FC2ブログ

忘れがちな燃料フィルター



忘れがちな燃料フィルター

10年前に燃料フィルターを交換してから1度も未交換のままだった。
まったく、不覚であった。(反省・・・)


IMGP3813.jpg
IMGP3822.jpg

先日の燃料タンク洗浄につづき、燃料フィルターの交換を進める。
フィルターには本体とプレフィルターの2箇所があり、プレフィルターの役割がいまいちわからない。念のため、同時に交換する。ただ、純正でではなく、BOSCHの部品を流用するのだが、まったく異型なものに少し躊躇してしまう。新しい部品は、中が透きおっているためなんとなく安心感がある。水を貯める機能があるそうだが、さっぱりわからない。

IMGP3827.jpg

本体を交換するときは、前もって取り置きしておいた軽油をフィルター内に注いでから設置する。エア抜きの量を少なくするためだが、やってみてから、どちらでもよかったことに気づく。ポンプのエア抜き時に圧縮するとフィルター内に補充されるからだ。

IMGP3828.jpg

設置後、ポンプする人、セルを回す人と2人作業が必要と思っていたが、エア抜きがよかったのか、1発で始動。アイドリングが低くなったような気がするので、ちょっと調整する。
実は、トルクが上がったり、エンジンの振動が抑えられたりと効果を期待したが、まったく変化なし。

テストドライブのため、京都の二条城へ行って来た。往復350KMの道のりも快調に飛ばしてきた。なんか、後10年ぐらいは乗れそうな気がしてくる。


スポンサーサイト



忘れがちなタンク



忘れがちなタンク

数日前に起きたエンジンストップ事件。
個人的にはいままで立ち往生したことがなかったため、精神的にショックな事件だった。

急なエンジンストップに対処するために、末端の燃料タンクから原因を探っていく。長年にわたって溜まっていた水が悪さをしたかもしれないと予想し、第1弾としてタンクの水や汚れを取る作業をすすめる。
通常、長年のタンク内の結露によって水が溜まることが多いそうだが、水抜き剤の投入によって解消されるらしい。ただ、噴射ポンプに悪影響があるとのことなので、ここはタンクのドレンを実施する。幸い古い車のため、ドレンがあり、タンク内の入れ替えは以外に簡単そう。

IMGP3740.jpg

ドレンは22mmのヘキサゴンが必要。しかし、22mmなんて普通の素人は持っているわけがない。そこで、いつもお世話になっている○島さんに相談したが、プロでも持っていないとのこと。
ただ、そこからがすごいのが、プロ。工具を作って対応してしまう。フェラーリのホールナットが22mmであったことから、ナットに柄を溶接してワンオフで、ものの5分で手作りしてしまった。これには、恐れ入った!!
ドレンの六角はスムーズに外れたことは、言うまでもない。

IMGP3746.jpg

ドレンでは、ボルト本体にメッシュのストレーナのようなカゴが付いているが、いまいち機能がわからない。一番底についているため、ごみを集めるためとは思うが、至って綺麗な状態だった。
ドレン中は、ある程度抜けるとだらだらと少量が抜け続くのだが、噴射ポンプまでの配管内の軽油まで抜けてしまいそうだったので、途中で取りやる。
ここで、1つ検証する必要が出てきた。
抜いた量が5L強であったこと。実はエンジンがストップした時にスタンドで分けてもらって5Lを追加していたからだ。つまり、ガス欠状態だったかもしれないと結論。もしかして燃料系の不具合ではなく、ただのガス欠???情けない・・・・

IMGP3748.jpg

前もって5Lの軽油をスタンドで購入し、準備する。
セルフのスタンドでは携行缶に給油できないことが法律で決まっているようだ。また1つ勉強になった。
新しい軽油の一部を取りおきしておく。これは、次回に交換を予定している燃料フィルターの補充用に用意する。以外に美しい緑色に感動!

