー車検は遠慮している。

もっとも車の管理費をおさえるためにユーザー車検を行っていたが、1度意地悪な検査員にいじめられたこともあり、どうもトラウマになっている。
もう少し、陸運局も素人にやさしくなってくれるといいのだが・・・・

さて、今回は近所のディーラーではなく、車を乗り始めたころにお世話になっていた○スノキのヤナセに頼むことにした。なぜかと言うと技術力のレベルが違いすぎるからである。
とにかく、車に対する姿勢が違うし、お客の要望に対する対応が違う。

車検が終わって車両が帰ってきたが、特に何もいじらないようにおねがいしてたため、問題はない。
ところが、こちらがチャックしてもらいたかった案件についてすべて正確に回答をくれた。
実にありがたい。

今後のメンテナンスの計画が立てやすくなったことは、言うまでもない。

車両の移動には、車載車を用意してもらったことも評価したい。

後からわかったことだが、担当してくれたサービスマンは、あのミスターベンツの後輩にあたるようで、W123のディーゼルにも乗っていた経験があり、頼もしいサービスマンである。
頼れる人に出会えたことに感謝したい。

Half work in Hokkaido




札幌へ3日間行ってくる。
北海道でも結構暑くてずっと半袖。

まったく自由時間もなかったのだが、唯一30分だけ自分の時間があり、1駅分の地下鉄にのってパタゴニアへ行く。
夏物のSALE中とあって、ほしいものばかりであったが、またまたトートバックフェチ病がでてしまい安さに負けて購入。
これが、なかなかいいサイズでなんでも入る。
いい買い物をした。

ついでにTシャツも2枚購入。
最近はパタゴニアでもXSサイズをそろえてくれてるので、ありがたい!

DEAD ALTERNATOR 3

IMGP0260.jpg
お盆明けにオルタネーターのメーカーに直接問い合わせると、やはり間違った商品を送ってしまったようす。最近は、ディーゼル規制で自分のエンジン用のオルタの出荷はほとんどなく、部品を供給したことがなかったみたい。幸い工場に2個だけダブルプーリーが残っていたようで、早々送っていただいた。店の偉いかたの対応はすこぶるよく、気持ちよく再送してもらい、こちらとしてはいい店で購入したかもしれない。

さて、プーリーを外して取り付けるのだが、ワイヤーレンチもなし、24mmのBOXやインパクトもないので、困った・・・
そこで、いつもの○島社長のところへ緊急相談。
いつもながら、遊びに行くと「こんどはなにかな?」と笑顔で迎えてくれる。事情を話すと楽しそうに道具を出してくれる。早速、インパクトで作業をしたが、ものの2分で完了。実にありがたい。

IMGP0261.jpg

自宅に帰り作業に取り掛かる。
オルタを外した工程と逆の作業をすすめるのだが、微妙に本体やプーリーの大きさが違うのかなかなか取り付けができない。
よくよく見ると角度を変える奥のボルトを緩めることにより、ベルトもすんなりかけることができるみたい。もし、夜の作業であったら、数時間は悩むところだったかもしれない。この日は冴えていて、問題点をすぐにクリアー!
IMGP0266.jpg

作業時間も1時間ほどだったろうか。こんなに楽なら前もって交換しておけばよかったかと思う。

今回は8月末に車検が近づいていたので、すこしだけあせっていたが、なんなく完治したので、出費による痛手はあるがうれしい限りである。
これだから、メンテナンスはやなめられない。

New Weapon



久しぶりにランディングネットを新調する。
ネットの好みは、フレームの色が濃く、ネットは淡い色がいい、さらに魚が落ちついやすいようフレームが緩くカーブしているとなおいい。重みは軽いのにこしたことないが、水の中では沈んでしまったほうがいい。(これは請け負いだけど)結局、写真を撮ったときに魚が引き立つように色、形や機能にこだわってしまう。

さて、今回のネットは小さめをチョイスする。いままでは、すくいやすい大きさを選んでおり、おのずと内径のたて長が30cm以上のものになってくる。そして横幅も十分な大きさが必要。そうすると、写真に写った尺の魚がチビになってしまう。
そんなたいした腕もないのに大物がめったに釣れるわけでもないので、魚の大きさに合わせてネットの大きさを調整しなくては・・・・
とそんなことで選んだネット。

これから大物が出る季節がやってきた。
十分に活躍してくれることを願う。

Camping in the Rain




久しぶりにキャンプです。
しかし、2日とも大雨でキャンプ場でマッタリ~

初日の目的地として選んだのは、信州の蕎麦屋。
唐沢地区のそば集落から1軒をチョイス。
IMGP0269.jpg
実は大変迷って到着。
ナビがないので、情けない話。

