FC2ブログ

リアブレーキホイールシリンダーOH

IMGP0624_convert_20100131083646.jpg


リアブレーキホイールシリンダーOH

日ごろからオーナーのブレーキの踏み込みが甘い車両やたまにしか乗らない車両に起こりやすいと指摘された。1回目の症状は、ブレーキのパットがディスクに接地した状態で音が出ていた。まだ、車の整備を始めたころのことで、見よう見まねでホイールシルンダーのOHを行ったが、当時はいい加減な処理だったよう。

2回目は、駆動系の異音を探し出すためにジャッキアップしてタイヤを回転させているときにわかった。ブレーキを掛けていない状態でタイヤが止まってしまう。一度OHを行った同じ箇所。メンテした箇所だけにショックだったが、仕方なく再度OHをすることになった。

再OHで、ピストンの角度が決まっていることがわかった。素人はだから怖い。1回目はヤナセで純正部品を、2回目はOEMで社外品を購入した。OEMは親切にマニュアルが付属しており、勉強になる場合が多い。やはり、経験値を上げていくしかない。


IMGP0627_convert_20100131083958.jpg

スポンサーサイト



タイロッド調整



個人で陸運局のユーザー車検をうけたとき、サイドスリップでエラーがでた。そのときはトーインについてあまりの知識がなかったため、近所の検査場でためサイドスリップの調整を行ってもらった。

しかし、数千キロ走ってからタイヤの片減りに気づき、あのときの調整が悪かったことが判明した。
つまり、車検場のエラーはメルセデスにとって仕方のないことで申し出すればよかったようだ。
正常なトーをいじってしまった結果となった。

その後、ホームセンタで買ってきた木材でタイヤの前後でー2mmを確保できるようバカ棒によるタイロッドの調整をおこなった。

測る毎に測定値が変わるなど信頼性がないが、あれからタイヤの片減りやタイヤのロードノイズがない。気分的にすっきりしないので、足回りの手術をおこなうときは、3次元のアライメント調整をやりたい。

ラジエーターホース



ラジエーターホース

メルセデスのラジエーターは丈夫なのか、定期的なクーラント交換が功を奏してか、本体には一度もトラブルがない。

しかし、さすがにゴム関係はむりなようでトップホースからの漏れがあった。ちょうど接続部に亀裂があったようでじわりじわりと漏れていた。

応急処置として漏れ箇所を切断してつなぎ合わせたら、止まってしまった。こんないい加減なこともいけないので、次回のクーラント交換時には新品に交換することとしたい。

就職迷子の子供たち 



就職迷子の子供たち 小島貴子

何気なしに読ませてもらった本だったが、要所要所に参考になるところがあった。
自分の再就職や自分の子供たちの進学、就職に役だてたい。

レキシントンの幽霊



レキシントンの幽霊 村上春樹

村上氏の短編は、唐突に終わる。まだまだ続きがあるつもりで読み進んでいくと突然バッサリと終止符を打たれ、途方に暮れてしまう。もう少し、読みたかったのに・・・・・

あとは、ご自分でどうぞってことかもしれない。
こちらがまだ若いのか想像力がないのか、読書初心者には辛い仕打ち。

ただ、氏の本を読むにつれて短編が長編に化けているように思う。
もしかしたら、続きがあるかも。

○勝軒




日曜日に熱田区へ行く用事があったので、昼過ぎに気になっていた中○屋ラーメンに行って来た。
ところが、見てびっくり!
30人は並んでいるだろう。2時に店をじまいするのに並んでいる人は、食べれるのだろうか。
結局、ビョーサツで並ぶのをやめた。
大垣にある本店にいったほうがいいかもしれない。

リベンジにはならないが、次の日に岐阜の○勝軒へ行って来た。
オーソドックスにつけ麺を食べてきたが、豊田の○やし屋とよく似た味である。
もともと師匠が同じであると聞いたことがあるが、すこし納得した。

麺は丸のストレート麺で基本的なつけ麺になるのだろう。
スープはすこしピリッとしていた。
満腹になったので、満足!

