FC2ブログ

プチ波



プチ波

久しぶりにFちゃんと一緒に行ってきた。
波チェックのため、東からめぼしいポイントを見て回った。ところが、どのポイントをみてもダンパーばかりで、ショートもロングも入れる箇所がない。結局、どちらも可能な○コポイントで入水。
このポイントはチョー有名だが、人の多さにいつも敬遠していたが、とうとう体験できた。
レギラーの練習にはいい場所。また来ることになりそう。

今回、古いボードを譲り受けての初めてのサーフだけに少し緊張していた。
乗って見るとなかなか操作性がよく、重さもいい。
程度が悪いボードだが、少しの間はこれで練習したい。

IMGP3427_convert_20100822211308.jpg

帰りは、初めての店でランチ。
少し高かったけど、まあまあかなあ。
いつか、また来よう。
スポンサーサイト

番外編AUDI



バッテリィーチェック

バッテリィーに過酷な夏なので、液の量を確認した。
すでに9年目を迎えるため、そろそろあがってしまいそうなのだが、限界まで使用してみたい。

すでに全部屋、ほぼ均等に減っているようで異常はなさそうだが、とりあえず、規定値まで液を補充しておいた。
ただ、補充したことによりご臨終になってしまうかもしれないが、そのときはそのとき。

限界に挑戦!

番外編AUDI

ホーン修理

IMGP3402_convert_20100822210224.jpg


前々からのびのびになっていた右側のホーンを交換する。
多分、水が入って故障してしまったと思われるが、狭い場所にあるだけに水が入ったとは解せない思いだ。

IMGP3414_convert_20100822210424.jpg

IMGP3416_convert_20100822210504.jpg
IMGP3417_convert_20100822210545.jpg
IMGP3421_convert_20100822210747.jpg

さて、前々から用意しておいた同型の中古を使用する。純正とカプラーの形状が違うことや色が違うことをのぞけば、まったく同じホーンである。そのため電源とアース部を配線から分岐しての設置となった。電源を確保するときに接点がうまく取れないと通電できないが、以外に簡単にできた。また、狭い箇所にムリムリ設置箇所があるのだが、これも簡単にクルアした。

もっと早く作業しておけばよかったと思うが、エンジン下のアンダーカバーがあると思うと、ついでがない限り作業をしたくなかったのが本音。


今回の作業は、オイル交換とクーラント交換を同時に行いことで最小限の作業量で済まる目的があった。
オイル交換時には、新しい廃油うけ皿を使ってみた。これがなかなかの優れもので、手や周辺を汚さずに作業ができ、あと処理に手間がかからない。いい買い物をした。今回は量が少なかったが、メルセデスは8L近い廃油がでるので、次回も使用してみたい。

IMGP3410_convert_20100822210301.jpg
IMGP3411_convert_20100822210347.jpg

さらに、クーラント交換を行う。水温を90度まで上げてサーモが全開状態のときに下部のドレンから一気に引き抜く。このとき高温のため、火傷しないように注意を払って作業するのは言うまでもない。あるサービスマンから教えてもらった方法だが、下抜きした量は2Lぐらいしか出てこないので、エンジンブロック内のクーラントも抜けているようには思えない。結局、4回にわたり真水で交換を繰り返すことでピンク色のクーラントが薄くなってから新しい原液を入れることとした。当分交換しなくていいと思うとすっきりした。


クラッシックボード



クラッシックボード

自分のところにボロボロのクラッシクボードが流れ着いた。
見るからに経年変化と管理が悪かったのか、ヤレと傷がひどい。
キズは10箇所以上にわたり、ノーズとテールはフォームが痩せて凹んでいる。

ずいぶん悩んだが、一度は乗ってみたかったJOEL TUDERのボードだけに再生させてみることにした。
ただし、再生しても凹みによって浮力がないかもしれないので乗れるかどうかわからない。
また、あまりにもボロボロで見る人によっては、細い目で見られるかも・・・・

まあ、一度は試してみよう!



