FC2ブログ

エアエレメント止め




エンジンの振動でエアクリーナーの台座ゴムが壊れてしまうので、BOX本体をワンオフでステーを取り付けていた。

IMGP5001.jpg

取り付けてから数年経過して、強度がなかったのかブチ切れてしまった。

IMGP5005.jpg

別の材料を探したが、ホームセンターで購入できる既製品で組み立ててしまう。
いつか、もうすこし強度のあるものを探してみよう。
スポンサーサイト



バキュームホース




バキュームの負圧が機能しているか心配なので、点検を行った。
チェックバルブの前後にはホースをつなぐゴムのつなぎがある。
経年変化でゴム自体が伸びきって漏れているかもしれない。
目視で状態の悪いものを交換していく。

IMGP5036.jpg
この9mmのゴムホースがなくなってしまった。
ドアのバキュームが漏れ気味なので、後日ストックを買い足ししておこう。

仕事靴



 

仕事に使うシューズはほとんどリーガルとなってきた。
特にこだわりがあるわけでもなく、1度購入したらソールを張り替えながらずっと履きたいからである。
もし、チョー有名なものをもとめると10万円以上するから、そんな高価のものを日常から履けるわけがない。
幸い隣町にアウトレットが集合した大店舗があり、気軽に安く買えることができる。とくに半期に一度、2足の購入でさらに安くなるときを狙って買いに行く。

今回もレパートリーを増やすために2足を購入。
すこし高めにグレードだったが、デザインのよさにちょっぴり満足した買い物となった。

そろそろ、何足かのソールの張替えが必要になってきたので、近所のリペアショップに持ち込むつもりだ。

MY favorite




春先のカゲロウがハッチの中心となる時期は、カディスの出番はなかなかなかったのだが、近年の東北釣行からオーソドックスなFLYがマイブームとなっている。

特にカディスについてはベイティスの時期でありながら、叩き釣りにいい結果を出してくれる。マッチングからすれば理屈に合わないのだが、よっぽど美味しそうに見えるとみえて1投目の瞬発力は他のFLYには比べ物にならないほどポテンシャルがある。
すこし、用途が違うかもしれないが、川によってはコンパラダンも同様なポテンシャルがある。
この2種類はよく見れば、人の勝手な区別によって分けられているだけで同じような効果を持っているのかもしれない。

そんなことで春先にもかかわらず、消費の高いFLYを巻き試しておく。
当分は、東北地方太平洋地震によって被害受けた方々のためにも釣りは自粛させてもらうつもりなので、活躍の場は先になるが・・・

インシュレータ



10年ぐらい前から、なるべくインシュレータに触らないように作業をしてきた。
経年変化で触るとボロボロと粉が落ちるからだ。
それでも特にボンネット内に落ちるわけでもないので放置していたが、フロントマスクの塗装を考えているため、マスクの取り外しのときにどうしてもインシュレータに接触してしまう。ケチケチしながら、引き伸ばしてきた交換に踏み切ることにした。

将来、同じようにボロボロになるなら半永久的に使えるものをチョイスしたいが、どうも純正しかないよう。

結局SJさんで購入したが、W124には独自で開発した商品があるだけにW123にも用意してほしい。

クーラントお漏らし

IMGP5040.jpg


不思議なことが起こった。
去年の7月にラジエータのアッパーホースを交換した箇所からの漏れ。

もともとラジエータのアッパーホース部は壊れやすい場所としてウイークポイントとなっているため、ホースバンドの締め付けを意図的に緩めに締めていた。
夏場の暑い時期に交換整備し、夏を乗り越えたにもかかわらず、今回漏れるとは・・・・

さらなる締め付けによって解消したが、使用によってゴムが痩せてしまうのだろうか?
冬場は、夏よりもクーラント量が減りやすいとも聞く。
どちらにしてもいい経験になった。

プチデート

IMGP4982.jpg

子供のアッシーついでに土岐プレに行ってきた。
3月のバーゲンにあわせてREGALのシューズを2足買い足すためだ。

購入したシューズは、なかなかモンクタイプのいいものが購入できた!  
ラッキー。
今回始めてわかったことだが、OUTLET商品と正規店から流れてきたB級品の2種類があるそうで、あきらかに正規品の方が質が高いことがわかったので、次回からはフェアが始まったらすぐ行こう!

