FC2ブログ

Walking in river after a long time



雨の多い梅雨のさなか、昔から通う○波川へ出撃。
高速道路の1000円上限がなくなったのをうけて高速が100KM以内の川の選択となった。
また、雨が多くても実績があり、水量がっても融通が利くとあってこの川はありがたい。

IMGP5430.jpg

ベストシーズンを逸してしまったが、今年初めてなのでいつもの遊魚証を扱う宿で話を聞く。人出は多いようす。熊の出没はあまり聞かないとのこと。
年券が安いので、毎年通ってきてしまう。
また、イワナオンリーの川とあって、素直な出方をしてくれる。そんな組み立てのできる川として好きなポイントである。

IMGP5394.jpg
IMGP5414.jpg

さて、今回も隊長との釣行。彼は震災の影響でまったく川に行けていなかったようすで久々の同行となった。久々とはいえ、源流の最後まで歩き切ったことになる。何年も通っているが、最上流の滝まで見に行ったのは始めてである。ただ、標高はプロテック表示で1050mを指しているので、滝の上もまだイワナは生息しているだろう。もしかしたら、原種に会えるかもしれない・・・
話を戻すと9時半に歩き始めて車に帰っていたのは、18時を回っていた。こんなに長い時間川に立っているなんて遠征にいかないかぎりないことだ。
おかげで、腰が痛く痛くてたまらない。
次の日からの仕事は大丈夫だろうか。

IMGP5437.jpg
IMGP5440.jpg

釣果は、この川として数もそこそこそろえることができて、そのうち泣き弱もはいるなど満足であった。

IMGP5385.jpg

ストマックは、ハッチも少ないことからニンフが中心であったが、天気のいい時間帯をのぞいてはDRYに反応してくれた。ただし、超源流部は、魚が放流されていないのかまったくの無反応。大物を狙っていただけにすこし残念である。結局、放流に頼って釣りをさせられていることかもしないとつくづく思い知らされる。

IMGP5381.jpg

同行の隊長は、ウエーダーを忘れてしまって、海用のダサダサのをはいていた。車の中にあっただけでもラッキーでした。以外に似合っているかも。

ここでカッパについて一言。
今シーズンからSIMMSのライトタイプのゴアテックを使用しているのだが、雨天時にカッパの内側にあるベストを使用する場合、カッパを開け閉めするのチャックを使うことがめんどう。
できれば、モンベルのカッパのようにマッジクテープも併用して装備してほしい。
やはり、雨の多い日本メーカーのほうがよくできている。

IMGP5407.jpg
IMGP5410.jpg

少し時期を外してしまったモンカゲもちらほらハッチしている。
水面には絡んでいなかったが、大きなFLYに反応が良かったような気がする。
以外にもテレストリアルには、渋かったような気がする。
それにしても、用意していったカディスには、すこぶる良かっただけにちょびっとうれしかったなあ~




スポンサーサイト



Nearby

IMGP5371.jpg

息子が骨折してから約2ヶ月が経つ。
骨がとめてあった針金(ピン)を抜き取る手術。
やっとで抜くことができた。

来月の中体連の試合に間に合うのだろうか。
無理はしないでほしいところ。



IMGP5363.jpg



さて、久々に蕎麦屋へ行ってきた。
なかなかお目にかかれない10割麺に舌鼓。

IMGP5364.jpg

新そばがでる秋を目の前にして、麺の古さは否めないが、美味しく食べさせてもらった。
できれば、もう少し太くて腰がある方が好みだけど・・・・

IMGP5366.jpg



The Knit case which I cleaned




はじめてニットケースのクリーニングを決行。

何年も使いっぱなしだったので溶けたWAXが固着状態。
普通に洗濯してもダメと判断し、熱湯でもみ洗い。

はじめは素手で洗うも耐えられなくなってゴム手袋で。
もっとはやく気づけば・・・・


IMGP5355.jpg

さすが、ニットでできてるだけに早く乾く。
これからは、クリアデッキを使うのでWAXの心配は無用。

SURF○日本



長年お世話になっていたBEARのボードの嫁入り
6年は所有したことになるだろうか、コンスタントに使用したのは2年間。
そこそこ乗れるまでになったボードだけに愛着もあるが、何本も置く場所なんてないので、嫁に出すことになった。

次に使ってくれる方は、たいへん温厚な方で、人柄がロングボードの波長にぴったり。
大切に使ってくれるだろう。

ここですこしボードについて私感を・・
BEARのボードは厚みが3 1/8インチと厚めであって、すこし浮力がありすぎたようだ。
自分の体重が60kg弱では、少々持て余していたようす。
実際、ランディングまでの安定感はあるのだが、操作性が悪い。
もっとスピードのない波にゆっくり乗るならいいのだが、伊良湖の波には、ちょっと・・・

IMGP5354.jpg

そこで、最近は、ドナルドタカヤマのジュエルチューダーに。
BEARのボードが9kgあるのにたいして、7kgとびっくりするぐらい軽い。
反転性がよく、波待ちの操作性は抜群。
さらにテールの沈み込みがいいのか、回転性能は驚くほどにいい。
しかし、残念ことにこのダイヤモンドテールはすでにモデルがなくかったので、ボードがボロボロだけに直しながら使っている。
いつまで使えるのだろうか?