IMGP3745.jpg

その軽油をタンクに追加し、手動ポンプでエア抜きを行う。
予想に反して1発始動。ラッキー。

シーズン最終釣行



シーズン最終釣行

今年最初で最後の○波川。
ここ数年、遠ざかりつつあった川へ久々に行って来た。
相方にとっては、初めての川なので、今日は案内役に徹する。

道中は、北海道遠征の話で盛り上がってしまった。
最近遠征が少ないだけに来年こそは、実現したいものだ。

IMGP3877_convert_20100927210815.jpg

昼前は、人の多い支流に入渓したが、2人ともボー。
少し水量が多いのか、まったく反応がない。晩秋はこんなもんかもしれない。
満を持して過去から良く釣れている箇所に移動。ここでも、反応はいまいちだった。渋いときアントフライにも苦戦。フライを見に来るけど、のらないパターンが続く。

IMGP3902_convert_20100927211041.jpg

ところが、3時を過ぎるころから、ハッチが始まった。
5時前後には、パラダイスがやってきた。絶好調。
サイズはそれほどではなかったが、最後の泣き尺にシーズン最後の1匹として納得する納竿となった。

今シーズンは、釣行回数はそれほど伸びなかったが、毎度一緒に行っていただける友に感謝しつつ、勝手気ままに遊びに行ってしまう親父に文句も言わない家族に感謝し、この場を借りてお礼をしたい。  =ありがとう=

また、美しい魚を育む大自然の川に敬意を表し、来年からもよろしくお願いしたい。秋には産卵作業のお手伝いに来ることを約束し、今シーズン最後としたい。

久々の○前崎

久々の○前崎

3人での波乗りが、現地に到着する前に5人になっていた。
情報交換も含めて大勢で入るのは大歓迎!

IMGP3787_convert_20100920204404.jpg

台風の影響で半島の西側は大波!
中でも人の少ない坂下ポイント先の河口で入水。
実は、セットの間隔が短くて波も高いことからアウトに出られない。
途中で断念して適当な波に乗って帰ってきた。2度ほどチャレンジしたが、撃沈状態。
慰めにもならないが、ロングは一人もいなかったことが救いかも。

IMGP3801_convert_20100920205030.jpg

昼からも西側はジャンキーな波のため、東側の○浜へ移動。
ここでは、ダンパーの波に悩ませられながら、小波をひろう。

ボードを代えてからは、小波に乗りにくくなっているのか、パドル力が試される。
まだまだ、進化しなければいけないと感じた1日だった。


IMGP3793_convert_20100920204558.jpg
IMGP3795_convert_20100920204657.jpg
IMGP3797_convert_20100920204801.jpg
IMGP3803_convert_20100920205152.jpg
IMGP3806_convert_20100920205336.jpg

昼も夜も食事は、ポイント近くの定食屋にお世話になった。
これまで何度も入れなかった○亭では、値段の割りに豪華な刺身に感動。
しかし、一部の刺身が冷凍してあるのには、少しげんなりしちゃったかな。




疑似餌番外編



疑似餌番外編

2年ぶりにしゃくりに行ってきた。
前年は、アオリが不調だったため行っていなかったが、今年はなかなかよさげ。

当日は雨模様の予報だったが、現地入りしてみると星が見えるほどの天候になった。

今回は、6時半から9時半までのイブニングであったが、7杯の釣果とサイズの記録更新があったので、十分満足できるものだった。もっとも、年間を通じて一番釣り易い時期だけに条件がそろえば、誰でも釣れるかもしれないけど・・・・

ヒットのエギは、オレンジの軽めの2.5号。
果たしてこれがよかったどうかわからないけど、とにかく反応がよかった。
地合がよかったのかもしれない。

北海道



北海道

来年の遠征に向けて資料収集を始めた。
今年度は、時間的、金銭的な制約で実行されていないが、来年こそはとおもい本を購入した。本がよかったかどうかは、現地でその川に入ってみないとわからない。

北海道が対象となるとあまりにも広すぎてもう少し限定しエリアでの情報がほしい。
特に道東エリアのアメマス情報に執着したい。
さあ、来年こそは!

パティックサロン



パティックサロン

モンベルの製品を購入した。
日ごろから車の中には、フリースのブランケットとのせているのだが、前から薄手のものがほしかった。

波乗りの着替えに使ったり、寒いときは羽織ったりできる。
またまた、風呂敷にも使えるので、楽しみが増えた。

耳栓



個人的に耳に水が入ると中耳炎などになりやすく、耳栓を愛用している。
最近まで、100円ショップの安物を使用していたが、サーフショップに音を聞き取りやすい耳栓ががあったので試してみることにした。

とことが、これが実に使いにくい。
耳の穴に入りにくいため、入水までに時間がかかってしまう。
海に何をしにきているのか・・・・

高価な買い物の割りに使いにくさが残る品物。
結局、100円もの逆戻り。

それにしても久々のはずれだった!!!

