蓼科山

2017101102 (4)

この時期に涸沢に行きたくて毎年計画するのだが、なかなか行事が多く、実行に移せない。そこで、ずいぶん前から八方山麓に登りたいと思っていたので、一番やさしいと思われる蓼科山にアタックする。


2017101104 (1)


3連休の天気のいい日を狙って、トライ。
前日から標高1900mの7合目の駐車場に待機。できれば、満天の星を拝みたかったが、残念ながらすっきりとは見えなかった。

2017101103(1).jpg

さて、当日の朝はゆっくり起きて8時にスタート。
若干遅れた感は否めない。これがあとから効いてくる。

2017101109 (2)

前半は針葉樹と白樺が鬱蒼として景色が見えない。
しかも、期待した紅葉はイマイチ。やはり、ダケカンバの赤がみたい~

2017101109 (1)

2017101105 (2)

途中の山小屋からはゴロゴロの巨石があり、急峻な登山道を登っていく。
森林限界からは高木が無くなり、眺望が開けてきた。
下山してくる人の話では、富士山以外はすべて見えたとのこと。
斜面から立ち上がってくる雲を見ながら、頂上に雲が覆われてしまったらと、気がはやる。

2017101102 (3)

2017101107.jpeg

2530mの頂上は少しだけガスっていた。
完全に360度見えたと言えないが、穂高連峰がきれいに見えたことに感動!
できれば、もう1時間早く登っていれば、もっとクリアーだったかもしれない。
でも、ここまで眺望がいいとは思っていなかっただけに、満足の登山だった。

[広告] VPS


下りは団体登山者に阻まれ、マイペースで下れない。
ここでも、もう少し早く出発していればと、悔やまれる。

2017101106 (3)

この秋から冬にかけて、もう少し低山にアタックしたい。


2017101108.jpeg

おまけで八島ヶ原湿原~
次回はゆっくり散策してみたい。
スポンサーサイト

街で見かけた旧車  ラビット



近所でラビット発見。
エンブレムはSUPERFLOWとある。
初めて気づいたのだが、リアのホイールは片持ちなんだ~

実は自宅にもラビットがあるけど、管理する車両が増えて来て、手が出ないのが悩み・・・
いつかは復活させたいところだが、できればベスパのほうがいいかな~

街で見かけた旧車  タイプ3



前回の海でタイプ3に遭遇。
日頃行かないポイントだけに始めて見る空冷ワーゲンを見つけた。

この個体とてもきれいに管理されている。
「イワセ」のステッカーが貼ってあるので、まったく根拠はないが、長いこと乗り続けてられているのでは。

このキャリアは自分が二十歳の頃にGOLFⅠに付けていたものと同じ。
懐かしい~

純正のステアリングにレザーが巻いてあった。
参考にさせてもらおう~


街で見かけた旧車  ミニ



見るからに古そうなミニ。
どれくらい古いのか、まったく知識がないのでくわからない。
でも、オースチンのエンブレムからすると、「オースチンセブン」みたい。
たぶん、1960年代だと思う。
色がいいなあ。

マンションで野ざらしなのが残念。
どこかで屋根つきに入れてあげたい。

遠足

2017071601 (7)

夏休みを利用して福島県へ。
しかも、登山とフライフィシングそして波乗りと東北から北関東をウロウロする予定。
ちょっと欲張りすぎか・・・

1日目は自宅を用事を済ませてから大移動。
走りっぱなしで会津若松へ。

猪苗代湖は「君の名は」の風景に似ている~

2017071601 (9)


2017071601 (1)

次の日、早朝6時から磐梯山へアタック。
途中、廃墟となった温泉地。

2017071601 (2)

2017071601 (4)

裏磐梯山の湖を望みながら、7合目の山小屋へ

2017071601 (8)

山小屋のトイレは携帯トイレ専用だった。
今どきか・・・

2017071601 (6)
2017072001.jpg

2時間半で登頂。
標高は1816mと震災後、数m低くなったらしい。

総評としては、スタートの頃のブナ林が美しい。そして、途中の雄大な火口に感嘆し、頂上では180度の眺望で猪苗代湖が眺められる。
しかも、前日の登山口の八方台駐車場での星が最高だった!
いい山だ~

この日は那須高原に向かって移動する予定。

2017071601 (10)
2017071601 (11)

途中、大内宿で寄り道。

2017071601 (12)

ちょっと変わったソバだったが、久々にうならせてくれた美味さだった。
ぜひもう一度、訪れてみたい店(三澤屋)となった。

2017071601 (13)

汗を流すために公共の温泉、あゆり温泉に立ち寄ったが、なかなかいいお湯。
ツルツルになるところがいい。

さあ、明日からも・・・・
しかし、旅行は始まったばかりだったが、自宅から帰ってこいCALLが。
身内に不幸があって、すべて中止!
ソースかつ丼に、そばに、餃子に、海の幸と、楽しみにしていたが、志半ばなってしまった。
ん~また訪れることを約束して那須高原を後にした。
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示