IMGP3425_convert_20100822205136.jpg

村上朝日堂はいかにして鍛えられたか




村上さんの性格がにじみ出た内容であった。
結構、頑固かも・・・

タッパー

タッパー

IMGP3335_convert_20100816205427.jpg

今までは、夏でもロンスプで海に入っていたが、気軽に入りたいのでタッパーを用意した。
ところが、下はサーフパンツを履くことになるのだが、これがよろしくない。
ロングボードのためかボードとの間でパンツが滑って操作しにくいことがわかった。

子供たちが使ってくれるので、無駄な投資にはならないが、使ってみないとわからないなあ。

GOOD DAY



いい日だった

久しぶりに家族で波乗りに行ってきた。
お盆中とあって海はめちゃ込みとおもいきや、以外にスキスキ状態。
やはり、込み合うことをみこんでか敬遠してサーフィンに来ていないのだろうか。

IMGP3338_convert_20100816202836.jpg
IMGP3385_convert_20100816203042.jpg

子供たちは、楽しかったようで、のべ6時間以上海に入っていたことになる。
こちらは、ヘトへト状態で帰りの運転を考えると恐ろしい。
今度は、子供たちのレベルアップも期待してもう少し難しいポイントへいきたいものだ。


帰りはゆっくり道の駅に寄って土産を買って、夕食を台湾料理で食事をして帰宅。
家族で貴重な時間が過ごすことができた。

みちの駅で食べたパイナップルのアイスが忘れられない・・・・・

お盆は空いてるか

IMGP3318_convert_20100815101815.jpg

台風4号の影響が心配されたが、富山は以外にも雨が少なくまったく増水していなかった。
出発前に雨量計をチャックすることが、1日を有意義に過ごせることになる。

さて、目的地ではたった1台の車を確認しただけで、まっさらな状態で入渓できた。
そんな好条件にも関わらず、アッタクの連続をしっかりフッキングさせることができずじまい。
ほとほと、自分の下手さかげんにテンションガタ落ち・・・

IMGP3326_convert_20100815102002.jpg

もう少しじっくり攻める余裕がほしいところ。
結局、いつもプールで遊ばせてもらって十分過ぎるぐらい釣らせてもらったが、長瀞のプールでの攻め方を今一度、反省しなくては。



IMGP3329_convert_20100815102248.jpg
IMGP3331_convert_20100815102343.jpg
おそめの昼食は、本場のざるそばに舌鼓。
10割そばとなかなかマニアックな麺にごちそうさま。

真夏のトレーニング

真夏のトレーニング

IMGP3298_convert_20100809203657.jpg

前夜まで息子と調整が付かずに1人での波の乗となってしまった。
ポイントは、I君からの情報により○島よりの○沢に入水した。

ハイシーズンとあって込み合いこともあると思い、早めに出発したが、豊田JCで朝の7時から渋滞に巻き込まれ、
さらに国道23号でも渋滞といつになく早朝からの渋滞にげんなりしてしまう。

ポイントに付くとイン側では、ご無沙汰のポイントだけに砂の移動によって地形が変わってしまったようで、まったく波が立っていなくアウトでの勝負となった。

よさげな箇所を選んで入水したが、実は40分ほどアウトにでることができなかった。潮の満ち引きもあるが、どんなにパドリングしても出られなく、情けない状況におちいっていた。横で一緒にパドリングしていたおじさんも沖に出られないと苦しんでいたので、俺だけじゃないと安心したが、少し考えればわかること、あとの祭りではあったが、100mほどずらしたことによってボードに座っているだけでアウトに出ることがわかった。つまり、離岸流が必ずあるということか。あれだけ、陸に向かって流れがあるなら反対に離岸流もあるはずだ。

もっと、冷静な対応や入水前のチェックでこんなに体力を消耗しなくても済んだはずだったが、結局、沖にでてからは体力不足もあってか、まったく波に乗れない・・・
ほとほと疲れてしまった。
また、離岸流にのって沖に出たが、逆に沖の早い潮に乗ってしまうと帰ってこれない状況にもなりかねない。注意しなければ。
いろいろ反省点があるが、体力や筋力の強化が必要と痛感したしだい。
ひそかに自主トレに励みたい。

