番外編 GOLF バリアント オイル交換

2017102001 (1)

すでに9年が経とうとしている。
これまでに1度だけオイル交換を自らやったことがある。
つまりそれ以外はすべてディーラーにお任せ。

どうも、新しいクルマは手を出したくない癖があるようで、古くなったものに興味があるようだ。
車検を前に相方にまだこの車に乗るの?と質問。
すると、まだまだ乗るよ~

そうそう乗り継いできたワーゲン車の中で、一番手のかからないクルマ。
ワーゲンはそんな信頼があるメーカーになったと思う。
車両の健康診断を兼ねてオイル交換を・・・

今では、時代に逆行して空冷ワーゲンに遊んでもらっている。
こんな幸せなことはない~

2017102001 (2)

さて、オイル交換はフィルターもしっかり交換。
交換しやすい場所にあって、マル。

2017102001 (4)

オイルはVW504 5W-30 ロングライフ。
値段や長期で使えることを考えれば、充分に高級オイルと言えるだろう。
必要量は3.7L。
これで、1年もしくは1万5千キロは交換なしで行ける。

2017102001 (3)

ついでにエアフィルターをチェック!
ん~汚いな~
後日改めて交換ですな。

まだまだ乗るなら少しずつメンテンアスしていきますか~


スポンサーサイト
[ 2017/10/20 21:53 ] W123 メンテナンス  | TB(0) | CM(0)

W123 バキューム その2

2017092702 (2)

エンジンが止まらない症状が発病してからずいぶんと放置状態。
バキュームエレメントの修理をしなくてはならなかったのだが・・・

2017092702(3).jpg

ダイヤフラムの根元をピアノ線でエア漏れしないように。

2017092703.jpeg

ケースとの間にはテープで隙間を極力すくなくして、密封性を高める。

2017092701 (4)

バキュームチェッカーで確認していく。
意外に行けるかも~

2017092701 (2)

仮セットしてテストしていく。
エアコンの温度設定を最大にすると、ダイヤフラムが作動する。
しかーし、エンジンが止まらない!
よくよくチェックするとダイヤフラムが完全に稼働していないようだ。
結局、努力もむなしくダメだった。

このバキュームエレメントのロッドの短いタイプは手に入るのだが、このタイプは国内では手に入らないそうだ。

2017092701 (3)

2017092702(1).jpg

配管の先に栓するとエンジンがしっかり止まり、ミッションのつながりが良い。さらに外気のコントロールはないがエアコンがよく効いてくれるので、当分の間この状態で様子を見るつもり。

気長に部品を探しますか~
[ 2017/09/27 22:38 ] W123 メンテナンス  | TB(0) | CM(0)

番外編 AUDI TT パンク修理



久々にTTが帰還。

2017072601 (2)

タイヤにネジが刺さって、パンクしたとのこと。


2017072601 (3)

穴はそれほど大きくないので、自前で修理することに。
穴の形を整形していく。

2017072601 (4)

専用の修理材をぶち込んでカットして終了。
毎度、素人の修理でも問題がない。
もしものパンクやバーストした時を想定して、リアに履かせておく。

これで残ったミゾを使い切れるぐらいは、履いていられるでしょう。マル
[ 2017/09/26 22:19 ] W123 メンテナンス  | TB(0) | CM(0)

W123 300TDT 異音



ヘルプです!
このブログを見ていて、クルマのメンテナンスについて詳しい方、教えてください。
車両はメルセデスW123 1981年式 ディーゼル3000CC ターボ付き  トルクコンバータです。

【症状】 
 「セルを回して、エンジンが始動する瞬間に「ドン」と異音がする」

イメージはシフトが変わるときにドンとなる感じ。
これって、セルのピニオンギアの戻りが悪い場合とは違う気がする。
まだ、エンジンルームやジャッキアップして下から見ていないので、横着な話ですが、これからチャックしていく場所や方法が分かると助かります。
どなたか、不具合の可能性のある個所をいくつか提案してくれませんか。
コメント欄によろしくお願いします。
[ 2017/09/04 22:25 ] W123 メンテナンス  | TB(0) | CM(0)

W123 TDT 車検




毎回ドキドキする車検がやってきた。
特に不具合がないと思っているが、素人メンテは見落としがあるかもしれない。

結果的には車検をパスできる状態だったので、関係ない不具合だけの報告を受けた。
その中にレベライザーが機能してないとの報告があり、さてどうしたものか・・・
リアのショックは充分に働いているようだが、重たい荷物を載せたときに高さを制御してないようだ。
走るだけなら問題ないが、レベライザーのBOXかそれともポンプがダメなのか、おいおいチェックしていきたい。

製造は1981年式なので、37年目を迎えることになる。
もうすぐ20万㎞を達成し、まだまだ走ってもらうつもり。
イギリスやフランスでは数年後には内燃機関はやめてしまうと報道があったばかり。
さらに相次いでディーゼルエンジンは不正が発覚しており、風当たりが悪い。

エンジン付にいつまで乗れるか分からないが、とことん粘ってみたい。

今回の無事に車検が通過したことに感謝したいが、○ナセさん!旧車の車検に対して費用がかかりすぎ!
でも、担当者のサービスマンはとても親切で、レイトバスの不具合の相談相手になってくれた。
ありがとうございます。
やっぱ、プロはすごい~
[ 2017/08/26 21:22 ] W123 メンテナンス  | TB(0) | CM(2)
プロフィール

baetis

Author:baetis
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター