Gショック 電池交換

2017110401 (1)

マジか~
前回の交換が4月だから、電池が半年しかもたなかった。
毎週のように海に行くので、すぐに復旧しておきたい。

2017110401 (2)

2017110401 (3)

早速裏蓋を外す。
前回からわかったことだが、ベルトを外しておかないと組み立ての時に裏蓋をうまくセットできない。

電池はCR2025だが・・・
前回は半年で交換となってしまったので、100円ショップでなく、わざわざホームセンターで購入したのに、なんと今回も半年で交換となってしまった。
このモデルは7年電池が持続するとあるが、なぜ早く消費してしまうのか????

2017110401 (4)

毎度活躍しているTOOL。
お世話になっているが、できればもっと精度の高い工具がほしい~
スポンサーサイト

MSR メンテナンス



モチヅキさんからOリングなどが届いたので、メンテナンスを。
このMSRは1996年購入のmsrウイスターライトの旧タイプ(siggボトルに使えるタイプ)。
それ以来、ノーメンテでハードな使用にも耐えてきたが、さすがに圧を掛けた時にガソリン漏れの症状が。
とりあえず、パッキン関係を総替えしておきたい。

2017083101 (2)
2017083101 (3)

まずはフューエルチューブOリングを交換。
なぜか、新品は赤色で塗装されていた。
新品であることを示しているのだろうか~

2017083101 (4)

次にガス量を調整するコントロールバルブのOリング。
しっかり、専用のオイルを塗布してからセットしていく。

2017083101 (5)

フューエルボトルO-リング ももちろん交換。

2017083101 (6)

最後にポンプカップ(ラバー)を用意したが、既設はレザータイプでまだ充分な圧縮が得られるので、このままで。
実はラバー製よりレザーの方が性能がいいからだ。

[広告] VPS


弱火から強火までしっかりとブルーの炎が上がっている。
これで、当分活躍してくれると思う。マル

チェーンブロ

2017082701 (1)


最近のバイクはカウリングでカバーされていたり、アルミ製でできていたり、とジャッキをかませる場所がない。
普通はスタンドを購入するべきだが、車種によって使用できなかったりするので、ここは他の用途も視野に入れて対応したい。

2017082701 (2)


そこで、将来クルマのエンジンを吊り上げることができる手動式の2tチェーンブロックをセットした。
これで、いつでも簡単にバイクの足回り作業に使える。マル

焚き火用チェアー レザークラフト

2017082101 (2)



キャンプ場でローワークなシチュエーションには、コンパクトな折りたたみイスが重宝する。特に薪などのコンロ横での火の管理には、ロータイプが作業しやすい。
そんなことで、昔から3本足の開脚タイプを愛用してきた。
今回は使用頻度の高いイスにヌメ革の1.7mmを使用して着座部を作成してみた。

2017082101 (1)


ん~ここまで完成度があると、後は耐久性が望まれる。フィールドのテストがOKなら、量産もありえるかも。
使用時と収納時のレザーの撓り具合がいい感じにできたので、マル。

ジグソー



日曜大工はあまりやらないのだが、どうしても曲線に切ったり、木材をくり抜いたりする作業がある。そんな難しい作業には、これまで糸鋸をつかっていた。

これまで購入を見送っていたが、友人がクルマの内装にジグソーに使っていることを聞き、やっとで決心がついた。

Rに切ることに少しだけ慣れが必要だが、力なく簡単に切れてしまうのが、ありがたい。もっと早く購入すればよかった。
今回は安物にしてしまったが、素人にはこれで充分でしょう。

コストパホーマンスも含めて、マル!
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示