IMGP3294_convert_20100809203604.jpg

IMGP3301_convert_20100809203800.jpg
IMGP3305_convert_20100809203853.jpg

帰りは、かねてから気になっていたラーメン屋へ直行。
お勧めの中華タイプに後ろ髪引かれながら、つけ麺を頼んでしまった。
今度は、しょうゆか中華を頼もう。

テント修理

テント修理

IMGP3291.jpg


久しぶりにキャンプに行くことになった。
家族でキャンプに行くようになってから、家族用のテントを用意したのだが、手元にきてから12年ぐらい経っている。
さすがに雨に降られると屋根から雨漏りする。

IMGP3293.jpg

友人のすすめで生地自体の撥水機能を取り戻す製品を購入した。これで復活できるならお手軽リペア。
もちろん、縫い目のシールも施したいところ。
キャンプ場で降ってほしくないが、テストもしてみたい。

今回のキャンプでは、スクリーンタープ内を座敷仕様にしてダラダラできる空間としたい。グランドシート用に3.6m角のブルーシートも用意した。
もし、雨が降ってしまえば、テーブルとイスをセットすることになるが、降らないことを祈りたい。

ウインド止水ゴム交換2

ウインド止水ゴム交換

IMGP3258.jpg


ウインド下の止水ゴムは部品だけ購入して、時間のあるときに特にひび割れのひどい箇所から順次交換するようにしている。
左後をすでに交換済みなので、今回は助手席を交換した。

IMGP3250.jpg

ゴム交換には、ドアミラーを外す必要があり、ミラーの角度を調整するノブから取り掛かる。ノブの裏側にマイナスドライバーでピンを外すとプラスティックのカバーが取れる。

IMGP3252.jpg
IMGP3263.jpg
IMGP3264.jpg

中に緩衝材としてスポンジがあるが、すでにボロボロになっているので、手作りのゴムで再生してみる。

IMGP3255.jpg
IMGP3259.jpg
IMGP3261.jpg

モールについては、便利なスペーサーを利用してキズをつけずに取り外す。実に便利なToolだ。交換を要しているゴムは、亀裂が入り内部の金属が錆びているため、交換してよかった。というか、もっと早く対応するべきだったかもしれない。

裸にしてからは、コンパウンドによる磨きとタッチアップによって錆を呼び込まないように処理を施す。ついでにドア1枚分をコンパウンド磨きとWAXかけを行う。ん~美しい。

IMGP3262.jpg

モールも専用磨きにてメンテンス。

あと、2ドア分が残っているが、緊急性がないので暇なときに作業したい。


レベライザー3 

レベライザーのOHキットとフィルターが手元に届いた。

IMGP3289.jpg
IMGP3290.jpg

キットは、細かい部品がたくさんあり、マニュアルなしに分解するには少々心配だが、玉砕で整備を行う予定。
まあ、なんとかなるでしょう。

近頃、猛暑が続いているので、秋になったら整備しよう!

久々の休息?



久々の休息?

とにかく疲れた・・・・・・。
こんなに体力がなかったのかと自分でも情けないぐらいだ。
最近、参議院選挙や7.15の大雨による災害復旧で酷使していたため、お疲れ気味である。
この夏の行事がこなせるだろうか。
ちと心配だ。

そんなことで自分の時間が取れずにいたが、やっとで自由な時間ができた。

さて、あれほど行きたくないといっていたJがサーフに行きたいとのこと。
急にどうした?
Yは応援団の活動があるため、あきらめてしまったが、1人息子を連れてプチ家族サービスに行ってきた。

シーズンを通して一番混む時期なので、いつもより少しはやめの出発。
帰りの渋滞も考えて午前中が勝負。
いつものポイントへ到着すると混み方はいつもと同じだが、よしとしなくては・・・

はじめに30分はJにつきっきりでレクチャー。
足のつくポイントのためか、本人も波に押される感覚を覚えたよう。
本人はとても楽しかった様子で2時間半では、足りなかった様子。またの機会を用意する必要があるよう。

奥様はビーチでまったりしてもらったが、あの暑さの中、海に入らずに付き合ってくれて、申し訳なかった。
どこかで労いをしなくては。



パン再襲撃

パン再襲撃



最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示