最近、経験値を上げるためにもだれでも扱いやすいドナルドタカヤマのDT2を手に入れるが・・・。
こちらは、平均的に優れていると聞くが、試乗はこれから。

満を持して試乗してきたところ。
ランディングがしやすい反面、ローカーがあまりないのでダンパー気味の波には対応が難しそうで、特に頭以上の波には、不向きかもしれない。
もっとも、波の高いときはアウトにも出れないので、そんな心配はないけど・・・
どちらにしても、まだまだ乗り込んでいなので今後インプレッションを楽しみにしている。

IMGP5357.jpg
このボードには、WAXでなくすべり止めのシートでの仕様だが、ちょっとした操作時にすべりを感じるので、慣れが必要かも。
当分、がんばって使ってみよう。

IMGP5349.jpg

さて、今日は風が強く○沢はジャンキーな波でセットが分かりづらい。
西からの風なので突堤の風下になるポイントに○日本へ移動。
これが正解ですこし混んでいたが、新しいボードの試乗にはちょうどいい波だった。

最近、パドル筋のついてきたことだし、更なる成長を期待して海に通うことにしよう。

番外編 AUDI

オイル管理についてちょっと・・・

もともと指定のオイルを使用することが前提のところ、貧乏症の自分は比較的グレードの高いSMでローコストのオイルを交換してきた。

最近、走行距離が7万キロに達しているのだが、すこしオイルの減りが早い。
固めのオイルに変更しているので、記録のために記しておく。

「オイル交換から3000KMで0.5Lの減り」

減り具合は、十分すぎるぐらいの許容範囲となっている。

AUDIの確認用のゲージの1目盛りは、0.5L分を表示しているようだ。
本来なら1万KMのインターバルで交換するオイルであるが、距離が伸びないだけに5000KMを目安に交換予定。

もうすこし、AUDIに乗りたいのでがんばってほしいところ。

ドアキャッチャー


IMGP5341.jpg


ドアのしまりが悪いのか?
イマイチわからない。

キャッチャーのゴムがダレテしまっているようでもない。
そこでキャッチャー自体の位置を調整してみる。
効果はあったようで少しはしまりがよくなる。

しかし、右後ろだけは改善されない。
キャッチャーが悪いのか調整の仕方がわるいのか、悩むところ。
できれば、調整のやり方を教えてもらいたい。

SURFの帰り



波乗りの帰りにKくんのお勧めの悟空へよってきた。
日替わりランチは、残してしまいそうになるぐらいの量にまた使わせてもらいたい店となった。

豊橋では、なかなかおいしい店にありつけないだけにまだまだ放浪が続きそう・・・。

故障リスト2




息子のけがは順調に治っている。
ギブスの間からのチェック。

月中には修学旅行が控えているが、歩行が自由にできるようになるといいのに・・・

SURF○沢

terasawa


一緒に行った友人のセクシーショット。
彼は女の子に人気があるので、けっこう貴重な写真になるかも。

この日は、彼のホームグランドの○沢で入水。
インとアウトで割れる波。ところが、アウトは完全に割れずに途中でなくなってしまう波。
ロングには乗れると判断して入水するが、これが全く乗れない。
実にくやしい。

IMGP5325.jpg

結局、潮が引いてから波質が変わって乗ることができたが、波のチョイスがわるい。
特にパドリングしはじめてから瞬間的に乗れる乗れないを判断することができない。
もっと経験値をあげていかなければ・・・・

疲れて車に帰ってきてから、地面にボードを落としてしまった。
2年前にも同じことをやっている。おもたいボードに耐えられなくて手を滑らしてしまうからだ。

IMGP5339.jpg
帰ってきてから即、修理。
ボロボロのボードだけれど、気に入っているだけに丁寧に使わなければ!

バッテリー



このバッテリーは2003年10月に交換しているから7年と半年使用したことになる。
ずいぶん長いことお世話になっている。

夏を控えて液のチェックを行う。
以外にも減りはほとんどなく、まだまだ行けそうな気がしてくる。

少し前にレギレーターのブラシを確認したが、発電も十分できているよう。
オルタネータも含めていつかは交換を覚悟しなくては!

フロントマスク改修2



しっかり乾燥させてからスプレーで塗装していく。

予想はしていたが、市販のスプレーではうまくできない。
やはり、斑ができている。

乾燥を繰り返し、3回の同じ工程を繰り返す。
最後にクリアーで保護膜を塗装して終了。

IMGP5315.jpg
自前で灯光器を使って焼きつけを行う。
気休めかもしれないが、良しとしよう。

再設置後の写真はないが、無事に完了する。
もっとも、だれも注意深く見なければ、自前の塗装なんてわからないだろう。
へたくそなだけに気づかないでほしい。

旧車2

霎滂ス。鬯伜・祖onvert_20110525221428_convert_20110525221956

なかなか程度のいいGOLFⅠに会いました。
こんな色はあったのだろうか。

たぶん、テールランプの形から1980年式ぐらいだろうか。
自分は、1978年式のGOLFⅠに乗っていただけに少々感動してしまった。
できれば、長く乗ってもらいたものだ。

機会があれば、次の世代のGOLFⅡにもう一度乗ってみい。
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示