韓国3日目

韓国3日目

IMGP3579_convert_20100915194610.jpg
IMGP3581_convert_20100915194709.jpg

朝食はいつも使っていたコンビ二横にある錆びれた食堂に入った。
かえって上手そうな気配があったが、これがどうにもまずい!
絶えられなくて残してしまった。おばさん、ごめんなさい。

IMGP3595_convert_20100915194818.jpg

朝から予約していた韓国あかすりに行って来た。ホテルまで向かいに来てもらう楽なサービス。
息子と自分は、体を触られることが苦手でくすぐったいのが、耐えられないのだが、奥様に合わせてお付き合い。

あかすり自体はそれほど痛くなかったが、いまいち気持ちよかった感はなかったのが本音。
まあ、話のタネ程度に思うことにする。

IMGP3599_convert_20100915194921.jpg
IMGP3603_convert_20100915195027.jpg
IMGP3614_convert_20100915195128.jpg

その後、女子大のある○○へ移動し、町を散策した。その後、移動に使った電車に驚いた。地下鉄のイメージで電車の到着を待ったが、優に1時間はホームで待たされてしまった。ホームでは、時刻表などの情報もないし、地元の子に聞いても気のない返事・・・結局ソウル駅に到達するには、近いけど時間がかかってしまった。

IMGP3621_convert_20100915195717.jpg
IMGP3623_convert_20100915203042.jpg
IMGP3630_convert_20100915203148.jpg

ソウル駅では、ロッテマートのフードコートで昼食。一般受けする味付けになっているのか、これがなかなか美味しかった。さらに、土産を少しだけ追加してヒルトンホテルへ一時的に荷物を預けた。

IMGP3633_convert_20100915203428.jpg

次は、南大門で、家でお留守番の息子になんちゃってLVの財布を購入。これが、スーパーコピーというが、それも怪しい。これらは、連れ込み販売でいかにも怪しいので、なんでこんなシステムになっているのかわからない。一方、屋台では、少し安い値段でスーパーコピーにならない商品が所狭しと売っている。何がなんだかわからない????
どちらにしても、土産には気軽な買い物となった。

IMGP3640_convert_20100915203554.jpg
IMGP3642_convert_20100915203652.jpg

さらに明洞にいい移動して冷麺とミスドでブレイク。

IMGP3649_convert_20100915203755.jpg

最後は、東大門へ息子との服を買って終了。ここは、10,20代の若者が行くような場所であった。それにしても日本人はねぎを背負ったカモのようで、ものすごい店員の攻撃に遭ってしまう。


番外編 パンク修理

IMGP3738.jpg
番外編 パンク修理

車に関してトラブルつづきである。自宅から約100KM離れたところでパンクした。
原因はハンガーがタイヤに刺さってしまったからだ。
通常ならスタンドで即修理であったが、スタンドが閉まってしまう時間帯であったことや予てから自分でチャレンジしてみたいかったこともあり、自前で修理に挑戦した。


IMGP3739.jpg

穴の大きさは、針金の太さからさほど大きくないので、一般的な修理キットでいけそう。修理は、パンク箇所がわかっていれば、至って簡単な作業だった。
次回からも自己責任内で修理を実施しよう。





C&R

C&R

IMGP3733_convert_20100912181405.jpg

久々にC&R区間に遊びに行って来た。
昼からの出発となったため、2時半に現地入り予定であったが、なんと最近のトラブルつづきを引っ張っているよう。

最後の峠を下り途中、急にバタバタと足回りから音がする・・・・
やばいと思いながらよくよく確認すると右後ろ付近から音が出ている。
念入りにチェックしていくとなんと、タイヤにハンガーが刺さっている!!!ゲゲエ・・
針金状のハンガーを引き抜くとエアがいきよいよく抜けていく。アララ↓。
実についてない。

仕方なくテンパータイヤに交換。
一瞬、タイヤ修理をどこでやるか頭の中を駆け巡る。
結局、自分で直したので、関係なかったのだが。

IMGP3725_convert_20100912181207.jpg
IMGP3730_convert_20100912181308.jpg
IMGP3717_convert_20100912181104.jpg

そんなことで、釣りに専念できない状態で、少なくとも3時間ぐらいは釣りをしたいところ。前日の台風の直撃を受けたのもかかわらず、水の高さは平水より少し高いぐらいでDRYの釣りには、ちょうどいぐらい。今まで渇水状態だったことを思えば、期待が持てるところ。
しかし、300mほどつりあがったが、小さなアマゴとイワナがすこし遊んでくれただけ。ものすごく、シビアな釣りとなった。結局、パンク修理の件が気になって5時に納竿となった。
前々回からストレスがたまっているのだが、どこかで払拭したいところ。
次回の釣行に期待したい。