IPOD TOUCH



年始に念願のIPODを購入した。WIFIで無線LANに使えるとのことで、いろいろな場所でWEBが利用できそうだ。
また、自宅、電車や車中で音楽管理を一元化できるので、便利さがアップするだろう。

波乗り100123

とうとう1月の極寒にSURF修行に行ってきた。
以外に太陽が出るほどのいい日になり最後に着替え時にさむいぐらいだった。

IMGP1914_convert_20100124210743.jpg

最初は、○キンを確認。
まったく波なし。(とほほ・・・・)
それから移動して○リマノや○ラーなどを確認。さらにLBもぜんぜんダメ。
唯一、○ラーで3人が入っていたが、これからの満潮に向けて収束すると判断して移動。

写真は、いつもお世話になっているIくん。
彼の情報力と行動力にいつも頼りっぱなしである。
これからも、ぜひ僕を誘ってほしい。
ここは、過去にFちゃんがスタックした箇所らしい。
思わず、納得の砂地だった。
自分の車ではぜったいに入りたくない場所だ。

IMGP1908_convert_20100124210544.jpg

車はIくんの70系ランクル!この車ならスタックしないだろう。
かっこよすぎて、ほしくなってしまう。
いつかは4駆に乗ってみたい。

IMGP1920_convert_20100124211018.jpg

今回も頼りにしているポイント○日本に到着。
約30にんはいるだろうか、ロングにぴったりの波。
そして、こんな爺でも真冬の海に2時間も入ることができた。
まずまずのライディングに満足満足。

IMGP1922_convert_20100124211122.jpg

帰りには道の駅でおそめの昼食。

IMGP1923_convert_20100124211333.jpg

1月というのに渥美半島では菜の花満開。
もう、春が近づいている。花粉症が怖い~


ルームミラー



ルームミラー

経年変化でミラーがカビが生えたように模様がはいってしまった。
汚れではないのだが、表面化が劣化したのか、もしくは内部で剥離でも起こしているのか、わからないが、いかにもみすぼらしい。

対策は交換か市販のかぶせるミラーを取り付けるか方法はいくつかあると思うが、かぶせることはしたくない。どうも好きじゃない。

鏡を再生させることができるのだろうか。

超簡単!ブログ入門



超簡単!ブログ入門 増田真樹

自分がブログを始めるきっかけとなった本。
本を手に取ったときは、ブログを始めるためではなく、システムのしくみやメリットが知りたくて読み始めた。しかし、自分の生活の記録として振り返る時に便利であることや文書作成の技術を磨ことができるのではと、発起したしだい。

特にはじめてわかったことだが、文章を書くことがこんなにむずかしいとは思わ
なかった。
言いたいことが先走って読み返すと訳のわからない内容ばかり。
先輩ブログをみると実にわかりやすい。
これからの鍛錬が必要だ。

なるべく更新が続けられるよう写真を撮って、毎日の生活からネタを洗い出して
みよう。

マフラー



マフラー モンベル COL.シャース

またまた、モンベルの商品。
以前から別の色を使用していたが、洗っている間の替えがほしかった。
値段は、1100円と財布にやさしいので、できれば他の色も揃えたくなる。

このマフラーは、細くて長さがちょうどいい。また、肌触りがなんともやさしい。
フリースの薄い商品は、使いやすくていい。
よっぽど、使い込んでから商品化しているのだろう。
モンベルの商品開発へのスタンスがお客を放さない。
こんな会社で働いてみたい。

○浜ラーメン○き



○浜ラーメン○き 

今日は、法事の礼服を買うために名古屋へ。
場所はいつもスーツを購入しているSC。
すそ直しの待ち時間でラーメンを食べにこうとIモードで検索していると近くに○蘭がある。早速、店前の行列にびっくりして店変更。ハードルが高くなってしまった。
と別の店を検索したら「○浜?」たぶんとんこつ系の博多らーめんか?

店に行くときれいなお姉さんが1人。(いいタイミング)
また、値段が安い。替え玉つきで550円ときた。この1等地でやっていけるのか?
味も悪くない。麺は博多の細めん。

大満足だった。また来てもいい店だ。

ねじまき鳥クロニクル 



ねじまき鳥クロニクル 村上春樹

久々に読み進むのが惜しいと感じた本であった。特に3巻までくるともう終わってしまうかと思うと読むスピードを落としてしまうほど、読書の時間が楽しかった。

理解できない現象に戸惑いながら、非現実的な世界に引き込まれていく感じがたまらない。「ノルウエーの森」とはまったく違った世界だった。


フェンダーの弱点



フェンダーの弱点

ある時、フロントフェンダーを覗いたらびっくり!
なんと穴が開いているではないか。錆びて腐っている。

さっそく、どれくらいの症状か確認するためドライバーで削り込みをおこなった。
どんどん広がる穴。(ちょっとおおげさかも)でも、ショックは隠せない。

見た目の悪い修理をしてもあまり人目にさらされない箇所なので、自分でリペア。
当初はパテ盛のつもりだったが、フェンダ-裏の周りを確認してシリコン盛に変更。
錆を十分削り込んだあと、サビチャンジャーで細かいところをタッチアップ。
裏からシリコンで成形していく。乾燥後、表面を同色でタッチアップ用でペイントしていく。