IMGP4981.jpg

アッシーの迎えまでには、少々時間があったのでおしゃれなベーグル&エスプレッソ専門店へ行ってきた。
なかなかおいしくいただけたので、満足でした。
ごちそうさま。
隣のパスタ屋が混んでいたので、次回は隣へ行こう!

PCブレイク

IMGP4967.jpg


WINDOWS XP PROFESTONL内臓のDELLパソコンのデスクトップが5年を経過したとたんに「修復」のエラーがでた。
そろそろ、壊れてもおかしくないと覚悟していただけに複雑な気持ちになる。
「修復」の方法にすこし苦労したので、記録として残す。



①兼ねてよりPC本体のボタン電池が経てってきたためか、立ち上げ時にF1,F2を選択しなければ、立ち上げ作業ができなった。
そのためと思われるが、修復のためのCDを起動させても動かないことが判明。
F2を選択し、「SETUP ユーティリティ」の中のCD・DVDドライブが1番に選択されるように変更を行う。
②CDが立ち上がる短い時間内にどのキーボードでもいいから押し続けること要求されるのですぐに対応することが必要。

IMGP4964.jpg

③システムはCドライブに入っているので、C:WINDOUS>の表示にCHKDSK /Rを入力すると自然に修復を行う。
④その後再起動を行い、正常に動くことを確認する。

これらの作業が最後まで到達できなかったり、はじめから作業もできないようならば、ハードディスクが逝っちゃっている可能性が高いそうだ。今回はなんとか復旧できたが、今後同じようなトラブルが発生してもおかしくない。
外付けのハードディスクも5年以上経過しているだけにこちらのほうは、早めの交換が必要だ。

IMGP4851.jpg

デスクトップがブレイクしたときのことを考えて、年末に購入していたノートが役立ちそうだ!

合宿3日目



各ブログでも調子の悪い話しか載っていない。
残念ながら最盛期の高原をしらない自分にとっては、今の状況を計ることはできないけど、ここ15年間で比較するとやはり良くないと言える。

さて、3日目は合宿メンバーとの協議して竿出さないことになり、朝からゆっくり温泉に入りのんびり帰宅した。
勢いのあるメンバーでもここまで意欲を削ってしまうほど状況が悪いってことか・・・・。

過去にも3月末になって活性があがってくることもあったこと思えば、様子を見るしかないでしょう。
またの機会をたのしみに・・・。


合宿2日目



2日目は、朝からゆっくりスタート。

いい情報のないまま、手探り状態。
とりあえず、解禁日に釣れた結果のあるリリース区間を釣り上ってみる。
まずは、宝橋の下流部を丹念に叩いていく。あいかわず、人は少ない。

2ラウンド目は、MIZIGUCHIプールまでをいいポイントだけをチェックするだけの釣り上がり・・
またしても撃沈。

IMGP4901.jpg

昼は宿に帰って昼寝タイムです。
例年はこんなことはないんですけどね。

IMGP4927.jpg
IMGP4935.jpg

夕方3時から1日目のイブイニングが良かった場所に時間を合わせて出動。
ちょうど6時前に好機はやってきた。
なんとかいいサイズをゲット。
しかし、この時期に昼間に遊ばしてもらえる川としては、物足りないです。
この解禁を楽しみにしてきているだけに残念でならない。
もしかしたら、漁協の放流の考え方が変わって絶対数が少ないのかもしれませんね。
あくまでも予想ですけど・・・