過酷な夏

過酷な夏

久しぶりにブレイク状態がつづきそう。
少し前から、ラジオが壊れてしまった。通常ならCDチェンジャーやMDが壊れてもよさそうなのだが、ラジオから壊れたようだ。10年使用したので、そろそろきてもおかしくないが・・・もしかしたら、アンテナ系かもしれない。
古いオーディオがあるので、交換してみよう。

過酷な夏は、前回のラジエーターに続き、不具合が続く。
9月の残暑で35度以上の暑さの中、3時間以上、下道を連続走行したのち、アイドリング時にエンジンストップ!エぇ・・・・・
すぐにスタートできるが、すぐにストールしてしまう。

その後、よくよく思慮するが、素人目には噴射ポンプの寿命が近づいているかもしれない。冬場ではすでにこの症状が出ていたが、真夏は初めてのことである。

とりあえず、アイドリングの回転数を上げてみることにする。本来、750回転がベストだが、車載のメーターでは本当の回転数はわからない。エンジンの振動を見ながら調整してみる。あまり、上げたくないけど・・・・

とここで話が終わらない。
次の日に走行中にエンジンストップ!
旧国道で止まってしまったが、一瞬の判断でパチンコ屋に緊急退避ができたため、後続車に迷惑をかけずにすんだ。まったく、胸を撫で下ろす。
それから、JAFを呼ぶこと1時間の待ち。
旧車乗りと噴射ポンプの中古在庫の話を電話でしながら、時間を潰した。

到着したJAFは、町工場のお兄ちゃん。積車で登場。ありがたい。
この方がいい人で、自宅の車庫に入れるまで、面倒をみてくれた。
さらに噴射ポンプ周りをチェックしてこちらの聞き取りから、おおむねの原因を指摘してくれた。

大分前に整備したメーター関係の整備を行ってから、メーター内のバルブが飛んでいる場合があるため、ガス欠警告ランプの点灯を確認したかった。だから、ギリギリまで燃料を使用するつもりだった。
よくよく、考えてみると燃料タンクの底に溜まった水などが悪さをした可能性がある。いつも燃料が半分になるとすぐに給油していたので、いつもにない状況が生じたことになる。さらにここ何年かのエンジンの振動や真冬のアイドリング不調の原因は燃料フィルターが原因かもしれない。ディーゼルエンジンの燃料フィルターは2万KMぐらいで交換するとも言われているのに、裕に5万KMを超えていた。
まったく、不覚であった。

後日、メンテ情報をアップしよう。

シーズン終盤



シーズン終盤

IMGP3693_convert_20100907213343.jpg

通常、7月の終わりぐらいからベストシーズンを迎える源流に9月では遅いと思いながら遊びに行ってきた。特に最近の渇水がひどく、条件が悪かったことがかさなり、なんと午前中、しっかり釣りあがったのに1本だけとさみしい結果となった。

IMGP3667_convert_20100907212334.jpg
IMGP3678_convert_20100907212609.jpg

今回も隊長と朝7時以降に現地集合としていた。彼は、2日前から富山―岐阜県の山岳渓流で遊んでからの参加となっていて、休日しかいけない自分には羨ましいかぎりである。
こちらは、金曜日の夜、用事を済ませてテントとシュラフを積んで20時半に出発。現地近くの予定していたテント場では、登山者がいっぱい。前日から登山に向かうツワモノが車の中で仮眠をとっている模様。場所を代えて無事1晩を泊まった。
来年当たりの北海道の野宿釣行を試すためにもいい経験となった。

さて、午前中は釣り場まで、1時間の歩きを強いられた場所だけに貧釣果に肩を落とす結果となった。やはり、今年度、つれている情報がないだけに来年以降に期待したい。

IMGP3683_convert_20100907213136.jpg
IMGP3685_convert_20100907213238.jpg
IMGP3681_convert_20100907212812.jpg

昼食はいつもの山小屋でソーメンをいただいた。山奥で美味しい食事にありつけて、ご馳走様でした。

IMGP3699_convert_20100907213504.jpg

昼からは、温泉入ったあと、マッタリ時間を持ってから、イブニングに突入。
しかし、小さいヤマメが遊んでくれただけで、大物は無理でした。
禁漁時期が迫る中、シーズン中にもう一度ぐらいは、川に立ちたいところ。

