レイトバス バックアップライト修理

2018021705.jpg

2018021702 (2)

数日前にトラブっていたバックランプの不具合を直すべく、テールライトのケース内やバルブをチェックしていく。
切れてはいなかったが、せっかく外したので新しいバルブに交換。

2018021702 (3)

前の晩にヘインズの配線図でバックアップランプと点火コイル間のヒューズについて勉強していた。
少し前にその配線はマニホールドに触れて焦げて線がむき出しに。
ってとこは、どうもショートしていたみたいで、確認していたヒューズが切れていた。

2018021702 (1)

7.5Aのヒューズを交換して、さらに2度と焦げてしまわないように、配線ルートを変更し、蛇腹のカバーを施す。

2018021701.jpeg

するとバックライトが見事点灯!
修理完了。
そして、壊れていたと勘違いしていたバックカメラも作動した。
バックランプから電源を確保しているので、復活!マル
スポンサーサイト

レイトバス オイルフィラーキャップ

2018021601 (3)

コルクのガスケットがバラバラになっていたので、エンジン内に落ちてしまってはまずい。

2018021601 (1)

すでにぺったんこ状態。

2018021601 (2)

それほど効果はないと思うが、部品が手に入ったので、そうそう交換。

フライロッドのグリップと同じように、コルクのガスケットが好き。
ちょっと変わり者かも~

LH178V オイル交換 と バッテリー



定期のオイル交換を。

2018021502 (2)

2018021502 (3)

フィルター交換なしで、オイル交換量は5.8L。
毎度、オイル量が変動する。
エンジン内の温度で排出量がかわるのか???

2018021502 (1)

最近寒くてワーゲンバスに続いて、バッテリーが上がり気味・・・
常時接続できる充電器の能力を試してみる。
バイク用で能力がないと思ったが、これがなかなか優れもので・・・・
明らかにエンジン始動がスムーズになった!マル

レイトバス エンジンオイル補充

2018021501 (2)

前回のオイル交換から1000KM走ったところで、オイル量のチャックを行う。


2018021501 (1)

2018021501 (3)


補充量は0.2Lと少な目。
この距離でオイル消費量は1Lぐらいまでは許容範囲とすれば、ずいぶんと少ない。
心臓部が健全だと当分オーバーホールの危険はなさそうだ。

W123 300TDT エアコンパネル



2018021002 (2)

エアコンパネルの麦球バルブが点灯していないようなので、まずは分解作業から。

2018021002 (3)

温度調整のノブを外すと、中身が粉々になっている。
全く予想外の展開。
どうしてこんなところに負荷がかかるのか・・・・

2018021002 (4)

ノブのバルブと温度を示すバルブが飛んでいた。


2018021002 (1)

ここまでパネルが壊れていると再生できるだろうか~
どうやって直すか、一晩寝かせよう。
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示