その昔、イトシロで卵放流の活動をしてきたときもネイティブな魚にこだわってしまうと成魚放流はタブーになってしまうんですよね。しかし、リリース区間の管理と長い目で魚の数を増やしていく考え方がしっかりしていないと難しいかもしれませんよね。高原はどんな方向を向いているのでしょうか?
もしかしたら、釣り人は敏感だから受け入れられなければ、釣り人は離れていくでしょうね。
現実的に年券を購入するときに購入している人数をチラ見したのですが、ものすごく少ない人数にびっくりしましたけどね。
個人的には、きれいな魚を写真に撮りたいタイプなので、ネイティブに近い状態がすき。
上の写真は、イブニング時でボケボケで恥ずかしいのですがいい天気にいい光が差し込んでいるときは、素人でも美しい写真が撮れるんですけど。

IMGP4942.jpg

夜は恒例のくま鍋で舌つづみ。
そのほかにも飛騨牛にイワナの料理に次々と目が飛び出るほどのおいしさに感動!
おいしかったです。幸せだ!ごちそうさまでした。

IMGP4949.jpg
もちろん、温泉も湯あたりするほど入ってきた。
宿の温泉はこれまでより低い温度設定となっていたが、個人的には長湯ができるこれくらいがいいです。
オーナーに来年以降もこの温度でいいと言っておけばよかった・・・。

合宿1日目



心躍らせる待ちに待った個人的な解禁日がやってきた。

年に1度の毛バリ部の○田川合宿に参加。
内容は恒例の温泉付きの極寒FISHINGで例年になく寒さの厳しい合宿となった。
また、釣果も大変きびしいことに・・・・

同行した友人によれば、釣果に左右するハッチは昼すぎの1時ごろにシロハラコカゲロウが水面に絡むように流れていたよう。
自分はいかにもハッチのあとの吹き溜まりを発見したが、流れに絡んでいるカゲロウハは全く見ることができなかった。

雪面の上には、いつもならハッチの痕跡が確認できるはずだが、今年はまったく見られなかった。
宿泊したオーナーの話では、2月の上旬まで工事によって水位が長いこと高かったようで岩についているべき藻がまったくといっていほど付着していなかった。
もしかしたら、長い水温低下によって水生昆虫の活性が低かったせいだろうか。
実は、解禁した日よりずっと滞在していたフライマンによると3日間全くつれなかっとも聞く。エキスパートの団体も調子が良くなかった様子。

IMGP4915.jpg
水温は下流で9度、上流で11度と予想どおりと特に変わった様子もない。水量も温度も悪くない状況と思われる。

IMGP4914.jpg
同行した友人は、いつもなら絶えず好成績を残す強者。
しかし、今回だけは撃沈したよう・・・

自分はイブニングになんとかヤマメとイワナを1本ずつあげることができたが、いかにも渋い出方に難しい日となった。
現場で合うフライマンの中には、地震のことを気にしている人がいた。先月の末に起こった地震が影響していると・・・個人的には関係ないと思っている。

蛍・納屋を焼く・その他の短編


並んだランチ




日頃から溜まっていた用事を済ませるために名古屋へ奥様と久々のデート。

途中、ランチの店を選ぶのも大事なこと。
WEB上で前もって調べておいた口コミで評判のいい○ORACAFEをチョイス。
この店は、矢場町付近で下町ぽい店が続くある一角にあり、若者好みな店だ。特に女性には人気がありそう。
日替わりランチは、奥様の時間ないときの簡単料理にそっくりだった。なんか複雑な気持ちになってしまう。もう1つのランチは、甘さとこくのあるカレー。こちらは、もう一度食べてもいい満足のいく料理だった。ご馳走様でした。


当日はメニコンのコンタクトレンズを交換する。
最近、遠くと近くが見えなくなってきている。間違いなく老化現象でレンズの使い方が変わりそうである。今後もっとひどくなるのであれば、コンタクトレンズで遠くを矯正して近くは老眼鏡をはめることになりそう。どちらにしても、歳を感じずにはいられないことだけにショックも大きい。いつかは、メガネだけの生活になるかもしれないが、花粉症のときにメガネはかけたくない。
今週末から始まる合宿から効果がでるはず。すこしは遠くが見えるようになったので、ドライフライは見やすくなるが、ティペットをフックに通すときが辛いかも・・・
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示