韓国2日目

韓国2日目

この日は、3件の免税店めぐりをして昼食が用意されているオプションが予約してあった。出発はゆっくりであったが、朝から移動もできないので、コンビニで朝食を調達。免税店では、奥様が高級バックを買うか悩んでいたが分不相応でやめたみたい。結局小物以外は購入しなかたので、目の肥やしになっただけだった。
IMGP3533_convert_20100907210426.jpg

昼食は、免税店めぐりのお礼にサービスされるビビンバを食べたが、味が薄い!
何か足りないとおもえば、焼肉が入ってない!
なんか変な感じ・・・

昼からは、明洞(ミョンドン)に送ってもらい、すぐにウオンに換金してもらった。
(1万円→139,000ウオン)
次に目的のメガネ屋で安いめがねを購入。今までのメガネと同じ度のものをつくるなら、おすすめかも。
店員さんの計らいで夕食の焼肉屋を予約してメガネの受け取り時にピックアップもしてくれるとのこと。その間、町をぶらぶらして買い物をする予定だったので、若者が喜びそうな店も紹介してもらった。
店員さんが親切に対応してくれて感謝感謝!

IMGP3546_convert_20100907210738.jpg


IMGP3544_convert_20100907210545.jpg

屋台では服を買ったりしながら、町を散策した。
韓国は、日本よりいきよいがあるように思えるし、人に活気がある。経済のことはわからないが、日本の若者をみるかぎりでは、この先希望が持てないのは、自分だけだろうか。

19時にメガネ屋につき、めがねを受け取り、問題発生。予約がうまく入っていなかったことが判明。
ちょうど雨がどしゃぶり状態で歩いていくには、チト無理。雨がやむまで待たせてもらうことにした。
ところが、社長さんの計らいで乗せて行ってくれるとのこと。なんて親切なんだろう。たぶん、営業のためならこのようなサービスは厭わないのだろう。

IMGP3564_convert_20100907211023.jpg

IMGP3571_convert_20100907211227.jpg


店に着くといきなり、店長が名刺を差し出し予約の件で迷惑をかけたとのこと。サービスで酒や冷麺をサービスしてくれた。注意したいのは、注文は少し少なめのほうがいい。結構な量が出てくる。もちろん、店長の計らいで量についてもレクチャーしてくれた。
IMGP3570_convert_20100907211120.jpg

さらに肉を焼くときは女性がしっかりやってくれるので、日本とは格段の差でサービスがいい。今度もぜひ利用させてもらうつもり。


とうとうきた

とうとうきた

IMGP3432.jpg

サーモスタットすぐ横のホースからのクーラント漏れが発生した。前回から気になるホースは交換してきたが、修理が面倒と聞いていた短いホースからの漏れがとうとうきてしまった。

傍からみると前後の部品を外さずに修理できないかと思ってしまうが、多分無理だろう。ミスターベンツに聞いてみよう。

とりあえず、最近クーラント交換したこともあり、ホースのバンドを再設置して様子を見ることとした。

散髪



散髪

長男が次男の髪の毛を切っている。
結構、次男は喜んでいるようで気に入ったようす。
まあ、息子たちが、仲がいいのは、この上なくうれしい。

韓国1日目



韓国1日目

家族サービスとはいっても、長男は学校が始まっているので、3人での韓国旅行となった。時差もなく、日本語が通じるとあって気軽な海外旅行となった。

IMGP3484_convert_20100902214136.jpg

日韓100周年にあたり、今と昔の反日感情がとりただされる時期だけに少々気になるところだが、一般庶民にはあまり関係ないだろう。

IMGP3481_convert_20100902214024.jpg
さて、今回のツアーは食事も付かない最低の価格のため、16時以降の出発となっている。
アシアナ航空では、軽食が出されたが、あまりおいしくなかった△・・・・残念
現地のヒルトンについてからは、ミニストップで少しだけ食料を調達して夜食を食べてすぐに就寝となった。

IMGP3500_convert_20100902214244.jpg
IMGP3505_convert_20100907210205.jpg

部屋はPCも使用できて、110V電源があり快適であった。でもヒルトンにしては少し狭い感がある。今までのヒルトンの中では、ショボいぐるいかも・・・

IMGP3506_convert_20100907210318.jpg

緯度が少し高いせいか、意外に涼しいので、快適に過ごせそう。
しかし、来る前から胃腸をこわしており、ホテルに着く前にトイレに行きたくなってしまい、汗汗・・・・久しぶりに焦った!!!

人間失格



人間失格

自分はまじめすぎるのか、生まれてきた環境が違うのか、そんな綱渡りのような生活が怖くてできない。
小心ものかも・・・

最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示