実は、時を外して反対側も塗装面にクラックが走っていることが判明。こちらは、半年に1度ぐらいにペースでタッチアップしている。つまり、半年毎にクラックが入る。

結局、鉄板の溶接の具合か、水がたまりやすいのか、原因がよくわからない。自分の予想はその箇所にストレスが生じて歪が入っていると思う。
いずれにしても、当分はこのままのメンテでやり過ごすつもり。
他の個体もこのような症状はでているのだろうか?

ハッチダンパー交換

IMGP1875_convert_20100111102344.jpg


後ろのハッチが寒くなると手で上げなくてはならない。中途半端な寒さでは自然にハッチが降りてきて頭に激突したこともある。知らずに自分からあたっていたのだが・・・・
あまりにも痛くて交換を決意した。
どの個体も同じ症状が出るようで、あたりまえのメンテナンスのよう。

IMG_7154_convert_20100220144019.jpg

一部、天井などの内装を外す作業があるが、きわめて簡単な作業だった。
交換してから8年ぐらい経過するが、ヘタリはないようだ。

TVピープル



TVピープは村上春樹氏が1963年に書かれた作品集だった。
中でも1つの作品には、「加納クレタ」が登場し、1996年の「ねじまき鳥クロニクル」につながる内容として楽しく読むことができた。

アラジンストーブ



今年の冬は大活躍のアラジン。
自分の記憶では小学校のころから自宅にあったように記憶している。

底の盤には、「YANASE」の刻印があるので、当時親父が車のついでに購入したものだろう。

最近、芯がぎりぎりになってきたので、交換時期である。
たぶん、部品は「16LP」だと思う。

ウインドゴム交換

以前からサイドウインドのゴムがひび割れおり、雨水の浸入があるかもしれないと気になっていた。

ずいぶん前から部品を購入していたが、なかなか交換する機会がなかったためにのびのびになっていた。

IMGP1864_convert_20100111100809.jpg

過去に右後のクオーターモールを取り外すときにドライバーなどでこじってモールをグニャグニャにしてしまった苦い思い出があるので、取り外す道具を購入する。

少し前に友人の車でインロックして時にJAFのお兄さんが使ったテクニックをマネしてみる。それは、傷つけたくない部分に薄いフイルムを挟み込みながらモールを取り外すことだ。これがなかなかいい感じ♪(ニャース)

ここで注意したいのは、ドアのモールは外しは上方向に引き上げるツメになっているが、後ろクオータガラスのモールは横方向にずらすツメの構造になっている。

IMGP1867_convert_20100111101225.jpg

無事にはずせたことに結構満足!

IMGP1865_convert_20100111100951.jpg

よく見るとゴム内にある芯(鉄)が錆びてゴムといっしょにボロボロの状態。交換を決意してよかった。

IMGP1869_convert_20100111101345.jpg

日ごろから、ドイツ車によくあるモールの曇りに注意している。劣化すると表面が剥げて地が出てくるのかわからないが、みすぼらしい状態になる。わたしは、数年前からピンク色の粉状のものを定期的に塗布している。

IMGP1870_convert_20100111101448.jpg

自分の車両のモールは比較的程度がいいので、この作業で効果があるのかどうかは、わからないが商品を信じて使っていくつもり。

IMGP1881_convert_20100111101901.jpg

問題のゴムをはずしたのち、カバーされていた部分の磨き作業のついでにドア1枚分をコンパウンドで磨くことにした。写真でも若干わかるかもしれないが、何年来の水垢がとれてめちゃ美しくなった。他のゴム交換時にはそのドアも磨くことととしよう。

IMGP1877_convert_20100111101651.jpg

IMGP1888_convert_20100117090250.jpg


新品のゴムを取り付ける前にゴムの両端に露出している鉄が錆びていることに気づいた。ビニール袋の中に梱包してあったにもかかわらず、錆びるとは!これでは、またまた、ゴムの中で鉄が錆びてゴムを膨張させることになる。一様、タッチアップの要領で塗装を施し、予防策とする。

