エギング

2017091401 (2)

フライロッドをエギロッドに換えて、釣り欲を発散する。
9月中旬と言えば、年間を通して一番アオリイカが釣りやすい。

午前中は健康診断を受け、胃の検査でバリュウムを飲んでいた。
午後からはフリーな時間があたので、日本海までひとっ走りしてきた。

2017091401 (3)

ちょうど日が落ちる時間帯を狙って、地合いを探っていく。
でも、釣りをしている間に2回ほどバリュウムの下りに耐えきれず、トイレに駆け込む。

2017091401 (1)

結局、4時から8時までの4時間をしっかりしゃくってみて、ようよう1杯ゲット。
まわりの人も調子悪いようで、釣り上げていない。
堤防の上には、充分な墨跡があったが、この日は地合いがなかったようだ。

しかし、意外にもこの時期にしては大き目のサイズ。
この1回目の釣行はその年の釣行予定を決める指標となる。
釣果がともなえば、すぐにでも次の釣行をきめるのだが・・・
今年はないかも~
スポンサーサイト

秋のフライフィッシング

2017091101 (4)

今シーズンは他に集中することがありすぎて、釣りに行くことがないがしろに・・・
そうこうしているうちに禁漁が迫ってきた。

友人の爆釣情報に誘われて、シーズンラストスパートを掛ける。

2017091101 (1)

この日は水温13度とまあまあ。

2017091101 (2)

曇りで釣りやすい状況だったが、魚の活性はナッシング!
フライを見に来るが、途中でやめてしまう。
フッキング至ったイワナは緩い流れで、フライをしっかり見せた時だけ・・・
そんなにうまく流すことはできない。

2017091101 (3)

ようようフッキングさせるが、中学生クラス。

2017091101 (5)

帰りは明るいうちに足湯で反省会。
今シーズはあまり大物に縁がなかったので、来年こそは遠征も含めて体制を整えておきたい。

さあ、9月後半はエギングでも行こうかな~

夏の遠出 2日目

2017081502 (8)

この日の目的は郡上八幡の徹夜踊り。
特に街中にある友人宅を拠点に、食事したり、飲んだり、買い物したり、そして踊ったりと3年連続で遊びに行かせてもらっている。
スタート時間は20時からなので、午前中は今年まだ入渓していない川へ。

2017081503 (6)


夏の間は無理して川に立つことはないのだが、この川だけは水温が低い。

2017081503 (7)

この日も朝9時の時点で水温が15℃といい状態。

2017081503 (5)


夏の釣りは足で稼ぐと言われているが、この日は1匹釣ったら止めるつもりで入渓。
いつも釣らしてもらっているポイントで予定の1匹をゲット。
この岩魚くん、渓相にあわせて真っ白に変身しており美しい魚体を見せてくれた。

2017081503 (4)


全体的に瀬では出ないが岩魚らしいポイントでは渋いながらもアタックがあった。
残念ながら、食いが浅いのかフッキングしなかったり、ブレイクしてしまったりと、この時期にありがちなやり取りだった。

この日は相方がいたので、充分な時間が取れなかったが、次回に繋がる釣果だったと思う。

2017081503 (8)


さて、このあと湿原を見に行ったり、道の駅のマルシェに寄ったりして、郡上入り。
買い物も済ませて、友人と食事会。
大学時代からの友人たちといいひと時を過ごさせてもらった。

2017081506.jpeg


もちろん目的の徹夜踊りにも参加。
去年購入した下駄も大活躍してくれた。
来年は浴衣か~



夏の遠出 1日目

2017081502 (2)


ずいぶん前から日本海側でうまいものを食べたいと計画していた。
目的地は氷見。
途中、クライミングのオリンピックジュニア大会の会場を見学。

現地入りして、朝一番にすしを食す。
しかーし、入った店が悪かったのか、お世辞にもおいしいとは・・・
サブメニューのご当地ラーメンの方がうまかった。
やらかした〜

2017081502 (1)

ここでは1箇所目の熱い足湯でまったり~

2017081502 (3)

2017081502 (11)

氷見から移動して、クルマで走れる砂浜でのんびりしてきた。
波乗りができるポイントを気にしていたが、この時期の日本海はいい波が立ちません。

2017081503 (1)

2017081503 (2)


2017081503 (3)

さて、気を取り直して金沢の近江町市場へ。
ここではちょっと有名なすし屋で欲しいものだけをチョイス。つまり、すしのハシゴ。
のどくろがおいしかった~

<2017081502 (4)

日本海を離れ、涼しい白山方面へ。
夜は2箇所目の足湯でまったり~

ウエーダー修理

2017072101 (1)

SIMMSのG3モデルがとうとう穴が空いてしまった。
すでに10年以上使っているので、ここまでノントラブルだったことが不思議なくらい。
実はこの5レイヤと並行して使っている3レイヤモデルは、2000年より前から使っているので、もっと丈夫にできている。

まずは、ひっくり返して水を満タンに満たしていく。
案の定、ひっかけ傷が1箇所。

2017072101 (2)

もともと付属していたリペア用のパッチとアクアシールで修理した。
これで、あと数年は活躍してもらいたい。
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示