FC2ブログ

300TDT モジュレーター



少し前に身内がメルセデスを借りてった時にミッションのショックが大きいよ~と
日頃から乗りなれて、不具合に無頓着になっていた。

もともと、ミスターベンツによれば、少しだけシフトショックがあった方がいいと・・・
自分はその方がミッションに負担が少ないと理解していた。

でも、言われてみれば、「ドン」っと音とともにショックだ伝わってくる。
特に、エアコンを掛けているとミッション側の負圧が足りなくなるのだろうか???

2018082001 (2)

まずは下にもぐることから。

2018082001 (1)


そこで、まずはモジュレーターを疑ってみたい。
すでにモジュレーターを交換してから距離や年数が経っている。


2018082001 (3)

交換することも視野に入れながら、まずはT字のノブ調整から。

○右回しは滑りがあるとき
○左回しはシフトショックが大きいとき
確か、こんな調整だったような・・・・

今回は、「左回し半回転」
その後の試乗で明らかにシフトショックがなくなった。
でも、個人的にはもう少し「ガクン」とシフトチェンジした方がいいかも。
少しの間、乗りながら微調整したい。
スポンサーサイト

LH178V エアコン配管漏れ



少し前にエアコンガスのR134Aを補充した時に、明らかにガス漏れがある接続部があった。
R134Aは緑色。
漏れてる感じがプンプンだったフランジ部(画像中ほどのボルト)をキュッキュッと増し締め。

改めて何百キロと走りこんでから確認すると、ガス漏れがとまった!
チョーラッキー!

このハイエースのエアコンが壊れると車両が古いだけに、存続が危ぶまれることになる。
結構心配だったが・・・
これで、配管のパッキンを交換して、真空をかけて、さらにガスの入れ直しなんてことになったら大仕事だった。
1つ簡単に解決できた。マル

LH178V スライドドア網戸

2018081901 (1)

さて、9月の遠征に向けて装備を充実させていく。
車中で寝ることも想定して、空調を整える。
これまで、バックハッチとスライドドアの窓には網戸を活用していたのだが、窓だけでは空気の換気ができない。

そこで、スライドドアの開口部全体に付けるネットを新調してみた。

すでに100系の商品は受注生産しかなく、間に合いそうもななので、200系のネットを流用することにしてみた。
200系所有者に開口部のサイズを教えてもらったり、カタログのサイズを確認した。
分かったことは100系から200系になった時に横方向が120mm拡大されている事。
縦方向は変わりなし。

そこで、若干のサイズ違いがあるが流用できることが分かった。
画像のようにすこしたるみがあるが、ぜんぜん問題なし!ラッキー

2018081901 (4)

2018081901 (3)

周囲はゴムシールの間に挟み込み

2018081901 (2)

チャックは外からも中からも開け閉めできる。
しかも、ネットは常時つけっぱなしでもスライドドアが開け閉めできて、邪魔にならない優れもの。

2018081901 (2)

ネットを使わない時はグルグルに巻いて天井で留めておく。

実際に波乗りの帰りに道の駅で昼寝してみたが、2方向が解放されていることで、風は吹き抜け暑い日でも快適に過ごせた。
これは使える!是非お勧めしたい。
現在使用しているバックハッチのネットは必要な時に被せるタイプだが、常時セットしておけるなら、こちらも購入しようかと・・・・

久々もヒットですな~マル

レイトバス リアドラムブレーキ OH その2



前回、1/2のレンチでは折れてしまいそうなので、一時中止。
そのかわり打撃レンチを購入した。
と、ところが、ホイールフェンダーが邪魔してハンマーで叩くことができない。

一方、ホイールを外してしまうと、ドラムが空転してしまうので、今の状態で46mmのボルトを外したい。
ん~悩んでしまう。
新しい武器を買いますか!

レザークラフト レタリング

2018081601 (1)

レザーに文字を
新しいウッドバーニングを手に入れてから放置していたんで、練習がてらペン先の調子を見ていく。
やはり、ハンダゴテと違って、専用のペンタイプだから使いやすい。

温度が上がり切るまで時間がかかるが、調子よく焼きが入っていく。

2018081601 (2)

レイトバスのヒーターなどのレバーに表示がないので、シーズンが変わるたびに、レバー操作がわからなくなる。
そこで、レバーのオンオフ操作箇所になんちゃってプレートを貼りつける。
字のセンスはないが味があっていい~

次回の作業はダッシュボードに張り付けたい。
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
月別アーカイブ
リンク
RSSリンクの表示