IMGP0278.jpg

噂どおり、とんでもなく量が多く、これまでの蕎麦屋の中で一番の量ではないか。
しかし、地元の人がいうように味は・・・・

IMGP0301.jpg
さて、キャンプ場ではこれまでバンガローを利用したことはないが、大雨のため楽をしてみた。
これがなかなか快適。
これからも使わせてもらいたい。

IMGP0297.jpg
今回の○ソメキャンプ場は、FLYFISINGのできるポンドがある。
2日目の朝1時間ほど、息子とチャレンジ。
これが、大当たりで10本以上の爆釣。

IMGP0298.jpg
子供の教育のために魚のさばき方から息子にやらせてみる。
KEEPはしたくないが、たまには食べることも・・・

IMGP0320.jpg
帰りは、ぐるっとまわって高山観光。
息子は小さいときに来たきり、覚えがないとのこと

IMGP0357.jpg
IMGP0341.jpg
昼飯ははずれにあるおばちゃんが1人でやっている店へ。
これがなかなか美味しい店で当たり!
ぜひ、高山に行ったときは利用したい。

今回のキャンプ場の近くは、いい川が多いので再度訪れてみたい。

DEAD ALTERNATOR 2



NEW オルタネーターを購入。
この商品は W123用のハイパワーオルタネーターとして55Aを90Aに強化したもの。さらに、ICレギュレーターが付いているので過充電の問題はないもの。
相当期待してます。

ところがところが!
商品が到着してから大変なことに気がつく・・・・・。あとで

商品が到着する前に故障したオルタを撤去作業を始める。

IMGP0220.jpg
まずは、ベルトを調整しているテンションを緩めていく。役に立つかどうかわからないが、白のマーキングをしておく。

IMGP0222.jpg

そして2つのベルトを外す。

IMGP0223.jpg
調整していたシャフトを抜く。
IMGP0221.jpg
もう一つのシャフトを抜く。
これで脱着完了。以外にも簡単な作業である。作業性がいいところがメルセデスのいいところ。

さて、ここで大きな問題が!
IMGP0239.jpg

プーリーがダブル???
どう見ても買った商品はシングル。
ん~。
軸となっているシャフトの太さが違うので、古いものからの移植はできない。
困った。
購入した店に確認したが、お盆休みで確認は先になるそう。

W123の自宅療養は長引きそうだ。

WATCH BELT




ラバーベルトが切れてから、ずいぶん放置していた時計のベルトを革ベルトにしてみた。
ダイビング用の時計だけに電池交換はメーカーに出すのだが、ここは道具を手に入れて自分でやってみよう。

親父の形見だけに再生したいものだ。

DEAD ALTERNATOR



とうとう17万キロでオルタネーターが死亡。
最初はじわじわとバッテリーの警告灯が点灯していき、次にブレーキパット警告灯が点灯しはじめた。

最初のうちは、アクセルに反応して警告灯の光が薄くなっていたが、数十キロ走る間に点灯しっぱなしとなってしまう。
基本的に警告灯の接点は、オルタの発電量を直接計っているようで、電圧が落ちてしまうと電流方向が逆になりと点灯するらしい。
あまり電気のことはわかっていないが、テスターチェックを行いところ

IMGP0144.jpg

まずは、レギレータのブラシをチェック。
バネの反発力もあり、ブラシも半分ぐらい残っているようで問題なさそう。

IMGP0150.jpg



そこでワーゲンでお世話になっている工場長に相談すると2つ返事で確認をOKしてくれた。
バッテリーの端子に直接BOSCHのテスターを接続する。

チェック後のプリイントされた用紙には、レギレータデンアツ:ヒクスギ
・・・・・ん、これは明らかにレギレータかオルタネータ本体と思われる。


いい機会なので、オルタネータの交換を検討してみよう!

Recurrence



なんとまたまたAピラーから雨漏り発生!
最近の夕立の雨で室内にポタポタと水滴が・・・

すでに止水が成功していたはずだったが、どうもまだ完治していなかった。
ホースからの水をたっぷりかけ、ダメなところを探していく。

IMGP0047.jpg

どうもフェンダーとのつなぎ目から漏れているよう。
さっそくいつもシリコンで念入りに注入する。

今度こそは、修理が完了してほしい。
というか、ウエザーゴムを交換しろよ!