IMGP1879_convert_20100111101759.jpg



さらに止めのツメもサビチェンジャーで塗装する。

完成!後日、前のドアのゴム交換を実施したい。






思考の整理学

IMGP1884_convert_20100111172813.jpg

思考の整理学

今回が2回目の読書となり、前回に増して本書の中身に感銘を覚えた。1回目はなんとなく読んでいたようで、それほど面白くなかったのだが、2回目は「東大で一番読まれた本」といううたい文句にも納得している。1986年に書かれた書物が2010年にぜんぜん色褪せていないということは、内容の成熟度が高いと感じている。

このように過去に読んだ本を寝かせることによって違う視点から読めるようになったことが、自分の変化に気づかされる。年をとったら、もう一度読みたいものだ。

外山さんの別の本は読んだことがないので、今度機会があれば、ぜひ読んでみたいと思う。

クラクション



クラクション

配線途中で接触が悪いようで、クラクションの音がはっきり出ない。そこで、昔からお気に入りのGOLFⅡに使用されていたクラクションを移植した。もともと、1989年式のゴルフに乗っていたので、忘れられない音だ。

個人的には、控えめでおしゃれな音に満足している。快感ともいえる音を奏でてくれる。鳴らすたび気分が悪かったが、これで快適なドライブができそう

サブマリーナ

サブマリーナ

年齢的にいい時計がほしいと思っていたときに二男が生まれた。自分の親父が残していったスピードマスターは、宝物である。その時計は長男に譲るとして、やはり、記念に生まれた下の息子に譲れる時計がほしい。個人的は日付があってアナログ機械式がいい。また、釣りをやるので防水機能が高いほうがいい。基本的には自分がほしいのだが、何か口実がいった。





購入してからすでに13年ほど経過しているが、まったく飽きのこないいい時計と自負している。少し見栄もあったが、ほんとに価値のあるものを所有できていることに喜びを感じている。

途中、オーバーホールをジャパンロレックスに頼んだが、そのときからはメンテの料金が値上がりしているらしい。貧乏人には、今後のオーバーホール地獄に悩まされそう。

今後も大事に使っていこう。息子に受け継ぐまで。

ロンスケ2

IMGP1795_convert_20091229111531.jpg


ロンスケの板の前後が削れて、今にも剥離してしまいそうなので、エポキシ樹脂で補強する。これで当分の間、問題なく使えそう。

先日、練習のため勝手知った兄の工場ですべりだした瞬間に警報器が鳴り出して、大慌て!
すぐに兄に電話してあと処理をお願いする。結局、アルソックが見回りに来たらしくて、身内の工場とはいえ申し訳ないことをした。不法侵入には気をつけたい。

IMGP1802_convert_20100105215050.jpg


後日、J君と近所の公共施設でロンスケ練習を行う。もちろん、施設は休みのときに練習。今度は警報器がないので、安心して遊ばせてもらった。

これがなかなか快適な場所で初心者にはちょーどよかった。波をイメージして右へ左へと体重移動を繰り返す。贅沢をいえば、もっと曲げたいところ。これからの鍛錬が必要だ。

2010初詣



初詣に豊川稲荷へ行ってきた。商売の神様と思っていたが、豊川稲荷は、曹洞宗の寺院だそうだ。まさか、お寺
とは知らずに手をたたいて参拝していた。無知だった自分がはずかしい。

IMGP1830_convert_20100104200827.jpg


寺院内では、京都の東福寺を思わせる2階建ての廊下がある。なぜ、そんな構造しているのかは不明だが、なかなかの建物だ。

IMGP1838_convert_20100104201014.jpg


帰りは毎年恒例のうなぎ。個人的には苦手なほうだが、ここのうなぎはカリッと焼いてある(蒸してある)のでなんとかいける。うなぎ通にしかられそうな贅沢なはなし。

ラジエータ サーモ交換

サーモスタッド交換

ある連休に大学からの友人Eちゃんと奥三河へキャンプに行った。
奥三河は、丘陵地が続きアップダウンのたくさんある道路がある。相棒は根っからのホンダ党で走りのいいアブソリュートに乗っている。こちらのW123は、一緒に走るとヒイヒイ言っている。

ところが、通常の平坦地を走っても症状がでないラジエータの水温変化にびっくり。
負担をかける走りに水温が100度を越えた。今までにないことだ。

前からいつかはファンカップリング交換などが必要かもしれないと心の隅にあった。そこで、簡単な事からメンテをおこなうこととした。キャップの交換、次にサーモの交換。

IMG_9278_convert_20091222223814.jpg


結局、サーモの交換で症状は改善した。日ごろからクーラントの交換をまめにやっていたことが、簡単な作業で改善できているかもしれない。
クーラント交換作業は、後日アップしよう。


サーモは通常の80度タイプを使用した。




最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示