ボーズ2




今回の釣行で滅多に会えない熊に会いました。
それも子供の熊。近くに親がいないかとビビッていましたが、親は確認できない。

もしかしたら、尺を釣ることよりも熊に会うことのほうが確率が低いかも・・・
そんなところで運を使ってしまったか。
しかし、久々に渓流で緊張した。

ボーズ



今回は恒例の雪代がおさまった源流釣行。
ポイントは1350mと真夏のイワナ釣りにはベストな標高。

IMGP0110.jpg
登山口から林道に入る。もちろん、届けは出さないけど・・・

IMGP0111.jpg
途中、一箇所目の休憩場所で一服。
ここは、気温差が作り出す自然のクーラーが暑さを和らげてくれる。


2箇所目の休憩場所は、水が補給できるオアシス。
ここでも普通の登山者がいっぱいやってくる。しかし、今流行の山ガールには会えなかった。(さみしい~)


IMGP0112.jpg

久々のツルツルてんをやってしまいました。
1日中振りまくってランディングなしです。
前年、同じポイントでもノーフィッシュのため、相当凹んでいる。

IMGP0118.jpg

救いは、相棒の隊長が尺をいきなりゲット!こちらも大物がいたことだけは確認しているのだが、腕が足りないのか修行が足りない。
負け惜しみになるが、2人で叩きあがる時は絶妙なタイミングで場所を譲る場合がよくあり、今回も後ろで待っている相棒に気を使って場所を譲った瞬間だった。
もし、自分が投げていたら・・・・釣れていなかったかもしれないが・・・・

そんなつまらない押し問答をしてもしょうがないが、今回は1時間以上の山登りをしてからの釣行だけに気持ちが折れ折れ。

IMGP0131.jpg
IMGP0129.jpg

昼は名物のひやむぎで腹ごしらえ。
毎度お世話になっているが、○サビ平は雰囲気がいいので大好きな場所である。
いつかは、この先の○ケ岳まで足をはこんでみたいものだ。

IMGP0134.jpg

さて、イブニング用に考えていた場所は、夏の時期でも以外に実績のある場所。
前半の不調を挽回したいところ。
標高は450mと低いのだが、ダム下のテールウオータが水温を下げていると思われる。
夏でも魚が集まってくるポイントと勝手に思っているが・・・・

しかーーーーーし、イブも何事無く終了!!!!
あのアタックしてくる稚魚はなんだったのだろう?
もしかして、アユかも。

そんなことで久々のボーズをやってしまったが、次への課題としてたくさんの宿題をもらった。
時間を見つけてまた行こう!  ね、隊長!




読みの整理学



活字を読む場合をアルファー読みと・ベーター読みに区分し、読みの種類を紐解いている。特に時代背景とともに読み方が変わってきていて現代人の読み方がいい面と悪い面が2極化している。

いまは、読みやすいものがよいとされ、簡単に理解されやすい文章が好まれるようだ。1度読んでもわからないような難解な文章は敬遠されがちだが、そこに面白さを求めることできたら、少し上のレベルにいけるのだろうか。
ただ、そこまでストイックに読書できないのが、ミーハーなのか、それとも余裕のなさか・・・

Rubber degradation



アンダーに潜るたびに目についていた劣化したゴムを交換する。
それは、マフラーを吊っている輪っか状のゴム。

IMGP0063.jpg
IMGP0066.jpg

なぜか、4つのうち2つだけがひび割れていた。
簡単なメンテナンスであるが、すこしづつゴム系を交換していきたい。

最近、プロペラシャフトの反転する動きに合わせてデフ内で少し遊びがあるような音がする。
それは、シフト時の何かの拍子にずれるような感じ。
専門家に見てもらいたいところ・・・
今度の夏の車検時に聞いてみよう。
しかし、地元のディーラーでは頼りないので、少し遠いけど、隣の県まで車検に出そうか悩むところ。
その昔は、ユーザー車検で経費削減をしていたが、やはり餅屋は餅屋。技術力のある店に頼ることが賢明だろう。

One-off failure




エアークリーナーの台座ゴムが切れてしまうので、カバーとタペットカバーと直結していたが、あまりの振動でカバーの一部が裂けてしまう。
もっとも、できあいでL型のステーを接続していたが、ワンオフでは無理があったよう。

IMGP0061.jpg

けっきょく、素人の足掻きだったようようなので、さっそく取り外してキッチンテープで補修する。

Vacuum Problem Solving




ずいぶん前より集中ドアロックのバキューム圧が、1,2日で抜けてしまっている。
当初は、ドアまわりのダイヤフラムを疑っていたが、どうしても原因がわからない・・・。

過去にワンウエイバルブは交換していたので、まさかこの部品がという思い込みが不良箇所を発見できなかったかも。
エアーの抜け状況を考えれば、おのずと答えは出てきたのに不覚である。

バキュームチェックを行い、新品購入に踏み切ったが、予想どおり改善されたようで、プチうれしい修理であった。
たぶん、1週間はドアロック圧が残っていると思われる。
また、インプレすることとする。
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示